無料ブログはココログ

« 《山田太郎ものがたり》☆#09 | トップページ | 《ライフ》◇#10 »

2007/09/08

《受験の神様》☆08

物語と心情変化』(あらすじ)

受験本番が迫る中、広(長島弘宜)は道子(成海璃子)から、人の心をいかに理解しているかが試される国語の物語文を重点的に勉強するよう告げられる。その勉強法が読書だと知った広は、これまで本をあまり読んでいなかったため焦る。そんな折、静岡にいる祖父の幸之助(長門裕之)の訃報(ふほう)が入る。翌日が最後の全国模試だったことから、勇(山口達也)は通夜の後、朝一番で帰京させるつもりで広を連れて行く。だが、祖父の死を目の当たりにした広は模試を受けるべきか悩む。そんな中、祖母の信子(八千草薫)は、死んだ人のために生きている人が無理をしたら駄目だと語る。
     **********

入試まで2ヶ月。途中でにわか雨に降られた3人は、慌てて道子が待つ広の家に走った。試験問題で義嗣は、時事問題に弱いので、毎日新聞をチェックするように、恵美は算数の計算でケアレスミスが多すぎるから徹底的に基礎問題を反復することと言われても、素直に「はい!」と答えていた。さて、広は国語の物語文が全くダメだった。登場人物の気持ちが判っていなかった。人の気持ちは道子が教えることでは無いと言われた。少し不安げな道子。

会社では天木が、勇の息子について必ずイヤミを言っていた。部内の顰蹙を買っていますが、当人は全く頓着していません。頑張った人にそれだけ配分が多いなんて考え付かない人でもあります。

学校で、広は物語文で主人公の気持ちをどうしたらわかるか聞くと、読書をしないからだと言われた。重松清の「くちぶえ番町」、あさのあつこのバッテリー、 竹内真の「自転車少年記」と、今本屋で平積みされて売れている人気作家の名前が友達の口からぽんぽん出てきた。本を読んで泣けると聞いて広は、まだ未体験ゾーンだった。

病院待合室でサオリを待っていた道子。原語の医学書を父から借りたと言って持ってきた。ぺらぺらめくりありがとうと言った。中学卒業して、アメリカに留学し、4月から研究室に入ると答えた。

勉強している広に振って沸いたように祖父が声をかけた。冬姿の広とは対照的に、ジンベエを来て、うちわであおぐ祖父。「勉強は進んでいるか?」「うん、そう思ってる」「おじいちゃんは最近勉強を始めた。スペイン語だ。南米に行きたくなった。」人間は一生勉強だな、誰のためでもなく自分のためだ。」お土産と言って封筒を渡して消えた。すぐに起こされた。おじいちゃんが亡くなって、今晩お通夜だといわれた。模試には間に合わせると、道子たちに言い置いて出かけた。

人の生死に関わったのは初めてな広。従兄弟たちに焼かれる前に顔を触ってやれと言われた。冷たい祖父。従兄弟が、祖父のメガネを壊して天国でおじいちゃんがこまると泣いているのを見て、広は悩みだした。模試は大事だし、祖父を送り出してあげたいし、どうしようと勇むに相談した。お前が決めろと、広に任せた。

道子が焼香に現れた。ご愁傷様でした。お気を落とされずにと祖母に挨拶し、そのまま帰ると言った。勇は駅まで送ると言ったが、見ると道子は目に涙をためていた。広は、模試を受けないと言った。「アナタが決めたのですね」と言って去った。これは何の涙でしょう?

葬式。遺影を見る広。祖父の声がした。「人間は一生勉強だな。誰のためでも無い。自分のためにやる。忘れるな!」「忘れないよ、おじいちゃん」

祖父は、煙になって空に帰っていった。
お骨になった祖父に切々と話しかける祖母。かなり激しく泣いているので、声をかけられない。勇と3人で主の話をしていると、お鈴が突然鳴り、本が落ちた。そこに広にお土産だといっていた封筒があった。合格祈願のお守りが入っていた。泣く広。しっかり貰い泣きしました

重松清を読んで涙する広。義嗣と恵美は道子の合格率50%をクリア。広を心配する2人に早田中学に広は合格すると明言した。

来週は、道子が退学?土下座する勇!?

*****
07 ☆06 ☆05 ☆04 
03 ☆02 ☆01

« 《山田太郎ものがたり》☆#09 | トップページ | 《ライフ》◇#10 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

★エリさん、こんばんは。

超常現象と言うほどではありませんが、実は祖母が亡くなった日に、私に会いに着ました。まだ小学生で、夕方でした。臨死状態のときに幽体離脱が起きているのでしょうね。
広も、夢ではなかったのかもしれません。
祖父に大事なことを伝えてもらって、広は良かったですね。
核家族だと、小さいうちに家族の身近な”死”に遭遇することが少ないから、この体験を、道子は見越したのでしょう。頭は、完全にオトナですね。

mariさん、こんばんは!
おじいちゃんは夢の中にまででてきて広に伝えたいものがあったのですね。
超常現象ですけどそんな変でもなくて普通に受け止めていました。ま、夏の終わりにはちょうどいいエピでしたか。
物語文が苦手な広がお葬式を経験したことで本の登場人物に涙を見せているという奇跡がありました。
道子はこうなることを予感していたのかもね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/16386261

この記事へのトラックバック一覧です: 《受験の神様》☆08:

» 受験の神様 第8話 「先生とボクが泣いたお葬式の小さな奇跡」 [テレビお気楽日記]
道子(成海璃子)「あなたの耳には本当に雨はザーザーで泣く子はシクシクって聞こえたの?」 最後の模試で合格の可能性が50%以上なければ志望校を受験させないとビビらせる道子。 [続きを読む]

» 「受験の神様」授業7,8自分の意思を持って決めたなら何も言う事はありません [オールマイティにコメンテート]
「受験の神様」第8話は広の祖父が亡くなり葬式に広が最終模試より葬式に出席する事を選んだシーンが描かれていた。 [続きを読む]

» 受験の神様 第8話 [エリのささやき]
今週の神様は何を指南してくれるでしょう? [続きを読む]

» 受験の神様 第8回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『先生とボクが泣いた』 [続きを読む]

» 「受験の神様」第八回 [トリ猫家族]
 12月、受験まであと二ヶ月・・・ 道子(鳴海瑠子)はそれぞれの受験校の試験の傾向と苦手ポイントを指摘していく。 広(長島弘宣)には「あなたは物語文が全然ダメ」 でも、いったいどうした点数が稼げるようになるの? 「人の気持ちは私が教えることではありません」....... [続きを読む]

» あなたが行きたいのは模試?それとも告別式?(成海璃子)VS土下座はさせるものなのっ。(福田沙紀)VSコーヒー沸騰っ・・・ふっ・・・くだらない。(関めぐみ) [キッドのブログinココログ]
毎度おなじみの土曜の夜の女王様対決。それにしても「受験の神様」はある意味、異次元 [続きを読む]

» 受験の神様vol.8 [ita-windの風速計]
■受験の神様脚本/福間正浩出演/山口達也、西村雅彦、成海璃子、長島弘宜、森本龍太郎小薗江愛理、森崎博之、宮地雅子、海東健、黒田勇樹、小川奈那石橋杏奈、森本慎太郎、荒井健太郎、須藤理彩、大倉孝二八千草薫(6-2)飯島夏美、岩沼佑亮、大野真緒、岸彩海、鬼頭歌乃...... [続きを読む]

» 受験の神様 第8話 [塩ひとつまみ]
記事を書くのがすっかり遅くなってしまいました。 お許しください(笑) では簡単に。 受験日まであと2ヵ月。 国語の物語文の読解問題が苦手だった広が おじいちゃんが亡くなったことによって 悲しいということを実感。... [続きを読む]

» 長門裕之『島津斉興』役 [篤姫(あつひめ)大河ドラマ]
1934年1月10日日本の俳優。本名は加藤 晃夫 (かとう あきお)。京都府京都市中京区生まれ。日本を代表するベテラン俳優の一人。戦後、映画製作を再開した日活に入社。 [続きを読む]

« 《山田太郎ものがたり》☆#09 | トップページ | 《ライフ》◇#10 »

最近の写真