無料ブログはココログ

« HERO 観て来ました | トップページ | かくれんぼ☆クッキー »

2007/09/25

【映画】包帯クラブ

我が家の近く映画館で昨日は、「HERO」、今日はその隣にある映画館で「包帯クラブ」を見てきました。さすがに、HERO には敵わないようで、観客は私を含めて数名(汗)内容は、なかなか面白かったです。

包帯クラブ
包帯クラブ

懸命に生きているうちに、誰かの大切なものを奪っている事がある。そんな現実に気づき、絶望すら感じていた高校生のワラは、偶然出会った不思議な少年ディノ、タンシオ、ギモたちと「包帯クラブ」を始める。インターネットで傷ついた出来事を投稿してもらい、その人が傷ついた場所に包帯を巻く。その風景をデジカメで撮影し、投稿者に送るのだ。最初は活動に充実感を覚えていたメンバーだったが、やがて自分たちの傷が疼きだし…。
[ 2007年9月15日公開 ]

原作は「家族狩り」で山本周五郎賞、「永遠の仔」で日本推理作家協会賞を受賞した天童荒太。

4人の元同級生プラス他校生ディノと大学生のギモの6人の物語です。

4日とは中学時代ピッタリのクラブが無かったので、自然発生的にいつも集まっては、地方の言葉を楽しんで勉強していたが、リスキが父の工場が倒産して、離れ、テンポが受験で一緒に帰らなくなり、ワラとタンシオだけが残された。ワラの両親は、離婚し、ワラは父が去ったことでこころに傷を持っていた。親は子供がどんなに不細工でも、自分お子供がイチバンだと信じていたが、父はポイとワラ姉弟と母を捨てて出て行った。やるせなさが時々襲う。母は、ハム工場でいつも残業を押し付けられて、疲れ果てて帰宅の毎日だった。こんなイントロで、始まりました。怪我したことで病院へ行くと医者にもリストカットと言われ、屋上で出会ったディノにも間違われたが、そこで解けた包帯を防護柵に結んでもらい、なぜか心が軽くなることを知った。タンシオが、ボーイフレンドに迫られて泣いているとき、ブランコにホータイをすると気が軽くなることで、新たなボーイフレンドが、「包帯クラブ」を立ち上げて、話はどんどん進んだ。

まさかと思っていたが、心の傷で、登校拒否している子が写真でホータイしたゴールを見て、立ち直る様や、癒されていくのを目の当たりにし、必死に包帯を巻いていく。離れたリツキと仲直りさせたいテンポも誘うが、テンポはばかばかしいと加わらなかった。

その間も、ディノは、自虐行為を繰り返す。仲間の傷に目が向かなかったワラは、テンポが警察に包帯クラブの動きを通報し、部屋をきれいにして消えたことから、母親から自殺するのではないかと連絡を受け、また包帯を巻きだす。病院を抜け出したディノは、テンポのマンション屋上をぐるぐる巻きした。そんなディノが誰にも言えずに心に抱える深い傷を、やっとワラは聞きだし、2人で包帯で足を縛り、二人三脚で、橋を渡る所は、圧巻でした。

心があれば傷つくことを知り、その傷はどうすれば癒せるのか、心を閉ざしてはいけないと言う警鐘に感じました。

一番年下の、柳楽優弥くん。切れ長で、傷だらけの役を、またもっとステキな大人になる前のナイーブさをこめて演じてくれました。

<配役>

  • 井出野辰耶(ディノ):柳楽優弥
  • 騎馬笑美子(ワラ):石原さとみ
  • 柳元紳一(ギモ):田中圭
  • 丹沢志緒美(タンシオ):貫地谷しほり
  • 本橋阿花里(テンポ):関めぐみ
  • 芦沢律希(リスキ):佐藤千亜妃
  • 竹内友哉
  • 大川雅大
  • テンポの母:風吹ジュン
  • 岡本麗
  • 大島蓉子
  • 国広富之
  • 塩見三省
  • ワラの母:原田美枝子

« HERO 観て来ました | トップページ | かくれんぼ☆クッキー »

映画」カテゴリの記事

コメント

突然で申しわけありません。現在2007年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票にご参加いただくようよろしくお願いいたします。なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/16564016

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】包帯クラブ:

» 包帯クラブ [Akira's VOICE]
人は人のために生きる。 [続きを読む]

» 包帯クラブ [Akira's VOICE]
人は人のために生きる。 [続きを読む]

» 包帯クラブ 73点(100点満点中) [(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)]
謎のビニール紐 公式サイト 天童荒太による同名小説を、堤幸彦監督によって映画化。柳楽優弥が主演と謳われているが、内容的には主人公は石原さとみの方である。まだ柳楽の名前は客を呼べるのか。カンヌ効果おそるべし。 ストーリーは原作と取り立てて大きな違いはな....... [続きを読む]

» 『包帯クラブ』鑑賞 [★☆★風景写真blog★☆★healing Photo!]
『包帯クラブ』鑑賞レビュー! 包帯一本巻いて 世界が 変わったら めっけもんや!” あの包帯がなければ ただの10代だったと思う。 人生をあきらめてしまう、その前に。 関東近県の町 そこで暮らすフツーの高校生たち 悲しい出来事だらけじゃない ひどい出来事だらけじゃない けど、毎日ちょっとずつ傷ついている それがオトナになること、かもしれないけれど…… ある日ふと、包帯を巻いてくれた人がいた 傷付いた出来事が起きた場所に そう... [続きを読む]

» '07-074 『包帯クラブ』 [闇に歌えば Singin' In The Dark]
天童荒太が原作ということで、やはり全体的に重い感じがした 基本的には他人に無関心なあちきは、「人の痛みが分かる」なんて ほざく奴らは偽善者以外の何者でもない しかし、まぁ・・・あれだ、初めから全否定するのではなく少しでも 分かろうとする姿勢が大切なんだな、と トラウマを抱える場所に包帯を巻く、ただそれだけのことで 心が癒される、そんなこともあるんだねぇ でも、写真を撮った後はちゃんと包帯を取り除こうよ(^_^;)... [続きを読む]

» 映画「包帯クラブ」 [happy♪ happy♪♪]
原作が「王様のブランチ」に取り上げられ一躍話題となったこの作品 前半は正直「包帯」って思いながら観てましたが、 次第に面白い発想に、ほぉ〜とうなづいてしまう 結構オチャラけているようで深い人間模様を覗かせてくれる映画でした 柳楽優弥くんの個性あふれる演技に注目 9/15(土)〜公開... [続きを読む]

» 『包帯クラブ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「包帯クラブ」□監督 堤幸彦 □原作 天童荒太(筑摩書房刊) □脚本 森下佳子 □キャスト 柳楽優弥、石原さとみ、田中圭、貫地谷しほり、関めぐみ、佐藤千亜妃、原田美枝子 ■鑑賞日 9月16日(日)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★☆ (5★満点、☆は0.5)<感想> 誰でも心の中に一つや二つ、癒しきれない傷を負っている。 その傷を負った場所に包帯を巻くことで、その傷を少しでも癒そうとする包帯クラブ。 原作は未読だが、変な関西弁と不思議な行動を繰り... [続きを読む]

» 映画「包帯クラブ」 [日々のつぶやき]
監督:堤幸彦 出演:柳楽優弥、石原さとみ、関めぐみ、田中圭 「色々なことで毎日が嫌になっていたワラは病院の屋上のフェンスに立った時ディノに出会った。彼はワラの手首の包帯をフェンスに巻きつけた。不思議と癒されたワラは親友のシオにも同じことをする。そして他... [続きを読む]

» 堤幸彦監督の似顔絵。「包帯クラブ」 [「ボブ吉」デビューへの道。]
映画の内容は、タイトルのまんま、「包帯クラブ」というサイトを運営し、 人々の傷ついたその場所に、包帯を巻く仲間のお話です。 依頼者が傷ついたその場所に、包帯を巻いた写真を撮り、 依頼者のアドレスに送ります。 依頼者の許可が下りれば、「包帯クラブ」のサイトにその写真をアップします。 「王様のブランチ」で、小説が紹介された時、天童荒太さんの、 キャラクター・舞台となる街の設定の細かさに、興味を持ちました。 結局原作は読まなかったんですが(笑)、映画を鑑賞して、 なるほどなと納得しました。 面白かっ... [続きを読む]

» 包帯クラブ [空想俳人日記]
包みたい 喪いたくない 諦めない   象使いのお話もそれなりに良かった。河毛俊作監督作品の「星になった少年」。でも今では憶えているの、坂本龍一の音楽くらいかな。やっぱり柳楽優弥くんと言えば、是枝裕和監督の「誰も知らない」になっちゃうかあ。インパクトあったも... [続きを読む]

» 「包帯クラブ」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
「包帯クラブ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:柳楽優弥、石原さとみ、田中圭、貫地谷しほり、関めぐみ、佐藤千亜妃、他 *監督:堤幸彦 *原作:天童荒太 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしてい..... [続きを読む]

» 『包帯クラブ』 試写会鑑賞 [映画な日々。読書な日々。]
関東近郊で暮らす高校生たち。嫌な事ばかりではないが、毎日少しずつ傷つき、大切なものを失う。ふと、ある人が心の傷ついた場所に包帯を巻いてくれた。気持ちがスゥーッと楽になる。それが“包帯クラブ”の始まりだった。[上映時間:118分] なかなか面白かったです。柳楽... [続きを読む]

» 包帯クラブ [メルブロ]
包帯クラブ 180本目 上映時間 1時間58分 監督 堤幸彦 出演 柳楽優弥 石原さとみ 田中圭 貫地谷しほり 関めぐみ 評価 7点(10点満点) 会場 イイノホール(試写会 152回目)    毎年恒例、試写会の映画祭GTFがやってきました。今年は3作を鑑賞予定....... [続きを読む]

» 包帯クラブ(映画館) [ひるめし。]
巻きます。効きます。人によります。 [続きを読む]

» 「包帯クラブ」 [永遠の自分探し  って迷子やん!!]
「包帯クラブ」 公式HPはコチラ。 以下、ネタバレ、一応注意。 包帯一本巻いて世界が変わったらめっけもんやん オープニングのワラ(石原さとみ)、エンディングのディノ(柳楽優弥)のナレーションの トーンがいいのだ。 特に、ワラがお父さんがいない理由を語るあの毒々しさ、すねた感じ、 押し殺している怒りが沸々と湧き上がってくるあの口調は見事だった。 ギモ(田中圭)のお葬式の話のナレーションのディノなんて最高だった。 ギモ自身の落ち着いた一貫したやさしさがよかった。 母校の柔道部のシーンには笑ったし、 ... [続きを読む]

» [映画]包帯クラブ [落とし穴には気をつけろ!]
「包帯クラブ」の試写会に行ってきました。 現実に諦めを感じながら生きる高校生ワラ(石原さとみ)に偶然出会った謎の少年ディノ(柳楽優弥)は、彼女の心の傷の手当だといってフェンスに包帯を巻く。それがきっかけで、依頼人の願いに応じて街中に包帯を巻く包帯クラブを始めた、ディノ、ワラ、ワラの親友タンシオ(貫地谷しほり)、浪人生ギモ(田中圭)、ワラ達の友人で疎遠だったリスキ(佐藤千亜妃)、テンポ(関めぐみ)の6人が、活動を通じて成長する青春ストーリーです。 へー、あの柳楽クンが出るのかあ、程度の興味だったん... [続きを読む]

» 映画『包帯クラブ』★★★☆ [てっしーblog]
(ネタバレ注意)  コミュニケーションについての映画です。「めっけもの」の秀作でした。青春映画のカラをかぶった社会映画といった趣でしょうか。 “人”ではなく“物”に包帯を巻くという発想とインターネットによる情報伝達。今時のティーンエイジャーの生活が、こういう間接的なコミュニケーションの上に支えられていることを思うと、少し怖いものがあります。  物に包帯して心が癒されるわけがないと言ってしまえばオシマイだが、この映画はそういう甘ったるさを自ら否定する視点も描いており、単なるファンタジーに終わってい... [続きを読む]

« HERO 観て来ました | トップページ | かくれんぼ☆クッキー »

最近の写真