無料ブログはココログ

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007/09/30

【ドン・ジョヴァンニ】ベルリン国立歌劇場

2007年9月30日(日)15時から東京文化会館で、ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト作曲
ドン・ジョヴァンニ2幕のドラマ・ジョコーゾ
台本:ロレンツォ・ダ・ポンテ
指揮:ダニエル・バレンボイム
演出:トーマス・ラングホフ
美術:ヘルベルト・カップルミューラー
衣装:ヨシオ・ヤバラ
照明:フランツ・ペーター・ダヴィッド
合唱監督:エバハルト・フリードリッヒ

キャスト
ドン・ジョヴァンニ:ペーター・マッティ
ドンナ・アンナ:アンナ・サムイル
ドン・オッターヴィオ:パヴォルブレスリク
騎士長:クリストフ・フィシェッサー
ドンナ・エルヴィーラ:アンネッテ・ダッシュ
レボレロ:ハンノ・ミューラー
マゼット:アレクサンダー・ヴィノグラドフ
ツェルリーナ:シルヴィア・シュヴァルツ
チェンバロ:ルパート・ドゥスマン

続きを読む "【ドン・ジョヴァンニ】ベルリン国立歌劇場" »

かくれんぼ☆クッキー

夏ドラマが、全て終わりました。合間にあるのはSPばかり。
秋ドラマで、楽しみにしている”医龍”が、再放送されているので、かなり期待しながら復習しています。それをレビューするわけにいかず、つい日記がおろそかになっていました(汗)

今夜はまた研修会がありました。仕事に延長戦が入って(笑)始まりから30分ほど遅れました。又も夕飯抜きです。帰りが寒く感じましたよ。
遅くまで空いているスーパーで、牛肉と、タマネギを買って、牛丼にしました。イヤー早くできて嬉しかった♪タマネギのクシ切りと牛肉の薄切りを炒めて、砂糖を少し多めに加え、炒めが十分になったら、付け麺の出しの素を加え、さらに醤油で味を直して出来上がり。少し甘目が美味いです。

200709221546000 ハリケーン★クッキーは(笑)毎日いろんな所でK1しています。

引越しするためにタンスを開けると、引き出しからさらに奥へ入り込み、迷惑千万!怒られても、意に介さず。どうも育て方を間違ったようで、私たちが怒っているつもりでも、クッキーはちっとも感じているようには見えません。オポンちゃんなんです。

しっかり大人になっていくのでしょうか?ガンバレヨ!

続きを読む "かくれんぼ☆クッキー" »

2007/09/25

【映画】包帯クラブ

我が家の近く映画館で昨日は、「HERO」、今日はその隣にある映画館で「包帯クラブ」を見てきました。さすがに、HERO には敵わないようで、観客は私を含めて数名(汗)内容は、なかなか面白かったです。

包帯クラブ
包帯クラブ

懸命に生きているうちに、誰かの大切なものを奪っている事がある。そんな現実に気づき、絶望すら感じていた高校生のワラは、偶然出会った不思議な少年ディノ、タンシオ、ギモたちと「包帯クラブ」を始める。インターネットで傷ついた出来事を投稿してもらい、その人が傷ついた場所に包帯を巻く。その風景をデジカメで撮影し、投稿者に送るのだ。最初は活動に充実感を覚えていたメンバーだったが、やがて自分たちの傷が疼きだし…。
[ 2007年9月15日公開 ]

続きを読む "【映画】包帯クラブ" »

2007/09/24

HERO 観て来ました

私の連休初日。
お彼岸で、やっとお墓参りしてきました。
今月は休みががたがたしていたので、久しぶりに美容院へ行きました。
早めに終わったので、帰りに、親愛なるキムタクの話題の映画”HERO”を観てきました。

HERO
(C)2007 フジテレビジョン・東宝・J-dream・FNS27社

東京地検・城西支部の検事、久利生公平は、同僚の芝山が起訴した事件の裁判を任される。容疑者が既に犯行を認めていたが、初公判でいきなり無実を主張し始めた。担当弁護士は、刑事事件無罪獲得日本一の弁護士、蒲生一臣。豪腕弁護士として名を轟かしている蒲生は、様々な戦術で久利生を追い込んだ。東京地検特捜部の黛検事が、有益な情報をもたらすが、あくまで自分の力で事件を解決しようとする久利生は、事務官の雨宮と奔走する。
[ 2007年9月8日公開 ]

続きを読む "HERO 観て来ました" »

2007/09/23

《出るトコでましょ!》9月22日

『土曜プレミマム』(あらすじ)

高級車を乗り回し、拝金主義の敏腕イケメン弁護士・野中弘務(谷原章介)の法律事務所に、元はお嬢様だったが今は極貧の、自称、普通の女子高生・亀井静(堀北真希)がアルバイトを申し出てきた。筋金入りの女子校制服マニアの野中は「ちゃんと高校だけは卒業すること」と「仕事には必ず制服を着て来ること」を条件に彼女を雇う。
 一見、普通の女子高生に見えた静だが、実は一風変わった女の子で、さまざまな事件に首を突っ込んではハチャメチャぶりを発揮。だが、そんな静と接するうち、それまで「報酬が高額な仕事以外は受けない主義」だった野中の心の奥に眠っていた正義感が目覚めたのか(?)、なぜか事務所スタッフの後藤田正美(小池栄子)や麻生小太郎(温水洋一)らと一丸となって悪と立ち向かっていくことになってしまう…。

     **********
又も、人気漫画のドラマ化。オマケに堀北真希を除いて、出演者が”山おんな 壁おんな”とおなじ!

続きを読む "《出るトコでましょ!》9月22日" »

2007/09/22

《受験の神様》☆最終話

旅人算の答』(あらすじ)
勇(山口達也)ら親も緊張する中、広(長島弘宜)らの入試の日がやって来た。志望校の門をくぐった広は一緒に来た勇と別れ、試験会場の教室へ。道子(成海璃子)から教えてもらったことを思い出しながら問題に挑む。義嗣(森本龍太郎)や恵美(小薗江愛理)も同様に、それぞれの志望校で全力を出し切る。広らの小学校ではクラスメートが受験組を応援。道子は神社で教え子の必勝を祈願する。そして合格発表の日。その日は広の誕生日でもあり、家に来た信子(八千草薫)も勇とともに吉報を待つ。
     **********

受験日、前日。家族も、当人たちも神経が立って、落ちる、すべる、類の言葉も禁句だった。

2月1日。試験の日が来てしまった。勇は広を激励し、保護者用の控え室に行った。

各人の思惑を残して、試験は終わった。
道子は、受験生たちのために合格祈願の絵馬を奉納し、神に祈った。

広、義嗣、恵美たちは、眠れぬ不安な夜を過ごし、広は勇に最後を見届けたいから、一人で行くと宣言。義嗣は一家総出で来た。発表の場shが見えると義嗣は一人で出かけた。恵美は、母と2人で動けなくなり、父に頼んだ。

続きを読む "《受験の神様》☆最終話" »

2007 秋ドラマ 何を見ましょうか?

秋ドラマは、さて、楽しくなるといいですね。
一応の、ピックアップを載せてみました。

曜日 開始日・時間 テレビ局 ドラマ名

月 15日/9時 フジ系 ガリレオ
火 16日/9時 フジ系 暴れん坊ママ
  16日/10時 日テレ 有閑倶楽部
  16日/10時 フジ系スワンのバカ!
水 10日/10時 日テレ 働きマン
木 11日/9時TBS系3年B組金八先生
  11日/10時 フジ系  医流2
  18日/10時 TBS系  ジョシデカ!
金 26日/9時テレ朝系オトコの子育て 
   12日/10時 TBS系  歌姫
   5日/12時 テレ朝系 死化粧師 
土 13日/9時 日テレ系 ドリーム☆
                アゲイン
   6日/9時  NHK系  ジャッジ
   11月3日/11時フジ系SP(エスピー)
日 14日/9時  TBS系 ハタチの恋人  

まだこれから情報がはいってくると思います。
何を見ますか?

続きを読む "2007 秋ドラマ 何を見ましょうか?" »

2007/09/20

《山おんな 壁おんな》◆最終回

さようなら山おんな』(あらすじ)
雅之(及川光博)、葛沼(温水洋一)、井口(西島秀俊)の3人から、ほぼ同時にプロポーズされた恵美(伊東美咲)。まりえ(深田恭子)は雅之と葛沼から応援をしてほしいと言われ、悩んでしまう。さらにまりえは、大山(小池栄子)と和男(佐藤二朗)から井口もプロポーズしたことを聞き、恵美の本心を探ってほしいと頼まれる。そんな中、恵美とまりえはフランス研修の試験を受ける。面接試験でフランス人の試験官とけんかした恵美は、合格は無理だとあきらめる。一方、試験は自分なりにうまくいったと安堵(あんど)するまりえだが、恵美のことで食欲不振。リカ(三浦理恵子)に相談してしまう。
     **********

フランス研修の試験をうけたまりえと、恵美。売り場の場面で、緊張したまりえの胸のボタンが飛んだ。試験官は、途端ににこやかになり、嬉しそうだった。つぎが、恵美。先月勝ったバッグの手が取れたと,言いさらに壁にモノを行っているようだと言われた。さすがに頭にきた恵美は、井口の時と同じように、試験官に食って掛かり、人によって態度が違うのは、試験官として不公平だと喧嘩した。意気消沈の恵美。

続きを読む "《山おんな 壁おんな》◆最終回" »

ヴェニスの商人(9月17日)

小学校で読んだシェークスピア。人肉裁判の顛末しか覚えていませんでした。今回は、その背景とか、人間模様が見えてくると、やっぱりシェ-クスピアだ♪
りんかい線に初めて乗りました。場所は、天王洲アイル。東京浜松町から、羽田方面に向かうモノレールで、同じ場所に行かれますが、メトロとの距離はありました。銀河劇場、初めてでしたが、四季のキャッツ劇場に、似たメルヘンチックな趣が、女性向きと思えました。始まりから趣向を凝らしてありました。廊下に、出演者がパラパラ見え、初めはマネキン?と思いましたが、彼らが客席になだれ込んで、ビックリ。私も気付けば、すぐ横に座られて、握手してきました。さて、ヴェニスの商人、あらすじから行きます。

あらすじ)
舞台は、貿易都市として栄えた16世紀末のヴェニス。アントーニオ(西岡徳馬)は、この街で貿易商を営む裕福な紳士。 ある日、彼の元に、年下の親友バサーニオ(藤原竜也)が借金の申し込みにやって来ます。 ベルモントに住む才色兼備の令嬢ポーシャ(寺島しのぶ)にプロポーズをするために。 が、あいにく全財産が海を渡る船の上にあったアントーニオは、自らが保証人となり、バサーニオにユダヤ人の高利貸しシャイロック(市村正親)を紹介します。 そんなふたりにシャイロックが出した条件は、「もしも3カ月の期限までに借金が返せなかったら、アントーニオの肉1ポンドをもらう」というもの。常軌を逸した申し出にアントーニオはたじろぎますが、期限内に船が帰還すると信じる彼は、この条件を承諾。 おかげで、金を手にベルモントへ旅立ったバサーニオは、難しい結婚の条件をクリアしてポーシャと結ばれます。そんなとき、アントーニオの輸入品を積んだ船が難破。借金返済の目処が立たなくなった彼と、約束どおり1ポンドの肉を要求するシャイロックの闘いは、法廷の場に持ち込まれることに……。

続きを読む "ヴェニスの商人(9月17日)" »

2007/09/18

《花ざかりの君たちへ イケメン♂パラダイス》★最終回SP

オレたちが守る!』(あらすじ)
芦屋瑞稀(堀北真希)は、落としてしまったパスポートの入った財布を必死に捜すが見つからない。佐野泉(小栗旬)中津秀一(生田斗真)も見覚えがないと言うが、財布にパスポートが入っていたことを聞いた佐野は嫌な予感がする。
中津は佐野を呼び出すと、財布を拾ったのは
花屋敷ひばり(岩佐真悠子)で、難波南(水嶋ヒロ)
ら三寮長にパスポートを見せようとしていたと報告。三寮長はパスポートは見てはいないが、学園に女がいることは知ってしまったようだと告げる。
そんな折、今度は『桜咲学園祭』が開催されることが発表される。学園祭は、クラス対抗ということで、瑞稀は萱島大樹(山本裕典)らと出し物を相談。2年C組は、中央千里(木村了)が提案した「メイド喫茶」をやることになる

        **********
ひばりさまに拾われた瑞稀の財布は、3寮長に、桜咲学園に女が居ることを知らせた。パスポートを出したところで中津が声を掛けたため、ひばりは、ポケットにしまった。
ひばり役は好きではありませんでしたが、最後に、瑞稀の名前も口外しないで頑張っていた彼女を見て、恋には、恵まれないけど、信に篤い人なんだ~と、新ためて感心しました。
萱島大樹(山本裕典)らと出し物を相談。2年C組は、中央千里(木村了)が提案した「メイド喫茶」をやることになる。

部屋では、瑞稀が財布を捜していた。そこへ不安な顔をした中津が佐野を呼び出し、ひばりが、3寮長に女が居ると知らせてしまったことを伝えた。俺たちでナントカしなくては・・・

食堂では、教頭が、忘れてはいけません!秋と言ったら、”桜咲学園祭”
クラス対抗で、一番客を呼んだクラスには特典があると知らせた。

続きを読む "《花ざかりの君たちへ イケメン♂パラダイス》★最終回SP" »

2007/09/17

《ファースト☆キス》◇最終回

『天国から来た手紙』(あらすじ)

手術を受けることが怖くなった美緒(井上真央)は、秋生(平岡祐太)にその思いをぶつける。秋生は、そんな美緒の思いを受け止め、彼女を抱き締める。同じころ、和樹(伊藤英明)は蓮子(松雪泰子)に会っていた。蓮子が秋生の代わりに函館へ行くことを知った和樹は、いら立ちをあらわにする。しかし、和樹には関係ないことだと、蓮子は冷静だった。そんな蓮子に和樹は、行ってほしくないと告げる。そこへ、美緒と秋生がやって来た。美緒が手術を拒否していることを知り、和樹は驚く。
          **********

仕事もなくし、妹もロスに帰って抜け殻になっちゃうんじゃない?と、はるなに言われた和樹。同居しても良いと言う申し出を、断った。
最高傑作の写真を撮るんだと、美緒にウエディングドレスを着せて撮りだした。勝が選んだドレスは、ピッタリサイズだった。10年後のファッション業界を背負って発つんだにはと宣言。性格は、メイクでは隠せないからねと、言われたが、模試ウエディングを着るなら一流にしてもらう。一流は、オレのメイクは女の人シアワセにするんだと胸をはっていた。
美緒には、送迎会のつもりと言うことで挨拶をした和樹は、パリへ行くと言った。コネも後ろ盾も無いが、とに角行ってみようとおもう。頑張ると。
秋生は、急なオペが入り、その席には遅れると言ったが、来なかった。
成田空港で、お兄ちゃんに上げるものがあると差し出された手紙には、「お兄ちゃんへ」とかかれていた。これは、美緒が死んだら読んでと言った。

続きを読む "《ファースト☆キス》◇最終回" »

何見てるの?クッキー

夏ドラマが、次々と、最終回を迎え、寂しいですね。

今日は、13時間のボランティアの日でした。

世間は、3連休で、旅行にいらした方も多いのでしょうね。

200709062046000 いつも元気が余っているクッキーでしゅ。

1年を過ぎて、具合が悪かったことが

1度も無く丈夫が取り得の、良い子

ちゃんです。

初めは、そんなに元気なのを知らなく

て、ワンニャン保険に入りましたが、
この地域では使えず、

もったいないから、止めました。

その分、クッキーの好きな缶詰を
買ってあげましょう。

これは、椅子の背に前足を掛けて、「何やってんの?」と言っているところです。流れる水が大好きで、何回怒られても、洗面台に上がり、お水を触って、足跡だらけにします。
そのくせ、お風呂は大嫌いです(笑)シャンプーも買ったから、さあ、お風呂と試したら、逃げる逃げる、散々な目に合ったのでもう、諦めました。

続きを読む "何見てるの?クッキー" »

2007/09/16

《ライフ》◇最終回

最終話今夜遂に最後の対決!!話題沸騰!!壮絶な闘いの衝撃的な結末は!?』(あらすじ)
歩(北乃きい)は、学校中の生徒に土下座コールをされている愛海(福田沙紀)の前に歩み寄る。愛海は、しゃがみこんで地面についた手を震わせていた。岩城(矢島健一)がやって来たことで生徒たちは教室に戻るが、帰り際に愛海は戸田(瀬戸朝香)を脅して睨みつける。一方、職員室には克己(細田よしひこ)が父親の敏克(勝村政信)を刺して逃亡しているとの連絡が入り、戸田は動揺する。その夜、帰り道で逃亡中の克己に声を掛けられた戸田は警察へ行くことを勧める、克己は暴言を吐いて走り去っていく。翌朝からクラスメートによる愛海へのいじめが悪化する。
          **********

なんと言っても、真矢母さんの頑張りです。歩の、わが子を守る母親の強さが前面に出ていました。カッコよかったです

愛海に対する全校の土下座コールに、呆然とする歩だったが、両手をついて居る愛海は、そんなことでへこたれなかった。ニヒルに笑って、「ばっかじゃない!何でマナが土下座しなきゃならないの?」さらに戸田をにらみつけた。(恐~い!)

どうしてくれるの?いつでもアンタを辞めさせられる。アンタもマナのおもちゃなんだから。  こんな言葉は、どうやったら出てくるんでしょう。

続きを読む "《ライフ》◇最終回" »

2007/09/15

《受験の神様》☆09

対義語』(あらすじ)
年が明けても、決戦が間近に迫った広(長島弘宣)、義嗣(森本龍太郎)、恵美(小薗江愛理)に正月は無かった。深遠早々から3人を集めた道子(成海璃子)は、それぞれの志望校の今年度の傾向と対策を告げる。勇(山口達也)友美(須藤理彩)ら親たちは、受験に適した子供たちの生活サイクルや、健康管理などに気を遣った。
やがて、広ら3人が揃ってチャレンジするお試し受験の日がやって来た。本番の緊張を肌で感じながら受けた3人の初受験は、全員が合格。だが、バンザイをする親子たちを見た道子は、みんなの弱点を細かく指摘し、さらに気を引き締めるよう告げた。
その後、道子が皆の前から姿を消して程なく、沙織(石橋杏奈)が顔色を変えて勇に相談に来た。應林中で新しく理事長になった高島薫という人物が、これまで1度も授業に出席していない道子を退学処分にする、と言い出したらしいのだ。担任の篠田(川渕良和)や、道子を良く知る中の(鈴木美恵)はトリプルAの特待生として前理事長の時には黙認されていたと意義を唱える。だが、高島は、正論を振りかざして認めようとはしなかったのだ。
沙織の話によると、道子は、應林中を卒業した後、海外の大学の医学部に入学することになっている。兄を何とか自分の手で治すのが、その目的なのだ。だが應林中の中退が決まると、道子は大学側から入学を拒否さっるらしい。道子が大学のメディカルチェックで海外行っていると知った勇は、何とか道子の夢を叶えてやろうと、単身、高島に直談判に向かった。
その思いを知った中野も応援する中、勇は、懸命に高島の説得にかかるのだがー。
そんな中、いよいよ広の決戦の日が近づいてきた。みんなの応援を背
に、広らは、道子の最後の授業を受けてーー。
          **********
沙織によって明らかにされた、道子の背景。
兄妹はとても仲がよかったが、受験で、両親は、兄を見限り、道子に期待した。受験に失敗した兄は、絶望してビルの屋上から飛び降り、意識が無いまま4年。沙織の父の病院にずっと入院していた。両親とは、そんなことがあって、疎遠になっていた。

続きを読む "《受験の神様》☆09" »

《山田太郎ものがたり》☆最終回

サヨナラ貧乏王子最後の挑戦そして・・・』(あらすじ)
太郎(二宮和也)が招待留学生としてアメリカの大学に迎えられることになった。費用は大学側が負担し、バイオの研究をする永原(吉沢悠)の助手として給与が出るため家計の心配もいらないという。この上ない話だが、太郎は戸惑い、即答せずに家族と相談する。綾子(菊池桃子)と和夫(松岡充)は太郎の子供のころの夢がかなうとあって大賛成。妹たちは寂しそうな表情を見せる。一方、御村(櫻井翔)から太郎の渡米の話を聞いた隆子(多部未華子)は激しく動揺。だがすぐに気持ちを切り替え、真剣に英会話の勉強を始める。そんな中、渡米を迷い続けていた太郎は商店街で見たポスターをきっかけに、永原に決断を告げる。
     **********
太郎の子供の頃の夢は、アメリカに行って、大きなハンバーグを食べるのが夢でした。今は大きなハンバーグを家族みんなで分けて食べてお腹一杯になるのが夢です。
アメリカ行きはお断りします。ですって!
一人でハンバーグ食べても美味しくないので、と笑った。
なるほど、山田太郎君、君の勝ちだ。我々がどれだけご馳走を並べても、君はこのアメリカンジャンボハンバーグのほうを食べたい。そう言うことか。我々も一度、本当の腹ペコになったほうがいいかもしれないね。本当の腹ペコになって、初めて一番食べたいものが何かってわかってくるのかもしれない。一番大事にしなくてはならない事、一番大切な事、一番やりたい事それを君は見つけた。教師である私が君に勉強をさせてもらった。ありがとう!  では、失礼します。

続きを読む "《山田太郎ものがたり》☆最終回" »

2007/09/13

《山おんな 壁おんな》◆11

誰と結婚するの!?』(あらすじ)
大山(小池栄子)と和男(佐藤二朗)の結婚に驚きを隠せない恵美(伊東美咲)。井口(西島秀俊)から2人のなれ初めを聞くが、うまくいくはずがないと納得がいかない様子だ。一方、デパートでは雅之(及川光博)が社長に就任。恵美は雅之に距離を感じてしまう。やがて大山と和男の結婚式が行われ、恵美やまりえ(深田恭子)に加えて雅之らも会場に駆け付けた。ところが、シャンパンや高級食材が並ぶ食事に、青森から来た和男や恵美の親せきは口に合わないと文句を言いだし、その場の雰囲気を壊してしまう。
結婚式後、丸越デパートではフランスへの海外研修試験が通知され、恵美は試験に挑戦することを決意。すると、まりえも名乗りを上げた。そんな時、恵美は複数の男性からプロポーズされて…。
               ***********
山が、どうして二朗サンと結婚?と合点がいかない恵美。なんだか急でしたからね。大山プロデュースのハウスウエディングとのことだったが、旧職場の全員が招待された、員数合わせだった。

続きを読む "《山おんな 壁おんな》◆11" »

《ホタルノヒカリ》☆最終夜

家で寝てても恋愛できる!?最強干物女の恋の結末・・・』(あらすじ)

部長との同居を解消し、マコトと暮らすことになった蛍。仕事もチーフとして任されることになり恋も仕事も絶好調!・・・にはずなのだが、「ムリしなくていいよ」とマコトの家で優しく言われ、干物姿でゴロゴロしても何かがしっくりこない。一方マコトは、まだ蛍は部長と暮らしていたことをふっきれてはいなかった。マコトを心配させてはいけないと、蛍は部長の携帯番号メモリーまで消去。マコトとの生活を楽しもうとするが・・・。

          **********
マコトと、暮らすようになったが、まだ会社の仲間たちには言ってなかったので、蛍を気遣う同輩たちは、「私も家ではジャージだから」とか、「そういう女の人もステキだと思うよ」とか、声をかけていく。空気が読めない蛍に要は「皆、励ましている、つもりなんよ。あんたには手嶋と巧く行って欲しいから」といわれた。「巧くいっているんです。一緒に暮らすことになったから」つい言ってしまった蛍。

二ツ木は、出て行ったか、と言いつつ、高野の、蛍をずっと見ていた語りを、惜しいなぁと言う表情で聞いていた。

続きを読む "《ホタルノヒカリ》☆最終夜" »

2007/09/12

《牛に願いを Love&Farm》☆最終回

走れ夢を乗せて』(あらすじ)
高志(玉山鉄二)が牛の品評会を抜け出した頃、審査結果が発表された。腰を痛めて病院に行っていた弘志(大杉漣)は牧場に戻るなり働き出す。牧場主としての勘と動きに圧倒され続けていた高志は牧場主として働く自信がないと正直な気持ちを吐露する。一方、美帆子(香里奈)ら学生たちに加藤(中村獅童)からグラスウィンドのレース復帰の知らせが入った。実習を終える直前に行われるレースで、応援に行こうと盛り上がる学生たち。
 品評会の慰労とグラスウィンドの復活を祝い、研修センターで焼肉パーティーが開かれた。そこで統平(小出恵介)から気持ちを伝えるよう励まされた彩華(相武紗季)は高志のもとへ。しかし、高志は町の合併問題や弘志が牧場をやめると言ったことで頭がいっぱいだ。同じ頃、亮太(中田敦彦)は告白をしようと百合(有村実樹)を呼び出していた。
 数日後、相変わらず悩んでいる様子の高志に統平は、牧場を継ぐことよりも父親が本物の酪農家であること、自分がその息子であることを確認できればいいと思うと告げる。そんな中、克也(田中圭)から手紙が届いた。グラスウィンド復活の喜びやみんなへの思いが綴られた手紙と、奈津美(中嶋朋子)が再度住民投票を求める記事を新聞に載せていたことなどで、みんなのレースへの期待はさらに高まっていく。しかし、吉田(相島一之)とすみよ(藤本静)は牧場を無人にすることができないためお互い居残ると言い出していた。そしてレース当日。応援に向かうため集まった学生と町の人々は…。
     **********

高志は、母からの電話に品評会を見届けず、診療所まで走った。足を怪我して松葉杖姿の父親が、何が何でも退院すると、出てきたのに会った。牛はどうした?と聞かれて答えられない高志。
特別賞を取っていた。もめる親子に、学生たちは症状とトロフィーをそっと置いて立ち去った。

続きを読む "《牛に願いを Love&Farm》☆最終回" »

2007/09/11

《花ざかりの君たちへ イケメン♂パラダイス》★#11

お前のために飛ぶ』(あらすじ)
芦屋瑞稀(堀北真希)は、父親・佐野岳彦(杉本哲太)のことで口論となった佐野泉(小栗旬)と関係修復ができないまま、中津秀一(生田斗真)からの告白を受け、思い悩む。
 そんな折、桜咲学園が陸上競技大会の予選会場に選ばれ、その開会式を盛り上げるため、パフォーマンスをすることに。生徒たちははじめ面倒くさがるが、参加した寮にはハワイ旅行が贈られると聞き、俄然やる気に。
 一方、桃郷学院のグラウンドで弟・佐野森(大東俊介)を指導する岳彦を見ていた佐野は、岳彦と対峙したいとも思うがその一歩が踏み出せず、グラウンドを後にする。
 校医・梅田北斗(上川隆也)に言われ、桃郷学院まで来た瑞稀だったが、佐野とは行き違ってしまう。ところが、そこで目にしたのは、担架に乗せられ運ばれる岳彦の姿だった。瑞稀は佐野に報告すると、病院へ行くように促すが、佐野は動こうとしない。しびれを切らした瑞稀は、自分が行くと言い部屋を飛び出す。結局、後を追ってきた佐野をタクシーに乗せ、病院へ送る。
 佐野が駆けつけると、岳彦は容態も落ち着いていて寝ていた。ベッドの傍らに座っていると、岳彦が目を覚ます。穏やかに話し始めたふたりは、やがて、お互いの誤解を少し解くことができる。
 そして、いよいよ陸上競技大会開会でのパフォーマンス参加権を巡り、寮ごとの勝負が始まる。その頃、原秋葉(紺野まひる)は梅田を訪ねると、佐野と中津のふたりが妙だと言う。事情を知る梅田は、男には勝負しなければいけない時があると言い…。
     **********

佐野と父親のことでいい合いとなり、ショックな瑞稀の、後ろから中津が抱きしめた(あすなろ抱きですね)。「
オマエのことが好きだ。好きなんだろう?佐野のこと!それ位判るって。俺はオマエの笑顔にすげえ、元気をもらえるんだ。オマエがかなしんぢえるときはいつも佐野じゃないかよ。俺は絶対オマエを悲しませたりしない。」う~、潔いね斗真くん。しゅてき♪

続きを読む "《花ざかりの君たちへ イケメン♂パラダイス》★#11" »

2007/09/10

《ファースト☆キス》◇10

兄と妹の最終章!』(あらすじ)
成田空港でロサンゼルス行きの便に搭乗しようとしていた美緒(井上真央)の元に、和樹(伊藤英明)が駆けつける。和樹は、美緒とは別れない、という秋生(平岡祐太)の言葉を彼女に伝えると、その場に倒れこんで意識を失った。和樹は、美緒を探して走り回ったりしたせいで脱水症状を起こしていたのだ。
 飛行機をキャンセルした美緒は、見送りに来てくれていた
はるな(酒井若菜)とともに、空港の救護室に運び込まれた和樹に付き添った。はるなは、和樹の思いを無駄にしないためにも秋生に電話するよう美緒に助言する。
     **********

倒れるまで走ってくれた和樹のために、美緒は帰国を延期した。
はるなは、秋生に電話しなという。

診察の結果、脱水症で、熱中症にとなっているといけないので、知っている病院に運ぶと言ってくれた。美緒の入院していた病院でこんこんと眠る和樹。花束をもってはるなが来た。うるさいと廊下に追い出された勝と一流が、和樹のどこが好き?と聞いた。
「別にどこも良くない。いい加減だし、バカだし一つ一つは好きじゃないよ。なんでか判んないけど、全体は凄く好きなの。」

仕事に行く勝と一流の前に秋生が立った。敵意むき出しの2人。
一流の天敵!イケェ!と送り出してくれた。

はるなが、和樹と二人にしてくれといった。好きな男に正直じゃなくて誰に正直になるのんだよ。と背中をぶつけて、しり込みする美緒をプッシュした。はるなを演じる若菜ちゃんいいですね♪

続きを読む "《ファースト☆キス》◇10" »

2007/09/09

《ライフ》◇#10

『話題沸騰壮絶な闘いの行方は!?遂に逆転する関係』(あらすじ)

学年集会に車椅子で現れ、椎葉歩(北乃きい)をいじめていたのは自分で、安西愛海(福田沙紀)を脅して歩をいじめさせていたと告白した廣瀬倫子(星井七瀬)。微笑みながら倫子に拍手する愛海に1年2組の生徒たちの驚きと戸惑いの視線が向けられる。職員室では平岡正子(酒井美紀)が倫子の謹慎処分に異議を唱えるが、逆に愛海を殴ったとして解雇を言い渡される。同じ頃、椎葉文子(真矢みき)は佐古克己(細田よしひこ)の父・敏克(勝村政信)の会社へ押しかけていた。敏克に克己が歩を脅していたことを告げ、写真とデータを渡すように訴える文子。

平岡が辞めさせられることを知った歩は岩本みどり(末永遥)らに本当のことを言うようにお願いするが、みどりは愛海をかばう。その日の夕方、克己が家に帰ってくると荒らされた部屋の中で卑猥な写真が貼られたアルバムを手に敏克が立っていた。敏克に殴る蹴るの暴行を加えられ、逃げ出して公園のベンチで座っている克己の元へ戸田和佳絵(瀬戸朝香)がやってきた。戸田は克己を優しく抱きしめるが、その様子を愛海が見ていた。その夜、歩の家へ敏克がきた。文子に封筒を渡す敏克だが、その封筒は…。

翌朝、歩が学校へ行くと廊下の壁一面にある写真が貼られていた。そんな中、克己を呼び出した愛海は別れを切り出す。慌てて取り繕う克己に土下座を命令する愛海。さらに戸田の元へ向かい、戸田が克己を抱きしめている写真を見せて、お願いがあると微笑み…。
     **********

作られたシナリオ。ヒロって頭悪いよね。マナに盾つくなんて。裏切り者はみーんな消してやる!口を曲げて笑う愛海。

続きを読む "《ライフ》◇#10" »

2007/09/08

《受験の神様》☆08

物語と心情変化』(あらすじ)

受験本番が迫る中、広(長島弘宜)は道子(成海璃子)から、人の心をいかに理解しているかが試される国語の物語文を重点的に勉強するよう告げられる。その勉強法が読書だと知った広は、これまで本をあまり読んでいなかったため焦る。そんな折、静岡にいる祖父の幸之助(長門裕之)の訃報(ふほう)が入る。翌日が最後の全国模試だったことから、勇(山口達也)は通夜の後、朝一番で帰京させるつもりで広を連れて行く。だが、祖父の死を目の当たりにした広は模試を受けるべきか悩む。そんな中、祖母の信子(八千草薫)は、死んだ人のために生きている人が無理をしたら駄目だと語る。
     **********

入試まで2ヶ月。途中でにわか雨に降られた3人は、慌てて道子が待つ広の家に走った。試験問題で義嗣は、時事問題に弱いので、毎日新聞をチェックするように、恵美は算数の計算でケアレスミスが多すぎるから徹底的に基礎問題を反復することと言われても、素直に「はい!」と答えていた。さて、広は国語の物語文が全くダメだった。登場人物の気持ちが判っていなかった。人の気持ちは道子が教えることでは無いと言われた。少し不安げな道子。

続きを読む "《受験の神様》☆08" »

2007/09/07

《山田太郎ものがたり》☆#09

号泣!!最大の決断』(あらすじ)

豪邸で暮らすことになった太郎(二宮和也)は喜ぶ家族を横目に、一人戸惑っていた。そんな太郎を隆子(多部未華子)は心置きなく好きになれると盛り上がる。隆子は早速、御村(桜井翔)を誘って太郎の家を訪問。数々の調度品に目を奪われて玉のこしの妄想にふける隆子とは反対に、御村は太郎の様子が気掛かりだった。そんな折、太郎は大学でバイオの研究をする永原(吉沢悠)に呼び出される。永原は太郎のリポートを読んだアメリカの大学教授が会いたがっていると告げ、渡米を促す。一方、隆子は家族や御村の言葉が引っ掛かり、豪華な生活を送るようになってからの太郎の晴れない表情を思い出す。
     **********
久しぶりの隆子の”玉の輿妄想”が楽しめました♪
太郎は、夢でウナサレタ。目が覚めても、隆子が割った壷を御村が「6億円」なんていうものだから、起きてからもかなり落ち着かない太郎でした。

続きを読む "《山田太郎ものがたり》☆#09" »

《山おんな 壁おんな》◆10

汗!?恋の予感!!』(あらすじ)
恵美(伊東美咲)や、まりえ(深田恭子)は井口(西島秀俊)も参加しているデパートのカリスマアーティスト展を見学。会場には常務の岡島(小野寺昭)の姿があった。リカ(三浦理恵子)によると、岡島は奥園(若林豪)の社長追放を計画中で、肝心の奥園は3日前に入院したという。奥園の身を案じる恵美は、すぐに見舞いに行く。入院の理由がぎっくり腰で、大したことはないと言う奥園だが、そろそろ引き際かと弱気な発言もする。深まる不安を抱いて恵美が帰ろうとすると、雅之(及川光博)がいた。岡島の問題をどうすればいいのか教えてほしいと言う雅之を恵美は叱咤(しった)する。やがてマンションに帰った恵美だが、風呂が壊れてしまい、井口が修理に現れる。
     **********

井口と恵美の津軽弁は良いですね♪
井口は、カリスマアーティストとして招かれて、丸越デパートで講演までしていましたが、バリっとスーツを着こなし、うっとりするほど良い男で、カッコ良かったけど、しゃべりは津軽弁。客達はワケがわからずがやがや始った。恵美が壇上へ。津軽弁でのおしゃべりなので、ちゃんと聞いてくださいと。それが岡島に見咎められてしまった。

続きを読む "《山おんな 壁おんな》◆10" »

2007/09/06

《肩ごしの恋人》◆最終回

女のダンディズム』(あらすじ)
萌(米倉涼子)の妊娠を知ったるり子(高岡早紀)は柿崎(田辺誠一)の子供に違いないと思い込み、2人を再び引き合わせようとする。萌は柿崎の子ではないと、るり子に告白する。そんな萌に、実家に戻って以来一度も顔を合わせていない秋山(佐野和真)から会いたいとメールが届く。すぐに返信する萌。その連絡は秋山の人生の選択を大きく変えようとしていた。一方、るり子に復縁を迫ろうと夫の信之(永井大)が訪ねてくる。離婚を決意していたるり子だが、信之の誠心誠意の言葉が心に響き復縁を意識し始める。
      **********
台風9号が、もうすぐ上陸します。ユックリ進むので、被害甚大。我家は、低地にあるため、浸水注意の台風です。どうか、屋上の植木鉢が飛んだり、しませんように。

萌が、るり子に多分妊娠と漏らしたが、るり子は、それを話したくってしょうがない。柿崎と文ちゃんの店で会ったるり子は、萌の職場に連れて行った。大事な人だけど、結婚はしないと、醒めた感じで言った。
るり子は一人になって考えて、相手が崇だと気付いた。

続きを読む "《肩ごしの恋人》◆最終回" »

2007/09/05

《ホタルノヒカリ》☆09

『明日はどっちだ!?干物まさかの三角関係』(あらすじ)

ジャージ姿をマコト(加藤和樹)に見られてしまった蛍(綾瀬はるか)。会社でも避けられ、インテリア事業部の面々は「ジャージ姿がばれたんだ」「雨宮がフラれた」などと囁きあう。家ではジャージを脱ぎ「家でもちょっとは頑張る」を宣言しマコトから返ってこないメールを待つ異様な蛍の姿を、部長(藤木直人)が心配しながら眺めていた。
そんな中、突然蛍が行方不明に・・。家にも帰らず、会社も無断欠勤。インテリア事業部の面々が創作を始める中、部長は人一倍心配で・・・。
     **********
の大好きな縁側で、高野にマコトと映っているプリクラを見せながら、干物時代には、「ケ!」と思っていたのに、好きな人と撮るのがこんなに嬉しいのだと知った。自分でしっかり”女の子していた”と言ってました。マコト君と居ると可愛い気持ちに一杯なれた。高野の肩を借りて泣く蛍。そこでダメと言わない高野がいいですね。まだ振られたと決まったわけじゃないと慰めた。蛍、頑張りたいなぁ。

続きを読む "《ホタルノヒカリ》☆09" »

《牛に願いを Love &Farm》☆10

そして愛は永遠に』(あらすじ)
北美別町吸収合併についての住民投票で賛成に投票した高志(玉山鉄二)に、学生たちは冷たい視線を向けていた。高志の複雑な気持ちを察し励まそうと声をかけた彩華(相武紗季)にも反発する高志に、彩華をかばって話に加わった統平(小出恵介)は勢いで彩華への想いを口にしてしまう。
 そんな折、統平に農水省の佐藤(細川智三)から新聞で実習の模様を取材したいと申し出があった。早速高清水牧場にきた佐藤たちだが、統平に「日本の酪農は時代遅れで酪農家は気の毒だ」と話すのを聞いた高志は佐藤に殴りかかる。一方、「ヨークシャー」では町の人々に奈津美(中嶋朋子)から住民投票の結果を踏まえても合併の決定が変わらないことを告げられる。
 後日、佐藤から国際シンポジウムのパネリストに誘われ喜んで引き受けた統平。高志に謝っておいて欲しいという佐藤の言葉を伝えるため高清水牧場に向かった統平だが、仲良く話す高志と彩華の姿を見て引き返してしまう。その夜、高清水家に集まった学生たちはサチ(朝加真由美)から牛の品評会に参加することを聞き大喜び。だが、弘志(大杉漣)からは牧場を売るという報告が…。そんな中、統平が出席するシンポジウムと牛の品評会の日程が重なっていると判明した。品評会に向けての準備に張り切る学生たち。しかし統平は、高志のために協力しようという和美(戸田恵梨香)の言葉に、自分の方が大事で、シンポジウムに参加すると宣言する。そして、品評会当日を迎え…。
     **********
住民投票は、民意を抑えるための便宜だった。賛成に入れた人たちも、現状を見れば、どうしても、明るい未来が開けているわけではない酪農家の姿に、早い遅いはあっても到達する所は同じようだ。

続きを読む "《牛に願いを Love &Farm》☆10" »

2007/09/04

《花ざかりの君たちへ イケメン♂パラダイス》★#10

オレにしとけよ!』(あらすじ)
屋瑞稀(堀北真希)が女であると知った中津秀一(生田斗真)は、衝撃を受ける。
そんな折、学園では『桜咲&ブロッサム「エドワード・J・ハリソン杯」舞踏会』が開催されることになる。これは、桜咲学園とブロッサム学園から選ばれた男女7組のペアで踊る舞踏会で、社交性を磨く目的で開かれるのだという。生徒たちが早速、準備に取り掛かり始めると、そこへ、練習帰りの佐野泉(小栗旬)がやってくる。いつもなら素通りするはずの佐野だが、何を思ったか準備を手伝うと言い出し周囲を驚かす。
翌朝、瑞稀は佐野とともに、佐野が強化合宿に参加することになった桃郷学院に向かう。すると、その前に一台のバスが止まり、なかから佐野の弟・森(大東俊介)ら強化選手が降りてくる。と、次の瞬間、佐野はバスから降りてきたひとりの男性に目を奪われる。その男性は、佐野と森の父親である佐野岳彦(杉本哲太)だったのだ。
     **********

今回は、佐野の確執の元、父親との仲。中津が瑞稀を女だと知った衝撃。この二つがメーンになって回っていました

瑞稀のヒミツを知ってしまったことで、悩む中津が、トイレで、誰にも言えず、ロールペーパーに女、女と書いているうちに萌えが凄くて、発火してしまう所は、笑いましたね。

部屋に来て佐野に、瑞稀が女だと知っているかと聞けなくてそれでも部屋に居る3人が、なんとも良い雰囲気で、ニンマリ^^♪

続きを読む "《花ざかりの君たちへ イケメン♂パラダイス》★#10" »

2007/09/03

《ファースト☆キス》◇#09

行くな、妹よ!』(あらすじ)
秋生(平岡祐太)への思いを捨て、ロサンゼルスに帰ることを決意した美緒(井上真央)。帰国前日の朝、美緒の携帯電話に秋生から連絡が入るが、美緒は出ようとしない。秋生との交際に反対した和樹(伊藤英明)は、矛盾を感じながらも帰国することを秋生に教えなくてもいいのかと美緒に問い掛ける。同じころ、秋生は教授の青木(柴俊夫)から転勤を命じられていた。そこへ蓮子(松雪泰子)が現れ、明日行われる手術の助手を秋生に務めさせたいと青木に申し出る。蓮子は、秋生が外科医として成長している姿を見てから転勤させるかどうかの判断をしてほしいと進言し、青木の了解を得る。
          **********
強く願わなければ手に出来ないものがあると知った秋生。一家が医者だったので流れに沿って医者になってしまった秋生が初めて知った感情だった。蓮子が、青木教授は、潔癖な人だから、患者との恋愛を認めないと言っても、秋生は、引かなかった。美緒の担当医として美緒に後悔させないと言えるかときいた。そう信じていますと、答えた秋生。

和樹は、恋を諦めさせたことで、美緒が可哀想でならない。ずっと浮かない感じで過ごしていた。いつもいきあたりばったり、逃げている和樹に、ロスへ帰る前に最後の兄妹喧嘩を吹っかけた。

出て行った和樹を追って一流が、病院へ連れて行った。別れにも方法があると、彼の言い分を通したが、電話に出た蓮子が、明日の手術で、忙しいと断った。

続きを読む "《ファースト☆キス》◇#09" »

2007/09/02

《ライフ》◇#09

話題沸騰闘いは新たな舞台へ!!形成逆転を勝ち取れ!!増えていく味方達!?』(あらすじ)
椎葉歩(北乃きい)が登校すると、学校は廣瀬倫子(星井七瀬)の話題でもちきりだ。倫子が愛海(福田沙紀)に脅されてると訴えていたことを思い出し、信川美紗(中村静)は愛海から逃げるように教室を去る。歩は倫子のお見舞いに行くが追い返されてしまう。
夏休みに入ると、
平岡正子(酒井美紀)は1年2組の女子生徒の自宅を回りいじめの調査を始めていた。歩は羽鳥未来(関めぐみ)に誘われ薗田優樹(北条隆博)と3人で旅行へ行くことに。同じ頃、愛海らも旅行へ行くがそこに美紗の姿はなかった。愛海を前に明るく努める岩本みどり(末永遥)に、ウンザリしている宇田里絵(夏目鈴)。一方、ひまわり畑にやってきた歩たち。薗田が歩に見せたかったという一面に広がるひまわり畑を前に、未来は歩に学校だけが世界のすべてじゃないと伝える。旅行帰り、駅に着くと1人でさっさと帰ってしまう愛海に里絵はついていけないとみどりに告げる。
そんなある日、ひまわりの種を植えるために学校にやってきた歩は教室に美紗を見つける。歩が声をかけると美紗は…。その頃、愛海の家を訪ねていた平岡は愛海がいじめていた張本人だと話して大治郎(小野武彦)から怒鳴られる。追い出されるように帰る平岡に愛海が近寄り…。夜、倫子の病院へやってきた歩は、助けたいと申し出る。その言葉に泣き出した倫子は、気持ちの整理がついたら愛海のことを話すと告げる。ところが、歩が帰った直後に病室に愛海が現れた。

          **********

佐古は、歩にまだ執着があるのでしょうか?それとも弱みを握った相手は絶対に食いついて離れないのでしょうか?気持ちの悪いヤツです。太陽に向かって一心に作ひまわりを、笑いながら切り落とす佐古は狂って居ます。

続きを読む "《ライフ》◇#09" »

2007/09/01

《受験の神様》☆07

『マーケティング』(あらすじ)

広(長島弘宜)らの成績が着実に良くなる中、恵美(小薗江愛理)は模試の第1志望の欄に、道子(成海璃子)の通う"お嬢さま学校"の應林中と書いたことが分かる。冷やかす義嗣(森本龍太郎)や広に、恵美はギャグだと明るく否定。だが心の中では、本当に應林中に進学したいと思っていた。そんな思いを道子の言葉から察した勇(山口達也)は、應林中の文化祭に恵美を広らと一緒に連れて行く。英語劇などを見て回って水準の高さに圧倒された恵美は、チャリティー模擬店を手伝うよう道子から命令される。
     **********

地図を持たない人間は遭難します。目標を持って準備しないと受験も、人生も遭難すると言うことでしょうか。それが後でわかります。
恵美が、偏差値50で、應林中学校を第一志望にしていたことから、仲間に冗談と思われ、自分でも笑い飛ばしていた。実は、そんな強がりな恵美は、行ってしまったことで、現実とのギャップに漂っていた。
家庭教師の居る間ずっとボーっと過ごしていた。祖母の信子が上京してきて道子と部屋でぱったり会った。祖母を見る目が優しかった。入院しているのは祖母?

続きを読む "《受験の神様》☆07" »

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

最近の写真