無料ブログはココログ

« 《ホタルノヒカリ》☆03 | トップページ | 《山おんな 壁おんな》◆04 »

2007/07/26

《肩ごしの恋人》◆#04

お局vs結婚しない女』(あらすじ)

萌(米倉涼子)の部屋で、るり子(高岡早紀)と秋山(佐野和真)との共同生活が始まった。生活を仕切るるり子と自由に振る舞う秋山に萌は納得できない。そんな時、萌に冷凍食品会社の事務の仕事が決まったとの電話が入る。安心したのもつかの間、るり子を捜して信之(永井大)が部屋を訪ねてくる。別れると言うるり子に、信之は土下座をして謝る。翌日、萌は職場でつぼねのような存在の恭子(夏木マリ)と出会う。男性社員にこびる恭子は派遣社員の萌にはつらく当たる。また仕事の合理化を提案する萌に仕事が遅いと嫌みを言う。自分を抑えて我慢してきた萌だが、とうとう恭子とぶつかってしまう
      ***********
信之が萌の部屋に来た。しかし、土下座して、もう少し萌の所にるり子をいさせて、自分は仕事に戻った。

萌に事務の仕事が来た。職場は一癖も二クセもありそうな連中ばかりだった。るり子は萌の就職祝いと称し、崇も連れて、文ちゃんの店に連れて行かせた。文ちゃんはるり子が気にいらなかった。公園で、崇が、何で結婚するんだと周りのオトナに聞いたが誰も答えられなかった。

萌の職場は、古手の女事務員が仕事は手抜きで、お茶の時間だけ生き生きして、派遣に厳しかった。どんどん仕事する萌に迫ったが、最後は泣いて、辞めさせた。萌は、後で事情を聞き、ご主人がエリートだったのに今は心を病んでいるため仕事をやめるわけにはいかなし、派遣を凄く嫌っていたと知った。

柿崎から今夜会いたいとメールが来た。就職先がまた変わり恥ずかしかったが正直に話してスッキリしていた。そのまま、柿崎は、妻が家を出て行ったと話した。萌はあの時だけの2人で居たかった。

るり子は、信之が職場のろくでもない女にバカにされているのを見て、腹が立ったのは、信之がそういう男であったという事実が許せなかったようだ。萌が、付き合っていたから、安心大丈夫と萌から奪って結婚したのに、と、非難は萌に向いてしまった。

さて来週は、またオトナの選択があるようです。

*****
03 ◆02 ◆01

崇は、帰宅したが、また出て来た。

« 《ホタルノヒカリ》☆03 | トップページ | 《山おんな 壁おんな》◆04 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

★Eurekaさん:

るり子がそう考えて突き進んだ結果、
萌の彼氏ならOKという結論に達した
様です。近所迷惑な女です。
それでも、この2人原作では、
ずっと一緒なんですよ。

何で、くっついたり離れたり(怒)と
思いつつ呼んでいたのが、最後は納得
させられてしまいました。

毎回気になる台詞が多々あるこのドラマ。
今回はるりこの
「他人に幸せにしてもらうっていうのは退屈」
という台詞が印象的でした。
結構アクティブでフットワークも軽いのに
なんでるり子は誰かに幸せにしてもらおうって
思うのかなあx?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/15911183

この記事へのトラックバック一覧です: 《肩ごしの恋人》◆#04:

» 『肩ごしの恋人』第3話&第4話 [*+*ぱらいそ・かぷりちょそ*+*]
2週分まとめての感想。といってもまとまった感想が書けそうにないので、おもいつくまま。このドラマってほんと見てる年代がかなり狭そう・・20代後半、30代、40代前半ぐらい?主な登場人物はみな30代おこちゃま一切でてこないし一応、主人公達を外側から見るっていう...... [続きを読む]

« 《ホタルノヒカリ》☆03 | トップページ | 《山おんな 壁おんな》◆04 »

最近の写真