無料ブログはココログ

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007/07/31

《花ざかりの君たちへ イケメン♂パラダイス》★05

イケナイ海岸物語』(あらすじ)
夏休みになり、芦屋瑞稀(堀北真希)は、中津秀一(生田斗真)難波南(水嶋ヒロ)萱島大樹(山本裕典)中央千里(木村了)と海の家にやってくる。ところが、海の家に降り立つと、瑞稀たちの目前に立ちはだかる女性が。海の家を取り仕切るこの女性は、難波の母・伊緒(森口瑤子)で、翌日の、海の家リニューアルオープンに備えて、人手が必要なため、息子に友人たちを連れてくるように指示していたのだ。瑞稀たちは、早速、あれこれと仕事を手伝わされる。
一方、
佐野泉(小栗旬)は、関目京悟(岡田将生)たちと陸上部の合宿に来ていた。陸上部の顧問である校医・梅田北斗(上川隆也)
は、佐野につきっきりで筋力トレーニングの指導をするが、ほかの部員たちは特別扱いされる佐野が面白くない。
翌朝、瑞稀、中津、萱島、中央は、浜辺に遊びにやってくる。すると、そこで、桃郷学院の
神楽坂真言(城田優)と鉢合わせる。相変わらず高飛車な神楽坂と口論するうち、瑞稀たちは、桃郷学院の面々と、桜咲学園の面々の「どっちがイケてるか」を競う対決をする約束を交わしてしまう。
     **********
月末は、何かと忙しくて、夕飯が終わるのが10時半をすぎてしまいます(泣)大好きなドラマを見るのが、すっかり遅くなっています。では、今夜は、イケメンを楽しみつつ、軽く感想を。

夜中に瑞稀を襲ったのは、中津たちでした。ソッコウデ南の母の海の家に連れて行かれた。この母親が良いですね。サッパリしていて、瑞稀が女と知ってもさらっとしていてくれる、こんな母が、なんと梅田の姉だった。南が梅田の甥っ子(!)

続きを読む "《花ざかりの君たちへ イケメン♂パラダイス》★05" »

2007/07/30

《ファースト☆キス》◇#04

妹が今日失恋する』(あらすじ)
美緒(井上真央)は、撮影エキストラのアルバイトをすることになった。きっかけは、番場(竹中直人)のアシスタントに復帰した和樹(伊藤英明)が、一流(劇団ひとり)や勝(阿部サダヲ)と、仕事に一番必要なことは何か、という議論をしていたときに、美緒が異論を唱えたからだった。美緒は、仕事に必要なのは、和樹たちの言う、根性でも才能でも人間関係でもなく運がすべて、と主張すると、誰の考え方が正しいか自分が働いて見極める、と言い出す。困惑した和樹は、何かあったら大変だからと思い止まらせようとした。すると美緒は、主治医の蓮子(松雪泰子)から許可を取り付ける、と返す。
美緒が参加することになったのは、とあるレストランでの撮影だった。番場が、秋に新しく創刊される雑誌のポスター撮影をこの店で行うことになったのだ。エキストラの仕切りを担当する和樹は、美緒をさりげなくモデルの近くの席に座らせると、持ち前のノリのよさで場の雰囲気を盛り上げた。しかし美緒は、勝手に料理に手をつけて番場の怒りを買い、追い出されてしまう。
するとそこに、営業中だと勘違いした外国人の団体客がやってくる。和樹や一流たちは、事情を話して帰ってもらおうとするが、言葉が通じないせいで上手くいかなかった。団体客はフランス人だったのだ。すると美緒は、その団体客の元に歩み寄り、身振り手振りで状況を説明して彼らを帰らせることに成功する。その度胸の良さを認めた番場は、美緒を再び撮影に参加させた。
     **********
相変わらずの美緒は、仕事は運だといったことで、一流と勝に働いたことも無いのにと言われ、確かに仕事をした経験が無いので、和樹の職場にもぐりこませてもらった。

続きを読む "《ファースト☆キス》◇#04" »

2007/07/29

くつろぎ☆クッキー

参議院選挙の日です。
皆様お出かけになられましたか?
党が気に入らなくても比例で当選させたい人もいるはずです。そんな時は、比例の候補者の名前を書いていいんですよ。だから投票してくださいね。

今夜は、TVが選挙一色なので、私も最近の我が家の王子を♪
200707200445000おはよう」というか、まだ眠たいクッキーです。

スタンドをつけても、まだ寝ていました。

お~い、目が腐るよ !

それでも、眠たい、クッキーでした。

抱かれて下へ降りました。

続きを読む "くつろぎ☆クッキー" »

《受験の神様》☆03

三権分立』(あらすじ)
広(長島弘宜)が漢字テストで高得点を取った。それが"受験の神様"のおかげだと知った児童の親たちや、うわさを聞きつけた天木(西村雅彦)は道子(成海璃子)の家庭教師を希望し勇(山口達也)に接近。道子は広に、受験志望者の中で一番頭のいい児童と性格が悪い児童を選ばせ、一緒に授業をやると宣言する。広が選んだのは公嗣(森崎博之)の息子、義嗣(森本龍太郎)と由美(須藤理彩)の娘、恵美(小薗江愛理)。2人は塾をやめ、万全の構えで広とともに道子の授業を受ける。
     **********
広が突然漢字の書き取りで97点を取り恵美が驚きの声を上げた。
受験の神様の名前が挙がった.


続きを読む "《受験の神様》☆03" »

2007/07/28

《新マチベン》~オトナの出番~◇#05

爆破メールの真実』(あらすじ)
落ちこぼれ高校との悪評判が高い私立高校に爆破予告が届いた。予告はいたずらだったがすぐに警察が動き、威力業務妨害で同校の生徒・杉山(17歳)が逮捕された。杉山は数ヶ月前にも放火事件を起こしており、同じ生徒が逮捕されたことに、校長の大滝(上田耕一)や担任の新城里美(室井滋)は責任を痛感していた。また学校はメディアの激しい取材攻勢にも困惑、それに対応するため弁護士を要請することに決め、元新聞記者だった徳永源太郎(渡哲也)が派遣された。大滝校長は、世間を騒がしてしまったことを詫びるため記者会見を開きたいと主張。それに対しマスコミの怖さを知る源太郎は、杉山が罪を認めていない段階で会見はすべきでないとしたが、校長の熱意に押し切られる形で会見を認めてしまう。ところが会見の席上、担任の新庄が逮捕された杉山の名前を口走る大失態を犯し、たちまち杉山が犯人との噂がながれてしまう。その後杉山は証拠不十分で釈放、しかしその時には爆破予告の犯人にまつりあげられていた。数日後、大滝校長が屋上から転落して死亡する…。
     ***********
マスコミに詳しい弁護士をと学校側から要請があり、徳永が学校へ向かった。
逮捕された生徒は、母親が離婚後、荒れた生活を送っていた。教室で暴れてカーテンに火をつけて、新城に救われた。校長の教え子で自分の過去と同じような杉山に何かと目をかけていた。

続きを読む "《新マチベン》~オトナの出番~◇#05" »

2007/07/27

《山田太郎ものがたり》☆#04

出現!!嵐を呼ぶ男』(あらすじ)

海外放浪中だった太郎(二宮和也)の父の和夫(松岡充)が帰宅し、皆喜ぶ。和夫は毎晩友人を招いては飲み食いさせる上、金髪の少年アーロン(ブラディスラブ)をしばらく預かると言いだす。食費がかさみ、太郎は頭を抱える。しかもアーロンは良家の息子で一家の常識が通用せず、太郎たちは振り回されてしまう。そんな中、御村(桜井翔)は太郎の家を訪ね、人見知りのアーロンを笑わせようとして失敗する。予想通りの反応に御村は、太郎に着ぐるみを渡してアーロンを笑わせようと提案。執事の磯貝(綾田俊樹)も加わり、太郎はパントマイムの特訓を始める。一方、和夫と会った隆子(多部未華子)は彼が太郎の父とは知らずに運命の人だと思い込む。
     **********

主婦太郎(!)としては、和夫が帰宅したのは嬉しかったが,連日つれてくる客が大飯ぐらいで、家計費はさらに圧迫した。御村にまたバイトを増やさなきゃと、眠い目をして嘆いた。反応は
毎日楽しそうだね。の一言でした。

続きを読む "《山田太郎ものがたり》☆#04" »

2007/07/26

《山おんな 壁おんな》◆04

呪いのバッグ』  (あらすじ)

恵美(伊東美咲)はまりえ(深田恭子)らとともに社長賞の温泉旅行へ出掛ける。だが、胸の大きなまりえや大山(小池栄子)と一緒に温泉に入りたくない恵美は、何とか一人で入ろうと苦心していた。一方、田村(谷原章介)たちの残るデパートに常連客がやって来た。あるバッグに目を付けた客は、孫の結婚式の引き出物にしたいので100個用意してほしいと言う。売り上げの個人成績が上がると思った販売員の森田(米原幸佑)は、在庫も確認せずに承知してしまう。 
     **********
丸越デパート創業以来のお得意様伊集院が、選んだバッグは、通称”呪いのバッグ”だった。旅行に行かれない森田は、田村に、個人成績を上げるチャンスだとハッパをかけていた。

続きを読む "《山おんな 壁おんな》◆04" »

《肩ごしの恋人》◆#04

お局vs結婚しない女』(あらすじ)

萌(米倉涼子)の部屋で、るり子(高岡早紀)と秋山(佐野和真)との共同生活が始まった。生活を仕切るるり子と自由に振る舞う秋山に萌は納得できない。そんな時、萌に冷凍食品会社の事務の仕事が決まったとの電話が入る。安心したのもつかの間、るり子を捜して信之(永井大)が部屋を訪ねてくる。別れると言うるり子に、信之は土下座をして謝る。翌日、萌は職場でつぼねのような存在の恭子(夏木マリ)と出会う。男性社員にこびる恭子は派遣社員の萌にはつらく当たる。また仕事の合理化を提案する萌に仕事が遅いと嫌みを言う。自分を抑えて我慢してきた萌だが、とうとう恭子とぶつかってしまう
      ***********
信之が萌の部屋に来た。しかし、土下座して、もう少し萌の所にるり子をいさせて、自分は仕事に戻った。

続きを読む "《肩ごしの恋人》◆#04" »

《ホタルノヒカリ》☆03

干物女の失恋ドジョウ掬い』(あらすじ)
蛍(綾瀬はるか)は要(武田真治)から飲み会の幹事を頼まれ、あっさり引き受ける。要と早智子(板谷由夏)の話によると、飲み会の目的は、インテリア事業部内でゴールデンカップルを誕生させること。要と一緒にどじょうすくいをすることになった蛍は、事情を知る高野(藤木直人)から参加しない方がいいとアドバイスされるが、懸命に練習に励む。その後、蛍は飲み会の目的が優華(国仲涼子)とマコト(加藤和樹)をカップルにさせるためだと知り、ショックを受ける。
     **********

勢いで、マコトに逢いたいとメールしてしまい、後悔で、泣き叫ぶ蛍。クズかごに捨てられた蛍の携帯を回収し、様子を見に来た高野。すぐに携帯が鳴り、背中に乗せられた携帯をどうしても見ることが出来ず、亀女になって高野に読んでくれとせがむ蛍。

続きを読む "《ホタルノヒカリ》☆03" »

2007/07/25

《牛に願いを Love&Farm》☆04

恋と花火と友情と』(あらすじ)

牛にけがをさせた統平(小出恵介)が東京へ帰ってしまった。呼び戻そうとする和美(戸田恵梨香)に反対する高志(玉山鉄二)だが、統平の代わりに班長の仕事を任され、その大変さを痛感する。そんな折、美帆子(香里奈)に対抗心を燃やす彩華(相武紗季)は牧場で張り切って仕事をするものの、うまくいかない。さらに友人から恋人が浮気しているとの電話が入り、作業に身が入らず弘志(大杉漣)に怒られる。高志は自己嫌悪でいら立つ彩華を海へ誘い出す。一方、和美は統平の家へ電話を入れていた。帰宅した統平は母親から、電話があったことを聞き表情をこわばらせる。
     **********
東京に逃げ帰った統平だったが、家にはすぐに帰れなかった。
両親の前では言いつくろっていた。父はすぐに兄のことを持ち出し、結果を出せと言われた。

続きを読む "《牛に願いを Love&Farm》☆04" »

《花ざかりの君たちへ イケメン♂パラダイス》★04

アブナイ3人部屋』(あらすじ)

中津秀一(生田斗真)がやってくる。瑞稀のことが気になる中津は、205号室に入室が決まっていた生徒に頼み込んで、自分が入れるように工作したのだ。

 そんな折、桜咲学園とブロッサム学園の選出者による合コンが行われると発表される。桜咲学園から選ばれるのは、ブロッサムの女子が「恋人にしたい」と思うランキングの上位10名で、瑞稀、佐野、中津、
関目京悟(岡田将生)難波南(水嶋ヒロ)らが選ばれる。

 数日前、佐野から存在を否定されるようなことを言われた瑞稀は、傷つきながらも努めて明るく振舞う。しかし内心では、佐野が、弟で高跳びの新星と言われる森(大東俊介)のことを気にしているのではと思い悩んでいた。そこで、保健室を訪ねるとカメラマン・
原秋葉(紺野まひる)がいて、森が近隣の桃郷学院に練習に来ているから直接、本人に会ってみればとアドバイスを受ける。校医・梅田北斗(上川隆也)は、余計なことはするなと釘をさすが…。
     **********

夜になると、バッグを提げて消える佐野。どうも人には言えないことをしているみたいですね。裕次郎の散歩でもないし・・・
中津が、工事中のため頼み込んで瑞稀たちの部屋にきた。どうしてもロフトに期待があるようで、佐野が、何気に1階で阻止していた。谷中に電気をつけて、不思議な寝方スルなぁと、階段でたったまま寝たふりをする中津が可愛い♪

続きを読む "《花ざかりの君たちへ イケメン♂パラダイス》★04" »

2007/07/23

《ファースト☆キス》◇#03

妹の恋のはじまり』(あらすじ)

一流(劇団ひとり)の家を追い出された美緒(井上真央)と和樹(伊藤英明)は一流に頭を下げに行く。一流は、美緒は料理、和樹は掃除、そしてもう一人の居候である勝(阿部サダヲ)は洗濯を担当するよう条件を出し、再び共同生活が始まった。そんな折、もう一度カメラマンを志そうと決めた和樹は、かつての師匠である番場(竹中直人)に、一番下のアシスタントからやり直させてほしいと土下座した。番場は、そんな和樹に「初恋」をテーマにした写真を撮ってくるよう命じる。その写真の出来栄えを見て、今後のことを決めるというのだ。そこで和樹は、美緒に初恋の思い出を語らせて、その表情を撮ろうと思い付く。 
     **********
番場師匠に、もう一度弟子入りを頼んだ。美緒に真剣な顔見せろと背中を押された。番場は、初心に帰ってと言う和樹の言葉尻を捉え、”初恋”を撮ってこいと命じた。

続きを読む "《ファースト☆キス》◇#03" »

2007/07/22

《パパとムスメの7日間》☆#04

決戦!御前会議』(あらすじ)
恭一郎(舘ひろし)と小梅(新垣結衣)は、心と体が入れ替わったまま大事な会議と留年の懸かった期末試験の日を迎えた。小梅の姿をした恭一郎は健太(加藤成亮)にもらった昨年の試験問題のおかげで切り抜けるものの、化学の試験になすすべもない。試験を終えた恭一郎は自分の姿をした小梅に電話し、会議中は電話をつないでおくよう指示。その最中、恭一郎は小梅の親友から夏休みに健太と旅行に行こうと誘われ、担任からは成績不振のため三者面談を持ち掛けられる。だが会議が気になる恭一郎は上の空。一方、会議が順調に進み安心していた小梅は、専務に抱負を聞かれるという想定外の事態に。小梅はつい余計なことを言ってしまい、一部始終を聞いていた恭一郎は絶望し頭を抱える。
     **********

別途、前向き、善処します。あ~あ、御前会議なんて社長の顔色一つで決まるなんて。立って一言と言われたパパ@小梅。想定外のことで、遂に言ってしまった。「多分、きっと絶対に。売れないと思います。売れるわけありませんから。」ヲイヲイ!

続きを読む "《パパとムスメの7日間》☆#04" »

《ライフ》◇#04

超衝撃の一部最終回!!!イジメと戦闘う決意!!反撃開始』(あらすじ)

愛海たちは歩が克己を奪ったと話を広め、戻ってきた歩はクラス中の冷たい視線を浴びながら席につく。同じ頃、職員室では視聴覚室の針が問題になっていた。戸田和佳絵(瀬戸朝香)は視聴覚室から走り去る歩を見ながらも口を閉ざす。授業が始まると歩の教科書には一面にいたずら書きがされていて、生徒間に「次は椎葉」とメモが回っていた。

翌日、机とイスには接着剤が塗られていたり、お弁当を机にばら撒かれたり、教科書をゴミ箱に捨てられたりと愛海たちのいじめが続く。そんな中、廊下で克己に話しかけられた歩は、克己からデジカメを奪うと床に叩き付けた。愛海たちが駆けつけると、克己は愛海を傷つけると脅されていたと訴え、怒ったみどり(末永遥)らのいじめはエスカレートする。歩が教室へ行くと黒板に中傷文が書かれていて消している後ろからゴミを投げつけられた。さらにスプレー缶を髪に吹き付けられている歩を、薗田優樹(北条隆博)以外のクラスメートは笑って見ているだけだ。いたたまれず教室を飛び出す歩は、校門で遅れて学校へ来た羽鳥未来(関めぐみ)とぶつかるが何も言わず走り去る。駅のベンチに呆然と座っていた歩は、ホームに入ってくる電車を見ると立ち上がり…。

続きを読む "《ライフ》◇#04" »

2007/07/21

《受験の神様》☆02

授業開始!涙の徹夜 漢字猛特訓!!父走る 』(あらすじ)
家庭教師としてやって来た道子(成海璃子)の指導方法は、教えてもらう広(長島弘宜)にも、見守る勇(山口達也)にも不可解なことばかり。道子は広に鉛筆の正しい持ち方を教え、なぜかバットを広の背中に入れる。さらに、広に自分の名前を100回書くよう命じ、勉強机をリビングに移動する。勇は広の学力を上げたい一心から、道子に早く勉強に取り掛かってほしいと訴える。道子は土曜日には徹底的に勉強を教えると告げ、次の家庭教師先に行く。土曜日、道子は広を徹夜で勉強させる。翌朝、広の意識がもうろうとしていることに気付いた勇は、道子に解雇を通告する。
     **********

広という名前は、広い心と、広い視野を持った大きな男に育って欲しいと思ってつけたんだ。お前に付けた父さんが、広い視野を持たず、広を、追い込んでしまった。お前は頑張り屋だ。

頑張らないことが近道になることだってあるんだ。遠回りだって良いじゃないか。そんなことお受験では言ってはいけないことでは?

続きを読む "《受験の神様》☆02" »

《新マチベン》~オトナの出番~◇#04

名前の無い依頼人』(あらすじ)

国選弁護の受付を訪れたレグラン法律事務所の徳永源太郎(渡哲也)、堺田(石坂浩二)、岡村重勝(地井武男)の三人。最後に回ってきた起訴状に岡村の目が釘付けになる。起訴状に添付された写真が、かつての岡村が勤めていた会社の上司だったのだ。その被告人(板尾創路)は、器物損壊の容疑で逮捕されたが、名前を黙秘しており、氏名の欄は留置番号21番と記されている。岡村は、源太郎がやるはずだったこの弁護を自ら引き受けた。岡村にはこの21番に遺恨があった。源太郎は、個人的な恨みのある相手の弁護はやるべきでないと言うが、プロに徹して弁護をやり通すと岡村は言い切る…。
      ***********

ずーっと恨んでいた男が、私を覚えていなかった。岡村は、自分をクビにした男と、留置場で対峙した。それが原因で岡村は15年もかかって弁護士になった。

続きを読む "《新マチベン》~オトナの出番~◇#04" »

2007/07/20

《山田太郎ものがたり》☆#03

告白VS夢の松阪牛』(あらすじ)
太郎(二宮和也)は野菜目当てで、学校の畑を隆子(多部未華子)と一緒に手伝うことに。隆子は太郎と親しくなろうと意気込む。そんな中、買い物に出掛けた太郎は隆子の母まりあ(柴田理恵)と再会。1週間後のスーパーの開店セールで高級和牛が1点だけ激安で売られると知った太郎は、まりあに弟子にしてほしいと頼む。まりあからその話を聞いた隆子は、それが太郎のことだとは思いも寄らない。翌日、太郎は早速"スーパーの達人"であるまりあとの特訓を開始。面白半分で見学に来た御村(桜井翔)だが、プライドに火が付き真剣に取り組む。

     **********
超貧乏の山田太郎は、校長の畑を手伝う有志の募集があったとき、真っ先に手を上げた。野菜がもらえるかもしれないから。どうしても積極的に行動できない隆子は、手を上げても、太郎狙いの女子がたくさん希望し、抽選になった。奇跡的に隆子になり、当人が驚いた。

続きを読む "《山田太郎ものがたり》☆#03" »

2007/07/19

《山おんな 壁おんな》◆03

アリとキリギリス』(あらすじ)
デパートでは、夏の売り上げ強化月間に入った。売り上げの上位者には温泉旅行がプレゼントされるため、従業員は気合を入れる。一方、合コンで知り合った上野原(山中聡)と海に行くことになった恵美(伊東美咲)。しかし、まりえ(深田恭子)ともう一人男性も来ると知り、複雑な心境に。まりえから水着を選びに行こうと誘われた恵美は気乗りしないものの、店員からパッド入りのビキニを勧められてつい買ってしまう。そんな折、恵美とまりえは田村(谷原章介)から新しくできたメーカーの展示会に行くよう言われる。
     **********

お客様に満足を提供するのが私たちの務めと社長は、まりあや青柳に言った。どんな買い物をされてもお客様の満足があればいいと、

青柳は、上野原から誘いがあって、苦手な海にも行こうと決心していたが父親推薦のピンクのブタの置き場所が違っていたために、当日風雨が酷くなった。がっかりしてしたが、さらに電話で是非話したいことがあると言われ、一人ガッツポーズを決めた。

続きを読む "《山おんな 壁おんな》◆03" »

《肩ごしの恋人》◆#03

情けなくて涙が出る』(あらすじ)
思い切って会社を辞め、吹っ切れた萌(米倉涼子)。るり子(高岡早紀)と信之(永井大)は萌を招いて失業を祝うが、その席で信之の浮気が発覚。信之に助けを求められた萌はあきれ、離婚するように言う。ところが、るり子は信之の言い訳を信じ、信之を悪く言う萌とけんかになってしまう。萌は何もやることのない自堕落な生活にたちまち飽き、気が付けば貯金はほとんど残っていなかった。失業保険は3カ月待たなければもらえないと知った萌は、慌てて再就職先を探し始める。一方、るり子は信之の浮気相手のエリ(三津谷葉子)から会いたいと言われ、貫録と余裕を見せつけようと闘志を燃やす。萌は柿崎(田辺誠一)に電話で会社を辞めたことを告げ、会う約束をする。
     ******

るり子夫婦から、退職祝いの夕飯をご馳走になったがそこで、信之の浮気の話に向いた。すぐに土下座した夫を、怒る萌に、突然態度を変えて、信之の擁護に回るるり子。もう、貯金も底をついてきた~気ままに生きるのにも飽きた萌は、職探しに奔走。

続きを読む "《肩ごしの恋人》◆#03" »

2007/07/18

《ホタルノヒカリ》☆02

恋をするのも命がけ干物女とラブメール』(あらすじ)

デザインチームのマコト(加藤和樹)がOLに人気の店のリノベーションを受注。時間的な問題や利益率を考える要(武田真治)らは渋るが、蛍(綾瀬はるか)は応援する。早智子(板谷由夏)の賛同もあり、事業部はその仕事を進める。しかし、マコトはデザインを高野(藤木直人)から厳しく駄目出しされて行き詰まる。蛍は発想の転換をしてもらおうとリノベーションの失敗例を集めた資料を作るが、なかなかマコトに渡せない。帰宅後、その消極的な姿勢を高野から指摘された蛍は、資料ができたことをマコトにメールで連絡。ところが、マコトが蛍の自宅まで取りに行くと返事したため、蛍と高野は焦る。
     **********

マコトに気に入ってもらうために、必死に資料作りを始めたホタル。高野から言われた言葉、私は干物女、私はすでに枯れている、私は女として終わっている。通行人のカウントを取りながら、この言葉が頭を回っていた。そこへ山田ねえさんからランチをメールで頼まれた。地の利の良い朝倉屋に寄ったが、店が枯れ果てた感じをどうにかしたいと思っていた。

続きを読む "《ホタルノヒカリ》☆02" »

2007/07/17

《牛に願いを Love &Farm》☆03

失恋より辛いとき』(あらすじ)
高志(玉山鉄二)が実習に参加することを決め、いまだ冷めている美帆子(香里奈)以外は団結してきた学生たち。しかし、克也(田中圭)は亮太(中田敦彦)にそろそろ実習の脱落者が出てくる頃と話していた。
 ある日、和美(戸田恵梨香)が風邪でダウンし、美帆子は看病の名目で実習をさぼる。一方、統平(小出恵介)は加藤(中村獅童)から高志とうまく付き合って欲しいと頼まれていた。高清水牧場では搾乳作業をしている彩華(相武紗季)のもとへ高志がきた。ドキドキを隠すようにそっけなくする彩華。そんな中、研修センターでチーズ作りをやることになり、学生と町の人々が集まった。キス以来美帆子を意識する高志と、高志が気になる彩華、そんな彩華を見て苛立ちを募らせる統平。そしてお互いの思惑が交錯する様子に気づく杏子(濱田マリ)の息子・太郎(森永悠希)。さらに高志の周りに集まる町の人々を腹立たしげに見つめていた統平に、寺西教授(小日向文世)は「長男は家や町の期待を背負うものだ」と話すが、統平は自分の家でも期待されているのはエリートの兄だけだと表情を曇らせる。
 翌日、高清水牧場では高志が「電子柵などを取り入れ牛を効率的に管理するべきだ」と父・弘志(大杉蓮)に進言する。余計な口出しをされカッとなる弘志と、弘志に賛同する統平。しかし高志は統平の意見を、素人の理想論だと一蹴。それでも食い下がる統平に、高志は「放牧中の牛たちを全て動かしてみろ」と言い放つ。統平も意地になり、1人放牧地へ向かう。同じ頃、美帆子は彩華に電話で実習をやめてもいいと話していた。驚く彩華の眼前に、何頭もの牛を牛舎に戻そうと奮闘する統平の姿があった。
 牛舎に全て牛たちが戻り、得意げな統平。高志も驚くが、1人険しい様子の弘志。1頭、産後の牛の姿が見当たらないのだ…。
        **********

そろそろ落伍者が出るはずだと、周囲の酪農家は見ていた。
それでも高志が戻ってきて美帆子を除いたみなの動きはよくなった。

続きを読む "《牛に願いを Love &Farm》☆03" »

《花ざかりの君たちへ イケメン♂パラダイス》★03

猟奇的なアニキ!』(あらすじ)

芦屋瑞稀(堀北真希)は、アメリカにいるはずの兄・静稀(岡田義徳)が、自分を連れ戻しに日本に来ているというメールを受け取り愕然とする。さらに、「最愛の妹へ」と書かれたそのメールを佐野泉(小栗旬)に見られてしまう。
 その頃、桜咲学園の姉妹校・聖ブロッサム学園の寮で女生徒の下着が盗まれる事件が頻発、桜咲学園の生徒たちも犯人探しをすることに。ある生徒はウソ発見器を作り、中津秀一(生田斗真)が最初の実験台にされる。そんな中、寮の周りをうろついていた怪しい男が食堂に連行される。男は静稀だった。驚く一同。慌てた瑞稀は、静稀を自室に連れ込むが、静稀は逆に、瑞稀が男に扮して桜咲学園に転校したのは、佐野への恋愛感情からだろうと瑞稀を問い詰める。瑞稀は、佐野が高跳びを止める原因を作ったのは自分なので、今度は佐野を復帰させる手伝いがしたいだけだと説明する。そんなやりとりを、佐野は部屋の前で聞いていた。

          **********

夜中に来たメールを確かに泉は見たが、白目を剥いてひっくり返った。見ていないということでしょうか?
聖ブロッサムの寮で下着が盗まれ、大騒ぎになっていた..。

続きを読む "《花ざかりの君たちへ イケメン♂パラダイス》★03" »

2007/07/16

《ファースト☆キス》◇#02

爆弾娘に合コンを』(あらすじ)
検査のために白鷺大学附属病院を訪れた美緒(井上真央)は、主治医の蓮子(松雪泰子)に、兄・和樹(伊藤英明)の悪口をぶちまける。ちょうどそこに、新人医師の秋生(平岡祐太)がやってきた。美緒は、番場(竹中直人)のスタジオで失態を見せてしまったことを秋生に謝った。だが、それに対して秋生が、楽しかった、などと適当な返事をしたことに腹を立てた美緒は、入れ替わりで診察室に入ってきた患者に秋生の悪口を言って出て行ってしまう
 同じころ、和樹は、家主である一流(劇団ひとり)に、夏の間だけ、美緒も家に置いて欲しいと頼む。しかし一流は、それをきっぱりと断った。和樹と勝(阿部サダヲ)が家賃も払わないばかりか、家事すらまったくやらないことに不満を抱いていた一流は、この上、美緒にまで気を遣って暮らすのはまっぴらだ、と和樹に言い放った。困った和樹は、今後は家事一切を引き受けると約束するとともに、合コンをセッティングする、と言い出す。美緒に何とかして恋をさせたいと願っていた和樹は、その相手探しと、一流たちへの罪滅ぼしもかねて、参加メンバーを厳選した“史上最強の合コン”を計画する。
合コンの話を聞かされた美緒は、くだらない、と和樹の提案を一蹴する。しかし和樹も一歩も引かず、合コンは日本の文化だ、などと言って、言うことを聞いて参加するよう美緒に命じる。

 和樹は、仕事で知り合ったモデルやデザイナーなどに声をかけ、着々と合コンの準備を進める。その噂を聞きつけた番場は、そんな和樹に対してすっかり呆れ、カメラマンになることを諦めたのなら譲ったカメラを返すよう伝えて欲しい、と勝に告げる。
合コン当日、一流の家には、モデルやデザイナーたちが集まってくる。和樹の恋人・はるな(酒井若菜)も友人を連れてきていた。そんな光景を見ていて嫌気がさした美緒は、こっそり家を抜け出す。

 電話をしても戻ってこようとしない美緒を心配した和樹は、外に探しにいく。しかし美緒の姿はどこにもなかった。困り果てた和樹は、蓮子に電話を入れ、美緒が行っていないか確認した。そんな和樹に、蓮子は、特別なことをしてほしいのではなく、当たり前のことを望んでいるのではないか、と意見する。しかし和樹は、蓮子の言葉に納得できず、恋愛なんてもともと不自然なものだ、などと主張して、彼女を怒らせてしまい……。

     **********

相変わらずの美緒。和樹に向かっても言いたい放題だった。

続きを読む "《ファースト☆キス》◇#02" »

《パパとムスメの7日間》☆#03

大人はマジ大変』(あらすじ)

心と体が入れ替わった恭一郎(舘ひろし)と小梅(新垣結衣)。恭一郎の外見をした小梅は会社の部下の和香子(佐田真由美)に相談を持ち掛けられ食事に行く。その姿はまるで不倫カップル。後をつけていた小梅の外見の恭一郎は胸騒ぎを感じる。食事を終えた小梅に恭一郎が説教をしていると、会社の部下の中嶋(八嶋智人)から電話が入る。中嶋から大事な会議を終えた後に入院中の父に会いに行こうと思っていると聞かされた小梅は、恭一郎が仕事で祖父の死に目に会えなかったことを考える。そんな中、テストを迎えた恭一郎は答えがまったく分からない。一方、会議を明日に控えて大忙しの小梅は、父の容体が悪化したとの連絡を受けた中嶋にある言葉を投げ掛ける。
     **********

今日は、13時間のボランティアで、夜10時まで拘束だったので、視聴は、大幅に遅れました。台風4号の去った東京は午後から晴れ間が出て暑くなりました。で、忙しかったです。

続きを読む "《パパとムスメの7日間》☆#03" »

2007/07/15

《ライフ》◇#03

(あらすじ)
新入生交流合宿に行くことになった椎葉歩(北乃きい)たち。写真をネタに佐古克己(細田よしひこ)から脅されていることを知らない安西愛海(福田沙紀)が元気のない歩を心配し気遣う姿に苛立つ廣瀬倫子(星井七瀬)。歩が愛海から克己を奪おうとしているという倫子の言葉を信じている岩本みどり(末永遥)らは歩に敵意ある眼差しを向けていた。
 夕食後、食器を洗っていた歩に倫子が全員分の皿を押し付けた。洗い場で1人ひたすら皿を洗っている歩を見かけた羽鳥未来(関めぐみ)は、広場で花火をしている愛海らの元へ行き…。翌早朝、寝付けなかった歩が湖畔へ行くと未来が。友達に臆病になっている自分を責め“嫌われても仕方がない”とつぶやく歩に、未来は嫌いじゃないと話すのだった。
 未来の言葉で励まされた歩は、明るく努めようと気合を入れて登校するが愛海らに未来を無視するように告げられる。未来が登校してくるとみどりが未来の机を蹴飛ばすが全く動じる様子もない未来。助けようとする歩だったが、愛海らが怖くて何もできない。
 数日後、歩の教科書に黒い封筒が挟まれていて中には克己が撮った歩の写真が入っていた。そして愛海の教科書にも同じ封筒が。慌てて奪おうとする歩だが愛海が封筒を開け…。
     **********
佐古の脅迫で、愛海には、佐古を狙っているとしか映らない歩。
倫子が撮った動画を見せられて愛海の不安は的中。

 

続きを読む "《ライフ》◇#03" »

2007/07/14

《受験の神様》☆01

旅人算』(あらすじ)

受験とは無縁だった男性が、息子の中学受験を成功させようと奔走する。福間正浩脚本、岩本仁志演出。大手商社で働く勇(山口達也)は妻から離婚を切り出されて以来、小学生の息子、広(長島弘宜)と2人暮らし。広は野球クラブに入っていたが、入部希望者の減少でクラブは解散になった。バッテリーを組むつもりだった和樹(荒井健太郎)はクラブをやめ、受験に備えて塾に通っていた。和樹の志望校は野球の名門校。その野球部を見に行った広は、選手の格好良さなどを目の当たりにし、無性に入学したくなる。そんな広に、勇は全国模試を受けるよう勧める。ところが結果は散々。やがて勇は道子(成海璃子)という伝説の家庭教師の存在を知る。
     **********

受験しない広は、野球部も解散で、何も楽しみが無かった。橋の下で、ボールを投げて遊んでいると、強烈な風が吹いた。
{キャッチボールする?」と凄い玉を投げた。呆然とする広に
「さっさと投げ返しなさい」暫く2人のキャッチボールは続き時間だから行くと言った。

続きを読む "《受験の神様》☆01" »

《新マチベン》~オトナの出番~◇#03

親を捨てられますか』(あらすじ)

レグラン法律事務所に当番弁護の仕事が来た。堺田春樹(石坂浩二)は家庭裁判所に駆けつけ、弁当を万引きした少年・米村大地(泉澤祐希)に接見する。大地は堺田と会うなり、すぐにここを出たいと懇願。ただならぬものを感じた堺田は、源太郎(渡哲也)、岡村(地井武男)らとともに大地の母・麻里亜(高橋由美子)のアパートを訪ねる。派手な身なりの麻里亜は、息子が万引きで捕まっているにもかかわらず、心配する素振りを見せないばかりか堺田たちの弁護も断ると言う。堺田は大地の勾留却下を勝ち取り、大地を釈放することに成功。堺田に救われた大地は、堺田を自分のアパートに連れていき…。
     *********

堺田が渡してくれた、初サラリーが、¥1000で、源太郎と岡村は、堺田がまだ初仕事をしていないせいだと迫った。心配な2人は、ついていった。
今回は、ネグレクトな母をどうにかしてくれと叫ぶ大地に、悩む3人。

続きを読む "《新マチベン》~オトナの出番~◇#03" »

《山おんな 壁おんな》◆02

ピンクのブタ!?』(あらすじ)
青柳恵美(伊東美咲)と毬谷まりえ(深田恭子)を“壁おんな”、“山おんな”と口走った、恵美の幼なじみ・井口昌平(西島秀俊)の言葉はデパート中に蔓延する。
 そんなある日、丸越デパートのカード契約者獲得のトップ、神宮寺小夜子(雅子)が表彰された。小夜子は、婦人服売り場の部長、富永と不倫の噂がある。
 さて、蔓延する"山壁問題"を恵美はセクハラだと田村剛彦(谷原章介)に直訴。田村は、従業員を集めてセクハラ講習会を開く。
 しかし結局は、まりえが自分は昔から言われ慣れているから平気だと言い出した。田村は、セクハラは否定するが職場のコミュニケーションを失うわけにはいかないと恵美に促し、"山壁問題"は一段落。
 休日に買い物へ出かけた恵美は、ランジェリーショップから出てくるまりえと田村を目撃。後をつけるも、レストランで食事をしたまりえたちは、タクシーに同乗して消えてしまった。二人の関係を疑う恵美は…!?
     **********

昨夜、記事を書いて、アップしたはずが、消えました(泣)
軽く感想を。

青柳さんて、あんなに毬谷を心配したり、田村部長を気遣うので、部長のことを好きなのかしらと思ったほどでした。それが全部、彼女の勇み足、空回りで、大きなお世話だったみたいです。

続きを読む "《山おんな 壁おんな》◆02" »

2007/07/13

《山田太郎ものがたり》☆#02

潜入メイド大作戦』(あらすじ)
太郎(二宮和也)に興味を持った御村(桜井翔)は彼の家を訪れた。太郎の母の綾子(菊池桃子)や弟妹たちは、おいしい土産を持って来た御村を気に入る。そんな中、太郎は弟の次郎(鎗田晟裕)を野球チームに入れたいと監督から勧誘を受ける。そのためには道具などを買う金が必要で、太郎は御村に相談。太郎たち家族のきずなを感じた御村はうらやましく思う。御村は祖父の聖一(麿赤児)に前衛的な華道を受け入れてもらえず寂しい思いをしていた。あることをひらめいた御村は、太郎に高収入のアルバイトとして御村家のハウスメイドになるよう提案。女性限定のため、太郎は厳格な聖一の下で女装して働く決意をする。
     **********

山田太郎が気になる御村。手土産持参で太郎ん家へ♪家族が多くてわいわいがやがややっている姿を楽しげに見ていました。

次郎は、野球の練習をしているところで返球して、剛速球に是非入部して欲しいと監督に求められた。しかし用具一式が¥27000もするので、入れませんと逃げ帰ってしまった。
太郎が食料品を買って通りかかり、監督に言われて、次郎に野球をさせたかった。

続きを読む "《山田太郎ものがたり》☆#02" »

2007/07/12

《肩ごしの恋人》◆#02

迷える女の出世と恋』(あらすじ)
同じ会社でバイトする、家出少年の 崇 (佐野和真) をマンションに泊めてしまい関係を持ってしまった 萌 (米倉涼子)。一夜明け、大学生だと思っていた崇が、実は高校生だと 知り驚きを隠せない。運が悪いことに、朝早くから るり子 (高岡早紀) もマンションに訪れ、崇との関係に疑惑を抱かれる始末だ。るり子の執拗な追及を交わし、逃げるように会社へ出勤する萌。一方、るり子は、萌との関係を探るべく行き場のなくなった崇を世話することになる。
会社ではいつものようにお客からのクレーム処理に追われる萌だが、突然、上司である 逸子 (若村麻由美) から新しい部門の責任者に任命された。思ってもいない出世のチャンスだが、任されるのはアダルトグッズを取り扱う部門。もちろん断ればリストラという厳しい社会の現実を突きつけられてしまう。引き受けていいのか戸惑う萌は、関係を持って以来の再会となる 柿崎 (田辺誠一) に助言を求めるが…。
その頃、崇と買い物に出かけていたるり子は、夫・信之 (永井大) の浮気現場に遭遇してしまい…。
          ***********

会社で、関連部署のチーフをと言われても、アダルト系商品を扱うために萌は落ち込んでいた。初めは輸入絵画の販売会社だったのに、いつの間にか売れるなら何でも輸入する会社になっていた。自分で選んだ仕事とはいえ、辛くなっていた。
柿崎から食事の誘いがあったので、またゲイバーへ。

続きを読む "《肩ごしの恋人》◆#02" »

2007/07/11

《ホタルノヒカリ》☆01

恋愛するより家で寝てたい・・・干物女が恋をした!?』(あらすじ)

20代で恋愛を放棄したOLの生活ぶりと心境の変化を描くラブコメディー。ひうらさとる原作、水橋文美江脚本、吉野洋演出。建設会社のインテリア事業部でさっそうと働く蛍(綾瀬はるか)。部内では企画ディレクターの早智子(板谷由夏)をはじめ優華(国仲涼子)ら女性社員がプロジェクトの成功に向け奮闘していた。そこにプレゼンテーションの結果を聞きに行っていた部長の高野(藤木直人)が戻り、競合相手を退けて大きな仕事を勝ち取ったと告げる。その夜、女性社員らは祝杯を挙げるが蛍の姿はない。恋人が待っているに違いないとささやき合う女性社員らに、早智子は"干物女"になる前に積極的に恋愛するよう告げる。干物女とは、職場では華やかだが帰宅するとすぐにジャージー姿になり、だらだらと過ごすことが好きな若い女性のこと。実は、蛍こそがまさにその干物女だった。
     **********

ずっと昔。遠い夏の記憶。おばあちゃんの家の縁側で見つけた小さな蛍。おばあちゃんは言った。蛍はね、きれいな水と流れる川とありのままの自然が無ければ、生きていけないんだよ。夏が来るたびに、あの日、幼かった私の手の中にいた小さな蛍を思い出す。小さな小さな、今にも消えてしまいそうな儚い小さな光。

続きを読む "《ホタルノヒカリ》☆01" »

《牛に願いを Love &Farm》☆02

動き出した夏の恋』(あらすじ)
高志(玉山鉄二)ら6人が、北海道の牧場実習にやってきて4日が経った。高清水牧場担当となった統平(小出恵介)と彩華(相武紗季)が分娩小屋で生まれた子牛の名前を何にするかでもめていると、高志がやってきた。高志は耳標の番号で呼ぶべきだと言い、学生で子牛の世話をしようという提案も無理だと言い切る。意地になった統平は弘志(大杉漣)に子牛の世話を申し出て、さっそく母牛との引き離し作業を行う。

その様子を見ていた高志は、中学生のときに感じた牧場経営の現実の辛さを加藤(中村獅童)に語る。その後ろである思いを胸に和美(戸田恵梨香)は話を聞いていた。
     **********

生まれたての子牛の世話をしたいと統平が言い出した。高志は、さっさと帰れと父親にも言われて、そのまま帰ろうとしたが、バッシングの嵐で、おまけに加藤に、大学には地域振興の奨学金を使って入って居るから辞めるなら返さなければならないと言われた。父親とも顔を合わせたが、話はかみ合わなかった。

続きを読む "《牛に願いを Love &Farm》☆02" »

2007/07/10

《花ざかりの君たちへ イケメン♂パラダイス》★02

イケナイKiss』(あらすじ)
保健室に運ばれたことで、校医・梅田北斗(上川隆也)に女だとバレてしまった芦屋瑞稀(堀北真希)は、梅田から男子校に編入してきた理由を問い詰められ、絶体絶命のピンチに――と、そこへ、第二寮で飼っている犬の裕次郎が現れ、瑞稀は間一髪、脱出に成功する。外へ出た瑞稀は、裕次郎が佐野泉(小栗旬)の元へ駆け寄るのを見て、佐野が自分を助けるために裕次郎をよこしたのだと思い、礼を言う。ところが佐野は、瑞稀のためにそんなことをするわけがないと、相変わらず悪態をつく。
その夜、食堂にいた瑞稀たちは、教頭・猿渡(宇梶剛士)から、次のイベントとして「ミスター桜咲コンテスト」が開催されると聞く。それは、桜咲学園と姉妹校である女子高・聖ブロッサム学園が共催し両校の“キング”と“クイーン”を選ぶコンテストで、一番イケてる男女を選ぶというもの。ファンクラブによる途中経過が報告される中、中津秀一(生田斗真)は瑞稀を呼び出すが、その様子がいつもとは違って…。
各寮は早速ミスコンの準備を始めるが、瑞稀の第二寮でも寮長・難波南(水嶋ヒロ)の下、看板を制作することが決まる。そこで、地下倉庫にある去年の看板を参考にするため、誰かが看板を取りにいくことに。結局、瑞稀が行くはめになるが、場所がわからないうえ、暗い倉庫に行くのをためらう瑞稀に、佐野が突然、自分も一緒に行くと言い出す。懐中電灯を照らし、瑞稀とやってきた佐野だが、なぜか足がふらついている。電気を見つけスイッチを押そうとした瞬間、佐野は倒れ込み、瑞稀と至近距離に…。
          **********
梅田の詰問に化けの皮を剥がされそうになったミズキは、裕次郎に助けられた。外に出ると、裕次郎は、泉の元へ。そこで礼を言うと、「オレは怪我人を運んだだけ」といわれてしまった。どこまでも素直ではない。

続きを読む "《花ざかりの君たちへ イケメン♂パラダイス》★02" »

《ファースト☆キス》◇#01

妹は悪魔だった!!』(あらすじ)
10年ぶりに再会した兄妹が周囲を巻き込みながら成長していく姿を描くコメディー。井上由美子脚本、武内英樹。
両親の離婚でアメリカに渡った美緒(井上真央)は通院生活を送っていた。ある日担当医から成功率50%の手術を勧められた美緒は、それを受ける代わりに10年前に分かれた兄、和樹(伊藤英明)のいる日本へ旅行に行きたいと願い出る。和樹は妹からの突然の電話に驚きながらも、10年ぶりの再会に胸の高鳴りを覚えていた。ところが和樹は病弱だった幼少時代の面影もない、生意気なそうな美緒の変ぼうぶりにショックを受ける。しかしそんな和樹もまた、カメラマンを夢見ていたものの、挫折。現在はメーキャップアーチストのの一流(劇団ひとり)の家に、スタイリストの勝(阿部サダヲ)と共に転がり込んで怠惰な生活を送っていた。
     **********

のっけから現れた美緒の態度は、チョームカつく。
お兄ちゃんがゆっくりしろと言ったからと、夏の間いる気らしい。
兄貴の和樹は、電話で話しているときは、写真集を出すとか、景気の良い話をしていたが、写真の才能が無いと言われ、こんなことしていられるか!と啖呵をきって辞めてしまった。それも言い出せないでうじうじしていた。

続きを読む "《ファースト☆キス》◇#01" »

2007/07/08

《パパとムスメの7日間》☆#02

パパのせいで失恋!?ムスメのせいでリストラ!?』(あらすじ)
ある日、突然人格が入れ替わってしまった恭一郎(舘ひろし)と小梅(新垣結衣)は、なぜこんなことになってしまったのか、まったく見当もつかない。本当のことを話しても、誰にもわかってもらえないと判断した2人は、元に戻るまでこの秘密を隠しておこうと決意する。
翌朝、恭一郎の外見をした小梅は会社へ、小梅の外見をしていた恭一郎は学校に通うことになるが、慣れない生活に恭一郎と小梅は四苦八苦。2人は、周りに秘密がバレないよう、ヒヤヒヤしながら一日を過ごす。そんな中、小梅が健太先輩(加藤成亮)とデートの約束をした土曜日が目前に迫ってきていた。話し合いの結果、恭一郎は小梅に説得され、しぶしぶデートを引き受けることにする。
そして迎えた、土曜日。小梅は自分の姿をした恭一郎を見送るが、やはり、恭一郎と健太先輩の尾行を開始。恭一郎にすべてを任せたものの、うまくやってくれるかどうか不安になってしまったのだ…。ちゃんとデートを成功させなければ“会社で裸になる”と脅されていた恭一郎は、慣れない服装で待ち合わせ場所に向かうが、あたりを見回せばイチャつくカップルばかり。愛娘に悪い虫がつくのを心配した恭一郎は、デートを失敗に導くために、小梅のイメージダウンを狙ってあれこれと策を講じる。そんな恭一郎の魂胆を見抜いた小梅は、怒り心頭! 携帯メールでしつこく注意をしたり、気づかれないように後ろから恭一郎の座る椅子を蹴ったりして、恭一郎の態度を変えさせようと試みるのだが…!?

一方、恭一郎は任されたプロジェクトの進行具合を発表する“御前会議”を火曜日に控えていた。日曜出勤することになっていた恭一郎に、「適当にやっていれば大丈夫だ」といい聞かされて会社に出勤した小梅だったが、部署に到着した途端にトラブルが発生!!部下の加奈子(今井りか)が大失態を犯し、なんと上司である恭一郎に、重大な責任がのしかかってきたのだ…。

絶体絶命の危機、2人はこの非常事態を乗り越えることができるのだろうか!?
     **********

仕方なく元に戻れるまでそのまま過ごすことにしたパパと小梅。パパは結局、健太先輩とのデートを承諾。

続きを読む "《パパとムスメの7日間》☆#02" »

《ライフ》◇#02

話題沸騰衝撃の展開!!今夜ついにイジメの標的に!?』(あらすじ)
椎葉歩(北乃きい)は、佐古克己(細田よしひこ)に振られたショックで踏み切りに飛び込んだ安西愛海(福田沙紀)を救い出した。泣き崩れる愛海に言葉がみつからない歩。
翌日、愛海は学校を休むが1年2組の黒板には廣瀬倫子(星井七瀬)を中傷する文字が書かれていた。慌てて消す倫子を、歩はどうすることもできず切なく見つめるだけだ。同じ頃、佐古建設の社長で克己の父・敏克(勝村政信)の元へ愛海の父・大治郎(小野武彦)が訪ねてきた。愛海へ別れを切り出した克己のことを大治郎に責められた敏克は、その夜、克己に暴行を加えて愛海とよりを戻すように命令をする。
翌日、愛海から別れの理由が知りたいと言われた歩は放課後に克己の元へ行き理由を尋ねるがはっきりとした答えが得られない。雨の中、必死にくらいついてくる歩に克己は傘を貸すからと家へ誘うが、その様子を倫子が携帯の動画でこっそり撮影していた。克己の部屋に通された歩はアルバムに貼られた驚くべき写真の数々を見てしまう。慌てて元に戻すが、写真を見られたことで豹変した克己は歩に襲いかかり、ハサミを取り出して…。一方、同窓会に出席していた椎葉文子(真矢みき)は、同級生の敏克と再会していた。
やっと克己から開放され、雨の中をふらふらと家路につく歩に傘がさしかけられた。羽鳥未来(関めぐみ)だった。翌日、歩が学校へ行くと愛海が見せたいものがあると歩を連れ出す。その頃、校舎裏では倫子が携帯の動画を岩本みどり(末永遥)らに見せていて…。

     **********

この高校も、生徒も皆おかしい。
愛海が、電車の前に立ったり、と危なげな姿に歩は、佐古を見つけて詰問していた。雨に濡れながら2人は歩いていったが、あの気持ち悪い笑いがでました。

続きを読む "《ライフ》◇#02" »

2007/07/07

《新マチベン》~オトナの出番~◇#02

美しき復讐者』(あらすじ)
及川玲子(黒木瞳)は痴漢被害を訴えた民事訴訟の法廷で、被告の土井猛(鶴見辰吾)側から矛盾点を突かれ、痴漢被害がでっち上げだったことを白状した。玲子の弁護人・徳永源太郎(渡哲也)にはまさに寝耳に水。すぐに裁判を閉廷させ、玲子にその理由を問いただす。やがて玲子は、別れた夫・川端仁(小日向文世)と土井の因縁を告白した。その後玲子は痴漢を仕組んだことで土井から損害賠償請求の訴訟を起こされるが、源太郎はその弁護を申し出る。何とか玲子を救いたい源太郎は玲子にそこまでのことをさせた原因は会社にあると主張。対する土井側は全面対決の構えを見せる。決着をつけるために源太郎は仁を法廷で証言させようとするのだが…。
     **********
法廷で被告側の弁護士から、玲子が、何故あの電車に乗ったのかと聞かれ痴漢の事実は無かったこと、被告を法廷に引きずり出すための方便だったと、白状した。相手がマンモス電機で、暖房機の事故でなくなった人が居たため、スケープゴートにされ、責任を全部押し付けられて、解雇された。電話も取り次いでもらえず、夫婦が諦めてしまった時、一人娘が死んだ。父親が人殺しと言われたことで、ビルから飛び降りた。

続きを読む "《新マチベン》~オトナの出番~◇#02" »

2007/07/06

《山田太郎ものがたり》☆#01

ヤマダタロウって?』(あらすじ)
貧乏な男子高校生が家族のため、明るく前向きに奮闘する姿を描くハートフルコメディー。森永あい原作、マギー脚本、石井康晴ほか演出。太郎(二宮和也)はとても貧乏な大家族の長男で、名門高校の特待生。高校では御曹司だと思われ、クールな御村(桜井翔)と人気を二分している。御村は筆入れが菓子箱で電車やバスにも乗らない太郎に興味を示す。一方、2人のいる特別進学クラスに入れたと喜ぶ隆子(多部未華子)は太郎に一目ぼれする。太郎の家は新学期を迎え何かと物入りで家計は火の車。太郎が必死にためるへそくりは、なぜかいつも母の綾子(菊池桃子)に発見され使われていた。そんな中、太郎は誕生日を迎える妹のため、特売のたびに激しい争奪戦が繰り広げられる人気コロッケを手に入れようとする。
     ***********

横綱コロッケタイムセール、ゴー!
おお凄い、争奪戦だ!気の優しい太郎は、妹のために頑張ったが、コロッケは買えなかった。とても優しい性格の太郎は、妹たちにもやさしさで接するから、揉め事の無い家族でした。

続きを読む "《山田太郎ものがたり》☆#01" »

2007/07/05

《肩ごしの恋人》◆#01

迷える三十路』(あらすじ)

輸入代行会社で OL する 早坂萌 (米倉涼子)は、幼馴染・室野るり子 (高岡早紀)の3度目となる結婚式に出席しようとしていた。ところが、会場に到着するなり、るり子の結婚相手・信之 (永井大) が駆けつけ、妻が突然結婚しないと言い出したから説得して欲しいというのだ。

実はこの信之、萌の元恋人。萌から信之を横取りしたるり子が、今更ながらひとり責任を感じたという。しかし、5歳のときからクサレ縁が続き、飽きっぽい彼女の性格を知りすぎている萌は、そんな理由で結婚を嫌がるはずはないと、るり子をなんとか説得して無事式はスタートする。
     ***********

数年前に原作は読んでいたので、途中からの視聴にも追いつけました。

親友と呼ぶには、かなりのくされ縁の萌とるり子。萌はバリバリ仕事をするタイプ。るり子は、そんな萌の好きになった男を必ず奪うちゃっかり者だった。今回3度目の結婚式。るり子は、またしても、萌の彼だった信之と結婚した。式になんで前の彼柿崎を呼びますかね。小説読んでいても、このるり子が嫌いでたまりませんでした。

続きを読む "《肩ごしの恋人》◆#01" »

【DVD】地下鉄(メトロ)に乗って

時空を超えた真実の愛の物語を描く、浅田次郎の同名の小説を映画化。“地下鉄”で過去へとタイムスリップした男が、過去のトラウマに立ち向かう。長い間、父と疎遠だった息子を演じるのは、『ALWAYS 三丁目の夕日』の堤真一。その父親の青年時代から老年までを、『子ぎつねヘレン』の大沢たかおが表情豊かに演じている。昭和初期の車両を実際に使った地下鉄のシーンや、東京オリンピックの頃のレトロな町並みも楽しめる。
衣料品の営業マンの長谷部(堤真一)は地下鉄の駅で父(大沢たかお)が倒れたという伝言を聞く。彼は地下道を歩きながら、暴君の父と口論して家を飛び出し、帰らぬ人となった兄のことを思い出していた。そのとき、彼の前を亡き兄に似た人影がよぎる。必死で追いかけて行くとそこはオリンピック景気に沸く昭和39年の東京だった。(Yahoo映画あらすじ)

監督 篠原哲雄
製作総指揮
原作 浅田次郎
脚本 石黒尚美
音楽 小林武史
出演もしくは声の出演 堤真一 、岡本綾、常盤貴子、大沢たかお、田中泯 、笹野高史、北条隆博、吉行和子

続きを読む "【DVD】地下鉄(メトロ)に乗って" »

2007/07/04

《花ざかりの君へ イケメン♂パラダイス》★01

(あらすじ)
芦屋瑞稀(堀北真希)は、アメリカの高校から桜咲学園に編入してきた高校2年生。登校初日、瑞稀はいきなり衝撃的な場面を目の当たりにする。校門の前を女子中高生が埋め尽くし、男子生徒の“デマチ”をしているのだ。そんな彼らを撮っているカメラマン・原秋葉(紺野まひる)によれば、桜咲学園はイケメン揃いの男子校だとのこと。
教室で瑞稀を待っていたのは、中津秀一(生田斗真)ら男子生徒たちの手荒い歓迎の儀式だった。そこへ佐野泉(小栗旬)が入ってきた。実は、瑞稀は中学時代に、高跳び選手として将来を有望視されていた佐野のジャンプを見て感動、以来、大ファンに。しかし、ある事件をきっかけに高跳びを止めていた佐野に瑞稀は再び跳んでもらうため、性別を偽り編入してきたのだ。
桜咲学園には、格闘系の第一寮、スポーツ系の第二寮、演劇系の第三寮と三つの寮がある。各寮は、間近に迫ったマラソン大会に向け、足が速いとすでに評判の瑞稀を獲得しようと必死だ。そんななか、瑞稀は佐野と同じ第二寮へ入寮し、ふたりは、同室になる。
     ***********

始まりに”この作品はフィクションですので多少のことは大目にみてください”と書かれていました。たしかに!

目当ては小栗白王子様。

続きを読む "《花ざかりの君へ イケメン♂パラダイス》★01" »

《牛に願いを Love & Farm》☆01

生まれたての命』(あらすじ)
ひと夏を大学と提携している北海道の牧場で働く「実学研修」に臨んだ農大生たちの成長を描く青春群像劇。金子ありさ脚本、三宅喜重ほか演出。高志(玉山鉄二)はカフェの雇われ店長だが、実は農大生。久しぶりに大学に登校した高志は3カ月間、北海道の牧場での実習に参加することになっていた。さらに実習先は高志の出身地で、実習に参加するのは高志を含め、統平(小出恵介)や彩華(相武紗季)、美帆子(香里奈)ら6人。統平は、初日から遅刻していつまでたっても現れない高志にいら立つ。深夜に到着した高志を加え、6人は翌朝から3つのグループに分かれて実習を開始。統平と彩華とともに実家の牧場で働くことになった高志だが、いつのまにかいなくなってしまう。
     **********


実習を受けないと、卒業が危ない農大生とは名ばかりの素人集団
。持ち前の、バイト感覚で、どうしても責任転嫁してしまう。
その際たる者が、高清水農場の跡取り息子高志。
何事にも、中途半端で、熱くならないのを、自分の性格で、よいことと思っている。

続きを読む "《牛に願いを Love & Farm》☆01" »

2007/07/02

《ライフ》◇#01

(あらすじ)

成績の良くない主人公・椎葉歩は、頭の良い親友・夕子が目指す高校に一緒に入学するため、夕子から勉強を教えてもらいながら見事、難関高校に合格。ところが、一番行きたがっていた夕子は不合格。歩は夕子から「あなたなんていなければ良かったのに!」と言われてしまう。友情が崩壊してしまったことにより、歩は他人と話さなくなってしまう。高校でも新しい人間関係を築くことをあきらめていた。しかし、クラスメイトの安西愛海を中心とした数名は歩を迎えてくれたため、歩は再び前向きになる。そんなある日、歩が愛海の恋人である佐古克己を奪おうとしていると誤解されたことから、歩は愛海を中心とする女子数名に執拗にいじめられるようになっていく。助けを求めたくても、親は体の弱い弟に気を取られ、歩の言うことに耳を傾けてくれない。そして、担任に相談しても担任は職員室内で「いじめ」にあっており、彼女を守れる人間は誰もいなかった。
 最初は弱かった歩だが、次第に仲間を見つけていじめに立ち向かい、「生きる」ために強く成長していく──。
      **********
正解はわからない。だけどあたしは決めたんだ。自分らしく生きることを。そして、イジメと戦うことを。あたしは、負けない。」

私アンタがウザカッタあんたがいなけりゃ,受かっていたのに。親友夕子に勉強を教えてもらっての西高受験は、歩だけが合格。帰宅しない夕子を捜して電話が歩みの所にまでかかって来た。雨の中探し回る歩。人だかりに胸騒ぎをを押さえながら覗くと、夕子が額から血を流し横たわっていた。それから歩は、心を開かない子になった。

続きを読む "《ライフ》◇#01" »

2007/07/01

《パパとムスメの7日間》☆#01

『マジ!?パパがあたしで、あたしがパパでー』(あらすじ)
人格が入れ替わってしまった父と娘の笑いあり涙ありの家族愛を描くホームドラマ。五十嵐貴久原作、荒井修子、渡辺千穂脚本、高成麻畝子ほか演出。大手化粧品会社に勤める恭一郎(舘ひろし)は高校生の娘、小梅(新垣結衣)が口を利いてくれないことに悩んでいた。ある日、妻の理恵子(麻生祐未)の母が危篤との知らせが来る。その見舞いの帰り道、恭一郎は電車内で久しぶりに父娘水入らずの時間が持てると喜ぶが、小梅は恭一郎を無視。話すきっかけになればと、恭一郎は義母にもらった桃を小梅に渡して食べる。その瞬間、電車が揺れて急ブレーキがかかり、2人は席から投げ出される。2人が病院で目を覚ますと、何と人格が入れ替わっていた。生活も交換することになった2人だが、小梅のあこがれの先輩、健太(加藤成亮)も巻き込んでの大騒動になる。
     **********

父親の存在感ってなんだ宝物のように感じている娘小梅が、思春期真っ最中。口を利かなくなってはや2年。もはや存在感も威厳もなくなったと思っていた。会社では出世街道から離脱。35年ローンで買った家は駅から徒歩25分。自分が死んだらローンが払えないと心配する恭一郎に、妻理恵子が生命保険で穴埋めできると、まったく、存在感を感じてもらえない夫だった。

続きを読む "《パパとムスメの7日間》☆#01" »

《新マチベン》~大人の出番~◇#01

新米弁護士は60歳』(あらすじ)
60代の新米弁護士、徳永源太郎(渡哲也)、堺田春樹(石坂浩二)、岡村重勝(地井武男)の3人が司法修習を終えた記念すべき日の帰り道、乗り合わせた電車の中で女の悲鳴を聞いた。「痴漢です!警察を呼んで!」。徳永たちは痴漢などやっていないと主張するマンモス電機のエリート社員・土井猛(鶴見辰吾)を警察に引き渡した。その夜、被害者の女性・及川玲子(黒木瞳)からかかってきた電話が、弁護士としての初仕事となる。依頼人の玲子は相手の男に損害賠償を求めて闘うと主張。その請求額は、「一円」。金銭が目的なのでなく、男にちゃんと謝ってもらいたいのだと言う。夫と離婚し、娘を失ってしまった過去を持つ玲子は、泣き寝入りだけはしたくないとの思いを源太郎に伝えた。玲子の執念にただならぬものを感じる源太郎は、この前代未聞の訴訟を引き受ける…。
     **********

生きてきた環境も職業も性格も違う三人の男たち。弁護士としては新米でも、「オトナ」として暮らしてきたそれぞれの人生経験を生かしながら、依頼人に体当たりします。そして彼ら自身もまた、依頼人との出会いを通して新たな経験を重ね、さらに「オトナ」へと成長していく…。

 「新マチべン」は、三人の熱き壮年弁護士たちによる「法律ドラマ」であり、またセカンドライフを真っ向から取り上げる「ヒューマン・ドラマ」です。(HPより)

続きを読む "《新マチベン》~大人の出番~◇#01" »

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

最近の写真