無料ブログはココログ

« 《バンビーノ!》★#05 | トップページ | 《帰ってきた時効警察》★#06 »

2007/05/17

《わたしたちの教科書》◇#06

恋をする気持ち』(あらすじ)

珠子(菅野美穂)は直之(谷原章介)から、市と中学校を相手取った訴訟から手を引かなければ解雇するという最終通告を受けた。直之は行政や企業を主要クライアントとする事務所の利益を守るために、市からの依頼を受けることを決意していた。珠子は訴訟となれば戦う相手は直之になることを承知の上で解雇を受け入れる。その返事を受け、直之は珠子との婚約を解消すると彼女に告げた。同じころ、中学校では臨時職員会議が開かれていた。雨木(風吹ジュン)は耕平(伊藤淳史)たちに、全校で徹底的ないじめの実態調査をするよう指示する。
     *****

雨木副校長は、何から何を守りたいのだろうか?
全校のいじめに関するアンケートをとり終わり、集計の結果、
何処からもいじめを知らせるものは見られなかった。雨木は、職員室で、三澤教諭の日記を公開した。明日香に関する考察が多かった。かなり感情的で、いじめられていると言いながら、先日自分が破った教科書を、破られたといって見せた。そこから、雨木は、明日香が虚言癖がある、問題児だったと印象付けた。結果、当校には、いじめは無いと結論付け、明日香の死は、単なる事故死だったと結論付けた。しかし、この教諭は、病気療養中との事情だったが、消えた。

直之は、14才の時、母が医療ミスでなくなったが、父は、直之と、母の死を天秤にかけ、直之を選んだ。その父が後余命半年と結果がでた。お前の信念で、事務所が邪魔になれば、切り捨ててよいと言われたが、直之は、珠子との結婚は、契約だから、破棄し、事務所から解雇と普通のことのように言われた。ああ、イヤダ。こんな男!

マンションに帰ると、直之が荷物をまとめてダンボールを積み上げていた。二人の仲は簡単だった。およそ、恋人同士が住んでいたにしては殺風景な部屋だった。2人の恋人としての歴史が全く無く、鍵を返されて、そのまま。

戸板は、業者に便宜を図るという名目で、癒着があると、投書があった。雨木に呼ばれた加地は、すし屋の前で、戸板を見つけて、業者とのやり取りを聞いて、報告した。担任を外され謹慎処分になった戸板。借金が返せないと、加地に雨木の犬になったとののしった。珠子に、戸板から電話があった。映画館で会った戸板は、三澤の写真を見せ、情報を買ってくれといった。病気でもなく、明日香殺したのは、担任の三澤だといった。

学校では、消防検査が迫っていたが、塀に死ねと落書きが沢山あった。加地は急いで消そうと先生方をせきたてた。

持ち駒が何も無くて、珠子は法廷論争まで持ち込めるのでしょうか?
珠子が始めて担当した事件で、直之と出張した時の写真がくずかごに破り捨てられていた。病院へ行った珠子に、一度も直之を好きになったことが無かったと言わせた。ボクもだと言った。珠子の頭をくちゃくちゃと撫で回して、抱きしめた。珠子は正しいと言い、法廷で会おうと明るく行って分かれた。お互いに未練はあるでしょうね。最後に直之は、事務所を捨てるか、守るか?見届けましょう。

*****
◇#05 ◇#04 ◇#03 
◇#02 ◇#01

« 《バンビーノ!》★#05 | トップページ | 《帰ってきた時効警察》★#06 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

★霞さん、こんばんは。

>だーれも信じられない学校。
こんな学校、実際にあったら絶対イヤですねぇ・・・

これの半分くらいは、あるのではないでしょうか。
程度の差は、かなりでしょうが、皆無とは言えません。だからきっと、今学生だったら、私は、
登校拒否していたかもしれません。

★みのむしさん、オバンです。

>それにしても雨木といい大城といい。
何をたくらんでるかわからなくて不気味~。

こんな、隠蔽がまかり通っているとしたら
日本の学校事情は、最悪ですね。

★まこさん、こんばんは。

>そんな悲しい別れをしてまで、明日香の死を
追求する珠子。頑張ってほしいです!!!

病院へ珠子が行った時、頭をくしゃくしゃしたのを
みて、本当はお父さんとは違うはずなんだと、
思いました。

★お気楽さん、こんばんは。

>別れて暮らすと、どんなに大きい存在だったか、思い知るんだよね・・・。

いて当然と思う人がいなくなると、当分胸に応えますね。シアワセだったら、なおさらです。

いつもクールだった直之が温かい気持ちを持っていた点は
ちょっとホロッと来てしまいました。
が、それ以外は謎ばかりで・・・。
だーれも信じられない学校。
こんな学校、実際にあったら絶対イヤですねぇ・・・

珠子と瀬里のシーンは泣けました。
お互いに本当は好きなのに、それでも
お互いに違うものを信じているから
どうしても離れなくちゃいけないっていうか。
最後に「お前は間違ってない。」って頭を
なでるところなんて泣けました~。
それにしても雨木といい大城といい。
何をたくらんでるかわからなくて不気味~。

直之さんてば、何て冷たい男なのっ!と
思ったけど、本当はそうじゃなかったんですね~。
そんな悲しい別れをしてまで、明日香の死を
追求する珠子。頑張ってほしいです!!!

お互い、本当に大好きって感じは無くて、淡々とした生活だったもんね。でも別れて暮らすと、どんなに大きい存在だったか、思い知るんだよね・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/15109647

この記事へのトラックバック一覧です: 《わたしたちの教科書》◇#06:

» わたしたちの教科書 第6回 [せるふぉん☆こだわりの日記 ]
うおぉ~、ものすごい展開!! 雨木が教師たちを集めて緊急HRを開いて欲しいと言 [続きを読む]

» わたしたちの教科書 第5話:恋をする気持ち [あるがまま・・・]
元担任を探せっ!凸(▼▼メ)(メ▼▼)凸どこだ? 療養中というのは、ウソらしい。そしてあの日誌!自筆では無いというのが めっちゃ怪しいぞ〜!明日香の虚言癖が語られてましたが、どうだか…{/ase/} まぁ子供時代の作文で、多少は事実の捏造はあったようだけど{/face_ase2/} イジメの実態調査でイジメは無かったという結果が出たらしいけど、 それもどうだか…だって、現に仁科朋美がイジメられてたって言ってたじゃん! 今回の福島の事件でも学校側はイジメは無かったと言ってるみたいだけど どうなんでしょ... [続きを読む]

» わたしたちの教科書 【第6話】 恋をする気持ち [THE有頂天ブログ]
わたしたちの教科書 菅野美穂主演ドラマ「わたしたちの教科書」第6話を見ました。 ■わたしたちの教科書 「第6話」 あらすじ  直之(谷原章介)は、西多摩市からの依頼を受けることを決意する。そして、敵対関係になってしまう珠子(菅野美穂)に、喜里丘中学校を相手取った訴訟から手を引かないと解雇する、と最後通告を突き付ける。珠子は解雇を受け入れるが、同時に直之との婚約も解消されてしまう。そのころ、喜里丘中学校では臨時職員会議が開かれていた。雨木(風吹ジュン)は、いじめの実態調査を耕平(... [続きを読む]

» わたしたちの教科書〜第6話・恋愛! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
わたしたちの教科書ですが、熱血教師・加地(伊藤淳史)は完全に体制側に取り込まれてしまったようです。こうなると弁護士・積木珠子(菅野美穂)の孤立も深まるのですが、明日香(志田未来)のお爺さんにまで「いじめがあると思っているのはあなただけじゃないのか」など言われてしまいます。(わたしたちの教科書、第6話感想、以下に続きます)... [続きを読む]

» 「私たちの教科書 第6話」珠子、君は間違っていない [バスタイムTV(お風呂テレビでドラマに浸る)]
そこに恋愛感情はなかった。だから言うんだ。僕を好きになったことは、一度もなかった、と [続きを読む]

» わたしたちの教科書 第6話 珠子の決断と加地の学校 [レベル999のマニアな講義]
内容瀬里直之は、積木珠子に最後通告する。瀬里『クライサー法律事務所は、西多摩市からの依頼を受ける。   それとともに、積木珠子を解雇する』珠子は、判断を迫られる。明日香のことで訴えるのかどうか。だが、決意する珠子。一方、学校では雨木副校長の指示により、...... [続きを読む]

» わたしたちの教科書 第6話 「恋をする気持ち」 [テレビお気楽日記]
直之(谷原章介)「クライサー法律事務所は西多摩市からの依頼を受ける。それと共に積木珠子(菅野美穂)、クライサー法律事務所は君を解雇する。僕との婚約の話も無かった事にしてくれ。」なんて男。父親は直之の為に医療ミスして母親を殺した病院を訴えなかったのに、自分は珠....... [続きを読む]

» 「わたしたちの教科書」第6話 評価3.5(5段階) [追憶]
 加地先生(伊藤)、見事に雨木副校長(風吹)にとり込まれてしまいましたね。イジメ調査のアンケートを採用された上に、イジメの実態はアンケートには現れず、かつ、明日香(志田未来)が問題のある生徒だったことが、1年生のときの担任・三澤先生の記録から明らかにさ...... [続きを読む]

» 一度も好きだったことはなかった・・・今日までは。(菅野美穂) [キッドのブログinココログ]
・・・うわあ。しびれるようなラブシーンを見てしまったぞ。ラブシーンで泣いたのって [続きを読む]

» 私たちの教科書 第6話 [日々緩々。]
瀬里の父の余命、母の他界した理由… 珠子が初めて耳にする話の中、瀬里の口から最終的に出たのは 珠子を解雇するということ。 事務所側と珠子の前面対決ということですね{/v/} 学校では、着々と副校長色が広がってました〜{/face_gaan/} 加地先生の作ったアンケートの実施。 何も出てこなかったというけれど、正直に書く生徒はいないんじゃ…? タイミング良く前担任の三澤の記した書類を出して、 虚言癖を持った明日香を守るためだったとアピール。 手書きじゃない時点でちょっと嘘くさい気もします... [続きを読む]

» わたしたちの教科書 第6回 短め感想 [ぐ〜たらにっき]
『恋をする気持ち』 [続きを読む]

» 「わたしたちの教科書」の話6 [のらさんのうだうだ日和]
木曜劇場「わたしたちの教科書」 {オフィシャルサイト} 第六話・「恋をする気持ち」(視聴率10.1%、平均視聴率10.95%)丁度、前半最後の折り返し地点(全12話予定)になってやっと藍沢明日香(志田未来)の前の担任・三澤亜紀子の話が出てきましたね。雨木副校長(風吹ジュン)の息子・音也(五十嵐隼士)と共に、今後のキーになってくる人物でしょう。それにしても三澤亜紀子は、市川実和子でしたよね。「帰ってきた時効警察」では、総武銀座のホステス嬢!「セクシーボイス アンド ロボ」では、かんにん袋!(観てない人... [続きを読む]

» わたしたちの教科書 第6話 [くつろぎ日記]
珠子、君は間違っていない。 [続きを読む]

» わたしたちの教科書(第6話) [霞の気まぐれ日記]
うわーーーん、解雇だってー!! そう来ましたか。。 しかも、婚約も解消とは・・・。 それでも諦めない、珠子。 辞めちゃう覚悟まで出来てたんだ・・・。 母親の信念、ってやつですかねぇ。。 決意は固いようです。 一方副校長は、学校でのいじめの状況を徹底調査すると..... [続きを読む]

» 『わたしたちの教科書』 第6回 「恋をする気持ち」 メモ [つれづれなる・・・日記?]
今回は恋のお話が2本?なのかな。 ちょっと本線からずれてたような回でしたが、あとあと、意味がでてくるんでしょうかね。 [続きを読む]

» 「わたしたちの教科書」第六話 〜教師が恋をするというのはどういうものだ?〜 [混沌と勇気日記。 〜破滅の世界に打ち砕く勇姿を持て〜]
 珠子(菅野美穂)は、恋人でもある直之(谷原章介)から、西多摩市と喜里丘中学校を相手取った訴訟から手を引かないのならクライサー法律事務所を解雇する、という最終通告を受ける。直之は、行政や企業を主要クライアントとするクライサー法律事務所の利益を守るために、西多摩市からの依頼を受けることを決意していた。直之の母親は、彼が14歳のときに医療ミスで他界していた。だが、直之の父・行彦(勝部演之)は、病院の責任を追及しなかったのだという。行彦は、直之の将来のためにクライサー法律事務所を守ることを決意し、復讐を諦... [続きを読む]

» わたしたちの教科書(5月17日) [今日感]
あっさりクライサー法律事務所を解雇され、婚約話もなかったことに。 珠子が転落の一途とすると、逆に上昇気流に乗ってきたのが、信念のない男・加地(伊藤淳史)を筆頭の喜里丘中学校の教師の面々。... [続きを読む]

» 大倉孝二さんの似顔絵。「わたしたちの教科書」第6話 [「ボブ吉」デビューへの道。]
●「わたしたちの教科書」第6話「恋をする気持ち」 真木よう子、転落事故の真相、変化していく登場人物の印象・・ という共通項目で、当初映画「ゆれる」をイメージして見ていました。 「ゆれる」は、吊り橋から、真木よう子演じる智恵子が転落するわけですが、 裁判になるまで、その転落の詳細は映像にはありません。 「わたしたちの教科書」も、転落自体は映像にありませんよね。 確か2度悲鳴があがったと思うんですが、1度目は窓から身体が 落ちそうになって悲鳴、2度目は実際に落ちてしまって悲鳴、 と理解してるんですが... [続きを読む]

» 「わたしたちの教科書」(第6話:「恋をする気持ち」) [鉄火丼のつれづれ日記]
今回の「わたしたちの教科書」は、喜里丘中でいじめについてのアンケートを行ったり、珠子(菅野美穂)と瀬里(谷原章介)が別れることになったりする、という内容である。今回のエピソードを見終わって、鉄火丼は[?]と、強く思った。... [続きを読む]

» ボッテガ・ヴェネタが世界最大規模の旗艦店を銀座に出店 [ボッテガヴェネタを許さない]
『ボッテガ・ヴェネタ 銀座」でカクテルパーティー』 ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(中央区銀座2)は5月11日、「ボッテガ・ヴェネタ 銀座」(同、TEL 03-3538-3211)で同店のオープニングを記念したパーティーを開催した。 4月7日、世界最大規模の旗艦店としてオープンした同店は、高く取られた天井やゆったりしたディスプレーが特徴。店内に備えられた15メートルの階段沿いの壁面にはケースが配され、最新シーズンのアイ... [続きを読む]

« 《バンビーノ!》★#05 | トップページ | 《帰ってきた時効警察》★#06 »

最近の写真