無料ブログはココログ

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007/05/31

《わたしたちの教科書》◇#08

第2部!!法廷対決』(あらすじ)

転落死事故から1年。珠子(菅野美穂)は、死亡した明日香(志田未来)はいじめを苦にして自殺したものとして、市を相手取った民事裁判を起こしていた。市の弁護を担当する直之(谷原章介)は口頭弁論で、いじめの事実は存在しないと真っ向から対立する。1回目の証人尋問の日。珠子は証言台に立った耕平(伊藤淳史)に、明日香から受け取ったコインロッカーの鍵と、その中にあったかばんのことなどを尋ねる。さらに耕平がいじめの存在と自らの非を認めた音声を証拠として提出した。それに対して直之は、明日香の不安定な言動は彼女の複雑な家庭環境にあると主張。珠子と明日香の関係について耕平に質問する。そんな折、中学校に1通の手紙が届く。
     **********

学校は、いじめた生徒まで保護下に置いてしまう。学校がきちんといじめと対峙しないことによる弊害か。
学校側に取り込まれた加地は、大城と結婚していた。公判に至るまで1年が過ぎていた。三澤が切り札と考えていたが、公判には、ヨガの発表会があるから休むと連絡があった。

続きを読む "《わたしたちの教科書》◇#08" »

2007/05/30

《バンビーノ!》★#07

恋のパスタ対決』(あらすじ)
与那嶺(北村一輝)に言われた”愛”の意味が分からない伴(松本潤)はこずえ(小松彩夏)らホールの仲間に相談するが、答えが見つからない。そんな折、伴は、あすか(香里奈)が恋人の羽山(池内博之)に金を渡しているのを目撃する。羽山は、以前、バッカナーレで働いていた元料理人。天才といわれたその腕を買われて別の店に行ったが、トラブルを起こしてクビになり、今は何もしていない。

ある日、バッカナーレを訪れた羽山の挑発を受けて、桑原(佐々木蔵之介)は、羽山に料理対決を提案する。ところが、桑原が指名した相手は、なんと、伴だった。・・・。しかも、メニューは、羽山がバッカナーレ時代に考案したパスタ。それでも伴は、羽山に果敢に挑む・・・。
     **********

自分でない誰かのために僕は何が出来るだろうか?
与那嶺に言われた”愛”についてどうしても分からず悩むバンビ。16番のお客様はあまり時間が無いから、厨房に早くと催促するように与那嶺に言われても、つい忙しいのは分かっているからと、何も言い出せないで居た。桑原に、厨房はお客様の顔が見えないから、それを伝えるのがお前の役目だと言われた。

続きを読む "《バンビーノ!》★#07" »

2007/05/29

《セクシーボイスアンドロボ》VOICE.8

プッチーニ 前編』(あらすじ)
マキ(浅丘ルリ子)に呼び出されたニコ(大後寿々花)は、死を目前にした患者の最後の願いをかなえる看護師3人組"プッチーニ"の話を聞く。ニコは偶然、ラーメン店でプッチーニとつぶやきながら注射器でスープを採取する怪しい女性を発見し尾行。絵美理(ともさかりえ)というその女性が、ニコの曾祖父が入院している病院の看護師だと知る。一方、ロボ(松山ケンイチ)は、そば店のトイレの便器に落とした"マックスロボ"の腕を拾ってもらったのをきっかけに、昭子(小林聡美)と知り合う。昭子の勇気に感激したロボは、彼女のことが忘れられなくなる。

     **********
ゲスト8話
   
小林 聡美     
   ともさか りえ
   もたい まさこ


ニコの曾じいちゃんが、危篤の知らせで、病院に駆けつけても、涙がでない自分に驚いたニコ。
地蔵堂のマキに呼ばれて、”プッチーニ”のことを聞かされた。
ラーメン屋で、よッちゃんと一緒にいると、プッチーニと言いながら、まずいラーメン汁を注射器で取っている女が居た。あとをつけると、ニコの曾じいちゃんが入院している病院の看護師だった。

続きを読む "《セクシーボイスアンドロボ》VOICE.8" »

2007/05/28

《プロポーズ大作戦》☆#07

恋と花火はいつ散りますか?』(あらすじ)
大学3年の夏休みにタイムスリップした健(山下智久)。それは、哲也(藤木直人)が礼(長澤まさみ)に告白した夏だ。健は哲也より先に、礼に自分の気持ちを伝えようと決心し、機会をうかがう。研究室の大掃除中、健は勇気を振り絞って告白するが、礼は冗談だと思って取り合わない。その日は花火大会で、健や礼たちは大学の屋上で見ようとビールを用意した。ところが、新築のビルの陰になり肝心の花火が見えない。礼は研究室にある花火を取ってこようとするが、健はこの後、哲也が礼に告白することを思い出し、慌てて付いていこうとする。
     *********
妖精に「これまでずっと告白ができなかったダメな人間が、新郎を差置いて、先に告白するなんて無理だと思わないか。」と言われてしまったが、健は「出来ます!」と断固と答えた。「ていうか、やります!」「自分の殻を破れるのか彼女の側に居た14年間で、一度も出来なかったことをやろうとしているんだぞ!口でいくらやると宣言したところで、自分の殻を破るれなければ、そんなことできるはずが無い。」「自分の殻ですか」自信無げなPちゃん.「自分の殻を破って、多田さんの告白を阻止してでも絶対先に告白ます!」求めよさらば与えられん!

続きを読む "《プロポーズ大作戦》☆#07" »

2007/05/27

《冗談じゃない!》◇#07

第7話』(あらすじ)
圭太(織田裕二)が結婚指輪を洗面所と仕事場で外すと知った絵恋(上野樹里)は、ずっとはめていてほしいと頼む。ある朝、圭太は洗面所に置いたつもりの指輪がないと気付く。家や職場で必死に探すが見つからない。指輪をなくしたことを隠そうと指に包帯を巻く圭太だが、理衣(大竹しのぶ)に知られてしまう。理衣は同じ指輪をフランスから取り寄せ、圭太の指にはめる。だがタイミング悪く絵恋が洗濯物の中から指輪を見つけてしまう。別の指輪でごまかそうとした圭太に怒った絵恋は家を飛び出し、友田(田中圭)の家で一晩過ごす。一方、隣人の山田(田口浩正)は学生時代のことを圭太と話すうちにある記憶がよみがえる。
     *****

絶対無くさないでね、と絵恋に言われたのに、アクセサリーが苦手な圭太は、結婚指輪を洗顔時とベルファミーユでは外していた。洗面所で指輪を見つけた理衣が、圭太に渡した時、真剣に言われてしまった。無くしたら「殺す!」と。

続きを読む "《冗談じゃない!》◇#07" »

《ライアーゲーム》★敗者復活戦#07

絶体絶命リストラ必至!!絶望地獄に堕ちたナオ!!奇跡の復活劇は起こるか!?秋山は!?』(あらすじ)
リストラゲームに1人で参加した直(戸田恵梨香)は、フクナガ(鈴木浩介)の策略どおりゼロ票のまま5回目の投票が終わってしまった。そんな中、フクナガが自分の持ち票30票と、直の3千万円のMチケットを賭けてゲームをやらないかと持ち掛けてきた。いかさまをできなくするというフクナガの提案に納得した直はゲームを受けることに。早速、ゲームが開始されるが結果は直の負け。だまされやすいどころか運すらないと笑い飛ばすフクナガに直はMチケットを切る。すると、一人ロッカールームで泣き崩れる直の前に秋山(松田翔太)が現れた。事務局の人間から連絡をもらった秋山は直を助けに来たのだ。直がこれまでのいきさつを話すと秋山は再びフクナガにカードゲームをするよう指示を出す。
     **********
騙され易いだけでなく,運も無いとフクナガに言われて、カードゲームに負けた直は、¥3000万も取られてしまった。
ロッカーで泣く直に、事務局の者から連絡を貰った秋山が来た。

続きを読む "《ライアーゲーム》★敗者復活戦#07" »

《喰いタン2》◇Menu.7

謎が解けない!?オムライスは涙の味・・・』(あらすじ

明後日は、金田一少年(須賀健太)の学校の記録会。今月は、50メートル走を週に一回ずつ行って記録のアップを狙うのだが、運動が嫌いな金田一少年は気乗り薄。そんな金田一少年が今一番関心を持っていたのは、クラスメート・上原進(松田昴大)の父親で、タクシーの運転手をしている上原弘樹(瀬戸陽一朗)が巻き込まれた事件であった。
この事件は、仕事をしている最中に宝石強奪犯一味に遭遇した上原が、拉致され、1日たって解放されたというもの。進と一緒に入院している上原に会いに行った聖也(東山紀之)は、監禁されていた際、犯人が食べたものを分け与えられていたと聞き、興味津々。五十嵐から、監禁場所探しに協力して欲しいと頼まれた聖也は、さっそく上原から詳しい状況を聞いた。
上原の話によると、監禁中に食べた料理は、包丁で叩いたようなキメの粗い鰯を使った鰯のつみれ鍋で、昆布だし仕立て。タクシーの走行距離、目撃証言などから、監禁場所を絞り込んだ聖也は、20軒程ある鰯のつみれ鍋を出す店の食べ歩きを開始した。
そんな中、金田一少年はボヤいてばかり。黎(小池里奈)が、イケメンのサッカー少年と仲良くしていたらしいのだ。涼介(森田剛)は、記録会でそのサッカー少年に勝って黎の心を掴むよう励ますが、スピードにかなりの差がある金田一少年は、ため息しか出ない。
聖也から、クラスで一番足の遅い進の練習ぶりを聞いた金田一少年は、涼介のコーチで練習を開始した。だが、翌日、行われた記録会では、金田一少年は、一緒に走った進には勝ったものの僅差に。聖也から「努力がまだまだ足りない」と図星を指されてしまう。
まもなく、目的のつみれ鍋を見つけた聖也は、自信たっぷりに上原弘樹に味見してもらった。ところが、答えは、ハズレ。「喰いタンが間違えた!」とみなと署では大騒ぎに。自信喪失状態となった聖也は、ホームズ・エージェンシーの事務所に引きこもり、食欲をなくしてしまうのだった――
          ******

金田一が、気になるのは、同級生上原の父が巻き込まれた宝石強盗のほうだった。50m走の記録会に努力しない金田一は、スポーツ万能の池田に遅れを取っていた。

続きを読む "《喰いタン2》◇Menu.7" »

2007/05/26

《帰ってきた時効警察》★#07

ごく普通の主婦がイノシシと間違えられるには、それなりの理由があったのだ!』(あらすじ)

霧山(オダギリ ジョー)は、「イノシシ主婦見間違い事故 それとも殺人事件なのか?」という、どっちつかずの名称がついた時効事件を捜査することに。イノシシの里とよばれる“大間下(おおまか)村”で、村の猟友会メンバーがイノシシと間違って、イノシシの毛皮をまとった村の主婦・一宮理恵子(宮地真緒)を射殺してしまった事件だ。当初は痛ましい事故と考えられていたが、事件当日に理恵子の夫・一路(山中崇)が猟銃で自殺しているのが自宅で発見されたため、殺人事件の可能性も浮上したという。霧山と三日月(麻生久美子)は、さっそく大間下村へ行き、一路の姉・御厨まさへ(国生さゆり)を訪ねることに。亡くなった理恵子も所属していたママさんバレーボールチームの練習に命を懸けるまさへは、大らかでいい加減な人たちが多い大間下村の中では珍しくキッパリした性格。霧山が趣味の捜査をしていると告げると、まさへは「趣味で何かをやる人間が大嫌いだ」という。そこで霧山は、趣味とは思えない気迫と本気で捜査すると約束。やがて捜査を進めるうち、理恵子がママさんバレーのコーチ・関口ミッシェル(加勢大周)と浮気していたことを知る。さらに、霧山は誰かに尾行されているような気がして…。【脚本 山田あかね / 監督 安見悟朗】
     *****

三日月が、管理課の皆に、お三時を届けに来た。絵の書いてあるゆで卵だった。ゆで卵アートにはまっているといって、管理課のみなの似顔絵が描かれていた
今夜もゆるゆる感溢れる一話です。楽しめました♪

続きを読む "《帰ってきた時効警察》★#07" »

2007/05/24

《わたしたちの教科書》◇#07

第一部完結!!提訴』(あらすじ)
珠子(菅野美穂)は、明日香(志田未来)の元担任の亜紀子(市川実和子)に関する情報を得た。亜紀子は病気を理由に休職したことになっているが、雨木(風吹ジュン)との間にはトラブルもあったらしい。同じころ、直之(谷原章介)は宇田(前川泰之)とともに中学校を訪れていた。直之たちは耕平(伊藤淳史)や早紀(真木よう子)らと個別面談し、事件が起きた当日の様子を調査。耕平はいじめの存在と落ち度を認めた自分の発言を、珠子にボイスレコーダーで録音されていることを直之に伝える。そんな中、珠子は亜紀子の家を訪ねるが、亜紀子は明日香の事件にまるで関心を示さなかった。
     
*****
瀬良が、学校へ出張ってきた。教師たちに個別に聞き取り調査をし、大城は、学年担任として落ち度は無かったといった。
直之は、雨木に本当の所をと言って、藍沢明日香に対するいじめがあったのかと聞いた。返事はどうだったのでしょうね。勝利を確信している直之が気になります。

さらに、加地に、接近する大城。これは、不自然だけど、どうなんでしょうね。

続きを読む "《わたしたちの教科書》◇#07" »

2007/05/23

《バンビーノ!》★#06

愛って何?』(あらすじ)

ホール担当になって2週間が経過したが、緊張が解けない伴(松本潤)はグラスや皿を落として割るなどミスを連発し、支配人の美幸(内田有紀)に叱られる。
与那嶺(北村一樹)は、「接客は愛だ」とアドバイスするが、伴にはその意味が分からない。あすか(香里奈)と妹尾(向井理)に相談した伴は、接客の技術的な未熟さを指摘され、閉店後のホールでの特訓に付き合ってもらう。
そして、帰宅後も特訓を重ねた伴は、自信をつけ、厳しい常連客・野上京子(戸田恵子)の担当を自ら与那嶺に願い出る。伴は、野上へのサービスを技術的には完璧にこなすのだがーー。
     *****

なんでミスしてしまったのか、考えなくてはいけない。そんなの十分わかっているのに、出来ない、バンビ。
美幸に、仕事が出来ないバンビをたべさせているのは、仕事のできる人がカバーしていると言われた。

続きを読む "《バンビーノ!》★#06" »

2007/05/22

【DVD】亀は意外と速く泳ぐ

亀は意外と速く泳ぐ」をやっと見られました。
DVDを借りようにも、いつも貸し出し中で、待つこと3ヶ月!

帰ってきた時効警察」でおなじみの三木聡の監督作ですから、随所にユルイ笑いが一杯でした。第一作が、「インザ・プール」これも楽しかった。
今回は、主婦のスズメが、毎日亀の餌やりだけの生活で、まるで透明人間のような扱いを受けていた。そんな怠惰な日々の中で、100段階段の手摺りにn貼ってあった小さな「スパイ募集」を見つけて、行動を起こしたことから、心に張りが出てくるのが良いですね。

続きを読む "【DVD】亀は意外と速く泳ぐ" »

《セクシーボイスアンドロボ》の時間なのですが

今夜は、本当なら”Voice,#07 人生やり直せるハンバーグ”のはずでした。しかしこんなお知らせが載って、

本日放送予定の「セクシーボイスアンドロボ 第7話」は物語の設定に実在する事件を想起させる場面を含んでいるため、放送を差し控えることになりました。

本日午後10時からは、「セクシーアンドロボ 第2話」(4月17日放送)を再放送します。ご了承下さい。第7話の放送については未定です。来週は第8話を放送いたします。(日テレ)

続きを読む "《セクシーボイスアンドロボ》の時間なのですが" »

2007/05/21

《プロポーズ大作戦》☆#06

10代最終日何を卒業しますか』(あらすじ
礼(長澤まさみ)の二十歳の誕生日を祝いたかったと後悔する健(山下智久)。当時、礼と一緒にいたのは哲也(藤木直人)だった。健はタイムスリップに成功するが、礼は急きょ建築関係のコンペに出品することになった課題の手直しのため、哲也の研究室にこもることになっていた。邪魔をしてはいけないと思う健は、礼に大吉のおみくじを渡すのが精いっぱい。また健は風邪をひいて体調が悪いものの、礼へのプレゼントを買うために日払いのアルバイトをすることに。しかし熱が下がらず、仕事場で倒れてしまう。
     *****
「勝手にダメだと決め付けて、チャレンジもせずに諦める。ま、お前に限らず、人類全般に言えることだなぁ。ぶつかりもせずに、自らの手で奇跡の扉を閉じていては、シアワセなど舞い込むわけが無い。当たって砕けろと言う言葉があるが、ホントに砕けた人間て、見たことが無い。ホントに砕けた人間なんて見たことあるか?」by妖精。

人間は丈夫な生き物だから、相手にぶつかって砕けるほど弱くないと言われた、健。さあ、今夜のハレルヤチャンスは?

続きを読む "《プロポーズ大作戦》☆#06" »

2007/05/20

《冗談じゃない!》◇#06

浮気!?ハンカチおやじ大ピンチ』(あらすじ)
理衣(大竹しのぶ)はスポーツバーで冴子(飯島直子)とばったり会う。意気投合する2人だが、冴子は理衣が圭太(織田裕二)の義母で元恋人だとは知らない。冴子は既婚男性が気になっていると打ち明け、理衣はそれが圭太とは知らずに気持ちをぶつけるよう勧めてしまう。一方、圭太はファミリーレストランの常連客からクレームを受け、言い合いになる。冴子に店をつぶす気かと怒鳴られた圭太は納得がいかない。そんな中、圭太は理衣から大切な客を会わせたいと言われ帰宅するが、やって来たのは冴子だった。絵恋(上野樹里)と理衣、冴子を巻き込んだ夕食で話は意外な方向へ進む。
     *****
圭太は、接客で、悩んでいた。バンビーノの伴みたいに、プライドが高すぎるんですね。今の目の前の仕事を全力でこなすほうが、見ているほうも気分がいいです。
スポーツバーで知り合った理衣と冴子が、またバーで会った。そこでお互いに何処で知り合ったのかを思い出した。さらに意気投合し、お互いの素性を知らないままに、冴子が好きになってしまった,ハンカチの君の事を、告ってしまえと酒の勢いでけしかけてしまった。

続きを読む "《冗談じゃない!》◇#06" »

《ライアーゲーム》★敗者復活戦#06

震撼リストラゲーム敗者復活戦が始まる!!罠にはまったナオは孤立無援の絶望地獄!!』(あらすじ)
敗者復活戦に参加することになった直(戸田恵梨香)。ゲームは参加者9人の中から1人の敗者を投票で決める"リストラゲーム"だ。ゲームが始まってもプレーヤーたちの和やかな様子を直は不思議に思う。そんな中、フクナガ(鈴木浩介)がメンバー同士でゲームへの思いをアピールしようと言いだした。直の番になり、フクナガからゲームによる負債額を聞かれた直が無いと答えると、場の空気が変わった。多額の借金を背負うプレーヤーたちの怒りを買い、直はリストラ候補となってしまったのだ。一方、秋山(松田翔太)は3年前の驚きの真実を知る。
     *****

リストラゲーム

禁止事項。自分の名前は書かないこと。記名欄を空白にしないこと。違反すると¥100000000没収。1時間に1回、計10回投票。
一位で通った人は、¥1億円。リストラされた人の分¥1億を8人で分ける。だから¥112500000.
Mチケット。お互いの間で売買が成立すると、持ち金¥1億が変化する。契約不履行があると、罰金¥1億没収。

続きを読む "《ライアーゲーム》★敗者復活戦#06" »

2007/05/19

《喰いタン2》◇Menu.6

来たで~大阪!たこ焼きで食いだおれ!』(あらすじ)
聖也(東山紀之)らは、大阪在住のくらら(山田スミ子)から、会社員の亀山(松岡龍平)の素行調査を依頼される。亀山はくららの娘、愛佳(馬渕英俚可)が結婚を前提に付き合っている恋人。だが、くららは娘が関東の人と結婚することに難色を示し、彼のあらを探そうとしていた。そんな中、亀山が勤務先の社長を殺害した容疑で逮捕される。被害者とのトラブルを抱えていた亀山は事件当時、大阪に出張中だったとアリバイを主張。だが証拠はなく、被害者は"カメヤマ"というダイイングメッセージを残していた。聖也は亀山の無実を信じ、大阪の通天閣近くでたこ焼きを食べたという証言を基に調査を進める。
     *****
食い倒れ担当、ちゃうちゃう、喰いしんぼう探偵
関東の男に、娘をやれないとばかりに、意固地になっているくらら。ホームズエージェンシーに亀山の素行調査を依頼した。
くららの夫はガンコで見栄っ張りで、やせ我慢と、関東男の悪い所ばかりある男だった。あまり理解する前に、反発ばかりで、愛佳が生まれる時に亡くなっていた。

続きを読む "《喰いタン2》◇Menu.6" »

《帰ってきた時効警察》★#06

青春に時効があるか否かは熊本さん次第』(あらすじ)
とうの昔に過ぎ去った青春時代を取り戻したいと切望する熊本(岩松了)は、みんなで若さを取り戻すため「温泉旅行に行こう」と提案。そんな折、「青春温泉旅館殺人事件」が時効を迎えた。青春温泉旅館の温泉水には若返り効果があると言われ、その源泉水を使った化粧水「ドリアングレイ」は今や大人気。実際に、旅館の女将・寺島マユミ(西田尚美)は54歳とは思えない美貌と若さを保ち続けている。しかし現在では絶好調のマユミも、15年前は「青春温泉旅館殺人事件」の容疑者に挙げられた人物だった。彼女の温泉旅館の温泉水が水道水だという噂が流れた直後に、対立していた温泉旅館の女将・初老フケミ(内田春菊)が謎の死を遂げていたからだ。やがて熊本の発案で、慰安旅行先は青春温泉に決定。霧山(オダギリ
ジョー)は趣味の捜査も兼ね、三日月(麻生久美子)や時効管理課の面々、十文字(豊原功補)らと共に青春温泉旅館へ。旅館には“つぼ師匠”と呼ばれる気味の悪いマッサージ師(山口美也子)、マユミの娘・紀子(田井中蘭)の姿が…。そこで、紀子の年齢が15歳だと聞いた三日月は、何かがおかしいと感じる。      【脚本・監督 園子温】
     *****

熊本が、探し物をしていた三日月の青春無効(18)キップを見つけた。
時効になった『青春温泉殺人事件』に挟まっていた。温泉にでも行ってとつぶやいた三日月の言葉に、凄く反応して、若さを懐かしんでいる熊本は、温泉旅行をしようと、通りかかって話し込んでいた十文字たちも温泉に行こうと誘った。

続きを読む "《帰ってきた時効警察》★#06" »

2007/05/17

《わたしたちの教科書》◇#06

恋をする気持ち』(あらすじ)

珠子(菅野美穂)は直之(谷原章介)から、市と中学校を相手取った訴訟から手を引かなければ解雇するという最終通告を受けた。直之は行政や企業を主要クライアントとする事務所の利益を守るために、市からの依頼を受けることを決意していた。珠子は訴訟となれば戦う相手は直之になることを承知の上で解雇を受け入れる。その返事を受け、直之は珠子との婚約を解消すると彼女に告げた。同じころ、中学校では臨時職員会議が開かれていた。雨木(風吹ジュン)は耕平(伊藤淳史)たちに、全校で徹底的ないじめの実態調査をするよう指示する。
     *****

雨木副校長は、何から何を守りたいのだろうか?
全校のいじめに関するアンケートをとり終わり、集計の結果、
何処からもいじめを知らせるものは見られなかった。雨木は、職員室で、三澤教諭の日記を公開した。明日香に関する考察が多かった。かなり感情的で、いじめられていると言いながら、先日自分が破った教科書を、破られたといって見せた。そこから、雨木は、明日香が虚言癖がある、問題児だったと印象付けた。結果、当校には、いじめは無いと結論付け、明日香の死は、単なる事故死だったと結論付けた。しかし、この教諭は、病気療養中との事情だったが、消えた。

続きを読む "《わたしたちの教科書》◇#06" »

2007/05/16

《バンビーノ!》★#05

25点の笑顔』(あらすじ)
大学を中退し、故郷の博多を離れ六本木に戻った伴(松本潤)。しかし、“作った料理を食べるお客の気持ちを知れ”という鉄幹(市村正親)にホール係を命じられ、戸惑いを隠せない。給仕長の与那嶺(北村一輝)に仕事を教えられても、厨房が気になる伴はうわの空。ホール係に一番大切なスマイルをキープするよう与那嶺らに注意をうけるが、伴は仏頂面で働いてばかり。これをするどく見抜いた常連客は、伴に視界から消えるよう命令。さらに伴は、店の雰囲気を台無しにする大失敗を起こしてしまい……。
     
*****
バッカナーレの社員は、ホールを経験してもらう と、鉄幹は番に言った。
「ボクは料理人になるために、東京へ。」「判ってる、だからホールから始める。」「すみません意味がわかりません」「料理人になりたいんだろう。だったらやっとくべきだ。自分たちの料理を食べるお客さんの気持ちも知らないで料理人なんて言えるか!」「エ!」「接客がいやだというなら、もううちに来なくて結構だ。どうする、バンビ!。早く着替えて来い」

続きを読む "《バンビーノ!》★#05" »

2007/05/15

《セクシーボイスアンドロボ》VOICE.#06

殺し屋の子育て・・・』(あらすじ)
真境名(浅丘ルリコ)から殺し屋・ZIを探し出すように頼まれたニコ(大後寿々花)は、ロぼ(松山ケンイチ)に相談を持ちかけるが、ロボは突如状況した母親(白石加代子)に翻弄され、それどころではなかった。
両親の離婚の危機を目の当たりにしたニコも、依頼を受けられる状況ではなく、第一「殺し屋」に関わるのはもうヤメようと、今回は真境名の依頼を断ることにした。
そんな中、偶然立ち寄った花屋で美しい女主人(りょう)と出会った2人はひょんなきっかけから花や一家と付き合い始めることになった。
ところがある朝、一家ともども銃撃に巻き込まれた2人は、家族に隠された秘密を知ってしまうことになる。そこにあった家族の悲しい物語とは

     *****
激しい夫婦喧嘩。竹が雪江二相談せずに定期を解約し、友人に¥50万貸したことが発端だった。一海は、「離婚ってこんな風にいきなり決まっちゃったりするんだね。ニコはどっちについていく?あたしはこれを気に独立する」

#06話。ゲストはりょう。

続きを読む "《セクシーボイスアンドロボ》VOICE.#06" »

2007/05/14

《プロポーズ大作戦》☆#05

明日やろうは馬鹿野郎ですか』(あらすじ)
健(山下智久)は大学生時代にタイムスリップ。健のアパートには礼(長澤まさみ)の祖父、太志(夏八木勲)が泊まっていた。大工をしている太志は元気で、引き留める健を振り切って礼のいる大学へ見学に行く。礼は、祖母にも何も言わず広島から突然上京してきた太志を心配し、帰るように言うが、太志は聞く耳を持たない。仕方なく太志を哲也(藤木直人)の研究室へ連れて行くと、2人は建築の話で意気投合。太志は礼の婿は哲也に決めたと言いだした。健は焦るが、相変わらず行動を起こせない。そんな健の気持ちに気付いていた太志は、後悔するなと言い残し帰途に就く。
     *****

人間とは、物事が巧くいかなかったとき、理由を求める生き物である。
状況や、タイミング、天気や運勢、さまざまな言い訳を引っ張り出しては、自分を慰め、こんなはずではなかった、もう一度やり直せればと。やり直せれば、ほんとに巧くいくのだろうか。一度目で出来なかったことが、二度目で出来る自信はどこからくるのだろうか。男の名前は岩瀬健。今この男の本当の実力が試されている。幼馴染ゆえの淡い関係は卒業し、正面から彼女と向合うことが出来なければ、未来を変えることなど到底叶わない。果たして、この男にシアワセは訪れるのであろうか?

続きを読む "《プロポーズ大作戦》☆#05" »

2007/05/13

《冗談じゃない!》◇#05

ママの元カレなの?信じてる』(あらすじ)
広瀬(草刈正雄)の浮気現場を目撃し、広瀬を殴った圭太(織田裕二)。帰宅した圭太と理衣(大竹しのぶ)の前には、理衣と広瀬を心配してフランスからやって来た娘の香恋(仲里依紗)、世恋(菅野莉央)、未恋(森迫永依)の姿があった。圭太は女性ばかりの中で生活する羽目に。一方、絵恋(上野樹里)は理衣が広瀬と仲直りしなかったのは元恋人のせいではないかと疑う。絵恋は面白がる香恋らと一緒に理衣を尾行することに。そこで圭太と理衣のある事実を知ってしまう。ショックを受けた絵恋は仕事中の圭太を呼び出し、理衣の元恋人なのかと問い詰める。
     *****

両親が、仲直りするはずだったのが浮気の現場を見てしまい、圭太がパパを殴ってしまい、マモンは圭太を連れてそのまま引き返してしまった。
マモンは帰宅早々子供たち全員集合で、自分の隠し財産を使われてしまい悲惨の上塗りとなった。

続きを読む "《冗談じゃない!》◇#05" »

《ライアーゲーム》★三回戦#05

『驚愕の結末!!21億円奪い取るのは誰だ!?LGTの真の狙いは!?戦いは新たな舞台へ!』(あらすじ)

直(戸田恵梨香)が見守る中、4問目がスタート。秋山(松田翔太)が出題直後に全員の前でノーに投票したため、フクナガ(鈴木浩介)とエトウ(和田聰宏)、リエ(岩佐真悠子)はどうすることもできずに3時間が経過してしまった。エトウはフクナガにチームを組もうと提案する。お互いがイエスとノーに分かれれば負けはないというのだ。しかし、フクナガはこの作戦がリエに筒抜けであることから勝ちはないと断言。すると、リエが3人でチームを組もうと持ち掛ける。賞金の分配を説明するリエに金額が極端に少ないフクナガは猛反発するが、リエは耳を貸そうとしない。そんな3人の争いを秋山は笑みを浮かべながら見詰めていた。
     *****

エトウが、フクナガにチームを持ちかけたが、結局賞金を分配するので資金不足で、どうにもならない。そんな2人にリエが声を掛けた。「この状況で、確実に勝てる方法なんて存在しない!」というフクナガに「あるわよ。100%勝てる方法」とさらに、「この3人でチームを作ればいいの」サングラスを外した。

続きを読む "《ライアーゲーム》★三回戦#05" »

2007/05/12

《喰いタン2》◇Menu.5

隣の晩ごはん!!カレーライスを食べまくる!』(あらすじ)
聖也(東山紀之)は、山内(伊東四朗)から休養を命じられた桃(京野ことみ)を預かる。だが桃は山内の命令を無視し、連続放火事件の捜査を続行。聖也が桃に付き合って現場を調べる中、一緒にいた一(須賀健太)は近所に住むクラスメートの紗弥(小池彩夢)と会う。留守がちの母と2人で暮らす紗弥の言動に不審を抱いた桃は、五十嵐(佐野史郎)に彼女の調査を指示。そんな折、聖也は一が自由研究で作った学区内の"カレーマップ"が放火現場と一致していることに気付く。詳しく調べた結果、放火された家は1軒を除いてすべてその日にカレーを作っていたことが判明する。
     *****

山内署長が、桃ちゃんを連れて、過労は判断力を鈍らせるからと、ホームズエージェンシーに預けに来た。食事をする暇を惜しんでの桃ちゃんの過労だった。警察手帳を取り上げられてしまったが、連続放火魔を追って、食事もせずに現場に行ってしまった。

続きを読む "《喰いタン2》◇Menu.5" »

《帰ってきた時効警察》★#05

幽霊を見ても決して目をそらしてはいけないのだ』(あらすじ)

平成のホラークイーンと呼ばれる女優・黒井桃子(鶴田真由)の新作ホラー映画の話で盛り上がったついでに、熊本(岩松了)が霧山(オダギリ ジョー)にある時効事件のファイルを差し出 した。事件は、桃子と一緒に女優デビューした双子の姉・桜子(鶴田真由・二役)に関するものだ。当時、黒井姉妹と同じ映画に出演していたアイドル歌手・白鳥その子(りりィ)が楽屋で、死んでいる桜子と凶器らしきものを持った桃子を目撃。ところがその後、死体は忽然と消え、桃子にもアリバイがあることが判明したという。さらに、殺人事件か失踪事件か謎のまま、桃子には桜子の霊が憑いているという噂がまことしやかに囁かれていた。さっそく霧山は三日月(麻生久美子)と共に桃子を訪ねることに。 ところが三日月は、桃子しか住んで いないはずの家で誰かのクシャミを聞いたり、帰り道で別れたばかりの桃子にそっくりな人物を目撃。「桜子の霊だ」と怯える三日月。霧山は、ホラー現象にどう立ち向かっていくのか…。【脚本 吉田玲子、麻生学 / 監督 麻生学】
     *****

今夜の時効は「女優黒井桜子の神隠し事件
”ふたりんぼ”で人気者になった黒井桜子と桃子のうち桜子が殺されたが、なぜか戻ってみると、死体がなくなっていた。今夜のゲストは鶴田真由。

続きを読む "《帰ってきた時効警察》★#05" »

2007/05/10

《わたしたちの教科書》◇#05

職員室のイジメ!!』(あらすじ)
中学校内容証明郵便で公開質問状を送付した珠子(菅野美穂)は、事務所で雨木(風吹ジュン)の姿を見掛け、がくぜんとする。直之(谷原章介)に事情説明を求めるが、事務所が学校側の依頼を受ける可能性がある以上、情報は共有しない方がいいと告げられる。一方、耕平(伊藤淳史)は突然、同僚たちから無視されるようになり、困惑していた。早紀(真木よう子)は耕平に面倒な仕事を押し付けた上、剣道部の顧問まで担当させる。翌日、耕平は剣道部の練習に顔を出すが、2年3組の兼良(冨浦智嗣)しかいなかった。兼良は、もう二度と来ないでほしいと耕平に告げる。
     **********

加地は、職員室で完全無視されて、透明人間になっていた。いたたまれない加地は、それが何故なのかここうとするが、さらに無視されて、挙句に、副校長の指示と証して仕事の押し付けがあった。トイレで、一緒になった戸板にやっと真相を聞かされた。加地が学校を訴えようとしているため、先生方のプライベートに色々立ち入って素行調査をしているのは、裁判に利用しようとしていると、雨木副校長が言った。それで全員がビビっていた。、

続きを読む "《わたしたちの教科書》◇#05" »

2007/05/09

《バンビーノ!》★#04

『博多編…未来へ』(あらすじ)
伴(松本潤)は故郷の福岡・博多に戻って恋人の恵理(吹石一恵)と再会。だが表情はさえず、心にぽっかり穴が開いたようだった。伴は東京のイタリアンレストランでの厳しい日々を懐かしく感じ、自分の居場所がその店にしかないと悟る。伴は一人前の料理人になりたいと恵理に告白し、一緒に東京に来てほしいと頼む。しかし、大学卒業後に結婚して博多で幸せな家庭を持ちたいと思っていた恵理は大反対。一緒に暮らす家を飛び出してしまう。その後、伴は1人で自分を育て上げてくれた母の聡子(余貴美子)に思いを告げようと実家へ向かう。
      *********
通らなくてはならない道
待ち望んだはずの博多帰りが、バッカナーレから
こんなに離れてと思う気持ちが募る伴。恵理を必死で説得するが、判ってもらえない。あの店、バッカナーレでオレは一人前になりたい。そこで恵理は伴の夢についていくだけの女か、そんなの勝手すぎると逆襲を食った。あたしはそんなのイヤ!。あたしは行かない。それでも伴ちゃんは行くと?「行く!」

続きを読む "《バンビーノ!》★#04" »

2007/05/08

《セクシーボイスアンドロボ》VOICE.#05

高校入学!?恐怖の三日間!!』(あらすじ)
ゲスト黒川 智花      
   入山 法子

   仲里 依紗
   高瀬 友規奈
   木南 春夏 

ロボ(松山ケンイチ)が、ある高校の窓に映った恐ろしげな人影とおぞましい光景を目撃。のろいをかけられたと思い込み、ニコ(大後寿々花)とともにマキ(浅丘ルリ子)のもとへ相談に行く。ニコとロボはのろいを解く方法がその高校内にあると告げられ、潜入調査を決意。実はその高校では奇妙な出来事が多発しており、新入生の減少を恐れた理事長がマキに泣きついていた。奇妙な出来事には、今はやっている魔よけ人形"うしみつ様"が関係しているらしい。転入生に成り済まして3年生のクラスに入ったニコとロボは、クラス内でうしみつ様占いという奇妙な遊びが行われていることを知る。
     ************

ロボがぶつかったのは、とんでもないものを見てしまった女性だった。学校の裏口が開いていたのでそこから入ったロボは斧が振り下ろされ、血のりが窓にかかる場面だった。すっかりその場面が頭から消えず、地蔵堂へ行くことになった。呪いを解く薬をくださいというロボに、聖ウラジミール学園へ入学して、調べるように指令が下った。

続きを読む "《セクシーボイスアンドロボ》VOICE.#05" »

2007/05/07

《プロポーズ大作戦》☆#04

第2ボタンで結婚できますか?』(あらすじ)
次に岩瀬健(山下智久)が、妖精(三上博史)に戻されたのは、高校の卒業式。健が気づいたのは、ちょうど後輩の女の子に学生服の第二ボタンを渡そうとしていた時だった。すでに何度も過去に行った健は、この時のことを即座に思い出す。ウキウキ喜んでいる場合ではない! このボタンは吉田礼(長澤まさみ)に渡さねば…と。しかし、榎戸幹雄(平岡祐太)や鶴見尚 (濱田岳)たち、男子生徒のおせっかいで、健のボタンはまんまと後輩に渡ってしまった。その後、礼に会うと案の定、第二ボタンをもらってあげると言われてしまい大ピンチ。健は、幹雄と尚に頼み込み、後輩の女生徒から第二ボタンを取り返そうとするのだが・・・
     **********

2回目の卒業式も簡単に過ぎてしまった。ふがいない二度目の卒業式は一度目よりずっとずっと切なくそしてほろ苦かった。
大好きな仲間5人といれば辛さも何も忘れられたが、今回は一番気分が乗らない健だった。もう一個遣り残したことがあったと、エリと礼を残して消えた、鶴見は、高校最後にホームランを打ちたいと言ってると、報告。鶴見の初球をぶっ叩
たたいた。ホームまで全力疾走の健。抱き合う3人。「全員集合!」と号令を掛けると、後輩部員たちが、走ってきた。「これから野球部マネージャーの卒業式を行います」

続きを読む "《プロポーズ大作戦》☆#04" »

2007/05/06

《冗談じゃない!》◇#04

僕は君を守る!でも離婚…?』(あらすじ)
絵恋(上野樹里)が両親を仲直りさせるため渡仏し、圭太(織田裕二)は理衣(大竹しのぶ)と2人きりで過ごす羽目に。新しい就職先のファミリーレストランでは店長の冴子(飯島直子)から駅前で宣伝チラシ配りをさせられるなど、圭太は愛情の裏返しで冷たい仕打ちを受ける。そんな中、絵恋が広瀬(草刈正雄)を連れて帰国。広瀬は理衣が浮気相手だと思っている女性はただの取引先だと必死に弁解する。納得のいかない理衣だが、あるプレゼントをきっかけに広瀬を許そうと決意。広瀬の泊まるホテルへ圭太と向かう。
     *******

圭太は、慣れない接客と、家に理衣と2人でいることに神経がとんがっていた。2人を楽しんでいる理衣。職場では、野々村店長のしごきに耐えて、駅前でのビラ配りをしたり、買えれば、理絵との話がきわどくなっていった。どうも、2人は、21年前、理衣が日本最後の日に待ち合わせした場所で会えなかったようですね。誰もが考える、「あの時、違う道を行っていたら・・・」にはまってしまう、理衣との話に逃げる圭太。

続きを読む "《冗談じゃない!》◇#04" »

《ライアーゲーム》★三回戦#04

衝撃の大展開!!遂にXの正体が明らかに!!XVS秋山の行方は!?逆転に次ぐ逆転劇!!』(あらすじ)
2回戦の少数決ゲームの2問目が10人でスタートした。チームの約束では直(戸田恵梨香)がイエスに、秋山(松田翔太)がノーに入れる予定だった。だが、秋山から入れ替えを提案された直は、意味も分からず応じる。開票の結果は4対6でイエスの少数派が残った。これでチームで残っているのはツカハラ(鈴木浩介)と秋山だけ。直が参加者をだました"X"だと疑っているリエ(岩佐真悠子)も残っていたため、直は不安を募らせる。翌日、不安のあまり会場へ行った直は、マジックミラー越しにゲームを観戦できることに。そして会場ではいよいよ3問目が出題された。
     ***************
オレたち以外にチームがあると、秋山は言った。
少数決は、4対6となった。
退場する連中は、誰一人として取り乱さなかった。

続きを読む "《ライアーゲーム》★三回戦#04" »

2007/05/05

《喰いタン2》◇Menu.4

弁当に込もった愛まで食いつくす!』(あらすじ)
消費者金融業の社長が殺される事件が発生。犯人の遺留品と思われるかばんの中から、妻子と一緒の家族写真を見つけた桃(京野ことみ)と五十嵐(佐野史郎)は、それを手掛かりに捜査を開始する。そんな中、現場に入った聖也(東山紀之)は、かばんに入っていた市販の弁当を口にする。しっかり味が付いていたのに味気がないヒジキに事件解決の手掛かりがあるとにらみ、聖也は現場付近の弁当を買いあさる。間もなく五十嵐が容疑者を発見するが、情に流されて取り逃がし、捜査から外される。五十嵐は桃らとは別に涼介(森田剛)と2人で捜査を始める。
     ***************
ホームズエージェンシーに、五十嵐が、神妙な顔で現れて、黎の先週の土曜日について聞いていった。
月1回の親子デートの日だったが、すっぽかされた。すっかり気落ちする五十嵐。涼介は、貧乏探偵事務所に何とか資金をと五十嵐に調べるからと、話を持っていくが、任せてある事件の最中に、公休を取って、黎に会う手はずをつけていた五十嵐が、桃に怒鳴られたようで、それを気にして、黎が顔を出さなかったと言うことだった。子の心親知らずですね

続きを読む "《喰いタン2》◇Menu.4" »

『熱狂の日』音楽祭2007

『ラ・フォルジュルネ・オ・ジャポン』

今回は、民族のハーモニーがテーマでした

有楽町、日比谷、丸の内がクラシックであふれるゴールデンウイークです。
新丸ビルがオープンし、例年よりも3年目ともなると、お祭気分が地域的になっていました。帰りに、モチロン覗いてきました。

続きを読む "『熱狂の日』音楽祭2007" »

《帰ってきた時効警察》★#04

催眠術は、推理小説にはタブーだと言っても過言ではないのに・・・』(あらすじ)

引っ越してからというもの不眠に悩まされている三日月(麻生久美子)は、タクシーにあったパンフレットで見付けた催眠療法師・スリープ玲子(ともさかりえ)のクリニックへ。なんとスリープ玲子は、三日月と中学で同級生だった卯月玲子だった! まさかの再会に喜ぶ2人。するとそこへ、霧山(オダギリ ジョー)が突然訪ねてきた。霧山が趣味で捜査し始めた時効事件は、玲子の父で小説家だった卯月善(矢崎滋)の不倫相手・七海奈美(村岡希美)が完全密室で殺された事件だったからだ。善にはアリバイがあったこと、また当時玲子の彼氏だった星野トオル(島田曜蔵)の証言から、霧山は玲子が犯人の可能性もあるとにらんでいた。ところが、三日月は頑として玲子の無実を主張。さらに、いきなり自分が歌手だと言い始めるなど、三日月の様子がおかしくなり…。一方、霧山は真加出(小出早織)に頼まれ、恋人のフリをして彼女の母親に会うことに。ところが霧山が待ち合わせ場所に到着すると、そこには以前から顔見知りの人物がいて…。【脚本・監督 ケラリーノ・サンドロヴィッチ】

続きを読む "《帰ってきた時効警察》★#04" »

2007/05/03

《わたしたちの教科書》◇#04

校庭の奇妙な事件』(あらすじ)
珠子(菅野美穂)は中学校でいじめがあったことを証明する手掛かりを得た。直之(谷原章介)はたった1人でいじめ裁判に取り組もうとしている珠子を気遣うと同時に、弁護士は憎しみに駆られて仕事をしてはいけないと助言をする。翌日、珠子は行きつけの洋食店で耕平(伊藤淳史)と会う。耕平は無断で朋美(谷村美月)に接触した珠子の行為を非難した。だが、耕平の言い分など意に介さない珠子は、裁判の原告となる明日香(志田未来)の父、謙太郎(河原雅彦)に会いに行くことを告げる。そんな折、中学でまたしても事件が起きる。校庭一面に画びょうがばらまかれていたのだ。
     ****************

珠子は、学校側の納得がいく説明を求めていた。しかし、学校側の動きは不穏だった。
熊沢に誘われて、無理にキャバクラへ行った耕平は、そこで希美が、バイトしている所に出くわした。熊沢は、誰にでも知られたくない秘密があると、意味深なことを言った。

続きを読む "《わたしたちの教科書》◇#04" »

《バンビーノ!》★#03

涙…最後の一日』(あらすじ)
次第に仕事に慣れた伴(松本潤)は、今までとは比較にならないほど忙しい週末を迎える。段取りが悪く、ばててしまった伴に桑原(佐々木蔵之介)は、無駄な動きが出ないよう仕事の優先順位を考えろとアドバイス。その夜、伴は調理場に残り、イメージトレーニングの特訓を行う。それを見掛けた与那嶺(北村一輝)、桑原、美幸(内田有紀)は驚きのあまり、顔を見合わせる。伴は動きがスムーズになり、香取(佐藤隆太)のアシスタントを完ぺきにこなせるようになったが、アルバイト終了の日がやって来る。
     
*************** 
悔しがるより動こう、そうすればいやな気持ちは消えていく。与那嶺に声をかけられても、忙しさに翻弄されて、あっという間にバテバテになってしまったバンビ。桑原は、そんなバンビに、見かねて「無駄な動きが多いからそんなに疲れるんだ」と声をかけた。「ちゃんと仕事の優先順位を考えないと、かえって仕事が遅くなる。香取を見てみな。無駄な動きが無いだろう」とその優雅な動きを指摘した。見ほれるバンビ。

続きを読む "《バンビーノ!》★#03" »

2007/05/01

《セクシーボイスアンドロボ》VOISE.#04

爆弾魔になった彼女を救え』(あらすじ)
ゲストは
市川実和子
ロボ(松山ケンイチ)が爆破事件の重要参考人として警察に連行された。マキ(浅丘ルリ子)に相談したニコ(大後寿々花)は、ロボを助けてもらうという条件で、ある脅迫事件の調査を引き受ける。ニコは警察から解放されたロボとともに、ある大学教授に殺害予告の手紙を送ったらしい"かんにん袋"と名乗る好子(市川実和子)について調べる。先行調査をしていた名梨(岡田義徳)によれば、好子はロボが巻き込まれた爆破事件の真犯人だという。だが、好子があこがれの先輩だと知ったロボは、すぐには信じることができない。そんな中、好子の意外な動機が明らかになる。
     ***************

近くの「おしどり喫茶」に爆弾が仕掛けられて、爆発したため「おしり喫茶」になってしまった。そこを車で通りかかったロボは、警察の取調べを受けることになってしまう。それをTVのニュースで
知ったニコは、慌てて地蔵堂へ走った。ロボは、そんなことしないと、彼を庇った。結局また仕事を押し付けられた。

続きを読む "《セクシーボイスアンドロボ》VOISE.#04" »

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

最近の写真