無料ブログはココログ

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007/04/30

《プロポーズ大作戦》☆#03

席がえしたら結婚できますか』(あらすじ)
披露宴会場に戻った健(山下智久)。スライドショーでは礼(長澤まさみ)を奪った哲也(藤木直人)が、健たちのクラスの教育実習を終えた最後の日の記念写真が映っていた。皮肉にも写真の中で健は哲也との別れがつらくて号泣している。自分の情けない姿に落ち込む健は、また高校時代へタイムスリップした。教育実習生だった哲也は、黙々と授業を行うため生徒からは関心を持たれていなかった。生徒らの誰とも打ち解けないまま実習を終えようとしていた哲也。だが、健がある物を偶然見付け、それが哲也と生徒との間の壁を取り払うことになったのだ。そして今回も健はそれを拾う。
     ***************
今回のハレルヤチャンス!は、運動場で、膝の上に多田が乗っていた。
もう、3回目だし、絶対に礼に告白しようと、決意だけは有り余っていた。
面と向かって告白しようとすると、日直を押し付けるのでしょうと、ダメだしをされた。

過去に戻っても、席替えすら、自分の思ったように出来ない、こんな簡単なことが何故出来ないのだろうと、素直になれない自分に無性に腹が立っていた。

続きを読む "《プロポーズ大作戦》☆#03" »

【DVD】ゆれる、県庁の星 短め感想

【DVD】ゆれる
ゆれる

写真家の猛は、母の一周忌で帰郷した。父と折り合いの悪い彼だが、温和な兄・稔とは良好な関係を保っている。翌日、猛は稔、そして幼馴染の智恵子と渓谷へと向かった。智恵子が見せる「一緒に東京へ行きたい」という態度をはぐらかして、一人で自然へカメラを向ける猛。そんな彼がふと吊橋を見上げた時、橋の上にもめている様子の稔と智恵子がいた。そして次の瞬間、そこには谷底へ落ちた智恵子に混乱する稔の姿だけがあった…。
[ 2006年7月8日公開 ]
***
あの橋を渡る前は、兄弟だった。
昔から兄は、高所恐怖症で、一度も渡ったことが無かった吊橋。兄が思いを寄せる智恵子が、弟の出現でゆれた。敏感に察した兄は始めて吊橋を渡ろうとした。写真家の弟は、付近の風景を移すので忙しく、ふっと振り返ると、もう吊橋の上には、兄しかいなかった。
お互いの手の内は、わかっているから、まさか、兄がと思う、奔放な弟。そこでの兄が葛藤するのと同じくだんだん疎んじていた実家とかかわりが持たれる弟。
ラストの、
出所した兄を見つけた弟が声をかけても、もう実家に戻らないぞという決意が見られる強い兄がいた
私は兄弟、姉妹がいませんから、想像だけでしか見られませんでした。
父に頭の上がらない兄が、自由に東京に出ている弟を見てはいなかった。その目は、最後には、キラキラしていました。兄弟でも、生まれた順序で随分人生が変わるのですね。

続きを読む "【DVD】ゆれる、県庁の星 短め感想" »

2007/04/29

トマトとパスタの簡単調理

200704292015000 <用意したもの>
牛肉の薄切り200g、シメジ 1パック、トマトの水煮(カットしてあるの) 1缶(生のトマトでも皮を剥いて、大3個くらいでもOK)、パスタ(今回は、サラダクルル半袋)、パセリ・バジルのフリーズドライを少々、塩(岩塩)・コショー・オリーブ油少々

続きを読む "トマトとパスタの簡単調理" »

《冗談じゃない!》◇#03

私たちi結婚したんじゃないの!?』(あらすじ)

絵恋(上野樹里)は圭太(織田裕二)が隠し事をしていると知り家出してしまう。圭太は理衣(大竹しのぶ)が昔の恋人だったことを知られたと動揺するが、絵恋は彼が内証で会社を辞めたことに怒っていた。そんな中、圭太は食品会社の杉田(高田純次)から突然仕事の誘いを受ける。杉田は理衣のワイン仲間で、圭太の再就職を頼まれていた。必要以上に生活に入り込んでくる理衣に、圭太はフランスに帰るよう促す。理衣は無理に追い出すならば絵恋に秘密を明かすと言いだす。結局、その食品会社に再就職した圭太は手違いで系列のファミリーレストランの店員になることに。店長は圭太に一目ぼれしていた冴子(飯島直子)だった。ところが圭太が既婚と知った冴子の態度は一転する。 

     ***************
夫婦間の隠し事はいけませんね。お陰で、会社の元上司佐々木部長からの電話を受けてしまった絵恋が、万事を知った。怒るのは当然ですよ。

続きを読む "《冗談じゃない!》◇#03" »

《ライアーゲーム》★二回戦#03

少数決と仲間』(あらすじ)
2回戦に進むことになってしまった直(戸田恵梨香)と秋山(松田翔太)。2回戦は22人で戦う"少数決ゲーム"で、出された質問に全員がYESかNOで答え、少ない方が勝利となる。負けたり、リタイアしたりすると1億円の負債を背負わされてしまうルールだ。しばらくすると、ゲームを把握するためのリハーサルが行われた。「あなたは女ですか?」との質問に、会場に女性が少ないことを確認してYESに投票する直。しかし、裏を読んだ数人の男性参加者がYESに投票したので、直は負けてしまった。秋山は勝つためには敵を知ることだと言い、本番前に直をほかの参加者たちに接触させる。そして秋山は、このゲームには必勝法があると直に告げた。
    ************

この作戦に参加するものには、念書に署名拇印し、裏切らないと誓い合った。タカダミチコから1億円奪ったのがミスX.そこで直は、女を除いて男を集めてきた。YESとNOの二手に分かれて、投票する。残った時にも同じ投票をする。負けた仲間の1億円ずつの決済を済ませ、残りを分割しても、最低4300万円以上が手に入る。

続きを読む "《ライアーゲーム》★二回戦#03" »

《喰いタン2》◇Menu.3

プヨプヨちょっとカタ~いを食い荒らす!』(あらすじ)
聖也(東山紀之)が、とある定食屋で知り合ったシケタという外国人の若者を事務所に連れて来た。シケタは、“プヨプヨでちょっと固い”日本の料理を探しているらしいのだ。パソコンで調べた涼介(森田剛)と京子(市川実日子)は、その料理が豚の角煮だと推理。様々な味付けの角煮を作り味見をしてもらった結果、シケタが、不思議な歯応えがある和風味の豚の角煮を探していることが明らかになった。

 その頃、山内署長(伊東四朗)の元に、某石油産出国の領事館員・レイモンド(クレメント)が訪れ、プライベートで来日して横浜にいるらしい王子の行方を大至急捜して欲しい、と要請していた。話によると、次期国王である王子の周辺には、その命を狙う不穏な動きがあるとか。トップシークレットだと告げられ、顔写真を渡された桃(京野ことみ)と五十嵐(佐野史郎)は、さっそく王子の捜索を開始した――

     ************
ぷよぷよ、ちょっと固い。豚肉の角煮、母を訪ねて3千里!
そんな某国の青年と、レストランで知り合った高野は、ホームズエージェンシーンシーにつれてきた。

続きを読む "《喰いタン2》◇Menu.3" »

2007/04/28

《帰ってきた時効警察》★#03

』(あらすじ)

身もふたもないストーリーと頬をプクーと膨らませた愛らしい容姿で人気爆発中のキャラクター・プクーちゃんが、総武警察でも大流行。その作者・尾沢ミツコ(杉本彩)にまつわる時効事件があると聞かされた霧山(オダギリ ジョー)は、趣味の捜査に乗り出すことに。15年前にミツコと共に大ヒット・キャラ“沈みがち人形”を作った清原ミツヨ(満島ひかり)が、自宅で謎の転落死を遂げたというこの事件。裏表さかさまに服を着た死体の手には「私の」と書かれた卵の殻、階段には生のタコ、やや開いた裏窓には「明日午前中には」というメモがささったバラの鉢植えが置いてあったという。さらに、2年前にも事件は起きていた。今度はミツコと共に新キャラ“バタンキュー人形”を生んだアシスタント・三津屋さゆり(早川実緒)が、ミツコの家の階段から転落死したのだ。霧山は三日月(麻生久美子)を連れ、ミツコを訪問。ところがミツコは、沈みがち人形殺人事件の犯人は自分だとあっさり認め…。一方、同じ時効事件を追う諜報組織のエージェントは、ミツコに接近する霧山と三日月を不審に思い、マークし始める!【脚本・監督 園 子温】
          ************
霧山、プクーちゃん人形を知らないのかと言われ、まわりはプクー、プクー、プクーと叫んでいた。そこで時効になった『沈みがち人形殺人事件』がいいだろう、と熊本が時効の判子をポンと押した。

続きを読む "《帰ってきた時効警察》★#03" »

2007/04/26

《わたしたちの教科書》◇#03

女教師の秘密の顔』(あらすじ)
珠子(菅野美穂)は明日香(志田未来)に関するすべての資料の証拠保全を行った。会議室で応対した副校長の雨木(風吹ジュン)は関連書類とともにコインロッカーで発見された明日香のかばんも珠子らに提出。しかし、発見された時に入っていたはずの教科書やノートはなかった。会議室を後にした珠子は、明日香と同じクラスと思われる朋美(谷村美月)に出会う。一方、耕平(伊藤淳史)はかばんの中身をなぜ隠したのかと雨木に詰め寄る。雨木は、生徒に関する専門家は教師なのだから、教師が問題解決に当たるべきだと耕平を諭す。
     ***************
証拠保全のため訪れた珠子に、空っぽのカバンが渡された。雨木副校長は、学校の問題は、学校で解決すべきだと、問い詰める加持に言った。
子供たちの専門家は私たちでしょうといい、加持は言いくるめられた。珠子を追いかけた加持は、藍沢を守れなかったのは僕の責任だと言った。珠子は、学校はいじめを認める気は無いし、こっちがすることは学校と戦うことだ。それを一教師である加持に出来るのかと聞いた。「出来ます!」と加持は答えた。あまりに安易な加持です。

続きを読む "《わたしたちの教科書》◇#03" »

2007/04/25

《バンビーノ!》★#02

それでも朝は来る』(あらすじ)

『バッカナーレ』で働き始めて3日目。香取(佐藤隆太)のアシスタントになった伴
(松本潤)は他のスタッフも集まる厨房で、朝の仕込みに集中していた。隣で同
じような仕事をしている年下の妹尾(向井理)の手際のよさを見て焦る伴は必死
で手を動かす。香取に食材の切り方の間違いを指摘されて怒られるが、伴はた
だ謝るばかり。今の伴には、上司となった香取を、技術的にも時間的にも納得
させることは出来なかった。再びエンジンのように動きだした厨房の流れの中、
香取はもたつく伴を怒鳴りっぱなしだった。
桑原(佐々木蔵之介)は、集中してリズムを崩すなと命じるが、伴は返事をする
のが精一杯。混乱してパニックになる伴に、香取の容赦ないキックが入る。
そして、いないほうがいいと突き飛ばされた伴
は、凄いスピードで仕事をこなす
香取の脇で、へたり込んでしまった。ランチタイムの営業を終えたホールでは、
伴が3日持つかどうか、と言う賭けで盛り上がっていた。
賭けの内訳は、与那嶺(北村一輝)を除いて全員が”持たない”。2日半が経過し
たが、また戦場のようなディナータイムが残っていた。明日は定休日。定休日前の
ディナーは、猛烈な忙しさなのだ。あすか(香里奈)の作ったまかないの美味しさを
噛み締めた伴は、スタッフそれぞれが努力を怠っていないと知り、さらにうちのめ
されていた。そんな姿を見かねたあすかは、あるアドバイスをくれた。それは
香取の助手をしているなら、香取が何をして欲しいかを一番に考えろと言うこと。
     ************

厨房の中は秩序正しく整然と、下ごしらえが始まっていた。相変わらず、
香取は、怒鳴ってばかり。いつもは良いキャラの佐藤さんが、これでも
かとバンビをいたぶります。あまりの忙しさにどう動いていいかぼっと
して、香取に蹴飛ばされた。

続きを読む "《バンビーノ!》★#02" »

2007/04/24

《セクシーボイスアンドロボ》VOICE.#03

第3話『孤独なお歯黒女!!救出作戦』(あらすじ)
ゲスト
香椎 由宇

ニコ(大後寿々花)はマキ(浅丘ルリ子)から高額の報酬と引き換えに、人々を騒がせている"お歯黒女"を捜し出してほしいと頼まれる。ロボ(松山ケンイチ)は、走り去るワゴン車を追う月子(香椎由宇)と会い、自分の車に乗せて一緒に追跡。だが失敗に終わり、月子は無念そうな顔をして姿を消す。テレビで集団自殺のニュースを見たロボは、月子が自殺しようとしているとにらみ、思いとどまるよう説得。すると彼女は100万円くれたら考え直してもいいと答える。困り果てる中、ニコと会ったロボ
は成功したら200万円をあげると言われ、お歯黒女の捜索に協力する。
     
************
地蔵堂の主マキから弓矢を使った呼び出しを受けたニコ。いい話なら自分でやればと切り替えされたマキ。能力がないと自嘲気味に言われた。
最近巷を騒がしている、”お羽黒女”を捜してくれて、つれてきたら、¥500万。情報だけでも¥100万と言われた。

続きを読む "《セクシーボイスアンドロボ》VOICE.#03" »

2007/04/23

《プロポーズ大作戦》☆#02

コーヒー牛乳で結婚できる!?』(あらすじ)
披露宴会場に戻った健(山下智久)は、スライドショーの続きを見ていた。いつもの5人で写っている写真だが、満面の笑みを浮かべるエリ(栄倉奈々)たちに引き換え、礼(長澤まさみ)はふてくされた表情で健を突き飛ばしている。その時何があったのかを健が必死に思い出そうとしていると、また妖精(三上博史)が現れ、健は再び高校時代にタイムスリップした。高校では学園祭の片付け中で、エリがミスコンテストで優勝して賭けに負けた健が礼にコーヒー牛乳をおごることになっている。健は購買部でコーヒー牛乳を買おうとするが金がなく、仕方なく教室に戻ると礼は不機嫌に。健は披露宴で見た写真の原因がコーヒー牛乳だと確信する。

     ****************
スライドショーの続きで、礼が不機嫌な写真があった。懲りないで、まだやり直したい健は、願った。この写真の時が思い出せない。それでも必死になっている健に、また妖精が現れた。たいていの人は、1回で諦めるといったが、、健の思いの強さにもう一回と、チャンスをくれた。

続きを読む "《プロポーズ大作戦》☆#02" »

2007/04/22

《冗談じゃない!》◇#02

(あらすじ)

新婚ホヤホヤの圭太(織田裕二)と絵恋(上野樹里)の新居に、フランスから理衣(大竹しのぶ)が転がり込んできた!!昔の恋人が義理の母親として同居することになった圭太はひどく動揺する。「しばらく泊めて。一週間か、一ヶ月か、一年か、ずっとか…」と開き直る理衣。しかし、日本に来た理由を頑なに話そうとしない。

そんな時、元同級生で隣人の山田(田口浩正)が圭太の家に夕食を食べにやってくる。
山田は理衣の事は気付いていないが、大学時代の話で盛り上がり「(圭太が)年上の人と付き合っていたらしい」と口走り、圭太は絵恋に理衣とのことがバレないかと気が気でない。
仕事面でもリストラ対象で会社から左遷を命じられ納得のいかない圭太は、絵恋に内緒で辞表を提出する。しかし、書き損じてゴミ箱に捨てた辞表を理衣が見つけてしまい…。
辞表を提出した圭太は、仕事に行くフリをしてファミレスで時間を潰す。すると、以前、立ち飲み屋でハンカチを貸した冴子(飯島直子)と遭遇して…。

続きを読む "《冗談じゃない!》◇#02" »

写楽考 Bunkamura シアターコクーン

写楽考

わずか10ヵ月の間に150点もの錦絵を創作し、忽然と歴史から姿を消した東洲斎写楽。どこか現代の社会状況に似たカオスと閉塞感に満ちた元禄の江戸を舞台に、熱き情熱と狂気をはらんだ男たちの壮絶な生き様に迫ります!鈴木勝秀の構成・演出、そして、堤真一をはじめとする充実の俳優陣ならではの劇空間に、是非、ご期待ください!

スタッフ

作:矢代静一、構成・演出:鈴木勝秀、美術:二村周作、照明:倉本泰史、音響:井上正弘、衣装:前田文子、ヘアメイク:高橋功亘、演出助手:長町多寿子、舞台監督:瀧原寿子、プロデューサー:北村明子、企画・製作:シス・カンパニー

出 演

堤真一
高橋克実
長塚圭史
キムラ緑子
七瀬なつみ
西岡徳馬

公演日程

2007年4月5日(木)~4月29日(日)

続きを読む "写楽考 Bunkamura シアターコクーン" »

《ライアーゲーム》☆二回戦

話題沸騰の第2話!!壮絶な戦いの結末は!?逆転勝利を手にする秋山の秘策とは何だ!?』(あらすじ)

1億円を奪い合うという謎の“ライアーゲーム”に参加することになった神崎直(戸田恵梨香)と、直に協力することになった秋山深一(松田翔太)。対戦相手である直の中学時代の恩師・藤沢和雄(北村総一朗)に騙されて1億円を奪われてしまい、取り返すと宣戦布告をしてから藤沢を監視する日々をおくる2人。そんな2人の行動に藤沢は家に閉じこもり2億円の入った金庫の前からほとんど動かなくなってしまった。
ゲームの残り日数が半分を超えても何の行動も起こさない秋山と、意味もわからず監視しているだけの毎日に不安を覚え始める直。しかし、秋山は2億円を奪う手はあると断言して直に作戦を教えてくれない。藤沢は憔悴してきているものの金庫を鎖で縛りつけ、そばに包丁やバットを置くなどさらにガードを固めていく。幾日かが過ぎ、直と藤沢のもとへ再びライアーゲーム事務局からカードが届いた。「明日の午後5時に回収に伺います」とのカードの文面に思わず笑みをこぼす藤沢。一方、焦る直に秋山は相変わらず監視しているだけでいいと突き放すだけだった。
ゲーム終了当日。刻々と時間が過ぎていく中、一向に動く気配がないどころか余裕の微笑みさえ浮かべる秋山。終了時間10分前になっても動かない秋山に、いてもたってもいられなくなった直が藤沢の家へ走った。窓を叩いて藤沢を呼ぶと、お金を返して欲しいと頭を下げて懇願する直。藤沢はすがりつく直を強く突き飛ばして窓を閉め切ってしまう。そして、時刻は5時に…!

続きを読む "《ライアーゲーム》☆二回戦" »

2007/04/21

《喰いタン2》◇Menu.2

人質なのにスパゲッティをくいまくる!』(あらすじ)
イタリア料理店のオーナーシェフを殺した容疑者が聖也(東山紀之)らの探偵事務所に侵入し、聖也と涼介(森田剛)、京子(市川実日子)を人質に取って立てこもった。それを知った桃(京野ことみ)ら捜査陣は、事務所周辺を警官隊で包囲し、万全の態勢を整える。そんな中、無実を主張する容疑者の話を聞いた聖也は、被害者のシェフが容疑者に作ったというボロネーゼを再現すれば、事実関係を確認できると確信。事務所から出ずに食材を調達し、涼介や京子、そして容疑者にも手伝わせ、事件解決を目指して料理を作り始める。
      ***************

貧乏所帯のホームズエージェンシーに、訪問者があった。京子が出ると、なんと包丁を持った男が、そのまま京子を人質にして立てこもった。
すぐに桃ちゃんが追ってきた。殺人事件の容疑者を追ってきたと叫びながら、消えた。ドアの下から、みゆきが出てきた。

続きを読む "《喰いタン2》◇Menu.2" »

《帰ってきた時効警察》★#02

『好きな理由よりも嫌いな理由のほうがハッキリしていると言っても過言では無いのだ!』(あらすじ)
総武警察管轄内で、そこかしこの女子トイレにオッサンが現れるという痴漢事件が発生。問題のオッサンを捕まえられないまま、十文字(豊原功補)は頭を悩ます日々を送っていた。そんな中、霧山(オダギリ ジョー)は、裏社会を牛耳っていた“闇の帝王”権現三郎(赤星昇一郎)が刺殺された時効事件を捜査することに。当時、犯人と目されたのは権現の内妻でナンバーワンホステスだった吉良深雪(銀粉蝶)。ところが、彼女は事件直後から行方不明になっていた。直感的に深雪が犯人ではないような気がした霧山は、三日月(麻生久美子)を連れ、深雪の娘・綺羅(市川実和子)が経営する高級クラブへ。綺羅は死体の第一発見者だったが、ショックから事件に関する記憶が何もないという。核心に触れるような話を何ひとつ聞けないまま店を出た霧山は、数日後に再び綺羅と接触。そこで、綺羅から“雪男おじさん”という伯父にあたる人物の捜索を頼まれ…。【脚本・監督 三木 聡】
     ***************
10年ぶりに引越しをした三日月。箱のかたすみから、出てきたVTR.10年後の私へ、とメッセージが入っていた。霧山は、顔の横に見えたのがUFOじゃないかとそちらに気を取られて、すっかりお冠の三日月。
お昼に屋上でしゃぶしゃぶをする霧山。今夜もコネタが、満載で始まりました♪

続きを読む "《帰ってきた時効警察》★#02" »

2007/04/20

《特急田中3号》◇#02

おめえは世界で一番最低の男だ!』(あらすじ)
田中(田中聖)は花形(塚本高史)と桃山(秋山竜次)の提案で、照美(栗山千明)とその同僚の琴音(加藤ローサ)、理子(平岩紙)と千葉の小湊鉄道の旅へ。ところが、田中の一方的なアタックに引き気味の照美は田中の根拠のない自信家ぶりに怒り、我慢の限界に達する。怒りのあまり車内に携帯電話を忘れていった照美からの連絡を待つ田中。照美は携帯電話を会社に郵送するよう冷たく指示する。だが田中は再びかかってきた電話に照美を幸せにすると宣言し、勤務先へ乗り込む。そこには、先輩の美晴(大河内奈々子)と上司の巻田(海東健)にミスを責められる照美たちがいた。
     ***************

鉄道マニアの花形たちは、せっかく照美たちと、合コン出来ても、汽車のたびを満喫して、結局、一郎だけがせっせと照美に、運命共同体を印象付けて3人に途中下車されてしまった。

続きを読む "《特急田中3号》◇#02" »

2007/04/19

《わたしたちの教科書》◇#02

学校崩壊』(あらすじ)
重体だった明日香(志田未来)が死亡。事件を伝えるタブロイド紙にはセンセーショナルな文字が躍っていた。中学校では副校長の雨木(風吹ジュン)を中心に耕平(伊藤淳史)ら教師たちがその対応に追われていた。雨木は学区内での飲食や買い物を控え、人の目に触れる場所での私語なども慎むよう教師たちに注意を促す。その夜、耕平は珠子(菅野美穂)に会うために彼女の行きつけの洋食店を訪れる。担任として明日香のために何かできたのではないかと、耕平は後悔の言葉を口にした。明日香の死から2週間後、中学校は何事もなかったかのように平穏を取り戻す。

          **************
副校長は、この学校にはいじめは無かったと、加持に言った。
なんだか、新聞に良く出てくる言葉を聞いているような気がした。
学校側は、その事実を把握していないとか。そんなに平穏無事を装わなきゃいけないのだろうか?

続きを読む "《わたしたちの教科書》◇#02" »

2007/04/18

《バンビーノ!》★#01

仕事って甘くない』(あらすじ)
一人前の料理人を目指し、博多の小さなイタリアンレストランから東京・六本木の一流店にやってきた主人公は、生意気で鼻っ柱が強くプライドが高いイマドキの若者。博多ではアルバイトながらも店を任され、腕にも自信があったが、一流店の戦場のような調理場では何もできずその鼻をへし折られる。半人前の主人公に付けられたあだ名は、イタリア語で赤ん坊を意味する「バンビーノ」。厨房という職場を通して、働くことの素晴らしさを描いた人間ドラマだ。
     **************
六本木。大学生の伴省吾(松本潤)は、店主の遠藤に、ヘルプとして名店「バッカナーレ」に行くことを勧められた。博多では、前菜からメーンまで任されていたと、鼻っ柱の強いことを言ったが・・・

続きを読む "《バンビーノ!》★#01" »

2007/04/17

《セクシーボイスアンドロボ》VOICE.#02

第2話『強盗犯の最後の恋』(あらすじ)
ゲスト 「ごぼ蔵」:村上 淳

美容室で偶然一緒になったロボ(松山ケンイチ)とニコ(大後寿々花)は、店内に侵入してきた郵便局強盗に脅され車で静岡・伊豆へ向かうことに。その強盗、後藤(村上淳)は立ち寄ったコンビニエンスストアでメモを見ながらフランスパンを購入。"スズちゃん"という恋人に頼まれたという。その後、ラーメン店に入ったロボらは、マキ(浅丘ルリ子)の店で働く名梨(岡田義徳)と会う。名梨はマキの指示で高額な仏像をかばんに入れて運んでいる最中だった。後藤がそのかばんと自分のかばんを取り違えたことから、騒ぎが巻き起こる。

     ***************
ニコは、ロボとあろうことか、美容院の洗髪台で隣り合わせになった。
ロボは、今夜合コンがあるのでおしゃれしに来たのだが、そんな所に、バイクが突っ込み、二人は取り残されてしまった。

続きを読む "《セクシーボイスアンドロボ》VOICE.#02" »

2007/04/16

《プロポーズ大作戦》☆#01

(あらすじ)

過去に戻るチャンスをもらった男性が、結婚式を迎えた幼なじみの女性を取り戻すため奮闘する。金子茂樹脚本、成田岳演出。健(山下智久)は世界で一番好きな礼(長澤まさみ)の結婚式に出席し、心が晴れない。健は、幼なじみであるが故に礼への思いをずっと伝えられずにいたのだ。披露宴ではスライドショーが始まり、スクリーンには幸せそうな新郎新婦の姿が次々に映し出される。健はその隅に写っているふがいない自分の姿を見るうちに、強い後悔の念に襲われた。すると突然、どこからか"妖精"を名乗る男性(三上博史)が現れ、健をスライドに写る過去にタイムスリップさせる。

     ***************

奇跡の扉を開ける鍵は、誰の手にも握られている。ただそれに気付く人はほんのわずかしかいない。運命を変えるほどの大きな奇跡はそうそう、訪れない。変えたいと思う小さな一歩を重ねることで、いつの日か、奇跡の扉は開く。

続きを読む "《プロポーズ大作戦》☆#01" »

大回顧展ーモネ

イベント:モネ 大日本人が大好きな印象派の巨匠クロード・     モネ。その主要コレクション約100点が世界、日本中から東京・六本木の国立新美術館に集まります。

(クロード・モネ「日傘の女性」1886年 131×88cm Photo:RMN/Herve Lewandowski)

見てきました。
会期:4月7日(土)~7月2日(月)
    10時ー18時(金は20時)
    火曜日休館(5月1日は開館)

続きを読む "大回顧展ーモネ" »

2007/04/15

《冗談じゃない!》◇#01

妻の母が元彼女!?その関係はヤバスギ』(あらすじ)
妻の母親で昔の恋人と同居することになった40代の男性。女性ばかりの家庭と職場に翻弄(ほんろう)される彼の波乱に満ちた生活をコミカルに描く。伴一彦脚本、土井裕泰演出。システムエンジニアの圭太(織田裕二)は20歳年下の恋人、絵恋(上野樹里)の両親に結婚を認めてもらうため、フランスのニースを訪れた。両親と会う前日、圭太は街で学生時代の恋人、理衣(大竹しのぶ)と再会。理衣は圭太と別れてすぐに渡仏し、日本人男性と結婚してニースで暮らしていた。翌日、圭太は絵恋の父の広瀬(草刈正雄)と対面するが、母親は理衣だった。あぜんとした圭太だが悪いことは続き、帰国すると会社でリストラの対象になっていた。さらに追い打ちをかけるように、新居に理衣が現れる。
     ***************
幸せになりたいなんて口にする男は信用できない。
誰かをシアワセにすると約束する男はもっと信用できない。
自分がシアワセだと放言する男は、現実が見えない。
そう、現実が見えないから、シアワセでいられる。
このときのボクは、シアワセだった!!

続きを読む "《冗談じゃない!》◇#01" »

《ライアーゲーム》☆一回戦

億の金をめぐる熾烈な頭脳戦がスタート手に汗握るハラハラドキドキ心理トリック』(あらすじ)
甲斐谷忍原作の漫画をドラマ化。平凡な女子大生が、大金が懸かった謎のゲームに突然巻き込まれる。古家和尚脚本、松山博昭演出。大学生の直(戸田恵梨香)はひょんなことから大金を奪い合う"ライアーゲーム"に参加することに。ゲーム期間の30日後に持ち金が多い方が勝者となり、敗者は奪われた金を自分で弁償しなければならない。直の対戦相手は中学時代の担任教師の藤沢(北村総一朗)。正直者の直は藤沢にだまされ、あっさりと1億円を奪われてしまう。直は交番に行き警察官の谷村(渡辺いっけい)に相談するが、もともとが直の金ではないので事件にならないという。落胆する直だったが、谷村から天才詐欺師の秋山(松田翔太)の存在を知らされ、彼に助けを求める。
     *************

「いけませんか、こんなバカ正直じゃ。いけませんか。」大学生直は、帰宅すると、部屋の前に大きな包みがあり、中身は1億円。対戦相手は中学時代の恩師藤沢。そんなの嘘だと、安心させて、直からまんまと金をせしめた。

続きを読む "《ライアーゲーム》☆一回戦" »

《喰いタン2》◇Menu.1

秘伝のラーメンを食い尽くす!』(あらすじ)
食いしん坊の探偵が自慢の"舌"でさまざまな難事件を解決するドラマの第2弾。寺沢大介原作、伴一彦脚本、中島悟ほか演出。すてきな料理を味わいつつ世界中を回っていた聖也(東山紀之)は、何者かから送られてきた封筒の中を見て日本に帰る。封筒の中身は、聖也がかつてその味に感嘆したラーメン店の特別半額券だった。聖也は懐かしの探偵事務所を訪れるが、閉鎖されていた。その後、ラーメン店へ向かった聖也は、殺人事件があったことを知る。桃(京野ことみ)や五十嵐(佐野史郎)らによれば、被害者は店長。秘伝といわれるたれの容器が消えていたため、犯人がライバル店の関係者という可能性が浮上する。捜査協力を求められた聖也は、涼介(森田剛)と京子(市川実日子)とラーメン店巡りをしようと考える。
     ***************

前作で、突然消えた喰いタン。
実は記事アップし、送信ボタンを押したら、消えました(唖然!)

また書き直しです(泣)しょうがないですね。気付いたら、消えていましたから。

続きを読む "《喰いタン2》◇Menu.1" »

2007/04/14

《帰ってきた 時効警察》★#01

嘘は真実を食べる怪物だと言っても過言ではない』(あらすじ)
三日月(麻生久美子)たちに惜しまれつつ、霧山(オダギリジョー)が金欠を理由に趣味である“時効事件の捜査”をやめてから1年。それ以外は特に変化のない総武警察署随一のヒマな部署・時効管理課に、新卒の真加出(小出早織)が配属された。そんな中、熊本(岩松了)から、時効になったばかりの国会議員・福原健一(あべかつのり)撲殺事件のファイルを見せられた霧山は興味津々。さらに何かに後押しされるかのように、霧山はある日ひょんなことから大金を手に入れる! 霧山はさっそく趣味を再開。三日月を連れ、事件当時は駆け出しキャスターだった榎田美紗子(麻木久仁子)のもとへ。榎田はこの事件を独自取材し、福原と対立する政党議員の秘書・剣道清彦(温水洋一)の冤罪を晴らした人物。その手柄で大出世した彼女は、今やテレビ局内で“女帝”と呼ばれる存在になっていた。霧山は榎田と話をするうち、妙な観点から彼女が何かを隠していると直感する…。【脚本・監督 三木 聡】
          **********

代議士殺人事件。冤罪。
あれから一年。毎日三日月は、時効管理課へ顔を出していた。
霧山に、新人のマカデは、眼鏡を外すともてるでしょうと言った。

続きを読む "《帰ってきた 時効警察》★#01" »

2007/04/13

《特急田中3号》◇#01

(あらすじ)
女性にもてたい一心で鉄道マニアの世界に足を踏み入れた青年が、仲間とともに成長していく姿を描く。橋本裕志脚本、平野俊一ほか演出。2浪の末、東京一偏差値の低い大学に入学した田中(田中聖)。バイクで街へ繰り出すが、一枚のハンカチに視界をふさがれ転倒してしまう。そこでは、若い女性が老婦人のためにならず者と口論していた。彼女にほれた田中は割って入るが、悲惨な結果に。やがて大学生活を始めた田中は、合コン目当てで鉄道研究会に入部する。部員は二枚目の花形(塚本高史)と大学8年目の桃山(秋山竜次)の2人だけ。例の若い女性、照美(栗山千明)と再会した田中は、図らずも鉄道マニアの世界に足を踏み入れていく。

     **********
この愛すべきヒーローは、かなりせせこましくいい加減な生活を送っていたが、2浪した結果、東京で一番偏差値の低い、東京産業流通大学へ合格した。

田中一郎が、一番ホット出来るのが祖母ハルと話している時だった。富士山登山で雲を食べたら、綿菓子の味がしたってのは良かったですね。

続きを読む "《特急田中3号》◇#01" »

2007/04/12

《わたしたちの教科書》◇#01

いじめと裁判と』(あらすじ)
学校を舞台に"闘う"弁護士がさまざまな問題にぶつかっていく。坂元裕二脚本、河毛俊作演出。珠子(菅野美穂)は大手法律事務所に所属する優秀な弁護士。最近はいじめ問題にも取り組んでいた。そんな珠子は事務所の後継者で先輩弁護士の直之(谷原章介)と交際し、明るい将来が約束されていた。一方、臨時教員として喜里丘中学に赴任した耕平(伊藤淳史)は、初めての教師生活に胸の高鳴りを覚えていた。急病の教師に代わってクラス担任を務めることになった耕平だったが、教室に入らずに校庭で一人、本を読んでいる明日香(志田未来)から、世界を変えることができるかと問われ、答えに窮する。
     ************

第1話。接点が無かった耕平と、珠子が、明日香を通じて顔を合わせることになる
加地耕平が、臨時教員として喜里丘中学に赴任してきたことから関わる2年3組の生徒たち。おとなしく見えるが、その下で何かうごめいていた。

続きを読む "《わたしたちの教科書》◇#01" »

2007/04/10

《セクシーボイスアンドロボ》VOICE★#01

美しき思い出を忘れた殺人者を追え!!』(あらすじ)

七色の声色を操る少女と、ロボットマニアで女性好きの青年がさまざまな怪事件を解決する。黒田硫黄原作、木皿泉脚本、佐藤東弥演出。七色の声を持つ中学生のニコ(大後寿々花)は、箱を大事そうに抱える男性が別の男性ともみ合っているのを目撃。そのことを誰かに話したくて仕方がないニコは、大人の女性の声色でテレクラに電話し、ロボット好きの須藤(松山ケンイチ)と出会う。ニコと須藤は男性たちがもみ合った現場へ。痕跡はなかったが、ニコは植え込みの中に男性が持っていた箱を発見する。中身はレシートや包装紙など、一見ごみのような物ばかりだった。やがてニコらは、その持ち主である三日坊主(中村獅童)を捜し当てる。彼は3日しか記憶が持たないらしい。
     **********
原作は、漫画。最近とても多いですね、漫画のドラマ化。
ゲストは、中村獅童。
七色の声を操る中学生ニコと、ロボットマニアで女好きのオタク青年とが難事件を解決するそうです。1話完結なのがいいですね。

続きを読む "《セクシーボイスアンドロボ》VOICE★#01" »

2007/04/09

お願いクッキー

200703131034001 生まれて、約8ヶ月。
体格は、めっきり大人になりましたが、ふと見せる表情がまだ、あどけないです。

「おねがいしましゅ!」

そうきたら断れません。

ついつい、「どうしたの?」と
聞いてしまいます。

200704011328001
2階から、
「オシュ!」と声がかかれば

ビックリしても無視すると

続きを読む "お願いクッキー" »

2007/04/08

レオナルド・ダ・ヴィンチーー天才の実像

200703leonardo_top630

レオナルド・ダ・ヴィンチー天才の実像
1974年「モナ・リザ」、2007年「受胎告知」。
 ルネサンスの巨匠、レオナルド・ダ・ヴィンチの創造世界を紹介する展覧会です。世界に10数点しか現存しない絵画作品のうち、初期の傑作「受胎告知」を日本で初公開するほか、映像や模型をふんだんに使い、科学、芸術にわたる「万能の人」の真の姿を解き明かす試みです。

 「受胎告知」は20代初めのレオナルドが描いた実質的なデビュー作で、ルネサンス美術の宝庫、フィレンツェのウフィツィ美術館でも最も重要な作品のひとつです。完成作では「最後の晩餐」に次ぐ大作ながら保存状態もよく、制作当時の画面を今日に伝えています。

 レオナルドは絵画にとどまらず、天文学、物理学、解剖学、建築学などの多彩な分野に関心を広げていました。こうした探求の成果を30歳のころから「手稿」と呼ばれる素描やメモを書きためた手帳に残しています。絵画とは対照的に膨大に残された手稿は、レオナルドの英知を解きほぐす手がかりです。

 本展覧会では、「受胎告知」をレオナルドの活動の出発点にすえ、手稿類などの最新の研究成果を紹介して、レオナルドの創造と知の全容に迫ります。(解説よりの抜粋)

続きを読む "レオナルド・ダ・ヴィンチーー天才の実像" »

2007/04/07

夢二夜《シェイクスピア・ドラマSP》第二夜

ロミオとジュリエットすれちがい許されざる恋に落ちた若い二人…切ない出逢いと美しいファーストキスの結末は?ロミオ、あなたはなぜロミオなの…?
父親が殺人容疑で手配されている青年と、犯人を追う刑事を父に持つ女子大生の悲恋を、シェークスピアの戯曲をモチーフに描く。井上由美子脚本、大谷太郎演出。警視庁捜査1課長の礼三(三浦友和)を父に持つ樹里(長澤まさみ)は、ふとしたことから廃品回収をしている広道(滝沢秀明)と恋に落ちる。広道は入院中の母、時枝(田中美佐子)のために頑張るまじめな青年だ。ところが、殺人事件の容疑者として礼三が必死で追っている儀一(山下真司)が広道の父と判明。礼三と時枝は広道と樹里の恋に反対する。間もなく、樹里と広道が親に反発して家を飛び出したことから、礼三と時枝の思わぬ過去が明らかになる。
          *****
大学の授業で「ロミオとジュリエット」の授業中、ありえない話と言ってしまう樹里。友人は堅物の樹里を合コンに誘うが、乗らない樹里だった。

続きを読む "夢二夜《シェイクスピア・ドラマSP》第二夜" »

2007/04/06

夢二夜《シェイクスピア・ドラマSP》第一夜

王様の心臓リヤ王より生きるべきか死ぬべきか?欲深い父と三人娘の息づまる駆け引き!あの名作が現代日本によみがえる!愛とお金どっちが大事ですか

狭心症で入院したことをきっかけに3人の娘のうちの1人と暮らそうと考えたスーパーチェーン社長の運命を、シェークスピアの名作「リア王」を基に描く。井上由美子脚本、雨宮望演出。妻を亡くしたスーパーチェーン社長の一(西田敏行)は、狭心症の発作で一時入院したことがきっかけで、残りの人生を3人の娘の誰か1人と暮らそうと考える。一の家族は、レストランを経営する長女のゆり(若村麻由美)と歯科医師と結婚した二女のあやめ(中島知子)、大学中退後に演出家を目指して劇団で大道具係を務める三女のさくら(井上真央)の3人。一から話を聞いたゆりとあやめは難色を示すが、一緒に暮らしてくれればすべてを託すという条件を聞いて態度を一変させる。しかし、さくらだけは寮住まいの生活状況を説明して断る。間もなく一はゆり、あやめとそれぞれ試験的に暮らす。
長女のゆりのマンションに行った一は、昔から整理整頓が出来ない。そこで、色々探し回って、毎月100万円の赤字が載った帳簿と、主知らずのトランクスが出てきた。さらに、ホストとのバカ写真を見つけた。
結局喧嘩になり、一日で次女あやめの家へ移動した。

続きを読む "夢二夜《シェイクスピア・ドラマSP》第一夜" »

2007/04/05

《1リットルの涙特別編~追憶~》

「あなたは憶えていますか?懸命に生き抜いたひとつの命を…残された家族は…友人は…新たな物語を加え名場面が甦る!生きることの大切さを描く感動作!」 

亜也(沢尻エリカ)の死から半年、妹で看護師の亜湖(成海璃子)は亜也が入院していた病院の神経内科に異動になった。神経内科には遥斗(錦戸亮)が医師として勤務している。だが楽しみにしていた遥斗との再会は、亜湖が想像していたものとは違っていた。遥斗は看護師とあまりコミュニケーションを取らず、患者とも距離を置いていた。そんな折、亜湖は遥斗の患者、みずき(岡本杏理)が薬を飲まずに捨てていたことを知る。亜湖は遥斗に、みずきときちんと向き合ってほしいと告げるが、どこか受け身な遥斗の態度に怒りをぶつけてしまう。
          ****************
折に触れて亜也を思い出す家族。遥斗。しかし、看護師になった亜湖が、移動になった先、神経内科の勤務医、遥斗と一緒に働けると、楽しみにしていたが、患者に対しても同僚に対しても投げやりな態度が初めに気になった。
病院では、自分の病気に向合おうとしない患者みずきがいた。
池内亜也を知っているかと聞かれていたことに、ポツリぽつりと答え出した。
また、「粉雪」に泣かされてしまう・・・
 

続きを読む "《1リットルの涙特別編~追憶~》" »

2007/04/02

冬季2007年ドラマ 見終わって

花より男子2

冬ドラマは、なんと言っても個人的に大好きな《花より男子》の2(リターンズ)が目的でした。とはいえ、初回2時間SPで、これはいつもと違う!と感じました。二人が大人になったのは判りますが、雑草つくしとおバカな道明寺の反発し合いながらも惹かれあう、微妙さが全く見られず、つくしがメソメソしているのは、見苦しいくらいでした。ファン投票で見たいシーンをつなげてとありましたが、エピがぎゅうぎゅうづめの割には、滑らかに繋がっていきました。ラストの雪山遭難で、司の動物的本能のなせる業でつくしが遭難と聞いて、体が反応してしまった所や、司が発熱したところから、伏線が動き出し、あの感動の記憶を取り戻す所に行き着きますが、あそこは良かった!
救いようの無い事態でも、F3の友情、とりわけ花澤類の牧野を思いやる気持ちに救われました。十分な作りで、もう、おしまい!と言われそうですが、大学生になって弁護士になりたい、つくしを見たいんです(笑)。

続きを読む "冬季2007年ドラマ 見終わって" »

2007/04/01

異邦人たちのパリ1900-2005 ポンピドー・センター所蔵作品展

会期:平成19(2007)年2月7日(水)~5月7日(月)
主催:国立新美術館、朝日新聞社、テレビ朝日、ポンピドー・センター
会場:国立新美術館 企画展示室2E
展覧会ホームページ http://www.asahi.com/pompidou/

続きを読む "異邦人たちのパリ1900-2005 ポンピドー・センター所蔵作品展" »

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

最近の写真