無料ブログはココログ

« 《ライアーゲーム》☆二回戦 | トップページ | 《冗談じゃない!》◇#02 »

2007/04/22

写楽考 Bunkamura シアターコクーン

写楽考

わずか10ヵ月の間に150点もの錦絵を創作し、忽然と歴史から姿を消した東洲斎写楽。どこか現代の社会状況に似たカオスと閉塞感に満ちた元禄の江戸を舞台に、熱き情熱と狂気をはらんだ男たちの壮絶な生き様に迫ります!鈴木勝秀の構成・演出、そして、堤真一をはじめとする充実の俳優陣ならではの劇空間に、是非、ご期待ください!

スタッフ

作:矢代静一、構成・演出:鈴木勝秀、美術:二村周作、照明:倉本泰史、音響:井上正弘、衣装:前田文子、ヘアメイク:高橋功亘、演出助手:長町多寿子、舞台監督:瀧原寿子、プロデューサー:北村明子、企画・製作:シス・カンパニー

出 演

堤真一
高橋克実
長塚圭史
キムラ緑子
七瀬なつみ
西岡徳馬

公演日程

2007年4月5日(木)~4月29日(日)

主役が堤真一。十返舎一九が高橋克実ときては、楽しいことが判りますから、プレオーダーが当たった時には、嬉しかったです。

音楽は和太鼓と横笛だけ。これがまた深みがあって、とても気に入りました。

客席には、中井ミホさん、小林聡美さん、もたいまさこさんなどが見受けられて、中々華やいでいました。立ち見まで出ていました。
写楽の約10ヶ月の華やかな名声とその後。はぁ、こう言う考えがあったのだと、思いました。

200704221727000 帰りは、元祖くじら屋で、鯨料理を堪能。満腹で帰宅しました。


我が家の雑草園。例年のようにトゲの無い釣るバラが、200704211019000 咲き始めました。
枝の数が増え、花数が倍くらいになりました。

数種類あったスミレが、一番ポピュラーな、タチツボスミレだけになってしまったのは、がっかりです。

200704211018000 これも、学生時代に、友達の実家の裏山で、取ってきたものでした。残っているだけ奇跡的かもしれません♪

« 《ライアーゲーム》☆二回戦 | トップページ | 《冗談じゃない!》◇#02 »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/14813095

この記事へのトラックバック一覧です: 写楽考 Bunkamura シアターコクーン:

« 《ライアーゲーム》☆二回戦 | トップページ | 《冗談じゃない!》◇#02 »

最近の写真