無料ブログはココログ

« 《拝啓、父上様》 ◇第5話 | トップページ | 《演歌の女王》◇第五幕 »

2007/02/09

《花より男子2》◇#06

告白は大波乱!!』(あらすじ)
つくし(井上真央)は楓(加賀まりこ)の秘書から、道明寺(松本潤)がこの1年で変わった訳を聞かされた。道明寺とグループ社員との間に、ある衝撃的な出来事があったという。さらに、つくしは類(小栗旬)に抱き締められ気が動転してしまう。そんな折、つくしの暮らすアパートで大惨事が起こる。つくしのピンチを救ったのは道明寺の姉、椿(松嶋菜々子)だった。つくしの恋愛を他人事とは思えない椿の応援に、道明寺は励まされる。だが自分との結婚を信じて疑わない滋(加藤夏希)に、道明寺はなかなか別れを切り出せない。一方、つくしはバレンタインデーに向け、ある決意を胸に秘めていた。
     ***************

深夜に訪問した西田は、つくしに「あなたにとって、坊っちゃんはもうありえない存在ですか?」と聞いた。道明寺が変わらざるを得なかった事件を話してくれた。司のジョークをj次期後継者の不安要素と大々的に取りあげられて、株価は急落。乗り切るために、大規模なリストラを敢行した。その中に司が兄とも慕っていた日系のケン・ウチダがいたが、勝てもリストラに合い、生活が困窮し、楓に再就職を頼んだが聞き入られず、司の目の前で、飛び降りた。それから彼は変わった。必死でトップとしての自覚を持ち、つくしへの思いを断ち切ろうとした。しかし、彼がまたつくしと再会し、同じ時間を共有するようになり、どうしても自分の思いに嘘がつけなくなってきている。
司は、つくしといるときだけ、坊っちゃんは、唯一人間らしくなります。トップに立つ人間として、そうであって欲しい。・・・西田告白だった。
これで道明寺が変わった訳がわかりました。混乱するつくし。ワン切りのつくしに会うために、車を飛ばしてきた花沢類。つくしを後ろから抱きしめ、またキスをしようとした。

「じゃが肉?」庶民の食べ物を作ろうとする、司に、進が気を使って、司を部屋へ引き入れ、自分は司の部屋へ消えた。昨日の話は本気だからといいながら、後ろから抱きしめて、さらに口説こうとする司に「どこ触ってんのよ!」と背負い投げしたつくし。ボロアパートは悲しいね。下の階に床が抜けて二人で落ちてしまった。ピンチです。アパートは取り壊し、つくしの住むところがありません!

椿姉さん、登場
つくしの住む場所が消えたので、木箱に入れて、道明寺家に連れ込んだり、高校時代の辛い悲しい恋物語を教え、つくしに、こっそりここに住みなさいと言ってくれた。司に命がけの恋だとハッパをかけて帰国道明寺家にとっても大河原財閥との縁を切るので、命を賭けることになりますね。滋もすっかり司に恋しているから、中々別れ話まで進みません。つくしにも「おめでとうって、言ったじゃない!」と泣きながら訴えます。悲しい恋は、総二郎も更が相手だったようですね。

バレンタインデー。つくしからの本命チョコを待つ、道明寺と、花沢類。呼び出されたのは司。しかし、悩んで考えた結果つくしは、一番大事にしていた、司からの「土星のペンダント」を返します。キチンとけじめをつけると言った。やっぱ遅すぎたよ、みんなを傷つけてあたしたちだけ幸せになれないよ!」「ふざけんな!オマエにとってのオレはあんなもんか。オレはオマエ以外、牧野以外ありえねえ」と言って、橋の下へ放り投げた。流れるペンダントの赤い箱。追いかけるつくし。水の中に入って、やっと追いついた。しゃがみこむつくしを見ているタマばあさん。
一人で、海を見ながら、自分で作ったチョコを食べながら涙する滋がいました。自分じゃ判っているんですね。でも司に恋をしてしまった。

道明寺家。朝からプロレスいえメイドのコスプレのつくし。今は司と一緒に住む理由が欲しいと、道明寺家で働くと言い出した。「よろしいじゃありませんか」でたぁ!タマさん。おばあさんじゃなく先輩とお呼びといわれた。不適に笑うタマ。
話は、佳境に入ってきました。道明寺派の私は、来た来たと、喜んでおります。でも、つくしの両親って、一体どうなっているんでしょうね大学への合格も決まったけど。学資は?
*****
#5 ◇#4 ◇#3 
#2 ◇#1

« 《拝啓、父上様》 ◇第5話 | トップページ | 《演歌の女王》◇第五幕 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

★翠さん:
凄いスパートですね。

>道明寺の「俺は牧野以外ありえないっつーんだよ!」には、花沢類派の私もドキドキでした!^^
あぁ、これを類に言われてみたいと妄想してみたり(笑
つくしがモテモテで羨ましいです!><


全員、胸キュンで、金曜日はシアワセな人が多かったのではと、推測します。

花沢類が、街中を歩いている所は、寂しそうでした。

★トマトさん:
はじめまして。
この四角関係はどう解決するのでしょうか?

>来てみたら同じテンプレートでビックリするやら嬉しいやら(^^)

私も初めてでした、同じテンプレの方は。
冬はこれと決めていますので。

よろしくお願いします。

★minnadesiawaseさん:

>道明寺財閥は無事なのでしょうか。椿は自分の時と同じと言ってましたが、その頃も凋落傾向はあったのかな?

滋の純愛が、尾を引いてきましたが、あまり引きずらないで欲しいです。
楓は、パーティばかりで仕事をしていないように見えたのですが。司が大川原財閥を頼らないでもOKな方法を見つけてくれるといいですね。

★お気楽さん:

>やっぱり、つくしがハッキリ決めなきゃね。
でもモテモテなのに酔っていたい時もあるよね♪

でも、つくしと、司の掛け合いっていいですよね。あの司のストレートで、ぐいぐい迫る不器用さが、皆のハートを掴んだのですね。
つい、永遠に続くと思うのが、いけない?

★タイガーさん、敬礼♪

>前回は9話構成でしたが、今回は10回はやるはずですね。


そうですね。唐突に終って、何で9回??と
不思議でしたが、急造ドラマにしてはシッカリ嵌らせてもらいました。
半分過ぎると、早いですからね。寂しくなるんですね(涙)

★まこさん:

>つくしと司の距離が縮まってくるのは
うれしいんですが、

お待たせでしたからね。
2人のラブラブは、遠慮が無くって
大好きです。その影で、泣かせる人を
思うと辛いですね。

★yukoさん:
>つくしが川の中で「土星ペンダント」を抱きしめていた姿にぐっと来ちゃいました。ほんとは司が大好きなんだね~。

悩む姿は確かに2人の間で揺れていたけど、
メイド姿で臨んだつくしは、清清しかったです。


>それにしても、類と司の二人に後ろから抱きしめられたつくしって・・・。羨まし過ぎる~(笑)

全員、思ってましたよ(笑)

こちらにもお邪魔します♪
道明寺の「俺は牧野以外ありえないっつーんだよ!」には、花沢類派の私もドキドキでした!^^
あぁ、これを類に言われてみたいと妄想してみたり(笑
つくしがモテモテで羨ましいです!><

こんばんは(^^♪
トラバありがとうございました!
来てみたら同じテンプレートでビックリするやら嬉しいやら(^^)
私もトラバさせていただきますね♪

 こんにちは。TBありがとうございます。
 橋の上のシーンが凄い迫力でした。本気度100%の司ですね。つくしもそれに応えてメイドさんですか^^;おかげで類の影が薄くなってしまったかのようです。ところで、道明寺財閥は無事なのでしょうか。椿は自分の時と同じと言ってましたが、その頃も凋落傾向はあったのかな?そんなことよりも、滋や、総二郎たちの行く末がのっぴきならない状態になってきたようですね。楽しみですが、なにか心配です。

やっぱり、つくしがハッキリ決めなきゃね。
でもモテモテなのに酔っていたい時もあるよね♪

つくしちゃんと司の距離がどんどんとちかくなっていくと言うことは、されだけ最終回も近づいてきているいう感じになりますね。 前回は9話構成でしたが、今回は10回はやるはずですね。
折り返しで大波乱の予感アリ!

つくしと司の距離が縮まってくるのは
うれしいんですが、なったらなったで
類と滋が気の毒で・・・( ̄∇ ̄;)

こんばんは~。
つくしが川の中で「土星ペンダント」を抱きしめていた姿にぐっと来ちゃいました。ほんとは司が大好きなんだね~。それにしても、類と司の二人に後ろから抱きしめられたつくしって・・・。羨まし過ぎる~(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 《拝啓、父上様》 ◇第5話 | トップページ | 《演歌の女王》◇第五幕 »

最近の写真