無料ブログはココログ

« 《演歌の女王》◇第一幕 | トップページ | 《ヒミツの花園》☆#02 »

2007/01/14

《華麗なる一族》◆第一話

TBS開局55周年華麗なる一族』(あらすじ)

非情な金融社会を背景に、親子の葛藤(かっとう)と生きざまのぶつかり合いを描く。山崎豊子原作、橋本裕志脚本、福沢克雄演出。1960年代後半の神戸。万俵財閥の長男の鉄平(木村拓哉)は阪神特殊製鋼の専務を務めている。父の大介(北大路欣也)は関西有数の都市銀行、阪神銀行のオーナー頭取。折しも世間では金融再編のニュースが飛び交っている。鉄平の会社は銀行と並ぶ万俵財閥の主力企業で、次々と新しい技術を開発しメーカーからの注文が相次ぐようになっていた。鉄平は会社の発展のため、ひいては日本経済の発展のために独自に高炉を造ろうと、メーンバンクである父の銀行に追加融資を願い出る。だが大介は非情な決断を下す。
     ***************
万表一族の盛衰。今の一族は、祖父が残してくれた銀行を、地方銀行吸収合併して、阪神銀行にした。そのオーナー頭取が父大介。その長男が鉄平。名前と同じ阪神特殊製鋼の専務。銑鉄の供給を止められて、鉄平は大いなる決断を迫られていた。
父大介は、14年前、家庭教師として来た高須を妾にし、妻妾同居させていた。
冒頭は、志摩のホテルでのお正月。大晦日を返上で働いている鉄工所の職員たちを置いて、自分だけじかの者たちと会うわけにはいかないと、頑張っていた鉄平だったが、待っている家族たちは、かなり批判的だった。

鉄平は、メインバンクである父大介の阪神銀行に、高炉建設の資金調達を願い出た。どこへ行っても、鉄平は祖父似だと言われ、疑問が募る大介。
祖父の肖像画の前で、そっくり同じ格好をする鉄平。それを見て、夜食をお盆から落とす母。そのただならぬ驚きに、確信を深めた父。

翌朝、ひょうたん池の橋の上で、父に呼ばれて、祖父が死んでから将軍と呼んでいた鯉の姿を見ないが、きっと鉄平が手を叩けば、出てくると言い、どうしても、叩かせた。出てきませんよ、と言いながらそこを後にしようとする鉄平に、凄い水音がし重装備の明らかに作り物とわかる鯉が出現した。

大介は、これで、鉄平をわが子とは認めなくなったようです。今までも鉄平にだけは冷たかったので、これからの高炉建設は、きっと横槍が入るのでしょう。

愛人の高須は、万表家の閨閥作りに奔走し、公家出身の母を、無視していた。この一家、金にモノを言わせて、何をしても許されると思っているようです。キムタクが、主演と言うキャスティングですね。堂々とし、肩の力を抜いて、頑張っていました。中々凛々しかったです。さすがにセットも超豪華版。映画並みでしたね。ただ、BGMと台詞がかぶさり、拾えないところがありました

« 《演歌の女王》◇第一幕 | トップページ | 《ヒミツの花園》☆#02 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

★まこさん:

>イノシシはどうやったんだろ?
まさかあれも、剥製を使用したとか???

あれは、生きていましたよね。多分、同時撮影は無理だから、どこかでCGが?と思いました。
ほぇ~っと見え居るセットですけど、1カットのためにロケをするなんて、無駄使いしますね。


★みのむしさん:
>あの鯉にはちょっとわらってしまいましたが
でもいい演出でしたね。

あれで、祖父との親子関係を見る、戸籍上の父って、寂しくなかったですか?
ワンマン父親に逆らえない家族のドラマが始まりましたね。


★でら好きテレビのてれびっこさん:
>単なるドラマというよりドキュメンタリーに近い感じがします。でももっと怖いのは鯉の反応ひとつで鉄平を受け入れるのか拒絶するのかを決めた父親というのが怖かったです

親子関係と言っても、無条件で愛してくれる親は煩わしくても大事にしなくっちゃ。と思わせてくれるドラマでした。


★ads(あず)さん:
>思い返せば少し気が楽になったシーンだったかな。
それ以外は重かったですからね~。

息をつめてみていましたが、出てきたときは、おぉと思いながら、苦笑しました。

★空さん:
>「夢を見ることが出来なければ、未来をかえることは出来ません!」には、圧倒されました!

若者がそれも財力がある、確かなもの(技術)に裏打ちされた夢を実現させるのは、いいですね。日本は、夢も見られるずに終わることが多いですから。


★yukoさん:
>次回ぐらいは見るかもしれないけど、感想はたぶんやめだと思います

あら、寂しいですね。でも見てみないと判りません。そう言いつつ、私もどうしましょうと、迷います。


★スナッチャーさん:
>日本に限らず、同じ演技をしても二枚目には
厳しいからな~~

そうですね。でも、かなり頑張っていたのがわかりましたし、良い線まで行ってましたよね。

TBの件ありがとうございました。いくらメンテをしても、ココログは飛びにくいときがあります。これに懲りずに、またお願いします。

★★コメントありがとうございます。
遅れました(汗、汗)

★ミマムさん:
>せっかくいい映像と音楽を使っているのに
ちょっと残念なところでした。
内容的にはじっくり見ていきたいものになりそうです。
頑張ってついていこうかな、と(笑)

盛りだくさんの内容で、かなりお金をかけた映像美です。見ていて高揚感は、ありました。BGMも、こ、これは生!だぁと、感激。
感想が、書けなくっても、アンナさんのダーだから、見続けます。


★くうさん:
>将軍が来るか来ないかで我が子かどうかが決まってしまうとは。。。
(リモコンぽかったですね^^;)
お金持ちのやる事は解りません。

初めに、疑いありきなんですね。
親に愛されないのって、子供の心がそこから育たないのですよね。特に、男児は男親から、日々の糧を得る方法を、教えられます。それが希薄だと、父子対決が起きますね。


★愛梨さん:
>私もBGM大きすぎ!と思いました。もう少しBGM小さくするか、聞き取れるようなセリフの音量にしてほしいですね。もったいないです。
でも、BGMのクオリティは高かったです。

私もそう思いました。
40年前の話だと、現代に置き換えると、時代劇なんですね(汗)

>意外と面白く見れたので、来週以降も見るとは思います。

ッハイ、私も~!!
自分の理想とする仕事の夢を覆い続ける姿はかなり素敵です♪


★翠さん:
>重厚な物語になりそうなので、感想書くのは難しそう(汗

そう感じましたよね。しっかり見ます。

>とりあえず今回は肖像画と鯉でちょっと笑ってしまいました。^^:
あんなになると、ドキドキです。

TBありがとうございました。

肖像画とあの将軍には、敢えて突っ込みませんが
久々に“重厚なドラマ”を見た感じです。

主演の木村拓哉さん
「何をやってもキムタク」
と言う人もいますが
“それだけ存在感がある”
て割り切って頑張って欲しいです。

日本に限らず、同じ演技をしても二枚目には
厳しいからな~~

TBお返し、上手く飛ばなかったみたいですので
名前欄に、当該感想リンクしておきました。

こんにちは。
あの「将軍」には笑かしてもらいました!視聴率はよかったようですね。次回ぐらいは見るかもしれないけど、感想はたぶんやめだと思います。

mariさん、こんにちは!
鉄平、凛々しかったですね。
「夢を見ることが出来なければ、未来をかえることは出来ません!」には、圧倒されました!
これから鉄平が、万俵家がどうなっていくのか、気になります!!!
原作は読んでいないので、ドキドキしながら見れそうです☆

ぶっちゃけ(過去ドラマより)、
鉄平の合図で将軍が現れるとは思っていたけど、
ほんとに出てきちゃいましたね。
しかもある意味ですごいのが(笑)。
思い返せば少し気が楽になったシーンだったかな。
それ以外は重かったですからね~。

財閥といっても国の政策の前には無力なんだな~って感じました。大蔵省・日銀の腹ひとつ矛先ひとつで繁栄もすれば消えてしまうことも…。怖いです。単なるドラマというよりドキュメンタリーに近い感じがします。でももっと怖いのは鯉の反応ひとつで鉄平を受け入れるのか拒絶するのかを決めた父親というのが怖かったです。さらにその鯉がロボット?ラジコン?なのも怖かったです。(笑)

こんにちは。
確かに武田さんがしゃべっているところ
ナレーションと音楽と被って聞き取りにくかったです。
あの鯉にはちょっとわらってしまいましたが
でもいい演出でしたね。

>重装備の明らかに作り物とわかる鯉

あれって作り物だったんですね~。
凄い演技力のある鯉だなと(笑)
イノシシはどうやったんだろ?
まさかあれも、剥製を使用したとか???

と、しょーもないことばっか言ってますが、
ドラマの感想と言えば、ただただ圧倒されるばかりでした!

mariさん、こんばんは♪
私もセリフが拾えないところがありました。^^:
良い場面なのに~!
重厚な物語になりそうなので、感想書くのは難しそう(汗
とりあえず今回は肖像画と鯉でちょっと笑ってしまいました。^^:

こんばんは。
>BGMと台詞がかぶさり、拾えないところがありました。
私もBGM大きすぎ!と思いました。もう少しBGM小さくするか、聞き取れるようなセリフの音量にしてほしいですね。もったいないです。
でも、BGMのクオリティは高かったです。

意外と面白く見れたので、来週以降も見るとは思います。

将軍が来るか来ないかで我が子かどうかが決まってしまうとは。。。
(リモコンぽかったですね^^;)
お金持ちのやる事は解りません。
鈴木京香が憎たらしくも魅力的でした。

こんばんは。
>BGMと台詞がかぶさり、拾えないところがありました。
やっぱりそうでしたよね(汗)
せっかくいい映像と音楽を使っているのに
ちょっと残念なところでした。
内容的にはじっくり見ていきたいものになりそうです。
頑張ってついていこうかな、と(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/13496100

この記事へのトラックバック一覧です: 《華麗なる一族》◆第一話:

» 華麗なる一族 第1話 [塩ひとつまみ]
CG合成があるとはいえ、映像、音楽、出演者からエキストラにいたるまで 何とも壮大・豪華で制作側の力の入れようが伝わってくる内容のものでした。 バックの音楽の音が大きくてセリフが聞き取りにくかったのがちょっと残念だっ... [続きを読む]

» 華麗なる一族 第1話 [いもせログ]
ぱっと見の構図としては、鉄平の「新体制」と大介の「旧体制」の戦いのような気がします。 [続きを読む]

» 【華麗なる一族】第1話 [見取り八段・実0段]
ちょっと、ストーリーには触れずに行きます。。。って言うか、触れる事ができない。ただ圧倒されちゃって。「華麗なるセット」と「華麗なるキャスト」に。ナレーション、多いな〜。。。そして、一生懸命作品全体に古いイメージを作ろう作ろうと努力しているように見える。...... [続きを読む]

» ドラマ『華麗なる一族』第1話H19.1.14 [〜みんなでしあわせになろうよ〜]
◆スタッフ原作-山崎豊子(新潮文庫刊)脚本-橋本裕志音楽-服部隆之企画-瀬戸口克陽・植田博樹プロデュース-福澤克雄・石丸彰彦演出-福澤克雄・山室大輔◆キャスト万俵鉄平(34)- 木村拓哉高須相子(39)- 鈴木京香万俵早苗(30)- 長谷川京子万俵銀平(31)- 山本耕...... [続きを読む]

» TBS開局55周年記念特別企画日曜劇場 華麗なる一族 第一回 [TV雑記]
「男の嫉妬は醜く、女の嫉妬は恐ろしい」というのは何の言葉でしたか。 1月期ドラマ、最大の目玉である「華麗なる一族」、いよいよ始まりです。 ちなみに管理人は原作を一切読んでいません。 冒頭に書いたように、このドラマのテーマは「嫉妬」だと思うんです。 妻は愛人に、愛人は妻に、生え抜きは天下りに、政治家は政治家に、夫は妻の実家に、弟は兄に、父は息子に……それでは兄は誰に嫉妬しているのか。 ...... [続きを読む]

» 『冬ドラチェック!華麗なる一族 第1話』 [*+*ぱらいそ・かぷりちょそ*+*]
今期のドラマで最も注目していたのがこれ。これまでのキムタクドラマとは訳が違う。よくまあ、これだけの豪華出演者を集めてきたよ、TBS。これまでどっちかっていうとチマチマした家庭的なドラマをやってきた枠とは思えない!出演者も豪華なら、セットもすごい!TBS...... [続きを読む]

» 華麗なる一族 【第1話】 [THE有頂天ブログ]
2005年のフジテレビ系「エンジン」以来の連ドラ出演(単発ドラマでは「HEROスペシャル」以来、TBSでは2003年1月期の「GOOD LUCK!!」以来)となる木村拓哉。 TBSドラマ「華麗なる一族」第1話を見ました。初回は90分スペシャル。サブタイトルはないんですねぇ〜。   TBS開局55周年記念番組ということで気合いが違います。そして視聴率男・キムタク主演ってこともあって、ハンパじゃない番宣の量。脇を固めるのはNHK大河ドラマのような豪華なキャスト。注目度は今期のドラマ... [続きを読む]

» 華麗なる一族 第1話 [アンナdiary]
ひと言で言うならば、足を踏み入れたことがない高級な場所に かかわったことのない上流階級の人と、普段聴かないような オーケストラの音楽を聴きながら、食べたことのない 高級料理をいただいて、帰宅してソファでグッタリしている そんな。。。感じ?(笑) 木村君の万俵鉄平の真っ直ぐで青くて情熱的な感じが、すごく新鮮だった。 やっぱ、カッコイイ〜�... [続きを読む]

» 華麗なる一族 第1話 [あいりぶろぐ]
 「華麗なる一族」第1話を見ました。  おそらく今期のドラマでは期待している人がいちばん多いドラマだと思います。 キムタク主演、主演級の俳優・女優をこれでもかと集めた豪華キャスト、いかにもお金のかかってそうな作り、壮大なストーリー…。  ただ、個人的....... [続きを読む]

» 華麗なる一族 第1話 [テレビお気楽日記]
すっごくお堅い話なのね。ナレーションのおばさんの声が引くわ!!大映テレビかっ!! ダーはもちろんかっこ良かったよ♪ でも、なんだか真っ白に燃え尽きたって感じ・・・。 [続きを読む]

» ・・・・・・愛してる・・・・・・(木村拓哉) [キッドのブログinココログ]
義理の父親(北大路欣也)が正妻と愛人を同居させていることを「破廉恥」と罵り、夫( [続きを読む]

» 華麗なる一族 第一話 [ちょっと変な話]
●キャスト 万俵鉄平 (34)万俵家の長男。阪神特殊製鋼・専務。/木村拓哉 万俵早苗 (30)大川一郎の長女で鉄平の妻。/ 長谷川京子 万俵銀平 (31) 万俵家の次男。阪神銀行本店の貸付課長。/山本耕史 安田万樹子 (24) 大阪重工社長令嬢。/山田優 万俵寧子 (54) 京都の公卿... [続きを読む]

» 華麗なる一族 初回 [Yが来るまで待って・・・]
TBSが総力をあげて、宣伝している話題作。とりあえず、見てみました。 公式ホームページ 「華麗なる」という言葉をどう捉えていいのか・・・。確かにセットも豪華。出演者も超豪華。しかし、その内実が実はドロドロとした、まるでつい最近見た「横溝正史」のミステリ... [続きを読む]

» 「華麗なる一族」第1話 [日々“是”精進!]
  「白い巨塔」の山崎豊子の同名小説をドラマ化。33年ぶりのリメイク。金融界再編に揺れる1960年代後半の政財界を舞台に、財閥一族を軸とした非情な人間模様を描く。ストーリーは・・・14代続く万俵家の当主・大介は、関西有数の都市銀行・阪神銀行のオーナー頭...... [続きを読む]

» 華麗なる一族 第一話 人間、最終章・・・生と死の狭間に生き様があった・・・ [レジェンド オブ ウルトラマン(*^-^)ゞドラマレジェンド(o`・ω・)ゞ]
山崎豊子原作 人間、最終章 華麗なる一族がついにスタート! ぴったんこカンカンでは華麗なる一族の番宣のために木村拓哉さんが泉ピン子さんと共演されていましたが、凄く楽しかったですよ!о(ж>▽<)y ☆ 今までの木村拓哉さんのイメージとはちょっと違って、凄くいい... [続きを読む]

» 「華麗なる一族」第1話(財閥一族の波乱前夜) [オールマイティにコメンテート]
「華麗なる一族」は山崎豊子原作の、「週刊新潮」に2年7ヶ月にわたり連載された小説ドラマで時代は高度成長期だった1965年〜70年代を舞台にある財閥の波乱万丈な道筋を描かれる。木村拓哉主演ドラマとして注目度は高い。... [続きを読む]

» 華麗なる一族 第1話 [渡る世間は愚痴ばかり]
さて、始まりましたこのドラマ。 丹波の山に猟銃を持って歩く万俵鉄平。 雪山に聳え立つ大木と猪。 そして猪は鉄平の前から去っていく。 [続きを読む]

» 「華麗なる一族」vs「白い巨塔」 [しっとう?岩田亜矢那]
オールド競馬ファンは、 イットー、ハギノトップレディ、ハギノカムイオー、ダイイチルビー? なんて名前が浮かんでくるが、もちろんそんなJRAドラマでは無い。 前評判から騒然、山崎豊子原作のドラマ 「華麗なる一族」 がいよいよ今夜スタートである。 それにしても、えらいキャストですな。 一説では視聴率80%獲ったとしてもペイ出来ないんだとか。 超豪華キャストで、局を挙げたドラマと言えば 同じく�... [続きを読む]

» 華麗なる一族 第1話 [あるがまま・・・]
爺さんの子{/eq_1/}(; ゚ ロ゚)ナン!( ; ロ゚)゚ デス!!( ; ロ)゚ ゚トー!!! 確かにあの肖像画は木村くんそのものだった!(笑) するってーと、鉄平が尊敬してる爺さんは、お母さんを手篭に??? あらあら、大した爺さんだよ・・・{/hiyo_shock1/} んで、大介も自分だって愛人を囲って奥さんの前でも平気で好き勝手やってるくせに あの動揺っぷりは何?人間がちっちぇ〜〜〜{/hiyo_en1/} てか、こ�... [続きを読む]

» 華麗なる一族(1月14日) [今日感]
脱帽です!スケール感、重厚感!壮大さ!さすがTBS開局55周年ドラマ、恐れ入りました。 キャスティングも、「映画」か「大河」を思わせるような、豪華さ。 華麗なる一族ならぬ、華麗なるキャスティング... [続きを読む]

» 華麗なる一族 第1話 面白い!でも疲れた。。 [レベル999のマニアな講義]
公式HPhttp://www.tbs.co.jp/karei2007/内容万俵財閥の中核企業の1つ阪神特殊製鋼の専務 万俵鉄平。彼のセンスにより新素材の開発が成功する。取引先に大量注文を受けた新素材であったが、その製造には、ライバルの帝国製鉄の作る材料も必要であった。新取引の結果。...... [続きを読む]

» ドラマ 華麗なる一族 第1話 [ぽぽらすCafe*]
うーん、初回から華やかでしたね〜! 豪華キャストのオンパレードに、テロップ見てないと置いていかれそうでちょっと疲れたかも(汗) 重くて深そうなドラマですが、とりあえず今回は人物の整理だけでおなか一杯になりました〜。 [続きを読む]

» 華麗なる一族 第1話 [日々緩々。]
見るかどうか、迷っていたこのドラマ。 というのも、なんとなく見る前から 取っ付きにくい雰囲気を感じていたからなのですが、やっぱり取っ付きにくいかも(爆 でも、実際は飽きることもなく面白かったです{/good/} 世間知らずな私にも、都度ナレーターが入っての説明で 舞台となる時代の事情もわかりやすかったです{/face_ase2/} 声が倍賞千恵子さんだったのには最後のスタッフロールで気付きました。 ... [続きを読む]

» 華麗なる一族 第1回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『』 [続きを読む]

» 華麗なる一族 [Akira's VOICE]
初回の感想 [続きを読む]

» 華麗なる一族 あらすじ [華麗なる一族 木村拓哉]
華麗なる一族のドラマのあらすじや主題歌とモデルを書いていきます。木村拓哉主演、山崎豊子原作のTBS撮影情報も書きます。 [続きを読む]

» 「華麗なる一族」第1話 [fool's aspirin]
大河との攻防で(<私の中で)見られるか?!と懸念してたが、 なんとか見ることができた初回。 もうスゴいの一言に尽きる。 スゴい面子にスゴいセットにスゴいロケ。 アカネのロケ費が削られたのも無理はない(<嘘) 実はもっとキムタクが浮いてるかと思ったんだけど、 あれだけの方々の中で彼のナチュラル個性が いいように発揮できててちょっと感動した。... [続きを読む]

» 華麗なる一族 [思いつくまま*気の向くまま]
いよいよ始まりましたねー。今期一番期待してるドラマです。 それにしても、TBSさん、番宣すごかったで [続きを読む]

» 『華麗なる一族』1話。 [小さな幸せ 〜Little Happiness〜]
『華麗なる一族』1話観ました〜。 日曜劇場を観よう! と思ったこと自体が実に久しぶりー。 キムタク効果抜群ですネー♪ [続きを読む]

» 華麗なる一族 第一話 [Sweetパラダイス]
キムタクの「華麗なる一族」が始まりましたTBSは4年ぶり??舞台は60年代後半、高度経済成長期の神戸。大財閥・万俵家の一同は、毎年の正月を志摩の一流ホテルで過ごす習慣に従い、ホテルに集まっていた。だが、阪神特殊製鋼の専務を務める長男・鉄平は作業現場に立...... [続きを読む]

» 華麗なる一族 一話 [Simple*Life]
を見た。 ものすごい重厚間のあるドラマだった。 出演者の豪華さもだけど話の内容もとても重くて さすがTBS55周年記念番組なだけはある!という感じ とても見ごたえがあった。 映画館で続編がある映画をみたって感じ。 万俵財閥の跡取り息子で鉄鋼会社の専務...... [続きを読む]

» 『華麗なる一族』 第一話 [*モナミ*]
いよいよ始まりました、『華麗なる一族』。 うちの社長が、 「キムタクのドラマ、鉄工所なんだってねぇ。うちと同じだ!」 って、一緒にしないでください。 確かに父親は愛人と暮らしてるけど、 全っ然華麗じゃありませんから。 番宣見て、どんだけ昔の話かと思いきや、 昭和43年って、私の生まれるほんの5年前じゃないか。 壮大な音楽を背に、冬山にやってきました万俵鉄平。 趣味は雉撃だったっけ... [続きを読む]

» 華麗なる一族 第1話 〜さすがの木村拓哉!〜 [くつろぎ日記]
夢をみることができなければ未来を変えることもできません。 [続きを読む]

» 華麗なる一族 第1回 [せるふぉん☆こだわりの日記 ]
なんか、ものすごーー重々しいですね~^^; しかし、このオハナシあまりにも有名 [続きを読む]

» 華麗なる一族:第1話 [日常の穴]
うーん、華麗なキャストだ・・・。 街並みなんかもかなり大掛かりに見えたが、セットなどはどうしているのだろうか。金かけやがって、まったく。 それに比べてキラキラ研修医(以下略) さて、初回は登場人物の関係が少しわかったくらいかな。 こういう、人間の妬みや欲望がもたらすドロドロした話はいつの時代にもあるもだから、おもしろそう。 組織を動かしていく立場の人間は、経営が成功している間は良いが、失敗したときの落差も大きい。 トップに立つ人間は自我や自尊心も強いと思うので、その失敗をどのように受... [続きを読む]

» 華麗なる一族スタート! [Anochecerblog]
日曜夜に見るには重いよな〜、と当初は全く見る気がなかったのに、見ちゃいました。面白かった。原作は未読だし、舞台になっている昭和42年はまだ生まれていないのですが、神戸の街並みのセット(じゃなくて上海ロケだそうですね)や万俵家の豪邸など、全てのスケールが大...... [続きを読む]

» 日曜劇場「華麗なる一族」第一話 [多数に埋もれる日記]
TBSが力を入れ込んでいるドラマが遂に始まりました。 [続きを読む]

» 華麗なる一族 [でら好きっ!テレビ ]
もう決めました、観つづけます!(笑) 山崎豊子原作だけあって関西が似合う…今回の舞台は昭和40年代の神戸。 TBS系でやった「女系家族」はもひとつだったけど、この「華麗なる一族」は「白い巨塔」と並ぶ人気・話題を呼ぶのは確実だと思います 。同じ関西が舞台とい..... [続きを読む]

» 華麗なる一族(第1話) [霞の気まぐれ日記]
今クールは軽いノリのドラマばかり見てきたせいか、 このドラマが始まった時の重~い雰囲気を見て 否が応でも期待は高まりました・・・。 それにしても、本当に豪華な出演者ですねぇ。 出てくる人出てくる人、みんな1人でメインを張れそうな方達ばかり。 登場人物が多いので..... [続きを読む]

» 「華麗なる一族」第1話 [三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常]
1960年代後半。 ある財閥父子の葛藤と戦い・・・悲劇。 「華麗なる一族」第1話 [続きを読む]

» 華麗なる一族〜第1話・華麗なる出演者! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
華麗なる一族ですが、これは白い巨塔の山崎豊子原作ということで面白そうです。主演の木村拓哉はじめ、出演者も豪華すぎるほど豪華ですが、内容もいろいろ入り組んでおります。 登場人物が多すぎて、人間関係をつかむだけでも大変なわけですが、かなり見ごたえがあるわけです。(華麗なる一族、第1話感想は以下に続きます)... [続きを読む]

» 華麗なる一族・第1話 [あずスタ]
作家・山崎豊子さんの名作小説「華麗なる一族」が、このたびTBS系でドラマ化されました。 [続きを読む]

» 『華麗なる一族』第1話 [ゆうろぐ。]
いきなり来週が気になる展開で面白かった。 「まてよ!」も聞けたし(笑) あのお爺様の絵画があまりにもヘタウマで出てきた瞬間笑ってしまったんだけど・・・あれはあれでいいのかな。もっとこう荘厳な雰囲気の絵のが良いような(笑) あと、鯉の将軍登場シーン。特撮の怪獣が今にもグワッとでてきそうだった。 西田敏行が出てきた瞬間白い巨塔とリンクした・・・って人絶対多いよね(笑) 相武紗季可愛かった�... [続きを読む]

» 『華麗なる一族』 第1回 感想? [つれづれなる・・・日記?]
サブタイトルはない模様。なので、タイトルなしで。 今期一番、重いけどたぶんしっかりしてるだろうドラマだと思ってますが。 [続きを読む]

» 華麗なる一族 第1話 [ふろくのぶろぐ。]
「華麗ぱん」なかなか美味しかったです・・・あ、ドラマの感想ですね(笑)。 [続きを読む]

» 華麗なる一族 第一回 [The Glory Day]
さすがに力入っているなぁ~と。物語や役者の演技よりまず、これはどう撮って いるのかメイキングが気になりました。重厚長大の時代だったんだと今の 軽薄短小の時代差を感じながら見ていくドラマなんでしょうね。... [続きを読む]

» ドラマ 「華麗なる一族」 第一回 [空の「一期一会」]
■・・・何やら色々と、複雑ですね。そして・・・見ていて苦しくなりました。それぞれ [続きを読む]

» 華麗なる一族 第1話 [ドラマの視点]
舞台は1970年代。船舶や自動車など日本の鉄鋼技術がようやく世界に認められ始めた頃のオハナシ。関西を地盤としやがて都市銀行に成り上がった「資産家・万俵家」の栄光と盛衰が描かれます。 万俵家の中枢は都市銀行。頭取を務める大介は、息子を銀行の要職に、娘を官僚の花嫁に、と着実な野望を抱くものの、ひそかに進行する「銀行再編」の足音におびえる日々。 大介の事業手法は、創業者であり技術者でもあった先代社長のやり方とはかけ離れたもので政治に�... [続きを読む]

» ・TBSドラマ「華麗なる一族」第1話 [たまちゃんのドラマページ]
2007年1月14日(日)21時から、TBSテレビで、ドラマ「華麗なる一族」第1話が、放送されました。(初回、拡大版。21:00〜22:24)。やっと、個人感想、書き終わった〜♪(笑) TBS開局55周年華麗なる一族(新番組)◇非情な金融社会を背景に、親子の...... [続きを読む]

» 『華麗なる一族』 一. 鉄と金と血と [GOlaW(裏口)]
 父、祖父の影に惑い。息子、祖父らの後を追わん。 げに不可思議は、血の証。 想いは絡み合いて、破滅へと走り出さん。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 『華麗なる一族』、開始しましたね。 “SMAP×地...... [続きを読む]

» 華麗なる一族~見たいドラマ♪ [piano lesson]
昨日始まったドラマ  華麗なる一族ですが、昭和40年代の神戸を背景にしています [続きを読む]

» ドラマレビュー:華麗なる一族 [ねこでこ茶屋]
あっちゃー TBSって、良い意味でも悪い意味でも、結局TBSなのよねぇ。。。 原作面白いし、キャストもセットも豪華だし、金かかってるし、 頑張ってるんだっていうのはよーく分かった。 でも、何と言っていいやら分からんけど、バランス悪いんだよねぇ。 本人達は至って大まじめに作ってるだろうから、ホント申し訳ないんだけど いろいろ笑っちゃったよ(爆発シーンとか鯉とか肖像画とかハセキョーとか) キムタクも、良くも悪くも何やっても 結局「キムタク印」を付けてるのよねえ。 声も立ち振... [続きを読む]

» このクールは豊作かも? [I LIVE FOR THIS by "j"eter]
CXドラマ、拝啓、父上様とTBS日曜劇場、華麗なる一族を HDDレコーダーに録画して。 [続きを読む]

» 華麗なる一族 第1話 [ Rainbow Rain]
ん〜、難しい! 全部見るには見たし、つまんないってこともなかったんですが、 いかんせん僕のオツムの許容範囲を超えてる内容だったので、 かなり集中して見ましたがそれでもちんぷんかんぷん。 えらい重厚だな〜とか思いながら見ていました。 えっと、僕の弱い頭で自分なりに整理してみると・・・ 鉄平は自分の会社独自の高炉を作り会社をより高みに引き上げたい。 でも、高炉建設のためには莫大な資金が要る、そこで父ちゃんの力を貸してもらおう�... [続きを読む]

» 華麗なる一族 第一話 [どらまにあ]
時は1960年代後半。 万俵家では毎年正月、英虞湾を見渡す豪華な志摩観光ホテルで 過ごすことになっていた。 今年のこの会は、一族穏やかな気持ちでは臨んでいなかった。 [続きを読む]

» 『華麗なる一族』 第1話  [老舗ワタクシ本舗]
時は1960年代後半、大阪万博の成功を呼びかけるポスターなどが 数多く貼られている神戸。 そんな時代に、万俵鉄平(木村拓哉)は、大いなる希望に満ちていた。 鉄平が専務を務める、阪神特殊製鋼は、その名の通り、 特殊な性能を持つ鉄を作る会社。 しかも、ここの所次々と新しい技術を開発し、 様々なメーカーからの注文が相次ぐようになっていた。 その鉄平の父・万俵大介(北大路欣也)は、関西有数の都市銀行のオーナー頭取。 万俵家では、毎年... [続きを読む]

« 《演歌の女王》◇第一幕 | トップページ | 《ヒミツの花園》☆#02 »

最近の写真