無料ブログはココログ

« 2006年ドラマ私の総括 | トップページ | ニューイヤー・コンサート 2007 »

2007/01/01

 ウイーンフィル・ニューイヤーコンサート 2007

元旦恒例のお気に入り、ウイーンフィルのニューイヤーコンサートがありました。毎年、現地に行っている人もいるのですね。悔しいなぁ。

指揮はズービン・メータ

第1部
1.行進曲「乾杯!」(ヨハン・シュトラウス)
2.ワルツ「調子のいい男」(ヨーゼフ・シュトラウス)
3.ポルカ「水車」(ヨーゼフ・シュトラウス)
4.妖精の踊り(ヨーゼフ・ヘルメスベルガー)
5.ワルツ「うわごと」(ヨーゼフ・シュトラウス)
6.入場のギャロップ(ヨハン・シュトラウス父)

「水車」が楽しかったですね。
「妖精の踊り」は、きれいでした。

休憩を挟んで

第2部
1.喜歌劇「くるまば草」序曲(ヨハン・シュトラウス)
2.イレーネ・ポルカ(ヨーゼフ・シュトラウス)
3.ワルツ「レモンの花咲く所」(ヨハン・シュトラウス)
4.ポルカ「ブレーキかけずに」(エドゥアルト・シュトラウス)
5.ポルカ「都会と田舎」(ヨハン・シュトラウス)
6.水夫のポルカ(ヨーゼフ・シュトラウス)
7.ワルツ「ディナミーデン」(ヨーゼフ・シュトラウス)
8.エルンストの思い出(ヨハン・シュトラウス父)
9.狂乱のギャロップ(ヨハン・シュトラウス父)

アンコールは、「美しき青きドナウ」(ヨハン・シュトラウス)
ラデツキー行進曲(ヨハン・シュトラウス父)

今年は、1曲が短くて、あっという間に終わったような感じでした。
アンコールで、いつもの雰囲気になりましたが、万事休す。
またHDで楽しみます。

今年もよろしくお願いいたします。
皆様にとって、良い年になりますように。

« 2006年ドラマ私の総括 | トップページ | ニューイヤー・コンサート 2007 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/13301008

この記事へのトラックバック一覧です:  ウイーンフィル・ニューイヤーコンサート 2007:

» メータ指揮、ウィーン・フィルのニュー・イヤー・コンサート2007 [yurikamomeの『祝.シュナイト氏神奈川フィル音楽監督就任決定!!』]
 毎年恒例、聴衆が(オーストリア人から見ると)外人ばかりになったVPOのニュー・イヤー・コンサート、今年の指揮はNHKも表記をあらためたズービン・メータの指揮。いつも華のある人だと思う。  今回は舞台を見ると両翼配置になっている。去年もそうだっけ?。  1曲目 はJ・シュトラウスⅡの行進曲「乾杯」 ウィーン・フィルの色気のある音色がカッコイイメータの音作りで華やかに演奏会の開幕。私的には去年のヤンソンスよりこっちが趣味だな。  2曲目、ヨーゼフ・シュトラウス作曲、ワルツ「調子のいい男」、... [続きを読む]

» 花より男子2 高視聴率スタート [秘伝!夢のネット生活♪]
テレビ各局の1月編成の連続ドラマが相次いでスタートし、TBS系「花より男子2」が19・4%(関西は20・7%)の高視聴率でスタートしたことが9日、ビデオリサーチ社の調べで明らかになりました。個人視聴率をみると、中・高校生に強い支持を受けているようです...... [続きを読む]

» 華麗なる一族のキムタク [お気楽ひとりごと]
「華麗なる一族」で主役の木村拓哉だけが浮いている http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070120-00000004-gen-ent 『劇中で彼だけが今風の髪形をして、ぶっきらぼうな“キムタク節”の演技を通していることには違和感のある向きも少なくない。 『木村さんのしゃべり方や髪形は昭和40年代という時代設定に合っていない。彼だけ“現代の人”なんで...... [続きを読む]

« 2006年ドラマ私の総括 | トップページ | ニューイヤー・コンサート 2007 »

最近の写真