無料ブログはココログ

« 《僕の歩く道》 #10 | トップページ | 《Dr.コトー診療所》◇第10話 »

2006/12/13

《14才の母》 第10話

もう一度笑って』(あらすじ)
帝王切開で出産した未希(志田未来)は出血性ショックで意識が戻らなくなり、仮死状態で生まれた赤ん坊は新生児集中治療室に移される。同時に2人の命の危機に直面した加奈子(田中美佐子)は、ただ祈るばかり。そのころ静香(室井滋)と隠れ住む智志(三浦春馬)を捜し出した忠彦(生瀬勝久)は、懸命に状況を説明して病院に来るよう頼む。だが、説得のかいもなく、智志に追い返される。間もなく、未希の子供は危険な状況を脱するが、未希の意識は戻らない。健太(小清水一揮)やマコト(河本準一)、ひな子(金子さやか)が見舞いに駆けつけて程なく、加奈子らは病院に姿を見せた智志に気付く。
     ***************

難産の末に、帝王切開で生まれたのは、1648gの赤ちゃんだった。新生児室に移され、初めてのミルクを飲んだ。出血性のショックでまだ意識が戻らない未希に、周りは焦りの色が濃かった。

隠棲生活の智志親子は、毎日の生活の追われて、未希のことどころでは無かった。それでも追い返した智志が、病院に現れた。意識の無い未希に、子供なんて死んでしまえばいいと思っていたと言いながら、逃げ出した。追う忠彦。新生児室に導き、対面させた。担当の医師に、「何もしなくっていいんです。男は何も出来ないけど」と言われ、自発呼吸しているわが子に対峙した。智志にとっては一番辛い出来事だったはずです。それでも、父性が出始めたのでしょうか?中学を出たら、働くと母に宣言。

波多野は、まだ食い下がっていた。ことあるごとに顔を出す智志。今度は仕事についての相談だった。苦笑する波多野。オマエはおぼっちゃんだなぁ。何でも人に頼る。捜そうと思えば、どんな仕事だってあると言われた。小説も書いていた。題は「14才の母」

会いたかったわが子にはじめて会う未希。新生児室へは一人で行くと母を帰した。「おい、お母さん来たぞ!」「小さい!でも動いている」そっと触ってと医師に言われ、赤ちゃんは生まれたときから母親を知っているから,触られるとスヤスヤ寝るんですよ教えられた。小さな手に触ると握り返された。この仔にあために私は生まれてきたんだね。

加奈子に面会した静香は、出産のお祝いよ、少ないですけど。遠慮しないで。と言って、祝儀袋を渡そうとした。今更よねといい加奈子に、認知請求はするなといわれたのはそちらでしょうと、突っぱねられると、持ってきた誓約書を目の前で破り捨てた。智志に、生まれてきた子供に、責任持ちたいと言われたことを話した。どんなにソリが合わなくったって、あなたと私はこれで他人じゃいられなくなったって訳ね。じゃあ、と言いながら加奈子の手に祝儀を渡して去った。

*****
今までの感想
第9話 第8話 第7話 第6話 第5話 
第4話 第3話 第2話 第1話

« 《僕の歩く道》 #10 | トップページ | 《Dr.コトー診療所》◇第10話 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

★スナッチャーさん:
>最終回・・どう纏めるのでしょう?
気になります・・・。

智志が現実に自分の子供を見て、責任の大きさを痛感した所から、変わって来ましたね。安易に終わらず、余韻を残して欲しいものです。

★アンナさん:
>結局「14才の母」は何が言いたかった
のか?それは最終回見終わったあとですね~
どうなるんでしょうか。。。

全員生きて、頑張って毎日を送らないといけません。あまりに衝撃的過ぎたタイトルですが、意味が不明のままでは困りますね。


★かりんさん:
>完璧に反町にさらわれてしまいましたね。
かっこよすぎるもん。これじゃあ全然別のドラマだわ。

新生児の、誕生場面は、そこだけ別世界でした。血肉を分けた子が自力で息をしていくのは、感動モノです。そこに、反町さんが医師役で出てくるとは!全部サラって行きましたね。


★ミマムさん:
>静香が元気になったのは良かったけど
彼女もまた「いい人」になってしまったんでしょうか(^^;)

そこが気になります。彼女には、ずっと毒を吐き続けてもらいたかったです。そうしないとバランスが取れないですから。
あとは、赤ちゃんを頑張って育てていくしかありません。


★ろーじーさん:
>来週は赤ちゃんに危機が訪れるような感じの予告でしたが
ホント、どうやって締めくくるのか・・。

14才の出産だから、赤ちゃんはダメ、しゃにむに親子で生きて行って欲しいです。

★ads(あず)さん:
GTO!たしかに!まるで違うドラマでした(苦笑)
>今回に限っては“命の誕生”に感動があったため、過去を忘れて「良かった」としましょう・・・

いいんですか?そんなに甘くって?
結果OKで行くようなドラマではなかったはずですが、解決していない数件の事柄も、そのままになりそうです。

GTO(反町さん)の登場に評価が急変(笑)。
今回に限っては“命の誕生”に感動があったため、
過去を忘れて「良かった」としましょう・・・。

いよいよ来週最終回ですね。
来週は赤ちゃんに危機が訪れるような感じの予告でしたが
ホント、どうやって締めくくるのか・・。
桐野家の住みかも昼間は案外普通だったので
あれ?とちょっと拍子抜けしました・・。(= ^ ^ ゞ

静香が元気になったのは良かったけど
彼女もまた「いい人」になってしまったんでしょうか(^^;)
あの手紙が気になります。

mariさん、こんばんは!
完璧に反町にさらわれてしまいましたね。
かっこよすぎるもん。これじゃあ全然別のドラマだわ。次週、どう終わるのかもうねそれだけですわ。せめて赤ちゃんだけはきちんと育てて欲しいのですが・・

こんにちは。

なんだかラスト前で、視聴者の反応をみて
脚本をバタバタ変えたように感じる。
なんとなくスッキリしない終わりになりそうで
で・・・・結局「14才の母」は何が言いたかった
のか?それは最終回見終わったあとですね~
どうなるんでしょうか。。。
悲しい最後にはして欲しくない。
桐ママと赤ちゃんが心配だなぁ。

TBありがとうございます。

最終回・・どう纏めるのでしょう?
気になります・・・。

★めいままさん:
周りがどんどん未希を応援するように作ってあるから、どうまとめるのでしょうか?静香は、失踪?智志は、初めて、苦難の波を被るんですね。

★お気楽さん:
話しがゆるーくなっているから、急にシビアにしなくてもと思いますね。

★みょうがの芯さん:
>何かハッピーエンド過ぎる予感もしますが・・・・。
少子化だから、14歳でもどんどん子供を生みなさいということではなさそうですね。

★くうさん、こんばんは。
>全て諦めて前を向いたような桐原の母に
ちょっと感動しました。

出産祝いを加奈子に押し付けて行きましたね。
気に入らなくても赤ちゃんを挟んで、2人はおばあちゃんですからね(笑)

★きこりさん:
きっと来週には明らかになるとは言え、あんな分厚い手紙です。智志が、判るように書いたんでしょうか?性格では、あれは遺書ではないな、と思いました(笑)

私もハッピーエンドを望みます!
何かハッピーエンド過ぎる予感もしますが・・・・。

赤ちゃんが危なくなっても殺さないで欲しいなぁ。ここまで来たらハッピーエンドで・・・。

一話延びての最終回。
波多野の原稿も気になる所ですが、赤ちゃんの安否も不安。でも反町医師ですから心配ないかなぁ・・
智志の驚きようが凄くて静香が心配ですね。確かに。

何だか一番気になるのは静香の今後だったりして・・・やっぱり室井さんはうまいですね~
あの手紙にはなんて書いてあったのかしら?

全て諦めて前を向いたような桐原の母に
ちょっと感動しました。
手紙の内容は何なんでしょうね。。。
強い人だと思うから大丈夫だとは思うんだけど。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/13061855

この記事へのトラックバック一覧です: 《14才の母》 第10話:

» 14才の母 第10回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『もう一度笑って…』 [続きを読む]

» 【14才の母】第10話 [見取り八段・実0段]
その日、少女は母になった。1648g未熟児。この子はすごいんですよ。この位の赤ちゃんだと人工呼吸が必要な子もいますが、自分でしっかり呼吸ができる。新生児ICUの先生の言葉とケースの中で一生懸命動く子供の姿に感動しなかった人はいないと思う。出産には、1人1人のド...... [続きを読む]

» 14才の母 第10話 「もう一度笑って…」 [テレビお気楽日記]
無事生まれる赤ちゃん。しかし、女の子だった。春子先生(高畑淳子)に騙された。健一・・・。しかし仮死状態になる未希(志田未来)。出血性シュックで意識不明なのね・・・。 [続きを読む]

» 「14才の母」第10回 [気ままにいきましょう!]
『もう一度笑って…』 [続きを読む]

» 14才の母 10話〜もう一度笑って…〜 [アンナdiary]
面白くなかった。 あっ、面白いとか面白くないとかじゃないか(失礼) 未希が目を覚ました時 何だ起きちゃった。。。と思ったの(苦笑) なんだか後半になってきてから、つまんなくなってきた。 視聴者の反響を考慮しながらストーリーを 変えていってるように感じてしまうのは、気のせい? ... [続きを読む]

» 「14才の母」の話10 [のらさんのうだうだ日和]
「14才の母 愛するために 生まれてきた」 [OFFICIAL SITE] 第十話・「もう一度笑って…」(視聴率21.1%、平均視聴率18.17%)医師「赤ちゃん出ますよ!」的場春子(高畑淳子)「生きてる。気道確保!」的場の手の中の赤ん坊は人形なのかな?ちょっとスプラッターだな!土田太郎(反町隆史)「吸引!」颯爽と部屋に入ってくる医師・土田太郎役の反町隆史参上!カッコ付けてないで中で待機してろよ、中で!的場「お願いします!... [続きを読む]

» 14才の母:第10話 [日常の穴]
未熟児として産まれた子供と、14才で出産した母。 どちらにも死の危険が迫りながら、無事に落ち着いた。 智志は、未希に会って勇気付けるのかと思ったが、自分を責めて帰ってしまった。 しかし智志は、赤ん坊の姿を見て小さな命の生きる力を感じることに。 それで、少しでも子供にお金を送りたい、と高校に行かずに働くと言う智志。 ・・・未希と同じで浅はかだなぁ。 すぐに働けば短期的には収入をあげられるかもしれないが、長期的に考えれば進学する方が皆のためだと思う。。。 若者は、アツくなると周りが... [続きを読む]

» 「14歳の母」第十回 [トリ猫家族]
 未希(志田未来)の子供は仮死状態で生まれる。 そこで登場したのが、友情出演の反町先生ですよ〜 いや〜、何か演技してるって感じですな〜  子供は反町先生のおかげで危険な状態を脱するが未熟児で生まれたため 新生児集中治療室に入ることになる。  一方、未希....... [続きを読む]

» 14才の母 第10話 〜志田未来 14才の母になる〜 [くつろぎ日記]
僕、こどもなんて死んで欲しいと思っていました。責任取りたいなんてかっこいいこと言 ったけど・・ [続きを読む]

» 『14才の母』 第10話 「もう一度笑って…」 [老舗ワタクシ本舗]
帝王切開による出産を終えた未希(志田未来)は出血が止まらず、 危険な状態に陥っていた。 意識の戻らない未希の姿を見て、加奈子(田中美佐子)はただただ 動揺するばかりだが、医師たちは「今は待つしかない」と 言うことしか出来なかった。 一方、未希の赤ちゃんも危険な状態の為、 NICU担当の小児科医・土田太郎(反町隆史)により 新生児集中治療室に搬送される。 忠彦(生瀬勝久)は荒廃したアパートの一室を訪れ、そこで、 変�... [続きを読む]

» 「14歳の母」第10話(愛する子供に会うために生死との境を彷徨った先にみた対面) [オールマイティにコメンテート]
13日ドラマ「14歳の母」第10話を視聴した。第10話は未希が帝王切開で出産したものの意識が戻らず、赤ちゃんの容態も危ないエピソードが描かれていた。 [続きを読む]

» 「長い夢を見ていた。生まれてくる夢を」と志田未来は言った。 [キッドのブログinココログ]
「あなたに会うために生まれてきた・・・ありがとう」でも良かったのだが、すべてがフ [続きを読む]

» 「14才の母」第十話 [みょうがの芯]
未希は、手術のあと意識が戻りません。 生まれた赤ちゃんは1648g・・・・。でも、ちゃんと呼吸をしています。 やはり未熟な体での帝王切開は負担が大きかったんですね。 未希の意識が戻らないままで不安な両親のもとへ、小児科医土田Dr(反町隆史)が、赤ちゃんに会うかどうか尋ねに来ました。... [続きを読む]

» 14才の母 第10話 反町さん目立ちすぎ!! [レベル999のマニアな講義]
内容手術は成功したが、未希の意識はすぐに戻らなかった。一方、智志は未希父の言葉に悩む。そして。。。まぁ、、なんて言ったらいいでしょうね。ヒトコトで言うなら、『反町さん目立ちすぎ!!』ってことかな(^。^)いや、『存在感がある』と言った方が良いかな。だって、...... [続きを読む]

» 14歳の母・第十回 [Yが来るまで待って・・・]
先週、未希がふいの陣痛で苦しんでいる頃、なんと!!私もふいの腹痛に襲われ、急遽病院へ・・・。そのまま入院してしまったのです・・・。今日の朝、やっと退院。と、いうわけで、なんと!1週間ぶりのブログですA=´、`=)ゞ 前回、今回と波乱の展開、赤ちゃんは未熟児、未希... [続きを読む]

» 14才の母 ついに対面(人´∀`).☆.。.:*・゚ [zenの日記]
前回未希が子供を産む所で画面がバグって(゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャ ってなわけでついに今回赤ちゃんが生まれるはずです(笑) 今までのお話はこんな感じ(^^) 一話14才の母 (;ΦДΦ)マ〜ジ〜デ〜 二話14才の母 妊娠×家族=エライコッチャヽ(´Д`;≡;´Д`)丿エライコッチャ 三話14才の母 やってしまいました(ノ ̄□ ̄)ノ┻━┻ 四話14才の母 もう迷わない(`・ω・´)シャキーン 五話14才の母 バイバイ…(;ω;) 六話14才の母 家族っていいね…(ノ... [続きを読む]

» ★「14才の母」・・10回 [スナフキン・レポート♪]
「14才の母」・・・10回 「見ました〜〜!」 公式ページは、こちら日テレは、“盛り上げ上手ですね〜〜” 直前の「ザ・世界仰天ニュース」で、「出産で16年意識がない寝たきり母の奇跡」というアメリカでの実話を流すし・・いつもより始まる時間が30分遅いので、嫌でも、この「ザ・仰天・・」も見てしまうという効果も。 じゃあ・・今週は気合を入れて、レビューを書いてみたり?案の定という... [続きを読む]

» ヨーイドン(14才の母#10) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
Hi! Everybody!みなさんごきげんいかがですかぁ?自己満足の『アンティーク〜西洋骨董洋菓子店〜』方式(何 もあと1曲となりました。予告編と雑誌の予告で、ストーリーを予想して候補曲を考えておくんですが、当てがハズレると一から探し直し(爆)まぁ誰も気にも留めてな...... [続きを読む]

» 『14才の母』 第10回 「もう一度笑って…」 メモ [つれづれなる・・・日記?]
表現は悪いですが、やっぱり数字って大切だわね。 これ、1話延ばしてなかったら、どこをどう切ったのか・・・ それに若干の不安も・・・。 [続きを読む]

» 日本テレビ「14才の母」第10話:もう一度笑って… [伊達でございます!]
志田未来の演技に引き込まれる一方で、小さなエピソードと、それらの集合体としての物語の全体像としてのつながりが、今ひとつしっくり来ていないように感じます。 [続きを読む]

» 14才の母 第10話「もう一度、笑って・・」 [Happy☆Lucky]
14才の母 第10話「もう一度、笑って・・」 [続きを読む]

» ・日テレ「14才の母」第10話感想 [たまちゃんのドラマページ]
2006年12月13日(水)、日本テレビで「14才の母」第10話「もう一度笑って…」が放送されました。第10話も、簡単独り言をアップします!志田ちゃんの事務所の先輩、反町隆史さんを、医者として出すのは、かっこよすぎ(笑)。 ◇帝王切開で出産した未希(志田....... [続きを読む]

» 14才の母 第10話 [ドラマの話をしてみよう]
未希(志田未来)も赤ちゃんも無事だったかぁ〜♪ とりあえずは一安心というところですね。 (そうも言ってはいられないけど・・・) ようやく出産を終えたんですが、未希は危険な状態に陥ってしまいます。 赤ちゃんも危険な状態でした。 その頃、忠彦(生瀬勝久)は桐野宅を訪れるんですが、廃人のような静香(室井滋)・・・(-_-;) 見事な転落っぷりです。 忠彦は智志(三浦春馬)に未希が危険な状態にあることを伝えるんですが、智志は断る。 でも会いに来る・・・、やっぱり( ̄□... [続きを読む]

» 14才の母 【第10話】 もう一度笑って… [THE有頂天ブログ]
遠藤先生(山口紗弥加)、意外に絵が上手いなぁ。  (黒板に書いた馬とかライオンの絵ね) やたらと公表をもったいぶっていた、NICU担当の小児科医・土田太郎役。 唐沢寿明かなぁと予想してたんだけど、ハズレ。志田未来と同じ事務所(研音)の反町隆史と来ましたか。個人的には、ちょっと意外な人選。 ■14才の母 「第10話」あらすじ  出産した未希(志田未来)だが、意識不明の危険な状態が続き、子供も新生児集中治療室に移される。二人の命の危機に直面した加奈子(田中美佐子)は、ただ祈るば... [続きを読む]

» 14才の母 第10話 [塩ひとつまみ]
仮死状態の未熟児を出産した未希の目が覚めず、うろたえる両親。 赤ちゃんの状態が安定して面会ができることになった時 忠彦は― 未希のことが心配で、今はそれどころじゃない 加奈子は― 生まれた子に会いたい(会わなき... [続きを読む]

» 14才の母 第10話 [sigh.]
とりあえずほっとしたっ [続きを読む]

» 14才の母 第10話 [稲葉以外♪]
「14才の母」o.s.t 来週最終回ですか。 結構早いような感じです。 結局、出産を終えたところで(どう転がっても)、話が終わりになるのかな。 例えば、産んだ後、子供を育てる状況という方向までの話にはならないんだなと。 話のまとまりが中途半端にならないといいなと思います。 結局は「ドラマの世界」なんだという見方をされないように、きっちり終わらせて欲しい。 キリちゃん役の三浦春馬は「功名が辻」にも出てましね。 この黒い髪と、心許ない情けない立ち方が、妙にそれらしくていいんで... [続きを読む]

» 14才の母・第10話 [めざせ生活向上!]
14才の母・第10話。 桐ちゃん母は復活ですかね。息子の言葉に動かされたのか、未希の母と和解。 しかし、「それじゃ」と言い残した後、電光石火のように消えた模様。ε=ε=┏( ・∇... [続きを読む]

» 14才の母・第10話 [あずスタ]
前回第9話のラストを見て [続きを読む]

» 14才の母 第10話 評価4(5段階) [追憶]
 予想が外れてしまいました。未希は昏睡状態から回復し、赤ちゃんも小さいながらも何とか元気な様子。桐ちゃんは、それでも子供の責任を果したいという気持ちになったところは予想が当たっていたかな。最終回の予告で、赤ちゃんの様態が気になります。 ところで、今回は...... [続きを読む]

» ドラマ「14才の母」第10話 [描いた漫画を公開します!(日記&犬)]
ドラマ「14才の母」第10話、今までで一番良い話だったと思います! [続きを読む]

« 《僕の歩く道》 #10 | トップページ | 《Dr.コトー診療所》◇第10話 »

最近の写真