無料ブログはココログ

« 《僕の歩く道》 最終回 | トップページ | 《Dr.コトー診療所》◇最終回 »

2006/12/21

《14才の母》 最終回

涙の最終回スペシャル・・・命ってなに?』(あらすじ)
未希(志田未来)が決死の思いで産んだ赤ん坊は体重が少ないため、しばらく新生児集中治療室で育てられることになった。加奈子(田中美佐子)は、静香(室井滋)から受け取った出産祝いのことを忠彦(生瀬勝久)に話す。静香・智志(三浦春馬)親子が借金で身を隠していると知った加奈子は、胸騒ぎを覚えて静香らの居場所へ向かう。未希は懸命に搾乳した初乳を小児科医の土田(反町隆史)に届けるが、赤ん坊には飲む力がない。やがて、赤ん坊より一足先に退院することになった未希は、新生児集中治療室へ。未希は赤ん坊の容体が急変したことを知り、がくぜんとする。
     ***************

そらと名づけられた未希の子は、低体重未熟児で、未希が退院の日に、初めて泣いた。その後、無呼吸発作を繰り返して不安定な状態に陥った。反町医師は、未希に頑張ってください、そらちゃんも頑張っているんだから!と、叱咤激励した。それしか出来ませんね。

不安が募り、近所の主婦たちにイヤミを言われていた、加奈子を大急ぎで呼んだ。そらが普通に生まれて、普通に育たないと可愛くないの?ときかれて、私が母親じゃいやだったのかな?と嘆く未希に聞いた。どんな子でも信じられないほど可愛いと答えた。

病院へ、智志が面会に来た。未希が術後の意識不明のとき、着たけど、このままじゃ会えないと思ったけど、今はこれから働くから会えると、言った。高校へは行かず、働き少しでも子供にお金を渡したいと思うと、言った。

順番は他人と違うけど、子育てをして、手がかからなくなったら、学校へ行けばいいと、智志は言った。呼び出された静香は、タクシーを降りると、すぐに隣人の冷たい目を感じ、2年たったら結婚して二人でそらを育てるという、未希と智志に世間は甘くないと諭した。

そらは誰にも望まれなかった子です。私も桐野君も、お父さんもお母さんも学校も。でも、今そらは、小さいけど生きようとしています。そらは教えてくれました。父や母が私をどんだけ大事に思ってくれているか。学校や友達がどんだけ大事か。それから、桐野くんのことがどれくらい好きか。お願いします。3人の親の前で頭を下げる二人
勝手にすれば、あたしは認めない。頑張って認めさせろと言い残して、静香は去ったここで未希に語らせて、これがそらを生んだ理由かといわれても納得できない。

柳沢が未希を訪問。皆の噂は本当だった。未希は親の言いなりにならないで、自分を通した未気を見ていて何でも親のせいにしている自分に気づいた。これからは親のせいにしないといい、今でも未希が子供を生んだのはバカだと思うし、嫌いなのは変わらないと。

そらが退院した。2580g。初めて子供の重みと、責任を腕に感じた瞬間だった。希望も詰まっているなんてキザな台詞を吐いたけど、これで、終わらせるのは、まずいですよ。これから大変なのに。あまりに、14才が子供を生んだことの奇跡を歌っているようにしか感じませんでした。加奈子を初めとする、家族の協力が無くては、これから暮らせないわけだし、釈然としないままです。波多野まで取材のお礼とおもちゃを差し出すし、変ですね。

*****
今までの感想→ #10 #9 #8 #7 
#6 #5 #4 #3 #2 #1

« 《僕の歩く道》 最終回 | トップページ | 《Dr.コトー診療所》◇最終回 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

☆まりこさん:
>未希は、ずっと家族に守られてるわけだし
今後も守られてぬくぬく育っていくような気がします。
命の大切さを描くなら、他の設定でもよかったように思ったりして・・。

設定のおかしさは、初めから指摘されていましたが、きっと初めにタイトルありきだったのでしょう。

私も・・
苦労の描き方が足りないですよね。
未希は、ずっと家族に守られてるわけだし
今後も守られてぬくぬく育っていくような気がします。
命の大切さを描くなら、他の設定でもよかったように思ったりして・・。


☆めいままさん:
社会的に、賛成反対の疑問を投げかけたという点では、良かったと思います。
日本人の出生率を、10台にばかり頼るのは危険です。それ浦井脚本家はわかっていて、問題提起したのだと思います。それでも、皆さんは、設定が悪いと追う意見が出ていますね。そう思います。

命の奇跡を伝えたいだけなら、そんなに未成年である必要もなかったかな。。。
出産のリスクは、若いだけのものでもないし、周りも妙に納得してしまった訳だし、ただ良かったのは役者さんの演技です。とても感心しました。

*生まれてくる命に罪はないですからね、、、そこは納得です。

★キッドさん:
大多数の反対した人たちも、生まれた子供は、責任を持って、育てて欲しいと思っています。私たちには、生まれてくる子供をどうにも出来ないですからね。


さっき、ミキ=まこさんのブログ覗いてきました。妄想の世界もあそこまで行くとすごい(パチパチ)私はいつの間にか、掃除人→新聞記者になっていました。凄く出世してましたよ。

波多野はあれだけかき回しといて
お礼がおもちゃ1個ってなんか浮かばれませんね~。
すごく余韻を残した終わり方だったので、
もしかしたら続きがあるのかな、、とも思ったりもしますがどーなんでしょ。^^;


mari様、おはようございます。
まあ、都会と田舎、
経済格差とか、
さまざまでそれぞれの家庭の事情で
絶対容認できない人も多いかと
思いますが
キッドは14才の母の妊娠と出産は
別に構わないという立場です。
当然、そうじゃない立場の世界との
せめぎあいの中、
「そら」は誰にも望まれない子供だったと
未希が自分を含めて言ったとき
それが人間というものなのだなあ。
と思わず天をあおぎました。
生まれてくる子供が不利で
可哀想だと反対する皆さんには
スタートが許されないなら
不利も有利もないのじゃないか
という言葉を捧げておきます。

★くうさん:

>このドラマの事だから、これ以上
「子育て編」とかやったとしても、それも
綺麗事で終わるだけのような気がします。

予告で翻弄されたドラマでした。どうも話をややこしくされてしまいました。タイトルが衝撃的でしたから、そのまま生かすために無理な設定になっていったのは否めません。


★yukoさん:

>なんだかんだ言いながらも、初回のインパクトと、役者さんの演技力で最終回まで見てました。

話が楽なほうへずれましたね。次は、もう少し楽な主題のドラマが見たいですね。

リンクありがとうございました。こちらも貼らせていただきました。よろしくお願いします。


★かりんさん:

>結局何歳でも生んでくれれば万歳というようなドラマだったのね。がっかりしました。

キッドさんなら、ちゃぶ台が飛んできて!なんていわれそうですが(笑)やはりタイトル負けしたとしか言えませんね。これが元凶です。


★あんぱんちさん:

>な~んも残らないドラマでしたね。
あまりの内容にあんぐり。。。

きれいごと並べて、波多野編集長まで懐柔されて、なんだかなぁ~っと思いましたよ。


★みょうがの芯さん:
すっきりと終わりませんでしたね。これではSPでも、大事に子育てしています♪になりそうです。


★お気楽さん:
あとからいつもやられたなぁと思っていました。
カッコ悪いから、あおっていたのでしょうか?


★スナッチャーさん:
コメントをありがとうございます。

>日テレの「予告編作り」と番宣の勝利!

そうです!いかにも違うドラマのような印象を与えて、先週の続きが始まりました。嫌な感じです。


★みのむしさん:
子のドラマをきっかけに、話しにくいこともキチンと子供に伝えるのも、いいでしょうね。

まぁこんなものでしょうね。
脚本家さんが井上さんということだったので
綺麗にまとめてくると思ってましたから
こんなものだろうなと・・・・
私の思い描いていたドラマとあまりにも
かけ離れていたのでどうしても不満が残りますが
役者さんたちは本当にすごくいい演技をして
感動する場面もありました。
これをきっかけに家族が話し合っていいことじゃないってことが話題になることがいいんじゃないかな?って・・・思いましたね。

TBありがとうございました。

『命の大切さ』を強調して
終わっちゃいましたね~~~。
近所のオバサン一つとっても
現実感が希薄なドラマでした。
と言いながら、毎回見ちゃいましたが
日テレの「予告編作り」と番宣の勝利!

毎週、毎週予告であおっておいて・・・。ずるいぞ日テレ!!

続編で何とかケリをつけて欲しいですが、皆さんの言うように、それも綺麗事で終わったら・・・・となると・・・・見たくないかも?

(^-^)/ドモ
な~んも残らないドラマでしたね。
あまりの内容にあんぐり。。。

mariさん、こんばんは!
私も納得できませんでした。
キレイ事にしてしまったので子育て編などのSPなど余計なことをしないでほしいですわ。
結局何歳でも生んでくれれば万歳というようなドラマだったのね。がっかりしました。

何度もすみません!
リンクさせていただきました~。
事後承諾でごめんない♪

こんにちは~。
なんだかんだ言いながらも、初回のインパクトと、役者さんの演技力で最終回まで見てました。子育て編があるとすれば、もう、思いっきりはじけて欲しいです(笑)

同じく。。。釈然としませんね~。
でも、このドラマの事だから、これ以上
「子育て編」とかやったとしても、それも
綺麗事で終わるだけのような気がします。
とりあえず、終わってくれた事にホッとしてます。
見て後悔しました(-_-;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/13144714

この記事へのトラックバック一覧です: 《14才の母》 最終回:

» 【14才の母】第11話 最終回 [見取り八段・実0段]
その朝、彼女は子供を抱いて笑った。そして。。。な〜んか。。。結局上手く誤魔化されたまま終わってしまった。2人が2年経ったら結婚して子供を育てると言う結論を出した事には拍手を送りたい。。。。でも、それって結局は出来ちゃったから結婚してみるって事だよね。。...... [続きを読む]

» 14才の母 最終回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『涙の最終回スペシャル…命ってなに?』 [続きを読む]

» 「そらはもう重いです」と志田未来は言った。 [キッドのブログinココログ]
小学校の教師が「君たちが大人になるまでいくらかかるか計算してみよう」という授業を [続きを読む]

» 14才の母 最終話:涙の最終回スペシャル…命ってなに?  [あるがまま・・・]
当たったぞ〜!名前はそらちゃん! ヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ! 前回、健一(仮)に初めて会いに行く途中で、未希がふと立ち止まり、空を見上げるシーンが 印象的でしたよね〜。なので、名前の第一予想は「空」。第二予測は未希の「希」の字を とって、「希望」と書いて「のぞみ」かなぁ〜と思ってたんですが・・・ 漢字では無かったけど、「そら」は当たったどーーー!{/good/} でも、未希ったらイマドキ使わない「そ」では無い字体を使ってまし... [続きを読む]

» 14才の母 [Akira's VOICE]
最終回の感想 [続きを読む]

» 14才の母 最終回〜涙の最終回スペシャル…命ってなに?〜 [アンナdiary]
先週が最終回でも良かったような。。。思わせぶりな感じで終わり?スペシャルへと続く?(苦笑)涙出なかった。。。命ってなに?うーん、14才の母見るより、硫黄島からの手紙見た方が命の大切さを感じられると思うけど(苦笑) [続きを読む]

» 14才の母:第11話 [日常の穴]
終わりました。 このドラマは、生命の尊厳はもちろんのこと、「親の言いなりになってきた子供たちの自立」が強く主張されていたと感じた。 未希はもともと、親の言うことなどに聞く耳をもたなかった(^^; 智志は徐々にママの支配から脱却していった。 最終回では、柳沢さんも「親の言いなりになりたくない」と言ってのけた。 「14才」をテーマにした理由には、子供たちが親から自立する思春期の姿を描きたかったというのもあるのかもしれない。 智志の自立には、良い面もある。 しかし未希の場合は... [続きを読む]

» 14才の母・第十一回 最終回・命って何? [Yが来るまで待って・・・]
いやはや、賛否両論渦巻く中、一話追加、しかも80分スペシャルと上々の「結果」を残したこのドラマです。 最後は、智志と未希が「結婚」を前提に二人で力を合わせて「そら」と命名した赤ちゃんを育てていくということにおちつきました。基本的に「ハッピーエンド」が好きな私で... [続きを読む]

» 14才の母・最終話 [めざせ生活向上!]
14才の母・第11話(最終回)。 子どもの名前は「そら」。 余談ですが田中美佐子の実娘の名前も「空」だそうで・・。グーゼンなんでしょーかね。 (主演したドラマの役名、「... [続きを読む]

» 14才の母 最終回 [塩ひとつまみ]
未希の赤ちゃんの名前は「そら」 青い空の「空」っていうから、てっきり漢字で「空」かと思ってました 先週の予告ではこのそらちゃんが危険な様子だったので心配してましたが 無事に退院できたのは良かったです。 ど... [続きを読む]

» 14才の母 最終話 〜志田未来 未来にみえるもの〜 [くつろぎ日記]
悔しかったら本気でやって、おめでとうって私に言わせるのね。 [続きを読む]

» 「14才の母」最終回 [トリ猫家族]
 子供と対面した未希(志田未来)は、名前を「そら」に決める。 急に出産祝いを持ってきた静香(室井滋)のことが気になった加奈子(田中美佐子)は静香のアパートへ。  そこで薬を飲んで(多分)倒れている静香を発見。病院へと運ぶ。  何とか命拾いした静香だった....... [続きを読む]

» 14才の母 最終話 「涙の最終回スペシャル…命ってなに?」 [テレビお気楽日記]
赤ちゃんとの面会が終った未希(志田未来)。空を見上げて何を想う?心配して駆け付ける加奈子(田中美佐子)。私、名前決めた。指差す未希「そら」青い空のそら。 キッドさん!!青空ちゃん・美空ちゃん残念!!自分は陸・海・空と言ってたので当然正解です!!ひらがなだった....... [続きを読む]

» 蘇生〜ALIVE(14才の母#11最終回) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
相次ぐ訃報に滅入ってました m(__)m一ノ瀬そら キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!! ひらがなかぁ・・・予想じゃ漢字だったけど(笑)桐野静香、ODキタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!! 自殺未遂かぁ・・・予想じゃ“死亡”だったけど(笑)胃洗浄経験者として...... [続きを読む]

» 14才の母 【最終回】 涙の最終回スペシャル…命ってなに? [THE有頂天ブログ]
未希(志田未来)が子供につけた名前は青い空の「そら」でした。 未希と一緒にいるときだけは、いつも空が綺麗だと思っていたという桐ちゃん(三浦春馬)。未希も同じ事を思っていたんだそうで…。 ■14才の母 「最終回」あらすじ  未希(志田未来)が決死の思いで産んだ子供は、体重も少なく、当分の間新生児集中治療室で育てられることに。未希が懸命に搾った母乳も自力で飲めず、一度も泣かない状態だった。一方、静香(室井滋)から受け取った出産祝いのことを忠彦(生瀬勝久)に話した加奈子(田中美佐子)は、静香... [続きを読む]

» 「14才の母」最終回 [みょうがの芯]
未熟児で生まれた「そら」ちゃん。(←ほぼ、ブロガーの皆さんこの名前で一致していたようです)無呼吸発作を繰り返して・・・・未希は、やっとのことで無事に生まれた子供が育つのかどうか不安で仕方なく、「そら」ちゃんの側を離れようとしませんでした。... [続きを読む]

» 14才の母、最終話が終わったわけですが・・・ [終わりなき旅へ]
14才の母、とうとう最終話の放送が終了しました。 20分拡大なのである程度は期待したんですが、何か物足りなさを感じさせる最終回だったような気がします。 これからの試練は未希やその周囲のセリフからの想像... [続きを読む]

» 『14才の母』最終話。 [小さな幸せ 〜Little Happiness〜]
『14才の母』最終話観ました〜。 [続きを読む]

» 14才の母…最終回ー! [なんでもあり〜な日記(カープ中心?)]
終わりましたーー!アァ?( ´Д`)σ)Д`)ァゥァゥ 。゚・(ノД`)人(´Д`)人(Д` )・゚。 泣きすぎてヤバイです!誰か止めてくださいっ!! (この台詞使いすぎw) 一人で子供育てていくかと思ったら、将来結婚するんだ… びっくりしたけど、そのほうが赤ちゃん…幸せ...... [続きを読む]

» 14才の母 最終話 『涙の最終回スペシャル…命ってなに?』 [Kのドラマ依存症的ぶろぐ]
録画し忘れたのであらすじは無しです、申し訳ないm(_ _)m ええっとなんていうか…、どう感想を書けばいいか悩むところで…。 とりあえず赤ちゃんが助かって良かった。 あっ違った、そらちゃんでした、そらと言われると最近芸能界を賑わしたあの女性を思...... [続きを読む]

» 14才の母 最終回 [ドラマ!テレビ!言いたい放題]
志田未来、天才!! これだけがとにかく言いたい。 本当にすばらしい。 ハッピーエンドにすることで、きちっとスペシャル版の制作を 視野に入れたことは、日テレ上層部の商売根性以外何ものでもない。 続編はスペシャル版として、 亡くなってしまうんではないかと思われ..... [続きを読む]

» 14才の母 最終回 [Simple*Life]
それなりに、最後までところどころで感動させられました。 やっぱり赤ちゃんが保育器の中で一生懸命生きてる姿を 見せられちゃうと、頑張れ!って思って応援したくなっちゃうし 生きてくれ~。って思って、それなりに感動はしました。 でもな~~んかどうしても違和...... [続きを読む]

» 14才の母 第11話(最終回) ホントの不幸がおきませんように [レベル999のマニアな講義]
内容そらと名付けられた赤ちゃん。幸せに暮らしましたとさ。。。コレで、『内容』『感想』を書け!!ですか???ホントに『難問』の今回(^_^;別に『不幸』なコトもなく。特に『問題』も発生せず。皆さん、幸せに暮らしましたとさ。。。だよね?別にね。私は、『不幸』を...... [続きを読む]

» 14歳の母vol.11-最終話- [ita-windの風速計]
■14歳の母脚本/井上由美子出演/志田未来、田中美佐子、生瀬勝久、山口紗弥加河本準一(次長課長)、三浦春馬、谷村美月、北乃きい、高畑淳子海東健、金子さやか、井坂俊哉、北村一輝、室井滋http://www.ntv.co.jp/14/第11話命ってなに?未熟児として生まれた赤ちゃんの名...... [続きを読む]

» 14才の母 最終話 [ドラマの話をしてみよう]
結局ハッピーエンドっぽくなりましたねぇ・・・(-_-;) もう少し厳しい結末になるのかなぁと思ってたんですが、ハッピーエンドが好きな者としてはありな終わり方ではあります(^^ゞ でもテーマがテーマなだけに、それで良かったのかという疑問はありますが・・・。 本来なら14歳で子供を産んではいけません的な要素を持たせるべきだとは思うんですが、未希(志田未来)ならやっていけるかもとさえ思わせる妙な説得力や迫力がありました。 この辺が微妙なとこなんですよねぇ。 これが例えば勢いだ... [続きを読む]

» 『14才の母』 最終話 「涙の最終回スペシャル…命ってなに?」 [老舗ワタクシ本舗]
14才で妊娠し、いくつもの障害を乗り越えて遂に出産した未希(志田未来)。 緊急手術で意識不明に陥った未希と未熟児として生まれてきた赤ちゃん…。 幼い母子の運命は? 『14才の母』公式HPより 未希は保育器の中の小さな我が子に”そら”と名付けた。 NICU担当医・土田(反町隆史)はいい名前だと言い、呼んであげる。 一方加奈子(田中美佐子)はご祝儀袋を渡して消えた静香(室井滋)が 気になってしょうがない。 忠彦�... [続きを読む]

» 14才の母、最終話が終わったわけですが・・・ [終わりなき旅へ]
14才の母、とうとう最終話の放送が終了しました。 20分拡大なのである程度は期待したんですが、何か物足りなさを感じさせる最終回だったような気がします。 これから [続きを読む]

« 《僕の歩く道》 最終回 | トップページ | 《Dr.コトー診療所》◇最終回 »

最近の写真