無料ブログはココログ

« 《14才の母》 第10話 | トップページ | 《たったひとつの恋》 最終回 »

2006/12/14

《Dr.コトー診療所》◇第10話

あらすじ)HPより
 コトーこと五島健助(吉岡秀隆)は、星野彩佳(柴咲コウ)から、乳がんの手術の日程が決まったという手紙を受け取った。そこには、彩佳の父・正一(小林薫)への手紙が同封されていた。コトーから手紙を受け取り、娘の病気を知った正一はショックで取り乱す。
彩佳は主治医の鳴海慧(堺雅人)から術式についての説明を受ける。鳴海は、万全を期して、転移の可能性を排除するための手術を行うと告げた。彩佳は手術の後遺症で、看護師の仕事を続けられなくなることを心配するが、鳴海は聞く耳をもたない。彩佳がアパートに戻ると、そこに正一がいた。変わってしまった彩佳の姿を見て凍りつく正一。
翌日、正一は鳴海から手術についての説明を受ける。完治するのかという正一の問いに、生存率は7~8割だと答える鳴海。正一は釈然としないものを感じ、彩佳に「島で治療することはできないのか」と問いかける。複雑な思いで動揺した彩佳は、正一と言い争いに。

 島に戻った正一は、コトーに不安をぶつけて・・・。
     ***************

半年の間、コトー先生が彩佳のことを黙っていたことにもショックを受けた正一は打ちのめされた感じで、すぐに彩佳の所へ飛んでいった。抗がん剤の影響と不安で、冷静な彩佳では無かった。
親子で気を使っているのがわかる場面でした。

正一は、鳴海に会って、彩佳がよくなるのかと問う。鳴海は生存率で70~80%あると答えた。患者がこの病院を選んで手術を希望するから、僕が手術するんだと、傲慢とも言える物言いです。大学病院ではそんな専門医が多いのでしょうか?喰い足りない正一は彩佳に島へ帰って治療できないかとの問いに、島のことを思い出すと辛いから、早く帰ってくれと叫んだ。手術しても看護師として働けるかどうか判らないと泣いていた。弱っているのを心配して時々顔を出す剛洋が、二人を見ていた。

まさえが正一を迎えに出てきた。母親の感で彩佳に何か異変を感じ、そのまま正一にぶつけた。この二人が、静かに泣くところが一番応えました
一方診療所では、剛洋から連絡を貰った剛利が、コトーと話していた。あのときからコトーは何故、すぐに正一に打ち明けなかったのか。何故彩佳を引き止められなかったのかと悩みを打ち明けた。

翌朝、コトーは正一の所を訪ねた。親としては命だけは助かって欲しいと、しゃがみこんで耐えている所で、またも貰い泣きでした。正一は鳴海の、患者をまるで動物実験の対象としてみているような所が好きになれないと言った。

和田が、ミナから話を聞き、コトーに島を空けるならどうにかなると話した。
コトーは、
彩佳には専門医が付いているから、僕が行っても、何も出来ず、ただ側に付いているだけというと、だから行くんじゃないのかと、迫った

夜、正一夫婦がコトーを訪ねてきたご・め・ん・ね・せ・ん・せ・い。つ・ら・か・った・ね。と。もう涙で、画面が見えませんでした
二人からコトーに手術をして欲しいと言われた。

病院へ着いたコトーは島の全員に病気を隠すことは出来なかったと、島民が心をこめたお見舞い品を携えていた。まだ手術をしていないし、結果がわからないのにと不安がる彩佳に
大丈夫ですよ。彩佳さんは、病気では死にません。もしも再発しても僕が何度でも何度でも治します。僕はずっと、彩佳さんの側に居ますから。彩佳さん、僕にオペをさせてください。泣きながら頷く彩佳。久しぶりに、熱いコトーでした。そこへ鳴海が現れた。

*****
今までの感想
第9話 第8話 第7話 第6話 第5話
第4話 第3話 第2話 第1話

« 《14才の母》 第10話 | トップページ | 《たったひとつの恋》 最終回 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

★くうさん:
>今さら鳴海が何と言おうと、もう2人の意志は揺らぎませんよね。

あの事務的なもの言いには、カチンと来ます。
いちいち、家族を出すから、鳴海は、幸薄い人なんでしょうね。

>来週の手術はちょっと恐いです(+_+)

コトーがはさみを落としていましたね。心配!


★翠さん:
彩佳が、やっと告白したとき、星野夫婦の無念さと、話せなかったコトーを思いやる心が表れていて、かなり泣かされました。
コトーが彩佳を病気では死なせないと断言したとき、愛の深さを知りました。

★yukoさん:
>彩佳の手術が無事に終わることを、私も祈ってます!

凄く不安を掻き立てる予告でした、どうか、コトー先生や、島民を悲しませる結果にならないことをと、願います。


★お気楽さん:
>最後のはやっぱりプロポーズだったのかなぁ?

そうですよ。あんなにきっぱり言われては命を預けたくなりますね。

>このまま、何年かに1度1クールづつやって欲しいなぁ!!

私も、ずっと続いて欲しいシリーズです♪

最後のはやっぱりプロポーズだったのかなぁ?
このまま、何年かに1度1クールづつやって欲しいなぁ!!

こんばんは。
コトーもいよいよクライマックスですね。予告を見ると、なんだか落ち着きのないコトーのオペの様子が出てたので、今からソワソワしてます(笑)彩佳の手術が無事に終わることを、私も祈ってます!

mariさん、こんばんは♪
昌代が彩佳の病気のことを聞き、「ばかねぇ、彩佳」少し微笑んで言ったあとの涙…印象的なシーンでした。
星野夫妻の娘を思う気持ちがとても良く伝わってきて、目頭が熱くなります。
コトー先生も今までにはない力強さを見せてくれたので、あとは彩佳の手術が成功することを祈るのみ!
みんなが幸せになれる結末を願っています。^^

今さら鳴海が何と言おうと、もう2人の意志は揺らぎませんよね。
何か、予告だと大変な事になりそうで、来週の手術は
ちょっと恐いです(+_+)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/13072395

この記事へのトラックバック一覧です: 《Dr.コトー診療所》◇第10話:

» Dr.コトー診療所2006 第10回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『失われた信頼』 [続きを読む]

» 「Dr.コトー診療所2006」第10話 [fool's aspirin]
父は娘の病気を知って東京へ駆けつけ、 娘は父の優しさが辛くて八つ当たりしてしまう。 そんな星野親子の互いの愛情が切ない。 そして彩佳の病気のことを半年も黙っていたこと、 彩佳を引き止められなかったことを、コトーも悔やみ続ける。 昌代や島の人たちも彩佳の病気を知って…。 もうみんな優し過ぎ! 志木名島はいい島だ! そんな中、鳴海先生だけがひとり悪ぶりを発揮してますよっ! 予想どおりイヤ〜な冷徹さを見せつけてくれる。 くぅ〜、クールなメガネがたまらんです! (<すいません…私堺... [続きを読む]

» Dr.コトー診療所2006 第10話 告白 [レベル999のマニアな講義]
内容鳴海により手術の説明を受ける彩佳。その内容を聞いたコトーだったが、彩佳により会うことを拒まれる。だが、、、島の人たちの気持ちが。。。コトー先生の明確な方針が見えなかったことがちょっと気になるが。それは、『今シーズンやってきたこと』を思い出すこととし...... [続きを読む]

» 【Dr.コトー診療所2006】第10話 [見取り八段・実0段]
ガンである事を、ずっと隠したまま東京に行き、1人苦しんでいた彩佳を怒る星野さんの気持ち、親として解る。どうして言ってくれないんだ。何故、1人で苦しむんだ。自分の元を離れるんだ。でも、親に心配をかけたくない。自分を看護士として頼ってきてくれた、家族のよう...... [続きを読む]

» Dr.コトー診療所2006 第10話 [オタク戦隊3バるカん]
「来ちゃった♪」 志木那島のみんなは、ほんっとうに嘘をつくのが苦手な奴ばっかりだな。良い意味で。 そんな隠し事が出来ない島民性が 好 き だ ー !!  大 好 き な ん だ ー ー ッ !! 溜まってるレビューを消化するため、短めに。 つい... [続きを読む]

» 「Dr.コトー診療所2006」第10話 [日々“是”精進!]
彩佳の手術の日が決まる。彩佳はコトーから父・正一にガンのことを伝えて欲しいと頼まれる。正一はショックを受ける。彩佳は術後の後遺症で看護師が続けられなくなると心配するが・・・。今回は、非常に切ない展開でした・・・正一は彩佳に会いに行き、鳴海医師から病状の...... [続きを読む]

» 『Dr.コトー診療所2006』第10回 「失われた信頼」 メモ [つれづれなる・・・日記?]
今シリーズのメイン。彩佳の癌の話。 2回といわず、3回使ってもよいのでは。 今回は2話ものの前半って感じで、ネタだけ振って、メインは次回。 [続きを読む]

» Dr.コトー2006〜意外な人物が・・・〜 [用件を聞こうか・・・]
Dr.コトー、いよいよ、今回のシリーズもストーリーが佳境に入って来ました{/kaeru_en2/}。前回のシリーズ同様、最後は、コトーが上京してオペをするということになりそうですね{/kaeru_en2/} どうでもいいけど、先週だったか、ミナが実は結婚していた{/ee_3/}{/hiyob_hat/}という設定に、何故か軽くショックを感じてしまった自分{/face_ase2/} まあ、Dr.コ... [続きを読む]

» Dr.コトー診療所2006第10話 [日々雑用]
失われた信頼:星野彩佳(柴咲コウ)からの手紙をコトー(吉 [続きを読む]

» Dr.コトー診療所2006 [ま、あれな話だが…]
泣いた… 「全米が泣いた!」 っつーぐらい泣いた… いや〜、今更ながら、テレビ版もいいですね〜 ようやく周辺のストーリーから本編のストーリーに戻ってきたと思ったら、来週最終話… しかも、今回あの三上先生が登場!この期に及んで重要人物が登場するってことは すでに次回作の予感がプンプンですが… ま、それはそれとして… 「いやもいやもなんとやら」と言いますが(例えが卑近ですみません…) 話している言葉が必ずしも真実を伝えているとは限らないんですよね… ... [続きを読む]

» Dr.コトー診療所2006 第10回「失われた信頼」 [TV雑記]
……自分が病気になった時の事を想像する事は容易に出来るんです。 が、自分の大事な人……例えば夫とか妻とか子どもとか恋人とかが重大な病気にかかっている事を想像できる人ってあまりいないんですよね。 もし、アナタの大事な人が。 生命を脅かす病気にかかっていたとして。 アナタは、何が出来ますか?...... [続きを読む]

» Dr.コトー診療所2006〜第10話・吉岡秀隆と柴咲コウ! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
Dr.コトー診療所2006も、もう第10話ですが、いよいよ星野彩佳(柴咲コウ)の乳ガンについての話に入りました。この話は、最初から取り上げていたにしては、経過報告などはあまり無かったわけです。 何だかんだ言っても、柴咲コウのいないDr.コトーは、物足りないわけですが、Dr.コトー2006もいよいよ佳境にさしかかったわけです。(Dr.コトー診療所2006、第10話感想は、以下に続きます)... [続きを読む]

» Dr.コトー診療所2006 第10話 〜柴咲コウ 涙で頷く〜 [くつろぎ日記]
ごめんなさい・・辛かったね・・先生。 [続きを読む]

» Dr.コトー診療所2006 第10話 「失われた信頼」 [テレビお気楽日記]
彩佳(柴咲コウ)から手紙をもらい、さっそく正一(小林薫)に乳がんの事を話すコトー(吉岡秀隆)。彩佳が島を出る時に相談を受けていたが口留めされていた事を謝るのでした。先生が半年もの間、わしにこの事を黙っておった事が残念でならん。と行ってしまう正一。もう、彩佳にお....... [続きを読む]

» 「Dr.コトー診療所2006」第10話 [三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常]
命と後遺症、生存率とクオリティーオブライフ。 後悔しないために・・・。 「Dr.コトー診療所2006」第10話 [続きを読む]

» 時任三郎さんの似顔絵。「Dr.コトー診療所 2006」第10話「14才の母」第10話 [「ボブ吉」デビューへの道。]
●「Dr.コトー診療所 2006」第10話 東京にいる、彩佳(柴咲コウ)の手術が近付いてきました。 「先生、聞きました。彩佳さんのこと。もし先生が、 診療所を空ける事を気にしているんでしたら、心配せんでください。 ミナちゃんはプロの看護士じゃ。わしも、まあプロではないが、 何かあった時には簡単な対応ぐらいはできます。 代わりの医師を県にかけあって頼んでもいい。 留守は責任を持って守ります。だから先生・・」 「そうですよ、... [続きを読む]

» Dr.コトー診療所2006(第10話) [霞の気まぐれ日記]
今回は、大・大・大号泣~~#63896; 今までも、コトー先生には毎週泣かされてきましたが、 今週は今までの中で最高に泣かせて頂きました。 最後の方は、思わず嗚咽したほど#63915; 物語はようやく彩佳の病気のお話に。 娘の病気のことを知った、父の思い。 母の..... [続きを読む]

» Drコトー診療所2006vol.10 [ita-windの風速計]
■Drコトー診療所2006脚本/吉田紀子出演/吉岡秀隆、柴咲コウ、時任三郎、大塚寧々、蒼井優桜井幸子、大森南朋、富岡涼、堺雅人、泉谷しげる、筧利夫小林薫http://www.fujitv.co.jp/kotoh/index2.html第10話失われた信頼ついに柴咲コウは両親に病気の事実を告白する。今...... [続きを読む]

» Dr.コトー診療所2006 10話 [頑張る!独身女!!]
辛いね。本人が一番辛いよね 両親の事、思うと言いたいけど言えない。って、気持ちも分かるし。でも親からすれば、なぜ早く言ってくれなかったの・・・って、気持ちも分かる。 [続きを読む]

» Dr.コトー診療所2006 第10話 [ドラマの話をしてみよう]
いよいよ彩香(柴崎コウ)がドラマに戻って来ました♪ が、事態はよろしくないようですねぇ・・・_| ̄|○ 遂に正一(小林薫)にも事実が告げられたわけですが、そりゃショックでかいよなぁ・・・。 妻の昌代(朝加真由美)に続いて彩香までもかぁ・・・。 こういう時の重雄(泉谷しげる)の存在は大きいですね♪ ぶっきらぼうさが今の正一には合ってます。 一緒に沈まれると余計に沈んでしまいますからね。 コトー(吉岡秀隆)はずっと後悔してたのかぁ・・・。 そりゃそうかぁ・・・。 ... [続きを読む]

» 堺 雅人 プロフィール [堺 雅人]
堺 雅人について [続きを読む]

» ヤシガニラーメン [Dr.コトー診療所情報]
はじめまして、突然のトラックバック申し訳ありません。毎日を常にエンジョイ!を心がけているtenpersonと申します。ブログ楽しく拝見させていただきました。それでといってはなんですが記事に「ドラマ」に関する事が書かれていたのでトラックバックさせて頂きました。巷で話題のDr.コトー診療所に登場した【吉岡秀隆】についてご紹介しているブログです。ご迷惑な場合は、お手数をおかけ致しますが、削除�... [続きを読む]

» 妻夫木&柴咲コウが初ツーショット!映画「どろろ」舞台あいさつ [ツマブキ聡]
熱愛が報じられている俳優のツマブキ聡と女優の柴咲コウが27日、都内で行われた映画「どろろ」(塩田明彦監督、来年1月27日公開)のジャパンプレミアでツーショットを初公開した。舞台あいさつの合間には、2人で親しげに話し合ったり、ほほえみ合うなど“熱々ムード”。交際の順調ぶりをうかがわせた。 最も旬なカップルが、初めてツーショットを披露した。 東京・丸の内の東京国際フォーラムで行われた「どろろ」のジャパンプレミアには、2人の姿をとらえようと、60人を超えるカメラマンが殺到。黒いスー...... [続きを読む]

« 《14才の母》 第10話 | トップページ | 《たったひとつの恋》 最終回 »

最近の写真