無料ブログはココログ

« 《14才の母》 最終回 | トップページ | 『第九』特別演奏会  2006 »

2006/12/21

《Dr.コトー診療所》◇最終回

最終話・逃れられぬ、医師の宿命』(あらすじ)
彩佳(柴咲コウ)の手術を目前に、コトー(吉岡秀隆)は彼女の主治医である鳴海(堺雅人)から会わせたい人がいると呼び出される。そこで鳴海はコトーに助言をする。コトーはそれを重く受け止めるが、何かを思い、言葉が出ない。そして彩佳の手術の日。島では重雄(泉谷しげる)や剛利(時任三郎)、茉莉子(大塚寧々)らが彩佳を心配していた。やがて彩佳の手術が始まる。
     ***************

鳴海の会わせたかったのは、最愛の妻だった。5年前心臓発作で倒れた。それ以来、言葉も発せず、人とコミュニケーションもとれずに、チューブで繋がれたまま生かされていた。鳴海は、コトーに質問する。リョウコは、生きているか、死んでいるか?身内のオペは、冷静に出来ないから止めておけと教授に止められたが、愛する人を助けたいと、鳴海が執刀した。オペの前にこういう現実があることを知っておいて貰いたいと、自宅へ連れ帰った。絶句するコトー。冒頭から重苦しい滑り出しでした。鳴海の冷たさは、ここから始まったのですね。本当は、もっと温かい人だったのかもしれません。

腋下リンパ節の病理で、転移していないことがわかり、後は残し、彩佳が、乳房再建術を望まなかったので、なるべく傷口は小さくしたコトーだった。欠陥を傷つけ、出血に慌てるコトー。彩佳の顔がフラッシュバックする。パニックに鳴りそうなコトーに、鳴海は、目の前の患者が、星野さんであると思うな!と強く言った。ここで医者は、患者と家族になってはいけないことを鳴海が身を持って体験した事実として、コトーに話すことになります

我に返ったコトーは、無事に手術を終えたが、鳴海の行ったことと、自分の行動とで、呆然としながら、座り込むコトー。鳴海が「さすがは五島先生だ。見事なオペだった。」目の前の患者を星野さんだと思うなと言ったのか聞いた。優秀な外科医は心を持ってはいけない。オペの間星野さんを思うあまり常軌を逸していた。それを忘れたとき、医者である本来の自分に戻った。人の命を救うと言うことは、本来人間が踏み込んではいけない領域に足を踏み入れることだ。そこに感情が存在したとき、医者は大きな間違いを犯す。そのことを僕は妻のオペで思い知った。

愛する家族であればあるほど。コトーを偽善と呼んだ。医者は患者と家族になれない、なってはいけない。よく言われることですが、辛いものですね。
打ちのめされたコトーは、実家へ電話した。母は、コトーが盲腸で死に掛けたときオペしてくれた恩師が、今朝亡くなったことを知らせた。死ぬまでコトーが島の医師になったことを、一度はやってみたい夢だったといっていたと伝えた。電話口でさめざめと泣く。優しすぎるんですね。彩佳が、両親をプレゼントしてくれたサンタさんだと喜ぶ姿を見、鳴海にも経過は良好だと言われた。
先日の質問に、
人として答えるならば、あなたが生きていると思っている限り、奥さんは生きています。医者として答えるならば、あなたが治療を続ける限り、やはり、奥さんは生きている。僕はそう思います。そしていつか、奇跡は起こるかもしれない、そこにも、絶対は無いと思います。鳴海先生、ありがとうございました。大切な話を打ち明けてくださって。あなたが居なければ彩佳さんのオペも乗り切れなかった。医者であることの怖さを思い知りました。本当にありがとうございました。鳴海は泣いてましたよね。

帰島したコトーは、皆に歓迎され、三上と語り合っていた。医者であることを放棄してはいけないと。1週間しか島を離れていないのに、ホームシックにかかったと笑う三上に、僕もです。剛利にも、島民ならそう思うんだと言われた。
ハッピーエンドで、良かったです。最終話も随所で泣かされました。コトー先生の苦悩は、私たちの悩みとして胸のしこりみたいに残っています。癌ではありません。

*****
今までの感想  ◇10話 ◇9話 ◇8話 ◇7話
6話 ◇5話 ◇4話 ◇3話 ◇2話 ◇1話


剛洋へのコトーの手紙。病気を見ているはずなのに、みんなの笑顔に元気を貰っているとあった。彩佳は退院し、島では餅つき。やっぱり奇跡が起きる島なんですね。
和田さんは、ミナにアタック。初日の出デートを取り付けた。

« 《14才の母》 最終回 | トップページ | 『第九』特別演奏会  2006 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

☆☆メリークリスマス♪
☆sannkenekoさん。
鳴海の冷たさは。例の奥さんの件だったのかも知れませんが、性格的にも左右されそうだと見ていますが、いかがでしょう?


☆かっぱさん;
楽しい、ステキなドラマも終わりを告げました。
今度は何時から?
またシリーズモノで、やってほしいですね。
大好きでした。

彩佳さんの手術成功して本当に良かったです。

今回が最終回でしたが、まだまだ話は続きそうな感じですね。

今度はコトー先生と彩佳さんの進展が見たいです。


「Dr.コトー診療所2006」では、大変お世話になりました。
これからも、宜しくお願いします。

mariさん、Merry Christmas☆;:*:;☆ヽ('-^*)>*
そしてお疲れ様でした。

鳴海先生のあのクールさ(ある意味非常さ)は奥様のことがあったからなんですね。
コトーを見送った後立ち尽くしている鳴海と「家族」のいる島に帰ったコトー。
対照的でした。

彩佳や三上との握手にジーンと来ました。
彩佳が島に戻った頃にまたスペシャル版がありそうですね。

☆☆メリークリスマス♪☆☆

★キッドさん。お知らせありがとう。
中々楽しいことになっていましたよ。まこ=ミキちゃんがノリノリでした。キッドさんは、何役?

★はなさん:
コトーー先生の、相手から逃げない姿勢は、見習わなくてはいけませんね。どうしても、楽な方へ行きがちですから。来週から寂しくなりますね。


★ミマムさん:
>命を語るなら、こういうドラマですよね。

鳴海先生にこういうドラマがあったから、不可解な部分があったのですね。鳴海先生は、毎日奥さんの物言わぬ姿と生活して、誰にもいえないとなるとストレスがたまりますね。コトー先生に話してコトー先生の答えを聞いて、自分の進むべき道をまた模索するのでしょうね。胸が痛かったです。


★PANAさん:
ご訪問ありがとうございます。

>いつか奇蹟が起こるかもしれない、というコトーの言葉は優しい気持ちに満ち溢れたものでした。

あの島は、奇跡が起きてもおかしくないんです。あれだけ沢山の人に祈られたら、神様がつい振り向いてしまいます(^_-)-☆

爽やかな感動を残してくれましたね。

暖かい気持ちになれました。

いつか奇蹟が起こるかもしれない、というコトーの言葉は優しい気持ちに満ち溢れたものでした。

素敵でした。

mariさん、メリークリスマス!
水曜日のあのドラマのあとの「コトー」に考えさせられ、涙し、癒されました。
命を語るなら、こういうドラマですよね。
和田さんとミナちゃんもいい感じで終わって、続編が今から見たい気持ちです。

mariさん、こんにちは^^TBありがとうございました!異なるタイプの医者二人、どちらも正しくて、どちらも完璧ではない、そんな描き方がされていてとても見ごたえのある最終回でした。
私もスペシャルやってほしいなーと期待してます^^

追伸です。メリークリスマス。
ところで
ミキちゃん(まこ様)が
大まとめ記事を打ち上げていますので
とりあえずお知らせしておきますね。

★キッドさん:

>最終回の連続、キッドは少しバテ気味です。

どうか、風邪も、まだの炉ウイルスも流行ってますから、ご用心を。
でも脱力しますね。ぐったりしましたよ。

鳴海先生の、優秀さを差し引いても、あの冷たさは大きかったです。きっと、反応の無い奥さんをまだ愛してるせいでしょうね。自責の念もあるのかと。それをコトー先生の答えが、また泣かせるじゃありませんか。

また、コトー先生に会いたいです。

★翠さん:
冷たい鳴海vs温かいコトー
それにはそれなりの事があったと言うことですが、コトー先生は、家族の待つしまえ帰っていきました。代診三上も、自分の島が恋しいと二人で語るところは、昔の因縁わだかまりが、全く流されて、同じ責務の仲間と言う感じに見えました。

>最終回ですが、なんだか続編へのネタもいっぱいありますよね。^^

ありますね~。嬉しいですね♪是非またお目にかかりたいです。

おはようございます。

★くうさん:
>重いけれども手応えのあるドラマでした。
彩佳が助かって、本当に良かったです!

かなりハラハラさせられました。予告編もあおりましたからね(笑)
迷いながらそれでも心配で夫婦で彩佳を見舞った星野さん。彩佳は昌代に会いたかったのですね。
そこから泣いてました。


★お気楽さん:
>これは絶対、続編やってくれそうですね!!北の国からのように、ずっと続けて欲しいです!!

南の国から、ですからね(笑)
ロケは大変なんでしょうね。でも、SPでいいから会いたいですね。

mari様、お疲れ様でした。
mari様は残りのだめと役者魂ですね。
最終回の連続、キッドは少しバテ気味です。

今回は鳴海先生が活躍して・・・うれしい。
蒼井優ちゃん出番少な目で・・・残念。
宮本信子さん声だけでわかるなんて・・・さすが。
という最終回でした。
島の景色もたくさんあって
まさに癒し系ドラマでした。
海の男たちのわいわいがやがやも
増量していたようです。
キッドはその点もうれしかったのです。

mariさん、こんばんは♪
鳴海先生の秘められた過去が明らかになりましたが、奥さんのことがなければ鳴海先生もコトー先生のようなスタンスで患者と向き合っていたのかな?と思いました。
最終回ですが、なんだか続編へのネタもいっぱいありますよね。^^(コトー&彩佳、和田&ミナのカップルの進展具合など♪)
来年にSP放送してくれればいいな、と勝手に期待しています(笑

これは絶対、続編やってくれそうですね!!北の国からのように、ずっと続けて欲しいです!!
千賀ちゃんはかわいいなぁ!!

終わっちゃいましたね(; ;)
毎回泣かされましたわ。
重いけれども手応えのあるドラマでした。
彩佳が助かって、本当に良かったです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/13155744

この記事へのトラックバック一覧です: 《Dr.コトー診療所》◇最終回:

» Dr.コトー診療所2006(最終回!!) [霞の気まぐれ日記]
遂に最終回!! 今日はこのために、予定を断って早く帰ってきました#63915; 絶対何か過去があると思っていた鳴海医師ですが、 あんなクールな医者になった理由がようやく明らかになりました。 奥さんの手術に自ら執刀したものの、 今もずっと目を覚まさず・・・。 ..... [続きを読む]

» Dr.コトー診療所2006 最終話「最終話・逃れられぬ、医師の宿命」 [TV雑記]
私は普段、「嫌われ松子」をリアルタイムで見て、「Dr.コトー」はビデオで取ったのを見ているんです。 で、今週もそうだったんです。 松子は通常通り54分、コトーは延長していたので、途中からコトーを見ていたんです。 ……ドキドキしながらコトーを見るのが嫌だったので、手術の結果だけ聞いておこうとしたら……中々結果がわからなくてねえ。 本当に心配でドキドキドキドキしましたよ。 比喩表現じゃなくて。...... [続きを読む]

» Dr.コトー診療所2006 最終回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『最終話・逃れられぬ、医師の宿命』 [続きを読む]

» 【Dr.コトー診療所2006】第11話最終回 [見取り八段・実0段]
医者は患者と家族にはなれない。外科医は心を持ってはいけない。心を持って家族を助けようとすれば、そこに焦りが生じ、結局は失敗する事にもなる。そしてその失敗は、何よりも自分自身を奈落へと落とす物。鳴海が言いたかったのは、それだったのだ。自分の妻を自らの手で...... [続きを読む]

» 「Dr.コトー診療所2006」第11話(最終回) [fool's aspirin]
「私の妻は生きているのか」 「愛する者を守らないで誰が守る。その結果がコレだ」 「星野さんを家族同様に思うなら手術しない方がいい」 って、鳴海先生の悲しい真実にコトー絶句。 もうワタクシしょっぱなから悶絶しながら泣いてます! 鳴海先生〜っ!やっぱり貴方は 単なる冷徹医師ではなかったんだっ! 手術に「絶対」はないとは言え、 やっぱりコトーは彩佳のために手術しないではいられない。 鳴海先生のサポートの下、ついに手術が始まった!... [続きを読む]

» 「Dr.コトー診療所2006」最終話 [日々“是”精進!]
コトーは彩佳の主治医・鳴海から「会わせたい人がいる」と自宅に呼ばれる。そして、そこで見たものは、鳴海の妻の寝たきり姿だった・・・。それを見たコトーは・・・。そして、手術当日、島民たちが心配する中、正一と昌代は彩佳に会うために東京へ行くことに。今回は最終...... [続きを読む]

» 「ついてないなぁ」(内山理名)VS「おもちをついてます」(蒼井優) [キッドのブログinココログ]
「コトーじゃ、まだまだかぁ」(大塚寧々)「握手してください」(柴咲コウ)でも良か [続きを読む]

» Dr.コトー診療所 2006 [Akira's VOICE]
最終回の感想 [続きを読む]

» Dr.コトー診療所2006:第4話〜最終話 [日常の穴]
終わりました。 ドラマが始まったころの感想で「吉岡秀隆が好きじゃない」と書いたものの、結局全話見た。 感想を一言で言うと、大満足。おもしろかった。 ゆかりの末期癌が全快したのは多少疑問が残ったが、全体を通してリアリティがあったと思う。 登場人物がそれぞれ弱い部分をもっており、それを消化、克服していくストーリー展開が非常によかった。 さまざまな登場人物を通して描写された心の葛藤や、人間としての弱さは、実際に多くの人がもっているものだと思う。 またそれを克服するにあたり、コトーを... [続きを読む]

» Dr.コトー診療所2006 最終話 〜柴咲コウ 命にかける〜 [くつろぎ日記]
また会える日を楽しみに。僕はこの島で君を待っています。 [続きを読む]

» Dr.コトー診療所2006最終話 [日々雑用]
逃れられぬ、医師の宿命:ついにコトー=五島健助(吉岡秀隆 [続きを読む]

» Dr.コトー診療所2006 最終話 「逃れられぬ、医師の宿命」 [テレビお気楽日記]
本当にセンチネルリンパ節生検をやるつもりかコトー(吉岡秀隆)に確認する鳴海医師(堺雅人)。生検の結果、陰性であればリンパ節は残すつもりだと断言するコトー。「そうすれば後遺症の心配も無くなり、今後彼女の看護師としての生活も保てると思うんです。」「そこまでこだわ....... [続きを読む]

» Dr.コトー診療所2006 最終話 [ちょっと変な話]
●キャスト 五島健助/吉岡秀隆 星野彩佳/柴咲コウ 和田一範/筧利夫 仲依ミナ/蒼井優 星野正一/小林薫 安藤重雄/泉谷しげる  原剛利/時任三郎 鳴海慧/堺雅人 ●主題歌 中島みゆき ●関連書籍・他~ Dr.コトー診療所「ナースの日記」 唐澤 和也... [続きを読む]

» ≪Dr.コトー診療所2006≫「最終話・逃れられぬ、医師の宿命」 [局の独り言。]
Dr.コトー診療所2006 - http://www.fujitv.co.jp/kotoh/index2.html 最終話あらすじ  星野彩佳(柴咲コウ)の手術を目前に、コトーこと五島健助(吉岡秀隆)は鳴海慧(堺雅人)から「会わせたい人がいる」と呼び出された。そこで鳴海はコトーにひとつの助言をする。重く受... [続きを読む]

» Dr.コトー診療所最終回 [dear...]
コトー先生、最終回終わりました。 心配だった彩香のオペも無事終了してC=(^◇^ ; ホッ! コトー先生のその優しさ故の揺らぎ。 大切なひとを、家族と思うひと治療する事の難しさ。 それを教え、サポートする為に鳴海先生はいたのですね。 同時に奥様を自身のオペで植物状態にしてしまった鳴海先生の苦悩。 人間の尊厳をも考えさせられたシーンでした。 それにしても良かった。 今回、唯一の悪役(?)として登場した鳴海先生。 演じたのが私が『新選組!』の山南... [続きを読む]

» Dr.コトー診療所2006 最終回 [つぶやきブログ]
毎週、楽しみに観ていた コトー先生が終わってしまい 寂しいですね。 あの優しい笑顔が 観れなくなるの・・・ 今回の「Dr.コトー」は 医師としての素晴らしさは もちろんのこと 人間Dr.コトーを 印象深く、描いていましたね。 人の弱さとか人間くさいとこ...... [続きを読む]

» 「Dr.コトー診療所2006」最終話 人が人の命を救うということ [明日へのヒント by シキシマ博士]
〝人の命を救うと言うことは、本来踏みこんではいけない領域に踏み込むと言うことだ〟 こういう言葉に説得力があるところが、「Dr.コトー診療所2006」というドラマが他の医療ドラマと決定的に違う点ですね。 [続きを読む]

» Dr.コトー診療所2006 第11話(最終回)彩佳だけで良か... [レベル999のマニアな講義]
内容オペの前に、鳴海は自分の秘密を語る。それはコトーにとって、衝撃となる。。。。今回の感想はいつもと違うパターンで(^_^)bまぁ、『鳴海先生はイイヤツ』かな。あれ?ちがいます?鳴海の格好良さばかりが残っちゃってます。そして、その『背負う悲しみ』が。鳴海『死...... [続きを読む]

» Dr.コトー診療所2006〜最終回・医者は患者と家族にはなれない... [一言居士!スペードのAの放埓手記]
Dr.コトー診療所2006もとうとう最終回を迎えたわけですが、星野彩佳(柴咲コウ)の手術をコトー(吉岡秀隆)が執刀するわけです。 今回のテーマは、鳴海先生(堺雅人)の「医者は患者と家族にはなれない!」ということだと思うわけですが、あの冷徹な鳴海医師にも辛い過去があるわけです。(Dr.コトー診療所2006、最終回の感想、以下に続きます) サイズ:Mサイズ(身丈70cm×身幅52cm×袖丈20cm) \2,625 (税込) ... [続きを読む]

» 「Dr.コトー診療所2006」第11話(最終話) [三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常]
医師が医師であること、人が人であることの意味。 永遠に答えの出ない問い・・・。 「Dr.コトー診療所2006」最終話 [続きを読む]

» Dr.コトー診療所2006 最終話 [ま、あれな話だが…]
ついにフィナーレでしたね… ドラマ版・鳴海先生、スゲーいい人でしたね… 今回のオペシンーンを見るにつけ、やっぱり、Dr.江葉都に登場してほしかったですね… しかし、あれほどインパクトのある役となると、キャスティングは難しいかも…。 イメージとしては大男でがっちりタイプの人がいいと思います。 ま、それはそれとして… 今回はコトー先生のお母さんが登場というサプライズゲストが。 はっきりと顔がでませんでしたが、宮本信子さんだったんですね… 「出演した事を「秘... [続きを読む]

» Dr.コトー 最終回 [Music Room GRAZIA ]
う~む、深いドラマでした。 コトーが東京に行っている間、診療所の留守を守っていた [続きを読む]

» Dr.コトー 最終回 [Music Room GRAZIA ]
う~む、深いドラマでした。 コトーが東京に行っている間、診療所の留守を守っていた [続きを読む]

» Dr.コトー診療所2006 第10話・第11話(終) [変化という流れの中で。COLOR!!]
銀の龍の背に乗ってー!!(叫) 銀の龍の背に乗ってー!!(叫) 終わりは来てほしくなかったけれど、 「Dr.コトー診療所2006」が終わってしまいましたぁ!!(泣) ちなみにですが、 最終回の視聴率は、25.9%!(祝) 瞬間最高視聴率は、29.7%!(祝...... [続きを読む]

» 今日は… [空色日記。]
お腹が痛くて大変でした。ノロウィルスだったりして…とも思ったんですけど、テレビとかで見るノロウィルスの症状よりはひどくないので、違うのかなと。皆さんも、気をつけてくださいね。 しかし今日は疲れた…。Dr.コトー最終回だったのに途中寝ちゃって見れなかったが残念(泣)最初と最後の方は見れたんですけどね。Dr.コトー、今日も良かったです^^ ... [続きを読む]

» 来週の木曜日からコトーはもうない [小さなちびくま日記]
『Dr.コトー診療所2006』、最終話を観ました。 [続きを読む]

» Dr.コトー診療所2006 最終回 [病床から見える景色]
いやぁ、かなり見ごたえのある最終回でした!やっぱり私の中で一番のドラマです! オペ前に、数年前に心臓発作を起こし、それからコミュニケーションがとれなくなった妻をコトー先生に見せる鳴海先生。そのときのオペは鳴海先生が執刀したものでした。 彩佳さんのオペ中、冷..... [続きを読む]

» 医者として大切なこと、・・・『Dr.コトー診療所2006』最終回 [ひろくんのほのぼのコラム ( ^_^)_∀]
 おはようございます♪ 昨日の昼に観ていた『Dr.コトー診療所2006』最終回を [続きを読む]

» Dr.コトー診療所 2006 最終回 [塩ひとつまみ]
鳴海先生がコトー先生に「君に会わせたい、人がいる」って言った時 どうして「人」の前に一呼吸おくのかな?と思ってましたが…。 自分が手術をした結果、人工呼吸で寝たきりになってしまった妻のことを 「人」と思うかど... [続きを読む]

» Dr.コトー診療所2006 第11話感想 [たっくんママのひとりごと]
鳴海先生・・・!! 物凄いどんでん返しをくらった気分です・・・(;´Д`)。嫌なヤツでしかなかった鳴海先生が・・・あんないい人だったなんて・・・(;つД`) 。 どうして、あんなに冷静なのか、冷酷なのかの理由も、ほんとはっきりと分かりました。奇跡が・・・起こらないと99%思っていても、彼は1%の救いをどこかで求めている... [続きを読む]

» Dr.コトー診療所2006(全11話) [PANAの言いたい放題]
{{{ 2006年 日本ドラマ 脚本:吉田紀子 監督;中江功 音楽:吉俣良 出演:吉岡秀隆、柴咲コウ、小林薫、時任三郎、大塚寧々、泉谷しげる、筧利夫、蒼井優、堺雅人 フジテレビによる放送を視聴。 }}} 2006年2月。南海の孤島、志木那島。 コトーこと五島健助(吉岡秀隆)は島の診療医師。 今まで、その診療所の看護士をしていた星野彩佳(柴咲コウ)は春からリハビリ学校に通うことになっていた。 彩佳の父の正一(小林薫)は島の役場の課長。 母の昌代(朝加..... [続きを読む]

» 今日見たテレビ番組(12月21日) [伊達でございます!]
「とんねるずのみなさんのおかげでした」/「Dr.コトー診療所 2006」第11話(最終回):最終話・逃れられぬ、医師の宿命/「働きマン」第11話(最終回):それでも働きマン [続きを読む]

» 堺 雅人 プロフィール [堺 雅人]
堺 雅人について [続きを読む]

« 《14才の母》 最終回 | トップページ | 『第九』特別演奏会  2006 »

最近の写真