無料ブログはココログ

« 《僕の歩く道》 #08 | トップページ | 《Dr.コトー診療所》◇第8話 »

2006/11/29

《14才の母》 第8話

二つの命・・・どちらを選ぶ?』(あらすじ)
入院した未希(志田未来)の血圧が高く、母体と胎児の双方に悪影響が及ぶ可能性があると判明。加奈子(田中美佐子)は、万一の場合は未希の命を優先してほしいと春子(高畑淳子)に頼み込む。そんな中、未希は忠彦(生瀬勝久)から、静香(室井滋)の会社が倒産の危機にあると告げられる。だが、未希は電話で智志(三浦春馬)から、母の会社は大丈夫だと聞いてほっと胸をなで下ろす。やがて妊娠8カ月に入った未希は、春子の許可を得て自宅に戻る。知らせを聞いた香子(山口紗弥加)や恵(北乃きい)が駆け付け、一ノ瀬家は笑い声に包まれる。そんな折、1人で買い物に出掛けた未希は、突然激しい腹痛に襲われる。
     ***************

忠彦は、週間トップに、編集長を訪ね、それが、家を覗きに来た波多野だと知った。未希の体に障るから、桐野の会社のことを書き立てないでくれと頼みに言ったが、いつもののらりくらりで、一ノ瀬パパはまた腹を立てての帰宅だった。道で倒れた未希は、高血圧もあり入院治療となった。

加奈子は、もしも、未希と赤ちゃんとどちらかを選ばなければならないとしたら、未希を選ぶと医者に頼んだ。そんな危険があるのでしょうか?

相部屋の患者池山が現れた。挨拶をしていると、子供たちと赤ちゃんを抱いた夫が現れた。そっと病室を抜け出ると、廊下に加奈子が居た。屋上で、母に強がらないで、正直に羨ましいと言わないと長持ちしないと促され、未希は叫んだ。羨ましい、。泣きたいくらい羨ましい。私もあんなふうに家族をつくりた~い!みんなにお祝いしてもらいた~い!キリちゃんに喜んでもらいた~い!自分で選んだ道だけど、やっと気付いてきたみたいですね。

智志は、波多野を呼び出し、母が毎晩寝ないで融資先を探しているが、このままだと死んでしまうと、訴え、僕たちのことを記事にして、止めてくれと頼む。波多野を甘く見ちゃいけません。止めたキャ、自分で止めろ。勝手に居場所をおおっぴらにして、イイコになろうなんて、と、せせら笑われ、挙句、つくずくオマエは、ダメな日本のガキの典型だ!とはき捨てられた。そんなんだから、自分で作ったガキの面倒も見れないんだ。あ~あ、一人で生もうとしているバカ女のほうがよっぽどましだ。これは正しい!

智志は母にもう無理は止めてくれと頼む。今までの生活ができなくてもいい。一ノ瀬を見ていていろんな生き方があると知った。みんなが偉いと、認めなくても、自分自身が納得できるような。「そんな月並みな生き方してどうするの?」オレは、誰よりもじゃ無くていい、ただ、幸せになりたいんだ。それで、今まで育ててもらった分、ママを助けたいと思っている。・・ママは後悔したのかよ、オレを生まなけりゃ良かったって思ったのかよ!「あんたの親はあたしよ。あたし一人なの。アンタがいくら恨んだって断ち切りたくったって、これがアンタを生んで、あんたの名前付けて、歯を食いしばってアンタ育ててきた人間よ!一度だってアンタを捨てようと思ったこと無い。だからアンタあたしに着いてこなくちゃダメなの!」
母の愛ですね。加奈子とはまた違った強さのある人です。

病室では突然来た陣痛に、よく見ておきなさい。出産は、女の出陣式。と高畑さん!
未希は34週目に入った。帰り道、母に髪を思い切りきってくれと甘えた。

退院した日に担任とメグが来た。後一ヶ月となり、二人は笑顔で未希と接していた。これも、なんかおかしいですよね。

加奈子が家族写真を撮ろうと言った。加奈子はパートを辞めた。未希が一人で買い物に行った日、ベンチでバスを待っていると、急な腹痛が起きた。見かけた波多野が寄っていった。が、自分で連絡できるキっパリ言った未希。
*****

今までの感想
第7話 第6話 第5話 第4話 
第3話 第2話 第1話

« 《僕の歩く道》 #08 | トップページ | 《Dr.コトー診療所》◇第8話 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

○ 21世紀最大の町問題作「14才の母」 批判「14才の母」は来年からは中学生に大きな影響を与え悪魔の教育となった性教育の影響で、まだ42件しかなく47都道府県にも及ばない数(ただし性教育がなかった1970年は今の子供の2倍近い子供がいたがわずかに12件)の14才以下の出産を激増させ日本崩壊番組と叩かれていくことになる。またこれは14歳で妊娠、出産した場合の一番幸せなパターンでお花畑になった。不幸のどん底を描く必要はないがもっと工夫がないものだろうか。「14才の母」を見て『あたしも14歳でママになりたい』って思うローティーンも公式掲示板から多く出て来ているのが気がかりだ。これが逆にバッドエンドかバー婦バッドエンドでも自己抑制になり、このような馬鹿げた書き込みは出なかったはずだ。。昨日の朝の番組で、成人年齢を18才に下げるのに賛成or不賛成?というのをやっていたが今の日本のリアル高校生の18才は無理である。昔の子供たちのほうがしっかりしているからだ。高校生なら調度政治経済を勉強中だし、関心もあると思いがちだが高校生アンケートでは勉強は大学受験のためと割り切っており高校卒業すれば勉強したことはもう忘れてしまうのだ。「14才の母」は反対派の立場で最初っから見ていた。脚本がステレオタイプ&ご都合主義。それだけならまだいいんだけど、説得力がないのだ。例を上げると、主人公が出産直前で、先生たちが「主人公のクラスメート達に出産直前であることを告げるべきか」職員会議で討論するシーン。本等の学校教育現場ではそんな討論、ありえない。退学させるかについて職員会議で討論する事はあっても、出産する事をクラス全体に告げるかどうか会議なんてしない。先生たち、そんなに暇じゃない。教育現場の先生達から教育現場の先生達をバカにするんじゃないよという非難の声も上がっている。あと、一部の生徒が主人公の出産を受け入れた事になってたが、その過程が全然描かれていない。中学生たちがどう感じるか、もっと丁寧に描くべきだ。「14才の母」ははじめから設定に無理のあるドラマだった。高卒で子育てして、働きながら勉強など受験に受かっても、女は25過ぎたら就職口なんて無い。それも無名大学なら書類ではじかれるでしょうに。だったら勉強せずに頑張ってパートから正社員に上がる方を選ぶ方が道は開けるのだ。いつでも勉強できるなんて、お花畑もいい所だ。働いた事がないから、働きながら勉強するなんて言えるんだ。現実と何一つ即して無いのに、現実と戦ったフリ。まさにお話の世界。公式BBS見てみると、続編希望者が十代に多くいた。三十代からは希望者はいなかった。十代はこのドラマの続編希望どうして希望するするか理由が書かれていない。感動した。おもしろかったの理由だ。三十代以上の続編はないほうが言いのほうは現実と食い違いが激しすぎる。と理由は具体的に書かれていた。私も続編は希望しない。「14才の母」は近年まれにみる低視聴率に喘いでいる日テレの水10枠を高視聴率に切り替える必死さが伝わってくるドラマに見えた。高視聴率は子供と性について一緒に考えるのではなく公式掲示板の書き込みからは、子供の性への好奇心や性欲が大人の恋に勝ったってことだろう。最初から最後まで自分の事しか考えられない今が良ければいいとかそんな感じだ。結局はそれだと思う。なんかそこんとこうやむやにして純愛とか言うものには欠けていた。またテーマの命の尊さを伝えるにはインパクトがラストになくお花畑になり伝わらなかった。母としてもキャラクターは未希(志田未来ちゃん)の母(田中美佐子)より智志(三浦春馬君)の母(室井滋)の描き方の方が好評だ。なぜか自分の生き方を現実的に話、最後まで賛成しなかったセリフが現実的でよくできていたと評判がいい。しかし智志(三浦春馬君)母(室井滋)も現実的な問題ある。責めるのは相手の娘ばかりで、自分の息子は叱らない、必要以上の大金をあげる。典型的な親バカに描き杉田のが現実離れだ。ドラマでも細かく分析すれば脚本のミスキャストは良くわかる。またこれは14歳で妊娠、出産した場合の一番幸せなパターンでお花畑になった。不幸のどん底を描く必要はないがもっと工夫がないものだろうか。「14才の母」を見て『あたしも14歳でママになりたい』って思うローティーンも公式掲示板から多く出て来ているのが気がかりだ。

○ 追跡21世紀最大超問題作「14才の母」批判  ドラマでも細かく分析すれば脚本のミスキャストは良くわかる。またこれは14歳で妊娠、出産した場合の一番幸せなパターンでお花畑になった。不幸のどん底を描く必要はないがもっと工夫がないものだろうか。「14才の母」を見て『あたしも14歳でママになりたい』って思うローティーンも公式掲示板から多く出て来ているのが気がかりだ。これが逆にバッドエンドかバー婦バッドエンドでも自己抑制になり、このような馬鹿げた書き込みは出なかったはずだ。普通の家庭で育ってたり、親と一緒に見てたりとかしてれば、そんなことは考えないし、考えても実現の可能性はゼロだって分かるんだけどああいう書き込みって本心というか願望にも聞こえる。本心だとしたら、本人が可哀想であり 親が無関心ってことだがいずれにしても大変な自体に発展しかねない中学生の出産は1970年は12件だったが悪魔の教育、性教育により3倍以上の42件に激増したがまだ47都道府県の数には至っていない。日本テレビのドラマ「14才の母」は12月20日で11話全部が終了した。志田未来ちゃん(13)が演じる未希ちゃんが産むのか、産まないのか、ドラマがどう展開されていくのが主なストーリーであり低年齢出産のハイリスクを伴う出産がテーマだった。プロの産婦人科医として若年妊娠を見続けてきた医師にドラマの感想を聞くと私は何か心が晴れない。中学2年生の未希(志田未来ちゃん)が15歳の恋人(三浦春馬君)との間で妊娠してしまうという衝撃的なドラマだったが、このような作品の影響力の大きさは計りしれない。 「3年B組金八先生」のモデルになった教師が日本共産党の推薦で選挙に出馬して落選したことがある。中学生で子供を産むことが当時、ドラマを通じて描かれ、社会的に注目されたが、いかに大衆に浸透しながら家庭崩壊を進めるかが日本共産党をはじめとする無神論的唯物論の本性だ。テレビ業界ではいかに視聴率を上げ、社会現象を起こすか。視聴率が結果であり、すべてがテレビ局の世界だ。「14才の母」では井上真由子さんの脚本は弱くて個性が生きていなかった。最終回、未希が戸籍の話をする場面はもう分かりきったことだ。無駄なことを描きすぎと思えた。また、次の瞬間には腑に落ちない部分もあったりで、トータルで見るとモヤモヤしたまま終わったドラマだった。ドラマに寄せられている多くの批判をある程度汲み入れようということで、一ノ瀬家の周囲の人たちの目線を入れて、同じ年頃の娘には影響が強すぎる、子どもはどうやって産まれてくるのかと子どもに聞かれて困っているという台詞があった。個々は納得できるが、描き方がインパクトが弱く、これはまさに、このドラマに対する指摘に他ならない。とりあえず、その言い分も分かるよ、ということはアピールしつつ、でも、それじゃ、ドラマにならないんだよ、という作り手側の一種のジレンマも垣間見えた気がする。最終回の内容はこれまでやってきたことの総おさらいみたいな印象で、論が堂々巡りしていたように思う。「14才の母」の感想。このドラマは最悪のハッピーエンドで終わり多く奈反発が起きている。これでは「中学生で出産してもいい」勘違いする中学生が確実に増える。それでなくても中学生同士の性行為が増えているのだ。この「14才の母」のドラマは、親としては子供には見せられない、見られるのがつらくて仕方がない。という声が相次いで起きている。きれい過ぎ内容のドラマ。格好いいせりふ、未希(志田未来ちゃん)が言いすぎる。お花畑のハッピーエンドで終わってしまったあっけない最悪のエンド。日本テレビ、最悪で罪は重い。結局日テレは視聴率稼ぎが狙いだったと非難が相次いで起きている。来年は14才以下の出産が2005年の42件を超えるととんでもない非難が出る。『5年経っても私まだ19だよ?いくらでもやり直せるよ』っていう未希(志田未来ちゃん)の言葉、甘すぎます!やっぱり安易です。安易すぎて腹が立ちます。はじめ智志(三浦春馬君)の母(室井滋)は嫌いでしたが、今は智志(三浦春馬君)の母(室井滋)ほうが未希(志田未来ちゃん)の母(田中美佐子)より現実的だと思うようになった。中学生が子供を産む事を美化・助長する内容で見るに見かねる一番最悪な単なるハッピーエンドである。障害はあったけど、最後は全部美化。一日で病気も治る安易さ産婦人科医に問うと「一ヶ月に及ぶ戦いもある本等の産婦人科医や小児科医の苦労を描いてほしかったとプロの意思からも非難がでている。「14才の母」は非難がでるエンディングで高視聴率で幕を閉じた。中学生が妊娠してどうのこうのと言う話の番組だが、高視聴率だっただけに多くの反対派も見ており「困っています」という声が高まっている。これをベースにした未成年が実際に14とかそこらの年齢で出産してその後をいろいろ話を聞くドキュメンタリーチックな番組「14才の母 もう独りの14才の母 ドキュメント」という番組が番組放送前にあったがどうにもこうにも未成年の妊娠出産を賛美している。


○ 追跡21世紀最大超問題作「14才の母」批判 「3年B組金八先生」のモデルになった教師が日本共産党の推薦で選挙に出馬して落選したことがある。中学生で子供を産むことが当時、ドラマを通じて描かれ、社会的に注目されたが、いかに大衆に浸透しながら家庭崩壊を進めるかが日本共産党をはじめとする無神論的唯物論の本性だ。テレビ業界ではいかに視聴率を上げ、社会現象を起こすか。視聴率が結果であり、すべてがテレビ局の世界だ。しかし、「14歳の母」というタイトル自体は、放送禁止用語よりもひどい言葉であ り、日本人として断固許せない。14才の妊娠で出産するか中絶するかと聞かれれば、本来は中絶が肉体的危険リスクから中絶になるが。ドラマでは中絶推奨番組になるから反対だ。しかし母体に命の危険がある場合は中絶しても仕方がなくなるこの場合は死産届けが必要になる。ここが今後のドラマのポイントにしてほしい。そうでなければ新しい命を産みだすことは不可能だ命の尊さや愛の大切さがテーマならなおさらここは大切だ。「14才の母」のケースは答えは、はっきりしている。現実なら私は中絶すべきだが中絶するとドラマにならない。母体の命の危険が非常に高いのだ、何より親がまだ子供で女性として身体が未完成だからだ。とりわけ母親は、子供に多くの愛情を注がなければならないし、時間を注ぐし、赤ちゃんに相当拘束されます。父親は、それだけ赤ちゃんのために尽くす母親をしっかり守って支えなければ成りません。まだまだ自我がこれから芽生え、夢や希望や未来が開かれる、また才能がこれから開かれる14才では、それだけ子育てに投入できるのか大いに疑問ですし、もちろん経済的にも自立は無理ですし、(働けません、雇ってくれる会社などないし、親の面倒になるしかない)それよりも何よりも、そもそも14才で妊娠出産があってはいけないと思います。美希(志田未来ちゃん)のような中学生や高校生が10万人に達すると日本は1兆2000億円もの予算が要り日本は崩壊してしまうのだ。この書き込みは公式掲示板は載せなかった。日本テレビの掲示板は社会的責任を問う投稿は載せないんですね。これはおかしいことです「女王の教室」とは何か状況が違いすぎる反対派の意見は受け付けていないのだ。なお近所の主婦達の状況を聞くと「14才の母、学校で話題になっているか」聞いたがあまり話題にならないとのこと。見たいかどうか聞いたら、はじめ見たいと言っていたけど、夜10時からだというので、見なくていいといいました。ほっと安心です。良かったです。他の方のブログや日記を見ましたが、親はたいていできれば見せたくないという日記が結構目に付いた。「14才の母」ははじめから設定に無理のあるドラマだった。高卒で子育てして、働きながら勉強など受験に受かっても、女は25過ぎたら就職口なんて無い。それも無名大学なら書類ではじかれるでしょうに。だったら勉強せずに頑張ってパートから正社員に上がる方を選ぶ方が道は開けるのだ。いつでも勉強できるなんて、お花畑もいい所だ。働いた事がないから、働きながら勉強するなんて言えるんだ。現実と何一つ即して無いのに、現実と戦ったフリ。まさにお話の世界。公式BBS見てみると、続編希望者が十代に多くいた。三十代からは希望者はいなかった。十代はこのドラマの続編希望どうして希望するするか理由が書かれていない。感動した。おもしろかったの理由だ。三十代以上の続編はないほうが言いのほうは現実と食い違いが激しすぎる。と理由は具体的に書かれていた。私も続編は希望しない。「14才の母」は近年まれにみる低視聴率に喘いでいる日テレの水10枠を高視聴率に切り替える必死さが伝わってくるドラマに見えた。高視聴率は子供と性について一緒に考えるのではなく公式掲示板の書き込みからは、子供の性への好奇心や性欲が大人の恋に勝ったってことだろう。最初から最後まで自分の事しか考えられない今が良ければいいとかそんな感じだ。結局はそれだと思う。なんかそこんとこうやむやにして純愛とか言うものには欠けていた。またテーマの命の尊さを伝えるにはインパクトがラストになくお花畑になり伝わらなかった。母としてもキャラクターは未希(志田未来ちゃん)の母(田中美佐子)より智志(三浦春馬君)の母(室井滋)の描き方の方が好評だ。なぜか自分の生き方を現実的に話、最後まで賛成しなかったセリフが現実的でよくできていたと評判がいい。しかし智志(三浦春馬君)母(室井滋)も現実的な問題ある。責めるのは相手の娘ばかりで、自分の息子は叱らない、必要以上の大金をあげる。典型的な親バカに描き杉田のが現実離れだ。ドラマでも細かく分析すれば脚本のミスキャストは良くわかる。またこれは14歳で妊娠、出産した場合の一番幸せなパターンでお花畑になった。不幸のどん底を描く必要はないがもっと工夫がないものだろうか。「14才の母」を見て『あたしも14歳でママになりたい』って思うローティーンも公式掲示板から多く出て来ているのが気がかりだ。これが逆にバッドエンドかバー婦バッドエンドでも自己抑制になり、このような馬鹿げた書き込みは出なかったはずだ。普通の家庭で育ってたり、親と一緒に見てたりとかしてれば、そんなことは考えないし、考えても実現の可能性はゼロだって分かるんだけどああいう書き込みって本心というか願望にも聞こえる。本心だとしたら、本人が可哀想であり 親が無関心ってことだがいずれにしても大変な自体に発展しかねない中学生の出産は1970年は12件だったが悪魔の教育、性教育により3倍以上の42件に激増したがまだ47都道府県の数には至っていない。

○ 追跡21世紀最大超問題作「14才の母」批判  日本国が「14才の母」によりさらに荒廃まっしぐらになりそうな予感もする。人間の遺伝子には、早い女の子は11歳普通は12歳から13歳で初潮がくるように設定されているが、生き残る競争が国際的にむつかしくなってきたため、たったの11年~13年では頭脳力を鍛えるには不充分になってしまった。だから私たちは11歳~13歳でセックスを始める人は明らかに「早過ぎる」のだ。日本では女性16歳以上、男性が18歳以上でなければ結婚が認められていない。その理由は生き残るためであることが分かったと思う。また女性を16歳に年齢制限しているのは初潮が始まっても子宮など胎児を育て安産ができる体になるには16歳はかかるからだ。だから法律でこのように認められている。女性なら最低16年、男性ならば裁定18年間はセックスのことを考えずに教育を受けて生きる力を身につけなさいということになる。この年齢以下で子供を作ってしまうことは、明らかに子育てに不利だ。まあ、中には一人くらいそのような国民がいても国はダメージを受けないが、全員が若い頃にセックスをして子供を生み落とすようになれば、日本は間違いなく世界に取り残され、超貧しい国となり国は崩壊して滅びる。現状としては最低でも大学レベル(22歳)までは恋愛やセックスをメインに考えず、教育を受け、生き残る力を身につけていかなければ、国際暴力社会で生きていくことが困難になってきた。ところが、遺伝子には11歳~13歳で発情するように設定されているから困ったものだ。発情し、恋愛に全てをささげたい、セックスしたいという本能の欲求に打ち勝って教育を受けなければならない。14才で妊娠出産があってはいけないと思います。美希(志田未来ちゃん)のような中学生や高校生が10万人に達すると日本は1兆2000億円もの予算が要り日本は崩壊してしまうのだ。問題はこの場面だ「二年後に結婚したい」とか、「働きながら二人で子供を育てたい」とかを、お互いの家族みんなで話し合う場面、やっぱり、未希のあの芯の強さは、14才では現実にはありえない現実離れしすぎなのだ。逆に、何も解ってないからこそ、言いきれるかと考えても無理がある。いつもながら、智志の母親(室井滋)の意見が一番もっともらしい現実的な意見だが自殺未遂した人があのようなことを言う資格はない。ここがドラマの流れがバラバラであり無理があった。さらに、こういう、もっともな意見を言われたら、これも逆に、意地でも頑張ろうと思わさせるほど現実離れをストーリーは起こしていく。また、未希の言った、「5年経ってもまだ19才、いくらでもやり直せる。」というのは大きな無理がある。その若さ(若すぎ)は、あまりにも現実の世界をバカにしている。19歳から高校に入学すると高校卒業は22才、大学は23才に入学卒業は26歳となりこの年になるとまともな道を進んだものは大学を卒業してしっかりした職業に就職しており就職の道はもう閉ざされている。また
医師になるには大学院にも行かないといけないから30歳近い年になり非常に厳しい状態になるのだ。このようなことも考えないドラマ作りはドラマ自体がバラバラになり流れが、まとまらない。また予告であった、かなりわくわくどきどきする素晴しい状況のシーンがあったが本編でまったく見当たらなかった。予告編と本編とがこれほどずれたドラマは今までになかった。帝王切開手術後、未希がすぐに歩きまわれるところもひどい現実離れだ。帝王切開手術でも比較的軽かった紀子様でも悠仁様を出産具は半年は行動を制限されている。手術後、子宮が収縮せずにショックで眠り状態が続いた未希(志田未来ちゃん)は遥かに重度の帝王切開手術後なのにもかかわらず、未希の体型が基に戻り。体形もすぐに戻っている。(お腹はすぐにはひっこまない)誰にも相談せずに未希が勝手に、私立校はやめる、公立へ行くと決めたところ。これらはあまりにもドラマの世界とはいえ矛盾しすぎてはいないだろうか。あのご近所さん達の、あからさますぎる意地悪ぶりは意外と現実的だが、風当たりが弱すぎるもっと大人数で強い風当たりが必要だ。いつも通り、ツッコミ処満載で、しかも予想通りのハッピーエンドで、色んな人が激怒しながら、あきれながら、ずーっとこのドラマの行く末を見守っていたのだろうけど。結局は最悪の終わり方になって待った。。「14才の母」のケースは答えは、はっきりしている。現実なら私は中絶すべきだが中絶するとドラマにならない。母体の命の危険が非常に高いのだ、何より親がまだ子供で女性として身体が未完成だからだ。とりわけ母親は、子供に多くの愛情を注がなければならないし、時間を注ぐし、赤ちゃんに相当拘束されます。父親は、それだけ赤ちゃんのために尽くす母親をしっかり守って支えなければ成りません。まだまだ自我がこれから芽生え、夢や希望や未来が開かれる、また才能がこれから開かれる14才では、それだけ子育てに投入できるのか大いに疑問ですし、もちろん経済的にも自立は無理ですし、(働けません、雇ってくれる会社などないし、親の面倒になるしかない)それよりも何よりも、そもそも14才で妊娠出産があってはいけないと思います。未希が戸籍の話をする場面はもう分かりきったことだ。無駄なことを描きすぎと思えた。また、次の瞬間には腑に落ちない部分もあったりで、トータルで見るとモヤモヤしたまま終わったドラマだった。ドラマに寄せられている多くの批判をある程度汲み入れようということで、一ノ瀬家の周囲の人たちの目線を入れて、同じ年頃の娘には影響が強すぎる、子どもはどうやって産まれてくるのかと子どもに聞かれて困っているという台詞があった。個々は納得できるが、描き方がインパクトが弱く、これはまさに、このドラマに対する指摘に他ならない。とりあえず、その言い分も分かるよ、ということはアピールしつつ、でも、それじゃ、ドラマにならないんだよ、という作り手側の一種のジレンマも垣間見えた気がする。最終回の内容はこれまでやってきたことの総おさらいみたいな印象で、論が堂々巡りしていたように思う。「14才の母」の感想。このドラマは最悪のハッピーエンドで終わり多く奈反発が起きている。これでは「中学生で出産してもいい」勘違いする中学生が確実に増える。それでなくても中学生同士の性行為が増えているのだ。この「14才の母」のドラマは、親としては子供には見せられない、見られるのがつらくて仕方がない。という声が相次いで起きている。きれい過ぎ内容のドラマ。格好いいせりふ、未希(志田未来ちゃん)が言いすぎる。お花畑のハッピーエンドで終わってしまったあっけない最悪のエンド。日本テレビ、最悪で罪は重い。

○ 追跡21世紀最大超問題作「14才の母」批判 志田未来ちゃんの演技力の高さを生かしてバッドエンドにすればこれは全国の中学生へ非常に強い自己抑制のメッセージになっていた。この辺が微妙なとこだ。これが例えば勢いだけの我儘な人物像だったりすると、もう少し違った感想を持つんでしょうが、14才の母となった志田未来ちゃんに、ここまでしっかりした意思、考え方を持たせると全国の中学生が納得させられてしまう危険性もでてくる。大人でもこんなにしっかりした考えを持ってない人いっぱいるのだ。個人的に感じたこととしては、1話分を延長させる必要性はあまりなかった。ましてや、今回を20分も拡大させる必然性はなおさら感じなかった。欲を張って、1話延長せずに前回あたりを拡大版でハーフバッドエンドで締めくくらせれば印象がよくなり名作の仲間入りをしていたように思う。「14才の母」では井上真由子さんの脚本は弱くて個性が生きていなかった。最終回、未希が戸籍の話をする場面はもう分かりきったことだ。無駄なことを描きすぎと思えた。また、次の瞬間には腑に落ちない部分もあったりで、トータルで見るとモヤモヤしたまま終わったドラマだった。ドラマに寄せられている多くの批判をある程度汲み入れようということで、一ノ瀬家の周囲の人たちの目線を入れて、同じ年頃の娘には影響が強すぎる、子どもはどうやって産まれてくるのかと子どもに聞かれて困っているという台詞があった。個々は納得できるが、描き方がインパクトが弱く、これはまさに、このドラマに対する指摘に他ならない。とりあえず、その言い分も分かるよ、ということはアピールしつつ、でも、それじゃ、ドラマにならないんだよ、という作り手側の一種のジレンマも垣間見えた気がする。最終回の内容はこれまでやってきたことの総おさらいみたいな印象で、論が堂々巡りしていたように思う。「14才の母」の感想。このドラマは最悪のハッピーエンドで終わり多く奈反発が起きている。これでは「中学生で出産してもいい」勘違いする中学生が確実に増える。それでなくても中学生同士の性行為が増えているのだ。この「14才の母」のドラマは、親としては子供には見せられない、見られるのがつらくて仕方がない。という声が相次いで起きている。きれい過ぎ内容のドラマ。格好いいせりふ、未希(志田未来ちゃん)が言いすぎる。お花畑のハッピーエンドで終わってしまったあっけない最悪のエンド。日本テレビ、最悪で罪は重い。結局日テレは視聴率稼ぎが狙いだったと非難が相次いで起きている。プロの産婦人科医として若年妊娠を見続けてきた医師にドラマの感想を聞くと私は何か心が晴れない。中学2年生の未希(志田未来ちゃん)が15歳の恋人(三浦春馬君)との間で妊娠してしまうという衝撃的なドラマだったが、このような作品の影響力の大きさは計りしれない。 たった一度であっても、セックスが行われれば妊娠や性感染症を引き受けるという教育はおざなりでありながら、結果として起こった妊娠に対しては、突如として「愛」だの「命の大切さ」だのと強調するメディア。これが怖いのだ。プロの医師に聞くと診療の場でもよく見受けられる光景です。中学生はめったにないが高校生のカップルに「妊娠」を告げながら「どうするの?」と問いかけると、決まって返ってくる言葉が「中絶!」。教育的な意味合いも込めて「中絶しか選択肢はないの」と尋ねると、「だって僕たち高校生ですよ。産めるはずがありません。経済力もないし、育児には自信がない」と。「君たちが高校生だってことは今に始まったことではない。妊娠する前から、セックスする前から高校生なのだ。妊娠したからといって急に高校生になるのはおかしくはないか」と諭すように語りかける医師の言葉の虚しさを私も感じる。「人間なんてそんなものです」と言ってしまえば元も子もないが、これではあまりにも無責任だ。ドラマの採り上げ方だけでなく展開についても十分に配慮はされていたが、内容は現実とが学校の教師や家庭、プロの産婦人科医と賭けかなれていた。私は「14才の母」を反対者の立場から毎週見てビデオも前11話録画した。公式掲示板には反対なら似なくていいという書き込みが見られたが反対意見が掲示されない掲示板であることをいいことにして多くの反対者の視聴者に対してあまりにもこの書き込みは失礼だ。14才で妊娠出産があってはいけないと思います。美希(志田未来ちゃん)のような中学生や高校生が10万人に達すると日本は1兆2000億円もの予算が要り日本は崩壊してしまうのだ。この書き込みは公式掲示板は載せなかった。日本テレビの掲示板は社会的責任を問う投稿は載せないんですね。これはおかしいことです「女王の教室」とは何か状況が違いすぎる反対派の意見は受け付けていないのだ。なお近所の主婦達の状況を聞くと「14才の母、学校で話題になっているか」聞いたがあまり話題にならないとのこと。見たいかどうか聞いたら、はじめ見たいと言っていたけど、夜10時からだというので、見なくていいといいました。ほっと安心です。良かったです。他の方のブログや日記を見ましたが、親はたいていできれば見せたくないという日記が結構目に付いた。結構健全な家庭が多いようで安心した。良識ある人たちからも非難の声が上がっている。自分の子供がかってに、こんな書き込みをしていると知ったら、普通の親は嘆き悲しみ激怒する。やはり「14才の母」は視聴率稼ぎとはいえ対鳥がインパクトが強すぎ超過激すぎる。

○ 21世紀最大の超問題作「14才の母」批判  なお近所の主婦達の状況を聞くと「14才の母、学校で話題になっているか」聞いたがあまり話題にならないとのこと。見たいかどうか聞いたら、はじめ見たいと言っていたけど、夜10時からだというので、見なくていいといいました。ほっと安心です。良かったです。他の方のブログや日記を見ましたが、親はたいていできれば見せたくないという日記が結構目に付いた。結構健全な家庭が多いようで安心した。良識ある人たちからも非難の声が上がっている。自分の子供がかってに、こんな書き込みをしていると知ったら、普通の親は嘆き悲しみ激怒する。やはり「14才の母」は視聴率稼ぎとはいえ対鳥がインパクトが強すぎ超過激すぎる。スポンサーの視聴率稼ぎにも呆れて物も言えない。私たちのようなドラマ反対派も意見を出すには番気見ないと出せない。ここにもスポンサーは漬け込んでいる。このドラマの話題の超過激な主人公を演じている志田未来ちゃんはどんな子なんだろうか調べてみると恐るべき事実が覚醒した。インターネットで最新情報が入り一番信頼性があるフリー百科事典 『ウィキペディア(Wikipedia)』で志田未来ちゃんを調べると「『14才の母』の収録が終わったあと、母親役の田中美佐子と更衣室 で着替えていたときに、突然パンツ1丁で自作の歌を歌いながらおかしな踊りを踊り出したことがある。」これは志田未来ちゃんが普 通の中1とは思えない面がある。普通の中1は私も良く離しているがまだ子供であり純真なものである。志田未来ちゃんは数万人に一人の超過激思想の子役で入浴シーンや水着写真も多くでており全裸になることなど平気で羞恥心もまったくない怖い子役である。志田未来ちゃんはこのままAV女優になってしまう恐れは十分にあるのだ。清純路線を望んでいた多くのファンはがっかりしているのだ。「3年B組金八先生」のモデルになった教師が日本共産党の推薦で選挙に出馬して落選したことがある。中学生で子供を産むことが当時、ドラマを通じて描かれ、社会的に注目されたが、いかに大衆に浸透しながら家庭崩壊を進めるかが日本共産党をはじめとする無神論的唯物論の本性だ。テレビ業界ではいかに視聴率を上げ、社会現象を起こすか。視聴率が結果であり、すべてがテレビ局の世界だ。「14才の母」では井上真由子さんの脚本は弱くて個性が生きていなかった。最終回、未希が戸籍の話をする場面はもう分かりきったことだ。無駄なことを描きすぎと思えた。また、次の瞬間には腑に落ちない部分もあったりで、トータルで見るとモヤモヤしたまま終わったドラマだった。ドラマに寄せられている多くの批判をある程度汲み入れようということで、一ノ瀬家の周囲の人たちの目線を入れて、同じ年頃の娘には影響が強すぎる、子どもはどうやって産まれてくるのかと子どもに聞かれて困っているという台詞があった。個々は納得できるが、描き方がインパクトが弱く、これはまさに、このドラマに対する指摘に他ならない。とりあえず、その言い分も分かるよ、ということはアピールしつつ、でも、それじゃ、ドラマにならないんだよ、という作り手側の一種のジレンマも垣間見えた気がする。最終回の内容はこれまでやってきたことの総おさらいみたいな印象で、論が堂々巡りしていたように思う。「14才の母」の感想。このドラマは最悪のハッピーエンドで終わり多く奈反発が起きている。これでは「中学生で出産してもいい」勘違いする中学生が確実に増える。それでなくても中学生同士の性行為が増えているのだ。この「14才の母」のドラマは、親としては子供には見せられない、見られるのがつらくて仕方がない。という声が相次いで起きている。きれい過ぎ内容のドラマ。格好いいせりふ、未希(志田未来ちゃん)が言いすぎる。お花畑のハッピーエンドで終わってしまったあっけない最悪のエンド。日本テレビ、最悪で罪は重い。結局日テレは視聴率稼ぎが狙いだったと非難が相次いで起きている。来年は14才以下の出産が2005年の42件を超えるととんでもない非難が出る。『5年経っても私まだ19だよ?いくらでもやり直せるよ』っていう未希(志田未来ちゃん)の言葉、甘すぎます!やっぱり安易です。安易すぎて腹が立ちます。はじめ智志(三浦春馬君)の母(室井滋)は嫌いでしたが、今は智志(三浦春馬君)の母(室井滋)ほうが未希(志田未来ちゃん)の母(田中美佐子)より現実的だと思うようになった。中学生が子供を産む事を美化・助長する内容で見るに見かねる一番最悪な単なるハッピーエンドである。障害はあったけど、最後は全部美化。一日で病気も治る安易さ産婦人科医に問うと「一ヶ月に及ぶ戦いもある本等の産婦人科医や小児科医の苦労を描いてほしかったとプロの意思からも非難がでている。「14才の母」は非難がでるエンディングで高視聴率で幕を閉じた。中学生が妊娠してどうのこうのと言う話の番組だが、高視聴率だっただけに多くの反対派も見ており「困っています」という声が高まっている。これをベースにした未成年が実際に14とかそこらの年齢で出産してその後をいろいろ話を聞くドキュメンタリーチックな番組「14才の母 もう独りの14才の母 ドキュメント」という番組が番組放送前にあったがどうにもこうにも未成年の妊娠出産を賛美している。

★批評 大志尊徳さん。
コメントというのは、その方の意見を長文にわたって載せるものではないと思います。
複数のブログにコピペなさっていますね。
内容的には、真面目に書かれていますが、この
感じでいらっしゃるなら、ご自分でブログを開設なさったらいかがですか?

追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート「14才の母」は予告編で早くも無事出産が流れてしまった。難産になることは予想できるしかし社会的反響を考えれば(昨今国家による道徳的規制が異常だ)14才以下の出産は2005年は42件あったが、生まれた17人の新生児が一ヶ月以内に死亡しで25面しか生きていない。42件の中には死産は含まれていないのだ。おぎゃーと産まれて半数近くはすぐに死ぬのだ。未希(志田未来ちゃん)は運のいい方に入ってしまった。このように、ふつうに産まれては未青年に産んで育てるのもいいなと思わせてしまう。中学生出産、推奨番組となり増加傾向にある中学生の出産をさらに増やしてしまうのだ。そうなれば、大きな社会問題としてとりあげられ今後の番組製作に世論におされ自主規制がはいることは充分考えられる(子供向き漫画の性描写も自主規制)。死産でもそこに至るまでの真摯な命や男女の性の大切さは描写完了できる。また未希(詞だ未来ちゃん)が退学ではなく休学という伏線は未来が学校に生きて戻ることも表している事もドラマが一気に壊れることも表している。編集長、波多野卓(北村一輝)がアフリカ難民の子供を撮影し社会に問掛けていた過去がこれからどう関連してくるか大きいだ。波多野卓(北村一輝)の言葉をドラマに中に生かしてほしい。この物語「14才の母」のテーマは「命は誰のものか?」ということだ。未希(志田未来ちゃん)はこう言っている。「わたしはわたしを選べるかな?・・・だってわたしだけの子供ってわけじゃないね・・・誰が親とかなんとかじゃなく、1人の人だもんね・・
・」これがおおきなドラマのポイントにならないといけない。つまり、どちらかの命の選択となり、産むかどうかは「母親と赤ちゃんの意思で決める」ということが大切なのだ。母子ともに危険な状態になったとき、赤ちゃんから何らかのメッセージががる。どんなメッセージかは分からんが(ここが来週はクライマックスにならないといけない)ただそれで未希(志田未来ちゃん)が決断することは確実にいえる。赤ちゃんが「生」を選んだから、自分は「死」を選ぶと。少なくとも安産でないのは公式よめばわかるが。実際は会えてよかったと無事出産している。話は11話の中で第9話でいよいよ出産となっている。無事出産ラストは美希(志田未来ちゃん)が学校に復活でき智志(三浦春馬君)と結ばれることも決定して。パピーエンドの伏線が撮られているだけに許せないのだ。「14才の母」は難産で子供の命か未希(志田未来ちゃん)の命かの選択を迫られる。悩んだ挙句、父(生瀬勝久)が未希(志田未来ちゃん)の命を選択するが本人は子供の命を優先して産婦人科医が未希(志田未来ちゃん)意思を尊重して子供の命を選択する。子供は無事に生まれて子供を見て「会いたかったよ」と言い残して未希は容態が急激に悪化して死亡する。母(田中美佐子)のナレーション「未希、あなたの命は続いていく…」でミスターチルドレンの「しるし」が流れ「♪ダァリィン~~ダァァァァリィィィン~~~」で字幕が上がるラストとなってはじめて名作になる。安産、認知、超大団円だから大きな問題が14才の母には残るのだ。これに美希の叔父(河本準一)の妻に高年齢出産があると「コドモのコドモ」のテレビ化だったと非難が出る。またドラマがはじめの予告とは似ても似付かぬ方向に流れ、ドラマが回を追うごとに内容が軽くなり、明るくなり現実離れしたのも残念である。脚本家やプロデューサーの弱さも出ている。今後はこのような中学生に出産を推奨する問題ドラマを制作しないでもらいたい。脚本自体に無理があったのだ

★まりりんさん:

>そしてまた1人、未希の味方が増えるのであった
てな感じですね(笑)

うまい!!そんな感じがしました。桐ちゃんを怒鳴った時に、もう未希を認めていましたから。
おかしいまま終りそうですね。

★みょうがの芯さん:

>あの屋上でのシーンは全部桐ちゃんにぶつけたかった言葉なのに・・・・。

叫んだのをきいて、スッキリしましたね。でも、まだ色々渦巻いてます。


★大志尊徳さん:
確かに、このドラマは、話のすり替えがありました。未希の子供について、初めはかなり、静香派もありましたが、いつの間にか、命は尊い派が増えて、経済力もない中学生に子育てをさせるように進んでいきます。これをおかしいと言えないのは、もっとおかしい事だと思いました。

★キッドさん:
>男が泣いていいのは
母親が死んだときだけ
そんなの寂しくありませんか?失恋した時でも泣けないじゃないですか!
静香は、智志が、自分から離れるのが、恐いのでしょうね。息子を溺愛していたから、ずっと支配していたいのだと思います。

mariさん、こんばんは!

>一人で生もうとしているバカ女のほうがよっぽどましだ
改めてここのところのセリフを読んで思ったけど、未希は確かに、夫はいないけど、両親にぬくぬくと守られているから、静香が智志を1人で産んで育てたのとは全然違いますよねえ。でも、編集長には既に未希への同情心が芽生えてるってことですね。

そしてまた1人、未希の味方が増えるのであった
てな感じですね(笑)

ほんとに来週出産するんでしょうかね?私は、さ再来週とのまたぎのような気がするのですが。。。

では、またよろしくお願いします~!

急激に脚本が弱くなり、内容も軽くなる
追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート「14才の母」は13歳のまだ子役の志田未来ちゃんが中学生の妊娠や出産を演じてるからインパクトが強くて次のドラマの展開が気がかりになり、意外性で次はどうなるのだろうと言う期待感が視聴率を高めてきたがドラマは後半になって急激に脚本が弱くなり、内容も軽くなり、非難が多くなっている。こんな内容で「かけがえのない命を大事にしなくちゃ。」と言う命の大切さはマンセー意見しか受け付けない公式掲示板の書き込みを見る限りあるとは限らない。書き込み見るとみんなマイナスの方向に行っているのだ。子どもは皆に祝福されて望まれて生まれてきたほうが幸せに決まってる。自分が生まれることによって誰かが不幸になった子どもは不幸になるケースが多いのだ。だから性欲に負けて無責任にセックスするのは、最悪最低の人間のすること。猿以下。経済力もないくせに子どもを作るなんて、ただの無責任の馬鹿。と伝えるメッセージは前半はあったが後半は両親が未希(志田未来ちゃん)の出産の肯定に回り、両親は反対、未希(志田未来ちゃん)の見方は叔父(河本準一)と言う考え方はドラマが始まり吹っ飛んでおり予告編であった叔父(河本準一)が言っていた「生めばいいじゃないか未希は祝福されて生まれてきたんだろう」と言う場面もカットされてしまった。ドラマは大きくどこかで脚本が変わっているのだ。これでは、セックスして出産するから「14歳の母」それだけの母。子を育てて躾る母とは違うことに不快感を感じる人が増えているのだ。このドラマでは公式掲示板毛は反対派の意見は受け付けないから賛否両論の意見が出きないが公式掲示板以外は大きな非難が大量に出ているのだ。女性週刊誌や番組の掲示板で、書かれている意見を読んで、「そうだよなあ」と思ったのが、「両親に経済的余裕があるから、娘の出産を許せるんだ」という意見。これは親の考えが安易すぎる。どう考えてもこのドラマには、経済的観念がスコーンと抜けている気がしてなりません。未希(志田未来ちゃん)のような中学生や高校生が10万人に達すれば経済的に日本は崩壊してしまうのだ。世間の風当たりもぜんぜんきつくない。たまに、近所の人のひそひそ話や白い目で見られる場面が出てきても、基本的に、主人公の周りにいる人間は、彼女の出産を受け止めているワケになる。ちょっと明るすぎない?って思うことがおおくなっている。 金八先生のときは、ジェンダーフリーや過激な性教育が猛威を振るっていた時代だから良かったが今の時代は許されないことがいっぱいなのだ。そんななかで、来週はいよいよ、出産です。赤ちゃんは無事に生まれてくることが、もうサイトには、すでに来週の予告が載ってしまった。許せないドラマになった。せっかくの「14才の母」を名作に描ききれなかったのはプロデューサー(村瀬健)や脚本家(井上真由子)にある。未希(志田未来ちゃん)が復学。高校卒業後 智志(三浦春馬君)と結婚 このまま家でぬくぬく子育てだったらままごとと同じドラマになるのだ。名作となるには、難産の末、赤ちゃんは産まれる。赤ちゃんは無事だか未希(志田未来ちゃん)の容態は悪化。そして未希(志田未来ちゃん)の最後の言葉。「産まれてきてくれてありがとう。会いたかった……。お母さん(田中美佐子)、私きっとこの子を愛するために生まれてきたんだね」それから15年後、未希(志田未来ちゃん)の写真に向かって、一人の少女が言う。「お母さん。私今日から高校生になるよ。とうとうお母さんを追い越しちゃったね。お母さん、あの時私を産んでくれてありがとう」この少女こそ、美希(志田未来ちゃん)が自分の命と引き換えに産んだ子供であた。………………完。と言う内容なら今の中学生へ本等の「命の尊さ」のメッセージとなり名作となるが予告編により名作となる可能性はなくなった。「14才の母」はもう9話で完結したといっていい。

あの屋上でのシーンは全部桐ちゃんにぶつけたかった言葉なのに・・・・。
未希は勝気過ぎる・・・・。

mari様、こんばんは。
男が泣いていいのは
母親が死んだときだけ
マザコンという言葉がなかった時代育ちの
キッドが言うのもなんなんですけど
やはりキリちゃんの母は
少しビョーキです。
波多野は今回少し正気をとりもどしたような
感じで描かれていますが
そんな自分に少しとまどっていたようです。
わが子がかわいいのはビョーキとは
言えませんが、
親はみんなそうなんだということを
忘れてしまうと
社会そのものがビョーキになると
キッドは思います。

★かりんさん:
>そもそも行為をしたのも産むと決めたのも衝動的だったせいかあとに何が襲ってくるかを読めてないようですね。

おかしいですよね。あんなに簡単に決めて、世間の荒波に!なんて、ちゃんチャラおかしいと思いました。どんなにタイヘンかは、途中で切り上げないで、シッカリ若者にわかるように、啓蒙してくれると、嬉しいです。


★きこりさん:
>加奈子とはまた違った形で智志のことを愛してるんですね。

でも、自分のことを言えない押さえつけの愛情だったのが残念です。だから、市ノ瀬パパに、男は語尾をちゃんと言いなさい!と注意されていましたね。


★お気楽さん:
>ほんと静香と波多野の方が正しい!!

切れないでくださいね(笑)私のほうが先に切れそうですから。
波多野は未希に付き添うのでしょうか?


★ろーじーさん:
>静香と波多野が一番現実的なことを言っているのかも?!

もし私の親だったら・・・と考えると、意見ナゾ聞いてくれなくて、未希のようには甘やかしてはくれなかったと思いました。

★くうさん:
>息子が精神的に自分から独立していく事を恐れる桐原の母の様子が痛々しかったです。

男の子の母は、女の子の母と違うようですね。
くうさんは、キリちゃんを、感じてましたね。女子のほうが子供を生む性なので、精神的にも強いと言われています。でも、あまりに幼すぎます。まだ親の庇護の元に居たい年だから、この設定は無理ばかりですね。


★まこさん:
>ちょっとクサいシーンではありましたが
屋上での未希の絶叫は、やっと本音を吐いたなと
すっきりしました(笑)。

私も!あの年で、泣かなかったり、憧れなかったら、精神的に壊れていますよ。それでもまだ、もやもやが・・・


★みのむしさん:
>その分出産育児の大変さを描いていってほしいですね

そうなんですよ。全てが中途半端だから、このドラマまとまりませんね。14歳で妊娠したら、生みなさいと教えているみたいに、感じているのは私だけではないと思うんです。だから、設定が間違えたと思います。


★ミマムさん:
>静香の気持ちに一番共感してしまう私っていったい…(汗)

ミマムさんも、家庭での現実と捉えると、加奈子のようにはなれませんよね。あまりに生々しいから、どう感想を入れたらと、なりました。
静香の絶叫がこたえますね。

ある意味、静香と波多野が一番現実的なことを言っているのかも?!
未希が妊娠して産む、と決まってから
周囲の生活も段々狂い始めたような感じですし。。
近所の目も痛々しいですね。。Y(>_<、)Y

ほんと静香と波多野の方が正しい!!やっぱり、どう考えても産ます親が悪いよね・・・。

>母の愛ですね。加奈子とはまた違った強さのある人です。
今まで静香にいい印象を持てなかったんですが
初めて、息子への強い愛情を感じました。
加奈子とはまた違った形で智志のことを愛してるんですね。

mariさん、こんばんは!
そもそも行為をしたのも産むと決めたのも衝動的だったせいかあとに何が襲ってくるかを読めてないようですね。だから今頃になってみんなに祝ってほしいと羨ましさが募っているようです。今後はもっと厳しいのよ・・。でも泣かないし、一人で頑張るんだもんね。

波多野が智志にバシッと言った言葉に「その通り!」と思ってしまいました(^^;)
静香の気持ちに一番共感してしまう私っていったい…(汗)

桐野親子のことまだひっぱるつもりなのかなぁ?
と思ったり・・・
もうここまできたら、未希の話一本でいけばいいのになぁなんて思ってしまいますね。
その分出産育児の大変さを描いていってほしいですね。

ちょっとクサいシーンではありましたが
屋上での未希の絶叫は、やっと本音を吐いたなと
すっきりしました(笑)。

息子が精神的に自分から独立していく事を恐れる
桐原の母の様子が痛々しかったです。
室井さん、さすが。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/12873308

この記事へのトラックバック一覧です: 《14才の母》 第8話:

» 14才の母 第8回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『二つの命…どちらを選ぶ?』 [続きを読む]

» 『14才の母』 第8回 「二つの命…どちらを選ぶ?」 メモ? [つれづれなる・・・日記?]
どうも、まったり感が強くなってきた気がしないでもないですが・・・。 次回は、ついにメインイベントみたい。 [続きを読む]

» 【14才の母】第8話 [見取り八段・実0段]
何だか、全然違うドラマになっちゃって。まぁ、予感は始めっからしてたけど。まるで、最初から愛し合い想い合っていたかのような2人。電話での、お互い相手に心配をかけまいとする強がった会話が切ない。。。。最初から、そういうドラマだったら、問題なかったと思うんだ...... [続きを読む]

» 「元気にしてるか・・・元気かぁ」と志田未来は言った。 [キッドのブログinココログ]
「俺、ちゃんとするから、すぐには無理だから、いつか、ちゃんとするから」と志田未来 [続きを読む]

» 14才の母 第8話:二つの命…どちらを選ぶ?」   [あるがまま・・・]
波多野さん、立ち会うのか?(゚ロ゚;) あのまま、病院についてく羽目になるんでしょうね〜。 そして、未希の出産を目の当たりにして、波多野がどんな風に感じるんだろうか? てか、まだ産み月には少し早いんですよね?母体をとるか赤ちゃんをとるか? みたいな展開になるのかなぁ。どっちにしても悔いが残る・・・ 一番いいのは無事、赤ちゃんが生まれる事だけれども、はてさて?どんな展開を 持ってくるんだろ? 今回、ちょっと男らしい�... [続きを読む]

» 14才の母 8 [Simple*Life]
おお。もう8ヶ月になっちゃったよ。ありゃりゃ。 すごいね。 14歳は成長期で体力やそういう面からも不安が沢山ある。 なるほど~。そうなんですね。 ふと思ったんですけど、成長期に赤ん坊を育てるということは その栄養の大部分を赤ん坊に取られてしまうというこ...... [続きを読む]

» 「14才の母」の話8 [のらさんのうだうだ日和]
「14才の母 愛するために 生まれてきた」 [OFFICIAL SITE] 第八話・「二つの命…どちらを選ぶ?」(視聴率17.3%、平均視聴率17.99%)んっ?あれ?お腹が痛い。まさか、妊娠!?って、んな訳ねーだろ!オラ♂だ!(誰の子だよ!)今流行りのノロウイルスだろうか?(テレビで言っとった!)お腹に来ちゃって大変だったのさ!(今は全快!)的場春子(高畑淳子)「おはよ!」一ノ瀬未希(志田未来)「あっ。」的... [続きを読む]

» 14才の母 第8話 [塩ひとつまみ]
目線を変えて見ることにしたはずなのに、今回この第8話を見終わって 忘却の彼方に行ってしまったような喪失感に似たこの感情は何なんでしょうか(汗) 未希が14才ではなくて、さらに今までの経緯に共感していれば きっと違った... [続きを読む]

» 14才の母 第8話 「二つの命…どちらを選ぶ?」 [テレビお気楽日記]
ベットの中で目覚める未希(志田未来)。春子先生(高畑淳子)から、あなたもお腹の赤ちゃんも大丈夫だと聞き安心するのでした。コート着たまま寝てるのね。 静香(室井滋)の会社が倒産しそうだと新聞を加奈子(田中美佐子)に見せる忠彦(生瀬勝久)。夜逃げする所に出っくわした事....... [続きを読む]

» 14才の母 第8話  〜志田未来 もうすぐ14才の母〜 [くつろぎ日記]
これがあんたを産んであんたの名前つけて歯を食いしばってあんたを育ててきた人間よ。 [続きを読む]

» 14才の母 第8話  〜志田未来 もうすぐ14才の母〜 [くつろぎ日記]
これがあんたを産んであんたの名前つけて歯を食いしばってあんたを育ててきた人間よ。 [続きを読む]

» 「十四歳の母」第八回 [トリ猫家族]
 急な痛みで病院へ運ばれた未希(志田未来)、大事には到らなかったが 血圧が高いので入院して経過を見守ることになった。 未希のことを心配する加奈子(田中美佐子)は的場先生(高畑淳子)に 「万が一の時は未希の命を助けて下さい」と頼む。 「私は両方助けるつもり....... [続きを読む]

» ・日テレ「14才の母」第8話感想 [たまちゃんのドラマページ]
2006年11月29日(水)、日本テレビで「14才の母」第8話「二つの命…どちらを選ぶ?」が放送されました。第8話も、簡単感想をアップします!うーん、私の場合は、ぶっちゃけ、感情移入も出来ないまま、ただ、「今後どうなるのかな?」で、見ているだけのドラ....... [続きを読む]

» 14才の母・第8話 [めざせ生活向上!]
14才の母・第8話。 看護士役の女性は西野妙子だそうです。kaba.ちゃんなどとユニットを組んでいたd.o.s.のメンバー。 出していた曲も baby baby baby だったし、ベイビーつながり... [続きを読む]

» 14才の母 第8話「二つの命・・どちらを選ぶ?」 [Happy☆Lucky]
第8話「二つの命・・どちらを選ぶ?」 [続きを読む]

» 14才の母(第8話) [霞の気まぐれ日記]
「彼のことは金輪際、一切忘れなさい!」 そんなこと言われてもなぁ。 忘れなきゃいけない、ってわかってても、 そんなのやっぱり無理だと思う。。。 もう会わない約束をした2人ですが、 今でももちろん、お互いの事を気にかけています。 ◆入院したミキ。 ◆家に帰れず、..... [続きを読む]

» 14才の母 8話〜二つの命…どちらを選ぶ?〜 [アンナdiary]
今回は桐ちゃん親子のシーンに泣いてしまったのでした〜〜〜〜(涙)うぇ〜ん!桐ちゃんの「ただ。。。幸せになりたいんだ」のひと言にぐっときちゃいました。そして波多野さん!私はかなり好きです(笑)ホストでも医者でも萌えなかったのに(笑) [続きを読む]

» 14才の母:第8話 [日常の穴]
もしものとき、未希と赤ん坊のどちらの命を優先するのか。 加奈子はもちろん我が子・未希の命を守りたい。 未希は「選べない」という。 自分を犠牲にしてでも子を産みたい。 母性とはそういうものなのだろうか。 私にはわからない。 14才という若さで出産する、しかも赤ん坊の父親はいないという未希の状況で、赤ん坊の命を優先するという選択肢はあり得るのだろうかと疑問に思う。 さんざん産みたいと主張してここまできたのに、赤ん坊だけ残してサヨウナラというのは無責任この上ないのではないかと。 も... [続きを読む]

» 「14才の母」第8回 [気ままにいきましょう!]
『二つの命…どちらを選ぶ?』 [続きを読む]

» 14才の母 〜秤〜 [zenの日記]
前回… 雪の中で倒れた未希… ミ(ノ;_ _)ノ =3 コテッ!! そして夜逃げするきりちゃんたち… エライコッチャの14才の母第8話!! 今までのお話はこんな感じ(^^) 一話14才の母 (;ΦДΦ)マ〜ジ〜デ〜 二話14才の母 妊娠×家族=エライコッチャヽ(´Д`;≡;´Д`)丿エライコッチャ 三話14才の母 やってしまいました(ノ ̄□ ̄)ノ┻━┻ 四話14才の母 もう迷わない(`・ω・´)シャキーン 五話14才の母 バイバイ…(;ω;) 六... [続きを読む]

» 14才の母 第8話 [Gecko's Cyber Cafe]
『14才の母』第8話「二つの命…どちらを選ぶ?」 未希(志田未来)は腹痛を起こして的場クリニックへ。 春子(高畑淳子)から体に問題があることを告げられて入院することになる。 静香(室井滋)の会社が倒産することを知り、加奈子(田中美佐子)と忠彦(生瀬勝久)は驚..... [続きを読む]

» 14才の母 【第8話】 二つの命…どちらを選ぶ? [THE有頂天ブログ]
「昔で言うところの夜逃げ」って…。 今は夜逃げって言わないのか?(笑) ■14才の母 「第8話」あらすじ  入院した未希(志田未来)の血圧が高く、母体と胎児の両方に悪影響が及ぶ可能性があると判明。加奈子(田中美佐子)は、万一の場合、未希の命を優先してほしいと春子(高畑淳子)に頼み込む。一方、会社が倒産の危機に陥った静香(室井滋)は、必死に金を工面していた。二カ月が経過し、妊娠八カ月の終盤に入った未希は、春子の許可を得て自宅に戻る。未希の元には、知らせを聞いた香子(山口紗弥加)や恵(北乃... [続きを読む]

» 「14才の母」第八話 [みょうがの芯]
腹痛で倒れた未希は、治療のために入院をしました。 [続きを読む]

» 「14歳の母」第8話(救える命の決断は誰も苦渋の決断になる) [オールマイティにコメンテート]
29日ドラマ「14歳の母」第8話を視聴した。第8話は未希が妊娠7ヶ月目に入り、出産に向けた入院とその中で出産する事とは?のエピソードが描かれていた。 [続きを読む]

» 14才の母 第8話 評価“彼方へ。星3つ” [ハマリもん]
だ~か~ら~、未希はそんな危険な身体なのに、そういう服装はやめなさいってば!! [続きを読む]

» 14才の母・第8話 [あずスタ]
このドラマはストーリーであれこれ考えるよりも、 [続きを読む]

« 《僕の歩く道》 #08 | トップページ | 《Dr.コトー診療所》◇第8話 »

最近の写真