無料ブログはココログ

« 《14才の母》 第7話 | トップページ | 《家族~妻の不在・夫の存在》 #06 »

2006/11/23

《Dr.コトー診療所》◇第7話

生きる!』(あらすじ)HPより
坂野ゆかり(桜井幸子)は、お腹の調子が悪いと診療所で胃の検査を受けた。コトーこと五島健助(吉岡秀隆)は検査結果を知らせるために、ゆかりと夫の坂野孝(大森南朋)を診療所に呼ぶ。ゆかりの胃には悪性の腫瘍ができていたのだ。コトーの言葉に動揺する坂野と対照的に、ゆかりは冷静に手術を頼む。緊張する仲依ミナ(蒼井優)と和田一範(筧利夫)をコトーは、それほど難しい手術にはならないだろうと励ました。

 数日後、ゆかりの手術が始まる。開腹してみると、ガン細胞が広範囲に広がっており、手がつけられない状態。やむなく術式を切り替えて手術を終え、コトーは坂野に事実を告げる。余命3カ月を宣告され、坂野は愕然。坂野は真実を隠そうとするが、ゆかりは夫の様子がおかしいことに気付き・・・。ゆかりの病状を聞き、星野正一(小林薫)ら島民たちもショックを受ける。一方、東京では、原剛洋(富岡涼)が土産を渡そうと、彩佳のアパートを訪れ…。
     ***************
コトー先生の苦渋の診断。ゆかりの手術は、結局患部の通過障害を軽減するため、バイパス手術をし、そのまま塞いだだけだった。もって、3ヶ月と宣告を受けた坂野は、廊下に出て泣いた。どうしようも無い時、人は泣くこともできませんから。

坂野の態度からゆかりは自分の状態を悟った。私の命です。あとどれくらい生きられますか?あぁ、つらい・・・
ハルエさんが、ゆかりを見舞うと、何を頑張れば良いのかと、食って掛かられてしまった。その帰りに、急に出血し、動けないハルエを猟師仲間が、診療所に抱えてきた。外は嵐だった。
出血もおさまってきて、正常分娩になり、少し早めの出産となった。ゆかりの隣にハルエが入院。悪いねと言うハルエに、赤ちゃんを抱かして欲しいと頼むゆかり。チカは未熟児で生まれたから、保育器の中で大きくなったため、抱かしてもらえなかった。赤ちゃんを抱いて「
これが命の重みね」と初めて腕に感じで居たゆかりだった。

翌日、ゆかりは、抗がん剤の治療を始めてくれと、コトーに頼んだ。どんなに辛くても、チカが字を覚えて私に読んでくれるまで生きたいと。コトーに生きてください!なにが何でも。あ~、厳しい。
医者としてできることが限られてさらに苦しいコトー先生。

剛利から、、抗がん剤は髪の毛が抜けるのか?彩佳は具合が悪いのか?両親は知っているのか?答えられないコトー。剛洋がお土産を持っていって、見かけた彩佳が、とても具合が悪そうで声が掛けられなかったと、父に話し、父は、直接コトーに聞いた。答えられないコトー。
来週はさらに大変そうなコトー先生ですね。

*****
今までの感想 
第6話 第5話 第4話
          第3話 第2話 第1話

« 《14才の母》 第7話 | トップページ | 《家族~妻の不在・夫の存在》 #06 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
TBありがとうございました。
ゆかりさん、病状が思わしくなくつらいですね。
手術で治らないなんて、コトー先生も成す術がないです…。
一日も長くちかちゃんのために生きてほしいですね(;_;)

>私の命です。あとどれくらい生きられますか
本当辛いシーンでしたね。
ゆかりさんの性格が穏やかなだけに、余計に悲しいです。千賀ちゃんが無邪気なのも又、辛いです。

でも、彩佳さんの状態が気に成ります。

こんばんは。
今回はとても辛い展開でしたね。
ゆかりさんが春江さんの産んだ赤ちゃんを抱かせてもらう場面と、千賀ちゃんの言葉に泣けました。

来週はもっと辛い展開になりそう。。。
ゆかりさんの命は救えないのでしょうか…。

ほんとに辛い!!コトー先生はよく一人で全てを背負えるなぁと感心してしまいます。ゆかりさんは来週もっと大変そうですが、少しでもいい方向に行って欲しいなぁ!!

こんにちは。
今週もお邪魔します~^^

ゆかりさんに大変な事実が発覚しましたね。
チカちゃんだって、まだあんなに小さいのに…。
これからの抗がん剤治療は、決してあまくないものですもんね。
最後にコトー先生が言った「どんな状況になっても自分は生きるんだ、と思い続けてください」の言葉は、とても重く感じましたし、ゆかりさんはこれからもっと辛い思いをすることになるんだろうな、ということがわかりました。
命の重さを改めて感じたストーリーでしたよね。

なんだってあんなにゆかりさんを
苦しめるんだぁぁ!って
原作者を恨みたくなってしまいましたよ。来週もまたつらい展開みたいですしね。
たっくもーーー。腹が立っちゃいます。(ノ_・。)

コトー先生も、また。。。顔に出すぎ(-_-;)
あれじゃ即バレますね。
あんなに若いのに。。。来週はもっと大変な
事になりそう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/12799218

この記事へのトラックバック一覧です: 《Dr.コトー診療所》◇第7話:

» 【Dr.コトー診療所2006】第7話 [見取り八段・実0段]
東京では、彩佳が1人ガンと闘っていた。コトーと電話で会話する彩佳は、精神的に不安定で不安が見える。家族に病気の事を話した方が良いと説得したコトーだったが、彩佳にその意志は無いようだった。島では、ゆかりの身体にガンが発見され、手術では切除できない事が解っ...... [続きを読む]

» Dr.コトー診療所2006〜第7話・桜井幸子 [一言居士!スペードのAの放埓手記]
Dr.コトー診療所2006ですが、今回は桜井幸子の話でした。桜井幸子のゆかりさんは、島の中心人物というわけではなく、今までもたまにしか出て来なかったわけですが、胃ガンに侵されているわけです。 ゆかりさんを診察したコトー(吉岡秀隆)の表情は険しくなりますが、この段階ではまだ切除可能と思われていたわけです。(Dr.コトー診療所2006、第7話感想、以下に続きます) サイズ:Mサイズ(身丈70cm×身幅52cm×袖丈20cm) \2,625 (税込) ... [続きを読む]

» Dr.コトー診療所2006 第7回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『命の期限』 [続きを読む]

» Dr.コトー診療所2006 第7話「命の期限」 [TV雑記]
医療関係者というのは。 普段医療に従事しているだけに。 いざ、自分が病気を患って、病院にお世話になることがあった時。 どうしても「病人としてではなく、医療関係者としての目線」で考えてしまうんだそうで。...... [続きを読む]

» Dr.コトー診療所2006 第7話 「命の期限」 [テレビお気楽日記]
急に両親に話せと言われた事でコトー(吉岡秀隆)に不信感を抱く彩佳(柴咲コウ)。今度の治療が順調に進めばオペもうまくいでょうと言うコトーにキレる彩佳。どうしてそなん事言い切れるんですか?うまくいくだなんて。そんな事誰にも分からないでしょ?先生だけは分かってくれ....... [続きを読む]

» Dr.コトー診療所2006 第7話 [オタク戦隊3バるカん]
ああ…ツボを押さえた良いドラマだなぁ…・°・(ノД`)・°・ 泣かせドラマの王道を行く展開に、涙腺緩みっぱなし! コトーのもとにやってきたのは、陸自のヘリをチャーターして出産という中々無い経験をした坂野夫妻。 胃への違和感を感じるというゆかりさんを案じての来... [続きを読む]

» 「Dr.コトー診療所2006」第7話 [日々“是”精進!]
しゅくだいゆかりが悪性の腫瘍だと分かる。ゆかりはコトーに手術を頼むが・・・。一方、妊娠している春江が畑で倒れ、緊急手術が始まる・・・。生きることとは?命の重さとは?今回はゆかりメインの話。ゆかりにガンが発覚!コトーが手術することになるも、ゆかりは既に末...... [続きを読む]

» Dr.コトー診療所2006 第7話 ホントにつらい [レベル999のマニアな講義]
内容ゆかりさんを検査して、ガンだと判明する。軽く思っていた状態が、手術してみると手のつけられない状態だった。その頃、出産間近の。。。うううううんんんん。確かに、感動で涙ものなんだが(;´_`;)ちょっと、ヤリスギじゃないのかな???ゆかりさんが余命3ヶ月を...... [続きを読む]

» Dr.コトー診療所2006 6 [Simple*Life]
カテゴリーの順番を変える機能がついて変えたんだけど 普段のくせでつい(順番的には今の映画の場所)に カーソルを合わせてしまう。(;^_^A アセアセ・・・ 今回はゆかりさんの回でした。 前作のドラマであんなに大変な思いをして出産したのに またこんな試練を与えるなん...... [続きを読む]

» Dr.コトー診療所2006・第7話 [〜蛇とジャック〜ブログ]
数日前に、ワンナイで「Dr.コトー診療所」をパロった「Dr.コサー診療所」というものを見ました(笑)小堺一機さんがコサー先生(笑)で、なぜか「北の国から」の五郎までも出ていて、しかも「ルルルル」ってキタキツネを呼ぼうとしたらブラックデビルが現れたりとか(・∀・....... [続きを読む]

» Dr.コトー診療所2006第7話 [日々雑用]
命の期限:悲劇の三重奏(;_;)昌代・彩香・ゆかり志木那 [続きを読む]

» Dr.コトー診療所2006 第7話 [ドラマの話をしてみよう]
あー・・・、癌だったのか・・・_| ̄|○ しかも余命3ヶ月って・・・(-_-;) ようやく原親子の方が片付いたと思ったらこれですからねぇ。 しかもゆかり(桜井幸子)は前に放送されてた時に出産で大変な思いをしてるんですよねぇ。 追い討ちをかけるのか・・・。 彩香(柴崎コウ)も剛洋(富岡涼)に見られたようですが、声をかけれなかったということは、状況はよくなさそうだし・・・。 実際コトーと電話で話してても精神的にまいってるなぁという印象。 ゆかりを絡めて、彩香の両... [続きを読む]

» Dr.コトー診療所2006 第7話 [あいりぶろぐ]
 「Dr.コトー診療所2006」第7話を見ました。  質が高く良いドラマだとは思うものの、感動して涙ボロボロという回と、そうでもない回との波が結構あったんです、このドラマ。前シリーズを見ていないことも少し関係しているのかも知れませんが…。  しかし、今日の話...... [続きを読む]

» Dr.コトー診療所2006(第7話) [霞の気まぐれ日記]
今回はゆかりさんが・・・。 しかも、もう手遅れという、最悪の状態に。。。 自分の病気のことを聞いた時、 娘の騒ぐ声を聴いて、思わず涙するゆかりさんの姿が辛すぎました。。 「私は何をがんばればいいの?」 そういうやり切れない気持ちになるのは当然ですよね。 自分..... [続きを読む]

» Dr.コトー診療所2006  第七話 [ちょっと変な話]
●キャスト 五島健助/吉岡秀隆 星野彩佳/柴咲コウ 和田一範/筧利夫 仲依ミナ/蒼井優 星野正一/小林薫 安藤重雄/泉谷しげる  原剛利/時任三郎 坂野孝/大森南朋 坂野ゆかり/桜井幸子 ●主題歌 中島みゆき ●関連書籍 Dr.コトー診療所 全... [続きを読む]

» Dr.コトー [娘達のバレエ日記]
子供が絡む話にめっきり弱い私ですが今夜のコトー先生はマジ号泣でした子供達のためにつらい事も頑張れるそれが母親なんですよね最近、わが子に手をかける事件が続いてますがとっても信じられない話ですただ一つ願わくばわが子に手をかけた事を悔やんで欲しいという事ですさ... [続きを読む]

» Dr.コトー診療所(7) [テレビっ子の毎日]
「Dr.コトー診療所」第7話、見ました。 初っ端からツライ展開でしたね(T_T) 彩佳(柴咲コウ)との電話でコトー先生(吉岡秀隆)は衝突します。 家族への告知問題、難しいです。 障害が残っているお母さん(朝加真由美)とその介護をしているお父さん(小林薫)に伝えるの..... [続きを読む]

» 『Dr.コトー診療所2006』 第7回 「命の期限」 メモ [つれづれなる・・・日記?]
あの状況で、あと3ヶ月は・・・。一日でも長くって思うよ。 あの笑顔は見たいって思うし。 [続きを読む]

» 『Dr.コトー診療所2006』第7話 [ドラマのようにはいかんなぁ。]
遅くなりましたが、 『Dr.コトー診療所2006』第7話の感想です。 公式HP→http://www.fujitv.co.jp/kotoh/index2.html ≪ストーリー≫ 朝。 コトーは診療所の屋上で昨日の夜のことを思い出していた。 **... [続きを読む]

» Dr.コトー診療所2006 7話 [頑張る!独身女!!]
冒頭から彩佳(柴咲コウ)とコトー先生(吉岡秀隆)のやり取り重いです。二人の気持ちが分かるから余計辛い。コトー先生が優しく言えば言うほど、彩佳は心とは裏腹に反発してしまう。多分、反発しないと、病気に自分に潰されそうで怖いんだと思う。本当はコトー先生に甘えたいのに・・・... [続きを読む]

» 「Dr.コトー診療所2006」第7話 [三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常]
期限を突きつけられた命とそれに寄り添う命。 生まれてきた命の重さがかすかな光を灯していく。 「Dr.コトー診療所2006」第7話 [続きを読む]

» Dr.コトー診療所2006 ★第7話★ [フジテレビのドラマ@情報室]
Dr.コトー診療所2006 第7話。「医療と命」の重い問題が投げかけられたお話。今回スポットが当たったのは坂野夫妻(大森南朋、桜井幸子)です。桜井幸子さんって、もう随分女優生活長いのに、変わりませんね。NHK朝ドラのヒロイン役が、十四年前。もうそんなに経つんですね。で、お話のほうは、辛く悲しい現実です。ゆかりさん(桜井幸子)は胃がんで、余命三ヶ月を宣告されます。まさか~、ドラマの中の話でしょ、で済まされる問題でもないんですよね。私の身近な周囲でも、今までに二十代と三十代で、友人と先輩がともに癌で亡く... [続きを読む]

» Dr.コトー診療所2006 第7話 『命の期限』 [Kのドラマ依存症的ぶろぐ]
観ててつら〜い回でした。 坂野のところの嫁さん・ゆかりが胃癌だと判明。 同様する夫・孝と、冷静なゆかり。 手術を開始。 レントゲンを見る限り転移がないと思っていたコトーだったが、開腹したら手のつけられない状態でバイパス手術に切り替えるしかなかった……....... [続きを読む]

» 「Dr.コトー診療所2006」第7話 [fool's aspirin]
や…やっと「コトー」の感想。もう日曜だっつーの! ところで、コトー先生ってばエコー買ったんすね。 「志木那島にはエコーもないのか」などと書いて ごめんなさい! しかし、今回は辛くて辛くて いろいろ考えさせられる回だった。 まだ体調は100%ではないので、 「アカネ」の感想は明日になると思います。 情けない〜 [:ポロリ:] ... [続きを読む]

« 《14才の母》 第7話 | トップページ | 《家族~妻の不在・夫の存在》 #06 »

最近の写真