無料ブログはココログ

« 《のだめカンタービレ》◇#7 | トップページ | 《僕の歩く道》 #08 »

2006/11/28

《役者魂!》 #07

(あらすじ)HPより

本能寺海造(藤田まこと)は、3人の娘のうち誰かに自分の家で暮らしてもらい、福田桜子(川島海荷)、福田忠太(吉川史樹)の面倒を見てもらおうと考える。そして、烏山瞳美(松たか子)と子供たちを伴い、まずは、長女を訪ねる。長女は、会社を経営する夫と城のような豪邸に住んでいた。本能寺は事情を話し協力を求めるが、家の外に作った子供など関係ないと言われる。
次に、IT企業の社長と結婚し、豪華なマンションに住む次女を訪ねるが、本能寺たちを見るなり小切手を差し出し、帰ってくれと冷たく言う。本能寺は、さらに、次女から三女・美津子が自分に相談もせずに結婚を決めていることを聞き、ショックを受ける。
その後、本能寺の引退公演となる「リア王」の準備が進み、顔合わせが行われた。瞳美は、演出を担当する社長・柳沢光春(香川照之)から、「リア王」の概要を聞かされ、ハッとする。老いた国王・リアが、3人の娘たちに裏切られるという展開が、本能寺に今起きている事態に、そっくりだからだ。しかし、「リア王」では、三女だけは、父親を愛し、誠実に接するという。これを知った瞳美は、本能寺に三女に会おうと言う。とまどいつつも、三女・美津子に電話をかける本能寺。その夜、本能寺美津子(紺野まひる)が、妊娠8ヵ月のお腹で本能寺家へやってくる。
     ***************

まるで、”リヤ王”を地で行くような海造と娘たちだった。それを知った瞳美は三番目の娘に期待した。巧くすれば、桜子と忠太の面倒を見てくれると。上二人にはけんもほろろに追い返されて、末娘には、勝手に結婚を決められて、すっかり頭にきた海造は、電話を掛けて、怒鳴って一方的に切った。

海造は、瞳美に言われて、三女美津子に電話した。現れたのは妊娠8ヶ月になったおおきなお腹を抱えた娘だった。父親は居ないと彼に言ってあると言われて、海造はどうしても怒鳴ってしまった。父親役を演じたことが無い海造にとって、話し合いはできなかった。

海造の引退公演は、金が無くて、会計の護は、出演者をオーディションで、それも金を取ってほんの一部が合格。採算は取れたようでそれだけでも瞳美は嬉しかった。

片や護の父と、リサの父が提携したことから、二人の結婚が浮上した。する気は兄と断った護に、私を知らないな、と言われ恋の炎がめらめらと、燃えていた。おそろしや~!

瞳美が、桜子に押されるように、海造の家に押しかけ、家族として、住み始めたが、3日にして崩壊。

この家族はどうなるのでしょか?
初めから、雰囲気が独特で、好きなドラマですが、どうもテンポが、まったりで、乗りかけたと思うと、はぐらかされます。

*****
今までの感想
#06 #05 #04 #03 #02 #01

« 《のだめカンタービレ》◇#7 | トップページ | 《僕の歩く道》 #08 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

★まこさん、こんばんは。
>父との思い出も少なく、そんな母を見て育った娘達が、よそでつくった子供を受け入れるはずないですよねぇ。先生も考えが甘いなぁ~。

役者バカとはよく言ったものです。役者を辞めると、途端に世間の冷たい風が吹き荒れるようで。
上の娘2人は玉の輿って、言っても言葉使いは、三女が一番まともでしたね。瞳美は、楽になるのでしょうか?

昔から、本能寺さんてば芝居一筋だったんですねぇ・・・
奥様はどんなにか苦労された事か!
父との思い出も少なく、そんな母を見て育った娘達が、よそでつくった子供を受け入れるはずないですよねぇ。先生も考えが甘いなぁ~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/12859930

この記事へのトラックバック一覧です: 《役者魂!》 #07:

» 役者魂! 第7回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『本能寺vs.できちゃった結婚』 [続きを読む]

» 役者魂!第七回「本能寺VSできちゃった結婚」 [TV雑記]
最初のオーディションのシーンに温水洋一さんが出てましたね。 なんでも友情出演だとかで。 あの一瞬だけなのに濃いインパクトを残しますねえ。 ……バラエティであのキャラかと思うと、役者さんって化けるんですねえ。 流石温水洋一。 ...... [続きを読む]

» 役者魂! 第7話 リア王とロミジュリのその後 [レベル999のマニアな講義]
内容護のアイデアでリア王の『有料』オーディションが始まる。そして、演出が社長と決まっていく。一方、桜子と忠太のことで本能寺は、3人の娘の誰かと一緒に暮らしてもらおうとする。だが。。。今回は、かなり練り込まれていますね。途中の瞳美の『心のセリフ』がすべて...... [続きを読む]

» 役者魂! 第7話:本能寺VSできちゃった結婚 [あるがまま・・・]
えっ( ̄ω ̄;)!!3日と持たなかった? 何で???瞳共々、桜子&忠が先生の自宅で暮らす。これが一番いい方法だと思ってたのに{/ase/} 子供たちを自宅に引き取って、娘に面倒をみさせる。←いやぁ〜、普通に考えても これって相当自分勝手ですよね{/face_ase2/} 本能寺の3人の娘達は、自分達が幼い事から芝居一筋で父親らしい事をしてくれなかった事を 恨みに思ってたらしい・・・ましてや、浮気して出来た子の面倒�... [続きを読む]

» 『役者魂!』 第7回 「本能寺vsできちゃった結婚」 メモ [つれづれなる・・・日記?]
今回はリア王・・・をまねた家族の話がメイン・・・なのかな? [続きを読む]

» 役者魂! 7話 [petit signal]
公式サイト:役者魂! 過去の回の感想はこちら。 1話 2話 3話 4話 5話 6話 本能寺海造(藤田まこと)は自分の3人の娘の誰かが、自分と一緒に暮らし、子供たちの面倒を見てもらおうと考えた。 烏山瞳美(松たか子)と福田桜子(川島海荷)、忠太(吉川史樹)を伴って長女の家に行くと、まるでお城のような豪邸で暮らしていた。 海造が事情を話したが、家の外に子供を作るなんて!と、冷たく断られてしまう。 次にIT社長と結婚し、高級マンションで暮らしている次女を訪ねた。 けれども長... [続きを読む]

» 役者魂!(11月28日) [今日感]
3人の娘とまったく家族の体をなしていなかった本能寺。「リア王」へのオマージュです。 シェークスピアに徹底していますね、好きです、こういう脚本。 [続きを読む]

» 役者魂! 第七回 『本能寺vsできちゃった結婚』 [Kのドラマ依存症的ぶろぐ]
もう役者個人を楽しむって感じになちゃってるかな、私的には。 兼ね、お松さんと香川さん(笑) 今回はリア王になぞらえたお話。 ちなみにリア王とは、シェイクスピア作の悲劇で、四大悲劇の1つ。 なんとも言いがたい作品で、リア王が判断を間違ったのが原因って感...... [続きを読む]

» 役者魂!vol.7 [ita-windの風速計]
■役者魂!脚本/君塚良一出演/松たか子、森山未來、加藤ローサ、川島海荷、吉川史樹濱田マリ、富岡晃一郎、前川泰之、香川照之、藤田まこと第7話本能寺VSできちゃった結婚http://www.fujitv.co.jp/yakusha/index2.html2人の子供たちの面倒を見て貰おうとして、藤田まこと...... [続きを読む]

« 《のだめカンタービレ》◇#7 | トップページ | 《僕の歩く道》 #08 »

最近の写真