無料ブログはココログ

« 《たったひとつの恋》 #06 | トップページ | 《のだめカンタービレ》◇#6 »

2006/11/19

NYフィルハーモニック(11月5日)

『ニューヨーク・フィルハーモニック』
音楽監督:ロリン・マゼール

今週は、ずっかり風邪をもらい、もっと早くアップするはずが、ドラマの感想だけでアップできませんでした。

11月5日 東京オペラシティーコンサートホール

プログラム

序曲「謝肉祭」op.92
     ドヴォルザーク

ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.35
 
   チャイコフスキー
    Ⅰ A
llegro moderato-Moderatoassai
         Ⅱ Canzonetta:Andante
         Ⅲ Final:Allegro vivacissimo
  ヴァイオリン:リディア・バイチ

幻想交響曲op.14
       Ⅰ 夢・情熱
   Ⅱ 舞踏会
   Ⅲ 野の風景
   Ⅳ 断頭台への更新
   Ⅴ ワルプルギスの夜の夢

アンコール
   
ビゼー アルルの女 より
   アダージェット
      ファランドール

私は、特にクラシックに詳しいかと言うと、全く逆です。昔、ゲーテの言葉を読んで、”一流に接している”と本物がわかると言うのがありました。

今回NYフィルを聴いて、このオーケストラは、言語がしっかりしている感じでした。歯切れがよいのです。
これで、私の中では、ウィーンフィル、ベルリンフィル、の次がNYフィルになりました。 

« 《たったひとつの恋》 #06 | トップページ | 《のだめカンタービレ》◇#6 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

★タイガーさん、敬礼♪

>フィラデルフィア交響楽団とかも好きですが、指揮者に夜と衣ありますよね。 のだめの影響で、昔聴いてたクラシックCDを出してきたりしています。

フィラデルフィア、私も好きです。聴きました♪
またごそごそ探し回って、しまいましたが、クラシックは、少なかったです。のだめに影響されて、またお店で捜します。

おお!つい目についたので読ませて頂きました。

NYフィルといえば、レナード・バーンスタインの指揮が有名でしたが、かなり大昔ですよね。 懐かしいです!

私はドボルザークが大好きで、よく聞いていたんですよ。 もちろんNYフィルでも。
個人的には、シカゴ交響楽団。フィラデルフィア交響楽団とかも好きですが、指揮者に夜と衣ありますよね。 のだめの影響で、昔聴いてたクラシックCDを出してきたりしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/12747658

この記事へのトラックバック一覧です: NYフィルハーモニック(11月5日):

» アコースティックギター [アコースティックギター]
アコースティックギターが注目されています。エレキギターと違い1人で演奏できる気軽さも人気の理由の1つです。アコースティックギターが奏でる柔らかい音色が聴く人の心を惹きつけます。アコースティックギターは電子楽器と違いモデルチェンジがありません。 [続きを読む]

« 《たったひとつの恋》 #06 | トップページ | 《のだめカンタービレ》◇#6 »

最近の写真