無料ブログはココログ

« 《不信のとき~ウーマン・ウォーズ》最終話 | トップページ | 【オペラ】アイーダ »

2006/09/23

【オペラ】フィガロの結婚

モーツァルト作曲
「フィガロの結婚」

Mozart "Le Nozze di Figaro"
字幕付原語(イタリア語)上演

フィガロはいよいよ恋人スザンナと婚礼の
日を迎える。伯爵は奥方の小間使いであ
る彼女に邪(よこしま)な想いを寄せ、あの
手この手でモノにせんと企んでいる。一方
小姓ケルビーノは夫の愛が離れ寂しげな
伯爵夫人に熱を上げ思わぬ展開に。
伯爵は屋敷の男連中や借金のカタにフィ
ガロに結婚を迫るマルチェリーナと手を組
み婚礼阻止を図る。それが効を奏してか、
遂に伯爵はスザンナから闇夜への誘いを
受ける。それを知った新郎フィガロの怒りは?
(全4幕)

二期会公演の「フィガロの結婚」を観賞してきました
9月18日、渋谷 Bunkamuraオーチャードホール

満員でした。そこここに、テレビでお目にかかった方たちも見えてました。

内容は、皆様良くご存知だとお思いますので、当日の感想を。
私が感じた伯爵(黒田博)は、かなりのエロキチでしたが、それをコミカルに演じて、かなり笑わせてもらいました。伯爵夫人(佐々木典子)のソプラノのが素晴らしかったです。伯爵に顧みられない奥さんの悲哀が良く出ていて、策略で、また、自分のほうを向かせることに成功したときは、嬉しかったです。

小姓ケルビーの(林美智子)は、狂言役ですが、颯爽とした若武者で、宝塚的な、人でした。人気は一番でしたね。

さて、23日は、”アイーダ”に行きます。

« 《不信のとき~ウーマン・ウォーズ》最終話 | トップページ | 【オペラ】アイーダ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

★mikiさん、こんばんは。
あのコミカルさは、初めてのオペラの方には、お勧めですね。楽しいのがいいです。
曲もなじみがあるのは強みです。

こんにちは mariさん

「フィガロの結婚」この前に行って来られたと聞いて
第2幕の「恋とはどんなものかしら」の
ボイケサペーテ~~♪の曲が頭にずっと浮かんでいます(笑)

最初の「序曲」も聴けば誰でも分かる曲なのですが。。
オペラ本当に楽しいですよね♪
”アイーダ”は劇団四季の方で観て良かったのですが
東京はバレエもオペラも色々とするので羨ましいですね☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/12002560

この記事へのトラックバック一覧です: 【オペラ】フィガロの結婚:

« 《不信のとき~ウーマン・ウォーズ》最終話 | トップページ | 【オペラ】アイーダ »

最近の写真