無料ブログはココログ

« 《結婚できない男》 #4 | トップページ | 《下北サンデーズ》第三回公演 »

2006/07/26

《PS羅生門》 #4

取調室の悪魔vs心理捜査官!あと1人死んでいる』(あらすじ)
閉鎖中の図書館から女性の遺体が発見された。現場の状況から、別の場所で殺害され、そこに運ばれた可能性が高い。留美(木村佳乃)は司法解剖に立ち会うが、気を失って倒れてしまう。留美が意識を取り戻すと、すでに容疑者として大星(佐戸井けん太)が捕まっていた。大星は借金の返済に追い込まれ、むしゃくしゃしていたと犯行の動機を説明するが、凶器のひもをどこに捨てたか覚えていないという。黒田(舘ひろし)は、大星が土壇場で自供をひっくり返し無罪を勝ち取ろうとしているのではないかと推理。一方、プロファイリングが得意な弓坂(森本レオ)は、大星が過去にも殺人を犯しているとにらむ。

     ***************
被害者の検視解剖で途中で失神した留美。だれでも、初めは同じと慰められた。
遺留品を見ていた留美が、何かが足りないと、考え出した。両親も駆けつけて、親子関係が途中で失われたことに、憤りを覚え、留美は母親が刺繍したハンカチを探しだした。

プロファイラーによって、もう一人、被害者が要ることに気づいた、黒田たちは、それが、天使のような女子高生ユイではないかと捜し始めた。街のゴミのような人たちまで、立ち直るきっかけをくれたユイを皆が知っていた。同級生や、親友が羅生門署に捜索を言ってきたが、少年課の係は話を聞いて、処理済みにしていた。

裏社会の公開捜査をしてみてもユイは見つからなかった。
ユイの祖父を介護していた実態や、毎日の行動を見ていると、ここで大星の手にかかったのかと、少しめげますね。

静岡で、朦朧状態で、地元の人に助けられた。

羅生門署のキャストにだんだん親しみを覚えます。

《PS羅生門》 #1 #2 #3  ←はこちら

« 《結婚できない男》 #4 | トップページ | 《下北サンデーズ》第三回公演 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

★Geckoさん、こんばんは。
楽しい写真をありがとうございました。
あんなふうになっているんですね。
入り口がこっているなぁと思ったら、
ハリボテとは(トホホ)

ロケをしていなくて残念でしたね。

★きこりさん、こんばんは。
キャストに、寂しい人が多いでね。
それでもけなげに事件を解決していく意欲はすごいですね。
魅力的な人が多いから、もっとはじけてくれるといいですね。

こんにちは(*゜▽゜)ノ
「PS羅生門」のロケ地に行って写真を撮ってきました☆
ドラマの撮影はしてなくて残念です。

羅生門のメンバーのしょってる事情が少しづつ見えてきましたね。
このドラマちょっと消化不良のようなところもあるんですが、人間を描こうとしているところに好感が持てます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/11110090

この記事へのトラックバック一覧です: 《PS羅生門》 #4:

» PS羅生門 第4話&警視庁東都署ロケ地 [Gecko's Cyber Cafe]
警視庁東都署ロケ地に行って写真を撮ってきましたヽ(゚∇゚*)ノ ここは東都署の正面玄関部分です。 ここに、いかつい門のセットを貼り付けて撮影してます。 今日は「PS羅生門」の撮影はしてなくて残念です。 このロケ地はテレ朝の「富豪刑事」の警察署や、映画の「半落..... [続きを読む]

» PS−羅生門−警視庁東都署 第4話 オシい感じかな(^。^) [レベル999のマニアな講義]
内容殺人事件発生。いきなり容疑者の身柄を確保したモノのかなりクセモノの殺人鬼だった。。確かに、コレまでと比べ『ほんの少し』だが、面白く見ることが出来た。『確かな物証』がなければ、公判維持が難しい。それを逆手にとり、用意周到な容疑者。『ハンカチ』『ユイ』...... [続きを読む]

« 《結婚できない男》 #4 | トップページ | 《下北サンデーズ》第三回公演 »

最近の写真