無料ブログはココログ

« 【テレビ】クロサギ #05 | トップページ | 【テレビ】てるてるあした #5 »

2006/05/13

【テレビ】マチベン(ファイルNo.6)

真実がこわいですか?』(あらすじ)
涼子(江角マキコ)が殺人未遂で逮捕された。神原(山本耕史)らは、涼子が八重子(森下愛子)に会ったのは四谷事件の真相を探るためであって、彼女を殺そうとするはずがないと推測。だが涼子は何も語ろうとせず、担当検事の松尾(沢村一樹)の前でも黙秘を続ける。裁判が始まり、弁護を担当する神原は涼子の無罪を主張。しかし涼子自身は無罪を主張しない。接見室で神原に問いただされた涼子は、八重子の父親の保(竜雷太)が犯人となって服役している四谷事件の真相を探るためだと答える。そのころ、法律事務所には八重子の娘の友香(谷村美月)が訪れていた。何か言いたげな表情を見せながら無言で帰ってしまった友香を不思議に思った浦島(中島知子)は、彼女の家を訪ねる。
          **********          **********
今夜は。7時からの研修会で空腹のまま先ほど帰宅。お弁当を食べながら後半だけライブで見られました。

拘置所へえびす堂の全員が大きな風呂敷包みを持って涼子に接見。
「僕たちができるすべてです。これをどう判断するかは先生が決めてください。」いずれにしても、深川再審を訴え続けていた涼子には、痛みを伴うことです。最後まで見届けなくてはならないはずです

深川保の孫の友香がえびす堂を訪問。裁判が気になったとしか言わなかった。翌日浦島が友香を訪ねた。同じことを繰り返す友香に、勉強しているの、偉いねぇ、とほめると「幸せにならないといけないから。勉強して偉くなって、誰にもバカにされず、誰にも脅されず幸せな人にならないといけないから」裁判には来ないようにと八重子から言われていた友香が、原告質問のとき顔を出した。驚く八重子。親として命を賭けて友香を守ろうとするさまは、切ないです。友香は、自らが犯した罪を償わなければ、幸せになれないはずです。母親に言われた通りに答える友香もずっと悩んでいたのですね。

深川保は、17年前の横領事件で、有罪判決を受けたことで法廷を恨んでいた。大田事務所の大田は、執行猶予を勝ち取るためと保を信じないで強引に裁判を進めた。結果前科が付いてしまった。その時と同じようにすれば、孫を庇って自分が罪をかぶるのはた易いと大田に言った。こんなことが起こってはいけないと、ドラマにしているのですよね!

真実を迫る、涼子。保の冤罪を信じてきた結果、今こうして深川と向き合うことができた。黙秘していたのは、真実を明らかにすることである人を傷つけるのではないかと恐れたからです。でもその人は私の弁護人に言いました。すべてを話して、本当のことを言わせて欲しい。どうか真実を教えてください!答えは私が土井さんを殺しました。誰かが罪を償う機会を失ってもですか!考えてみてください、誰か罪を償うことも許されず、うそを重ねて生きていかねばならない辛さを!

« 【テレビ】クロサギ #05 | トップページ | 【テレビ】てるてるあした #5 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

☆ミマムさん、こんにちは。
とても考え込んでしまうドラマでした。記事にしても、果たしてこれでよいのかどうか?
また悩むので、その時感じたのがこうだったと思うことにしました。
裁判は起訴された罪状に対してのみの審議から、判決が出されるわけですが、ドラマはその過程での個人の気持ちが細やかになっているため、見ごたえがあリましたね。
出来たら、また同じ顔ぶれでの、SPを見たいものですね。

こんにちは。
mariさんの記事、言葉を読ませていただいて、またさらにこのドラマが訴えたかったこと、「こんなことが起こってはいけない」というメッセージに込められたものを振り返って考えることができました。
なかなか深いものがあるドラマで見応えがありましたね(^^)
トラバ&コメントありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/10046188

この記事へのトラックバック一覧です: 【テレビ】マチベン(ファイルNo.6):

» マチベン 第6話(最終話) [まいにちおきらく!]
あー、見入った。すごくしっかりと見入ってしまうドラマでした。 今回で最終回なのは... [続きを読む]

» 「マチベン」最終話 [日々“是”精進!]
ファイルNo.6「真実がこわいですか?」(最終話)涼子は八重子への殺人未遂容疑で逮捕された。神原らは八重子の自作自演と推測するが、涼子は一切を語ろうとせず、担当検事となった松尾の前でも黙秘を貫く。裁判が始まっても無罪すら主張しない涼子は神原に詰め寄られるが...... [続きを読む]

» 【ドラマ雑感】NHK土曜ドラマ・マチベン (ファイルNo.6/最終回) 「真実がこわいですか?」 [気ままなNotes...]
 NHK土曜ドラマ・マチベン◆世界を股にかけて活躍する渉外事務所の花形弁護士たち、そして一流企業との顧問契約を優先する巨大事務所、そして「マチ(町)弁」と呼ばれる数人単位の中小事務所…。  弁護士・天地涼子(江角マキコ)を中心とした、ある小さな法律事務所の個性的な4人のマチベンの姿を通して、現代の弁護士たちの仕事ぶり、喜び、怒り、悩みにリアルに迫る。  「本当の正しさはどこにあるのか?」「人を救うとはどういうことなのか?」とい... [続きを読む]

» マチベン 最終話 [どらま・のーと]
『真実がこわいですか?』 天地涼子(江角マキコ)は殺人未遂で逮捕された。神原(山本耕史)らは、涼子は、四谷事件の真犯人は、深川八重子(森下愛子)ではないかと思っているので八重子を殺そうとするはずはなく、八重子の自作自演だろうと推測するが、涼子自身は一切を..... [続きを読む]

» マチベン 6話「えび、どう?」 [あっちゃん語録]
天地、深川八重子殺人未遂で法廷に立たされることになった。 もちろん、無実。しかし、黙秘。 どうするの〜〜〜〜? 明らかに冤罪なのに。 [続きを読む]

» マチベン 6話「えび、どう?」 [あっちゃん語録]
天地、深川八重子殺人未遂で法廷に立たされることになった。 もちろん、無実。しかし、黙秘。 どうするの〜〜〜〜? 明らかに冤罪なのに。 [続きを読む]

» マチベン 最終話 [試香雑記]
「幸せにならなきゃいけない」たとえ嘘をついて、人を罪に陥れても・・そんな義務、高校生の女の子には重すぎる。智香(谷村美月)のほんとうの幸せって。先週、殺人容疑で捕まってしまった天地涼子。その時、智香の涙を見た天地は、彼女が四谷事件の犯人だと悟る。株で失...... [続きを読む]

» マチベン 第6回 [ALBEDO0.39]
HHK 土曜ドラマ マチベン 真実がこわいですか?(第六回 最終回) また、手紙を書いてくれますか? ついに最終回 久しぶりに泣けました・・・ 罪名罰条 殺人未遂 刑法 第230第199条 何故彼女が法廷に被告人として立っていたのか それがわかった最終回... [続きを読む]

» ドラマレビュー マチベン 最終話 [きまぐれぶろぐ]
「私こうやって逮捕されて、やっと深川と同じ場所に立てたのかもしれない。」天地は法廷で無罪を主張しなかった。 「私はこれまで真実は全て明らかにするべきだと思っていた。それがどんなに痛い真実であっても。でも今は違う。怖いの。真実が。」 孫の友香さんが犯人なのだろうか。深川は真実を抱いて刑務所に入っている。 天地は被疑者でありながら、深川の証人尋問をする機会を与えられる。深川は四谷の事件は自分がやったと証言していたが、天地の深川に対する思いから、法廷の場で泣いた。友香さんが殺したのだが、正当防衛にな... [続きを読む]

» ドラマレビュー マチベン 最終話 [きまぐれぶろぐ]
「私こうやって逮捕されて、やっと深川と同じ場所に立てたのかもしれない。」天地は法廷で無罪を主張しなかった。 「私はこれまで真実は全て明らかにするべきだと思っていた。それがどんなに痛い真実であっても。でも今は違う。怖いの。真実が。」 孫の友香さんが犯人なのだろうか。深川は真実を抱いて刑務所に入っている。 天地は被疑者でありながら、深川の証人尋問をする機会を与えられる。深川は四谷の事件は自分がやったと証言していたが、天地の深川に対する思いから、法廷の場で泣いた。友香さんが殺したのだが、正当防衛にな... [続きを読む]

« 【テレビ】クロサギ #05 | トップページ | 【テレビ】てるてるあした #5 »

最近の写真