無料ブログはココログ

« 【テレビ】7人の女弁護士(第4話) | トップページ | 『熱狂の日』音楽祭2006 »

2006/05/04

【テレビ】弁護士のくず 四話

死者の声!冤罪の真犯人』(あらすじ)
高校の体育館で妊娠中の女子生徒が殺され、交際していた山村(斉藤慶太)が容疑者として連行された。九頭(豊川悦司)と武田(伊藤英明)は国選弁護人として事件を担当。だが無実を主張する山村の証言はあいまいで、ふざけた態度で言い逃れをしているとしか思えない。武田は弁護方針を決めかねる。そんな中、九頭は別件の関連資料のアダルトビデオを見て大騒ぎ。あまりの無神経さに怒った武田は、九頭と組みたくないと言いだす。一方、被害者の父の猪狩(平田満)はテレビの取材を受け、涙ながらに山村の非を訴えていた。猪狩に会った九頭は、彼の首筋に傷あとを発見する。

          **********          **********
おや、金四郎さんが、パチンコ屋に!
今日の始まりは、パチンコですった九頭を急いでいるからと自転車に二人乗りをしていたら、ミニパトの婦警に叱られた。

今日のキャバクラは、”ニューヨーク”。武田は、どうして僕はこんな所にいるんだ、と自責の念にとらわれていた。おまけに寝坊して、全部九頭のせいだ~!と叫んでいた。
酔っ払ってクダ巻いていたが、翌日九頭は山村がやっていないと言うのは、信じないわけにはいかないと、殺人現場、被害者宅と回った。そこで猪狩の左首筋に引っかいた傷跡を見た。
一人で山村に接見した。

武田は、山村の信じてくれという叫びに、どう対処していいかわからない。九頭は、また被害者宅まで行き、母親に、ご主人を信じているのかと聞いた。

真犯人がいるのでは?との問いに、トイレから出てきた九頭が、猪狩吾郎といった。この裁判で負けたいのか!、武田が「一番傷ついている遺族に!」と叫ぶ。九頭は、「誰の弁護士なんだ!」武田は「裁判はゲームではない。」九頭は「裁判は勝ちゃぁいいんだよ。」「弁護士としての正義感は無いんですか?」「正義なんていうのはな、勝ったやつが後からひねり出す屁理屈だ。」「もうあなたには、付いて行かれません。」
被害者は、生前アダルトビデオに出ていた。そこで語られたことは、山村には通じなかった。武田は、山村に掴み掛かったが、九頭は、山村を窓から乗り出させて、「手を離していいのか!」と聞いた。
冤罪を晴らしたけれど、気分は良く無かったですね。高島さんが、真実は時には残酷だ。というのが、よーく判ります。

今までの感想です。

   1話   

   2話 

   3話

« 【テレビ】7人の女弁護士(第4話) | トップページ | 『熱狂の日』音楽祭2006 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

☆ads(あず)さん、こんばんは。
>女性はもちろん、男性も不満げな人が多いようで・・・。
山村が、どうしようもない男だったのと、義父が、道徳観念のない男だったのが、くずのハチャメチャより悪さが上だったせいでしょうか?その悪さを裁けないから余計に暗くなりました。

☆s2hさん、こんばんは。
TB&コメントありがとうございました。
早速消させていただきました。

コスプレは、毎回すごいなぁ!と思いながら見ています。かなり気合を入れているそうですよ、あの場面!

弁護士の仕事自体が華々しい物ではないのがわかるのですが、被告の裁かれている罪状が問題になるのです。被告の人格までは、踏み込めないので、見ているほうが腹が立ちますね。

mariさん、こんにちは。
見応えはあったんですけど、
やはりテーマは重く、どうもスッキリしませんでした。
女性はもちろん、男性も不満げな人が多いようで・・・。

すみません、2重にトラックバックしてしまいましたので、削除願います。
今回は重苦しい事件でしたが、今まで扱った事件が軽かったとも言えるのではないでしょうか。
コスプレキャバクラは、ネタが尽きないかどうかちょっと不安です。

☆きこりさん、こんばんは。
たしかに、コスプレのキャバクラも
武田と一緒じゃ、暗くなります。
寂しい回でしたが、もうネタが
無くなったのでしょうか?

☆かりんさん、こんばんは。
くず先生どうしたのでしょうね。
お金が無いからいつもの
傍若無人ぶりが見えないのでしょうか?
来週ははじけてほしいですね。

☆まりりんさん、こんばんは。
依頼人の権利を優先するのが
代理人である弁護士の務めです。
それでも、見ていると、被告の
権利は守られるけど、被害者は
どこかに追いやられてしまうのが
許せません。

今回は全体的にまじめな感じでしたね。
いつもの軽さがなくてちょっと寂しいかな~
武田にとっては勝っても嬉しいときばかりじゃないってわかった貴重な事件でした。

mariさん、こんにちは!
今回に限って言えばちょっと辛口になって
しまいました。
問題を提起していたことには違いないのですが
いろいろと複雑です。
でもくずがちょっとだけ痛快でしたからよしとします。(なにさま?)

mariさん、おはようございます~!

>冤罪を晴らしたけれど、気分は良く無かったですね

いろんな意味で私も今回はちょっとスッキリしませんでした。山村も九頭に窓から落とされそうになって「わかったわかった」とは言ってたけど、どう見てもあれでわかったとは思えないし(笑)
来週はおもしろそうだったので、来週に期待します。
では、また~~~!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/9903195

この記事へのトラックバック一覧です: 【テレビ】弁護士のくず 四話:

» 弁護士のくず 第4話 [日々雑用]
死者の声!冤罪の真犯人:かいつまんで言えば、しょつぱなA [続きを読む]

» 『弁護士のくず』第四話 [時間の無駄と言わないで]
なんだかなぁ・・・。ゲストの配役で何となくストーリーが読め、実際その通りに。 もうちょっとヒネって欲しかったなぁ。斉藤慶太ってこんな役ばっかりだね。 あ、そうそう。何となく斉藤兄弟のオフィシャルサイトに行ってみたのよ。有料だったよ。ビックリだね。 佐藤....... [続きを読む]

» ドラマレビュー 弁護士のくず 第4話 [きまぐれぶろぐ]
オープニングの映像に変化が現れたのに気づいた人いますか?ショーウィンドウに入っている人が、先週まではスレンダーな足しか映っていたのが、上半身が映る映像に差し変わっていました。これってhitomiさん? 今回は学校の体育倉庫で、山村真介が猪狩蕾を殺害した容疑がかけられた。蕾は真介の子供ができちゃっていた。蕾は真介に結婚を迫り、真介はそれを蕾が邪魔になったため殺したと容疑がかけられた。だが真介は自分の犯行を認めず、無実を訴えた。 それをくず先生は別件の16歳のアダルトビデオ出演の件で参考資料としても... [続きを読む]

» 弁護士のくず 第4話 評価“ストーリーがイマイチで星3つにダウン” [ハマリもん]
頭のパチンコ屋のシーンはおもしろかったし、豊川悦司と伊藤英明のコンビネーションもほんとに良くなってきたんだけどね。 [続きを読む]

» 弁護士のくず 第4話 [平成エンタメ研究所]
 弁護士としてはしてはいけないことがあるが、人間としてすべきことはある。  第4話「死者の声!冤罪の真犯人」はそんな九頭先生を描いて痛快。  山村真介(斉藤慶太)は酷い男。  女子高生・猪狩蕾(小町桃子)と交際していたが遊び。  ホテル代を使うのももったいないらしく、学校の体育館の準備室でエッチ。  だが、蕾は山下との結婚を夢見ている。  他の女が山下に貢ぐから、自分もAVに出てお金を稼ぎ山下�... [続きを読む]

» 弁護士のくず 第4話 幸せは分かち合わないと(^_^; [レベル999のマニアな講義]
『突然ギャンブルの神様から啓示があったの』のパチンコ屋のシーンがラストにつながるとは。。。。。コレは、思ってもいませんでした。。。。あの店員が『事件』に関係アリかと思ってましたよ。。。で、警察の人に『弁護士のくずです!よろしく!!』ミニパトで署に連れて...... [続きを読む]

» 『弁護士のくず』 第4回感想? [つれづれなる・・・日記?]
冤罪ってタイトルはなしにしてほしかったなぁ。 最初から、オチが見えそうな気がして。 [続きを読む]

» ・TBS「弁護士のくず」第4話 [たまちゃんのてーげー日記]
TBS系列「弁護士のくず」(第4話「死者の声!冤罪の真犯人」)。 さて、今日は第4話です。「平田満さんと、斉藤慶太さんと、小町桃子さん」がゲスト出演!以下、ほーんの少し、感想を。ネタバレ含むので、ご注意下さい。あと、記憶で、間違っている部分があるかも知れない...... [続きを読む]

» 「弁護士のくず」 case.4 死者の声!冤罪の真犯人 [今日を精一杯生きていこう!]
あらすじはこちら 今回はパチンコに興じる九頭先生。 あんたほんとに一体給料何に使ってんの・・・ このパチンコ屋の店員って「ブスの瞳に恋してる」の美幸のプロダクションの社長さんじゃん。 武田が真面目に取り組んでいるところ、九頭先生は相変わらず。 事... [続きを読む]

» 弁護士のくず 第4話 [くつろぎ日記]
今週のシリアスさはちょっと今までとは趣向が違っていましたね。 ただおかしい、面白いから身近な事件がいくつかフラッシュしてきて何ともいえない 妙な感情がわきあがってきました。くずは今回も、何もかも見通し、未熟な武田は 相変わらず表面だけを追究し二人の性格の対比は明らかにくずに軍配をあげて しまいます。だけど今回に限って言えば、辛い・・辛い内容だったと思いませんか? ドラマで取り上げ... [続きを読む]

» 「弁護士のくず」④〜死者の声!冤罪の真犯人〜 [アンナdiary]
高校の体育館で妊娠中の女子生徒が殺され、交際していた山村(斉藤慶太)が容疑者として連行された。九頭(豊川悦司)と武田(伊藤英明)は国選弁護人として事件を担当。うーん、オチが最初から見えてて、今ひつかな?アダルトビデオのうめき声も、ひとりで見るにはいいけど家族と見るのはキツイなぁ(苦笑)でも、九頭さんと武田のやり取りは面白い!... [続きを読む]

» 『弁護士のくず』case.4「死者の声!冤罪の真犯人」の感想。 [まぜこぜてみよ〜う。by青いパン]
♪TBさせていただきます♪『弁護士のくず』case.4「死者の声!冤罪の真犯人」の感想です。 ピーポくん、デジャヴ? 九頭が武田のことを“武ちゃん”と呼び始めました(笑)。... [続きを読む]

» 弁護士のくず 第4話 [あいりぶろぐ]
 「弁護士のくず」第4話を見ました。  今回の事件は高校の体育館で女子高生、猪狩蕾が殺害された事件。この事件の容疑者として、当時蕾と交際していた山村真介が逮捕され、武田と九頭のコンビが山村の国選弁護人となりました。... [続きを読む]

» 「弁護士のくず」第四回 [トリ猫家族]
 今回はけっこう普通の法廷ものっぽかったんじゃないですか〜 今回の依頼人は山村真介(斉藤慶太)。 16歳の女子高生猪狩蕾(小町桃子)の殺人容疑。 蕾と真介は交際していて彼女は妊娠していた。  斉藤慶太君、ワルに挑戦していましたが 鼻ピアスするとか髪の毛染....... [続きを読む]

» 弁護士のくず 第4話 [まいにちおきらく!]
今回は九頭の始動が早かった。それだけ厄介な案件だったと言う事で…コメディなシーン... [続きを読む]

» 弁護士のくず 第4話 [暇つぶしブログ]
九頭先生、真っ赤なほっぺに赤い帽子、黒いグラサンで登場 殺人事件が起き、武田先生に引っぱられ被疑者の元へ。九頭先生今回もハナクソほじくってます(;^ー^) しかも思いっきり指突っ込んでるしww ピーポ君って警察署が出る度に出てくるんですねww あそこに立つ...... [続きを読む]

» 弁護士のくず第4話 [こあくまパパの生活]
今回は九頭がちゃんと仕事していましたね。 なんかちょっとしたことをよく見ているんですよね。 (武田にないところはここなんですけど) 現場を確認するシーンでマットに寝るシーンがあったけど ちょっとアンフェア−?って思いました。 法廷で弁論までしていて、ちょっ..... [続きを読む]

» 弁護士が殴っちゃいけねえよな。 [コトノハヒロイ]
@弁護士のくず case.4 [続きを読む]

» 身勝手な恋人と不条理な父親・・・『弁護士のくず』④他 [ひろくんのほのぼのコラム ( ^_^)_∀]
 今日観たドラマ、2本アップします♪o(^-^)o  1本目は『弁護士のくず』④ [続きを読む]

» ドラマレビュー 弁護士のくず 第4話 [きまぐれぶろぐ]
オープニングの映像に変化が現れたのに気づいた人いますか?ショーウィンドウに入っている人が、先週まではスレンダーな足しか映っていたのが、上半身が映る映像に差し変わっていました。これってhitomiさん? 今回は学校の体育倉庫で、山村真介が猪狩蕾を殺害した容疑がかけられた。蕾は真介の子供ができちゃっていた。蕾は真介に結婚を迫り、真介はそれを蕾が邪魔になったため殺したと容疑がかけられた。だが真介は自分の犯行を認めず、無実を訴えた。 それをくず先生は別件の16歳のアダルトビデオ出演の件で参考資料としても... [続きを読む]

» 「弁護士のくず」4 [雅日記]
こんにちは。 「弁護士のクズ」4話をみました。 あの~~。 鼻をほじらないでください。 胸もまないで~~!!! トヨエツさん。 (ー_ーゞ イヤァ 本当にイメージが・・ 崩壊しまくっております。 あらすじと感想を書きました。 ... [続きを読む]

» 弁護士のくず・第4話 [あずスタ]
今回のオープニングのタイトルバックで、 [続きを読む]

» 弁護士のくず Case04 [どらま・のーと]
臓死者の声!冤罪の真犯人臓 ある高校の体育館で女子高生・猪狩蕾(小町桃子)が殺された。 しかも、彼女は妊娠していたのだ。 まもなく、蕾と交際していた山村真介(斉藤慶太)が容疑者として 連行された。 「娘を殺した容疑者がつかまって、ほっとしています。」 沈痛な..... [続きを読む]

» 【弁護士のくず】第4話 [見取り八段・実0段]
人はテレビで写る事を信じるもの。私達が毎日のように見ているテレビ。ニュース、ワイドショー、報道特番。。。大きな事件が起きれば、マスコミは大々的に放映する。ドラマティックに。真実味を持って。殺された少女の遺族が泣きながら犯人を憎む気持ちを訴える映像を繰り...... [続きを読む]

« 【テレビ】7人の女弁護士(第4話) | トップページ | 『熱狂の日』音楽祭2006 »

最近の写真