無料ブログはココログ

« 【テレビ】プリマダム(第4話) | トップページ | 【テレビ】弁護士のくず 四話 »

2006/05/04

【テレビ】7人の女弁護士(第4話)

マラソン女王殺人犯!?監督とロッカー室の秘密』(あらすじ)
マラソンランナーの明美(遊井亮子)が殺人を犯したと自首し、逮捕された。世界選手権の代表に選ばれていた彼女は、代表決定後から付きまとい始めたストーカーを護身用のナイフで刺して殺したという。彼女が所属するチームのマネジャー、翔子(菊池麻衣子)から正当防衛を立証してほしいと真紀(釈由美子)らの事務所に依頼が入る。担当弁護士になった真紀は調査を開始。やがて明美に付きまとっていた男性は金に汚いとの悪評があり、明美が代表選手に選ばれたころからいい金づるが見つかったと仲間に言っていたことなどが分かる。

           **********          **********

ストーカー被害を警察が受理しなかったと、法廷で興奮した真紀。事件の当日付けで、受理して、対策を考えていたと答えたところで、熱くなって真紀は警察に詰め寄った。

いつも冷静沈着な明美が、5回も胸部を刺したことに疑問を抱いた真紀。
ナイフをいつから用意したのか疑問は募るばかりだった。
今回は、置き忘れられていた翔子の傘から推理し始めた真紀の勝利だった。
時間的に、大雨が降ったときにきていたのに、事件後に現れたと、まったく事件と無関係と知らん顔をしていた。
協議生活をしていた翔子の足をを明美が引っ掛けて靭帯を痛めたが、必死に練習していたため、選手生活を断念。姫野監督まで奪われた。あのストーカーを雇ったのも、元はといえば翔子だった。
明美が申し訳ないと思っていることに付け込んで身代わりに仕立てた。傘
のトリックから本人が明美がしゃべったと勘違いして、真相をしゃべった。

あまり意外性の無い解決でした。
ひらめきと正義感を振りかざしてがんばっている、新米弁護士!
といったところでしょうか。
またあらすじ(「マラソン女王殺人事件!密室の三角関係」)と副題が変わっていました。

« 【テレビ】プリマダム(第4話) | トップページ | 【テレビ】弁護士のくず 四話 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/9901110

この記事へのトラックバック一覧です: 【テレビ】7人の女弁護士(第4話):

« 【テレビ】プリマダム(第4話) | トップページ | 【テレビ】弁護士のくず 四話 »

最近の写真