無料ブログはココログ

« 【DVD】コーラス | トップページ | 東京大震災・・報道特別ドラマ »

2006/04/02

東京のオペラの森

昨年、初、小澤征爾で、その時、のオペラ「エレクトラ」が、すごく難解な演出でした。判らない私がバカか?おかしいのかと思ったくらいでしたが、新聞の評によると、斬新的過ぎて評価が分かれると書かれていて、内心ホットしました。

そして、今年は、折角だからと、申し込みをしたら、運良くチケットは、手に入ったが、なんと小澤さんがダウンして、来年まで無理とのこと。ただ、今回はヴェルディの《オテロ》なのでどうにかなるだろうと、出かけました。
指揮はフィリップ・オーギャン。詳しいことは判りませんが、爽やかだったと思います。
予算の枠があるからなのでしょうが、衣装が豪華ではありません。シンプルさは、かなりそぎ落として、シンプルイズベスト位の感じです。私のような門外漢には、衣装で今歌っている人、と認識するのですが、モノトーンの衣装は、難しいです。ガウンが似合ったのは敵役のイアーゴ:ラード・アタネッリだけだったと思う。
日本人の配役は、エミーリア(牧野真由美)、ロデリーゴ(岡本泰寛)、モンターノ(山下浩司)、伝令(成田眞)。外人に引けを取らなかったと思う。

舞台も、中央に大きな台が設置され、その大きさと同じの物が照明をたくさんぶら下げて、上にあります。場面によってはライトがキャストの心情を相乗効果で訴えていました。周りに薄いカーテンが下がるとそのままベッドへ。さらに台の前に舞台を遮る網戸が置かれ、これは舞台変換に役立ちます。

今日はNHKが、カメラを入れていました。きっと、放映があるはずですから、興味のある方はご覧ください。

悲劇で、有名なオテロですが、だんだん、舞台装置やら、衣装に慣れてきた頃クライマックスを迎えます。オテロが、カッシオとの不義を疑い、嫉妬に狂ったためデズデーモナの首を絞める。デズデーモナは潔白を訴えます。この歌を聞いて涙がこぼれました。

帰りは夜桜の写真をと思ったのですが、嵐の中を帰ってきました。

来年は《ワーグナーとその時代》オペラは”タンホイザー”だそうです。来年になったら考えます。

« 【DVD】コーラス | トップページ | 東京大震災・・報道特別ドラマ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/9401623

この記事へのトラックバック一覧です: 東京のオペラの森:

« 【DVD】コーラス | トップページ | 東京大震災・・報道特別ドラマ »

最近の写真