無料ブログはココログ

« 【テレビ】神はサイコロを振らない~the 1st day~ | トップページ | 【テレビ】小早川伸木の恋(第2話) »

2006/01/19

【テレビ】白夜行(第2回)

閉ざされた未来に』(あらすじ)
200601192255000 高校生の亮司(りょうじ・山田孝之)は、父を殺した事件の担当刑事の笹垣(武田鉄矢)を見かけた。だが、気付かれることなく胸をなで下ろす。ある日、亮司は同じ学校の秋吉(尾上寛之)らに、父が幼い雪穂(ゆきほ・福田麻由子)とビルに入る姿が写った写真を見せられ、金を請求される。一方、雪穂(綾瀬はるか)も、本名が一家心中した“西村”だとのうわさが学校で出回る。

(感想です)
「黙ってたって何も変わらんことは、アンタがいちばんようしっとるやろ、過去を完全にけすことなんてできひんのよ。。。一生そうやって逃げるの?」雪穂の養母は、度重なるいじめに、声を荒げた。それでも、雪穂はじっと耐えていた。陰湿ないじめは、生徒間に知れ渡った。それをジット笑って耐えている雪穂。何もかも、時効まで。そう考えてじっとガマンしていた。片や亮司は、秘密を抱えていることが辛くなっていた。横断歩道の反対側に、笹垣を見つけ、驚愕した。
なぜか私もドキッとして、笹垣から目をそむけていました。

7年後の出会いは、駅のトイレ。雨に濡れながら、駅まで走った亮司は、中傷が書かれたトイレを掃除していた雪穂と向き合った。「タイムマシンがあったら、未来と過去、どちらに行きたい?」「チャゲと飛鳥どっちが好き?」しっかり抱き合う二人。
雪穂は、時効になったら、亮司と一緒に年を取るまで一緒にいて、悪い話も、冗談めかして話せるようになりたいと。それはそれは苦しい7年間だった。「もう一度太陽の下、亮君と歩きたい。」そんな二人の願いをあざ笑うように、元同級生だった菊池が、父と、雪穂があのビルへ入る前の写真を見せた。亮司に100万円用意しろと言った。二人で善後策を講じた。予定通り段取りし、雪穂をいじめていた藤村も、静かになった。この方法は、かなり危険です。疑われた菊池は、亮司が用意した100万円をひったくるようにと受け取ると、根がを渡して、かかわりを避けた。しかし、笹垣刑事に、亮司について話したいことがあると、警察に行った。
生まれてからずっと孤独でいた二つの魂が、やっとめぐり合ったのに、過酷な運命が唯一つの「太陽の下を二人で手を繋いで歩きたい」と言う願いを叶えてもらえずに時間のたつのが遅く感じるお話です。
いつもは、刑事さんには、事件のときにお世話になりますが、亮司と雪穂については笹垣から姿を隠して!と密かに応援してしまいます。

« 【テレビ】神はサイコロを振らない~the 1st day~ | トップページ | 【テレビ】小早川伸木の恋(第2話) »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

☆まこさん、おはよう!
1回目のプロローグも衝撃的でした。
きっと、初めを見るとその回が判るように
演出しているのでしょう。
もう、ドキドキしますね。

☆アンナさん、おはよう!
また、罪を重ねた二人。
あの笹垣の刺すような視線が痛いのは、なぜ?
つい、主人公の方に見方しているので冷静に!と自分をなだめてみています。

☆lavishさん、おはようございます。
笹垣刑事が、「ウソをつくと、またウソをつかなければならない」と、亮司に諭していましたね。それが本当になってきました。暗くて出口が無いから、亮司が荒れていますね。雪穂と再び会えて、また悪いことが重なるのでしょうか?

そ知らぬ顔ですれ違った亮司と笹垣、実は二人とも気付いてたっ!!!
冒頭のこのシーンで又もや引き込まれてしまいました!見せ方が上手いなぁー♪

mariさん おはよう!

コメントありがとうございました。
こちらもリンクさせていただきますね。
白夜行、どっぷりとハマってしまった私。
心の支えになるのがお互いの存在だけ。
切なくて、切なくて。
来週が待ち遠しいです。

お互いに孤独をかみ締めていた7年間でしたね。
二人は次の犯罪に手を染めてしまいました。
できるなら時効までそっとしてあげたかったですね。
武田鉄矢の刑事役があまりにもはまっているのが
いいですね。

こんにちは。
再会の喜びも束の間、また2人は犯罪を犯してしまいました。しかも軽蔑していた父と同じようなことをして。。。
大きなことを望んでいるわけでないのに・・・、という亮司の想いが伝わって切なかったです。
2人の願い、叶うといいのですが。
次回もまた何やら暗雲が立ち込めている予告でしたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/8234200

この記事へのトラックバック一覧です: 【テレビ】白夜行(第2回):

» 白夜行・第2話 [なんくるないさぁ情報局。]
あの忌まわしい事件から7年がたった。 亮司(山田孝之)は同級生の菊池(田中圭)から死んだ父(平田満)と雪穂(福田麻由子)があのビルに入っていく写真を見せられた。菊池は事件との絡みで何かあると思い写真と引き換えに100万円を要求。つまりゆすりだ。 雪穂は唐沢礼子(八千草薫)に引き取られていた。学校では、いつの間にか雪穂の過去が暴露され、執拗で陰湿な嫌がらせが続いた。 笹垣刑事(武田鉄矢)が亮司の前に現れた。彼の周辺を洗�... [続きを読む]

» 白夜行 第2話 [テレビお気楽日記]
1991年冬桐原亮司(山田孝之)は父親を殺し、それをかばうために唐沢雪穂(綾瀬はるか)は母親を犯人にしたてあげ自殺に見せかけて殺した。被害者の息子と加害者の娘になってしまった2人は事件を永遠に封じ込める為、逢った事もない顔も知らない他人になる道を選んだ。 あ....... [続きを読む]

» 【ドラマ雑感】 白夜行 (第2回/全11回) 「閉ざされた未来に」 [気ままなNotes...]
 白夜行(第2回)◇事件を封じ込めるために、見知らぬ他人になる道を選んだ亮司(山田孝之)と雪穂(綾瀬はるか)。7年後、17歳になった亮司は同級生の菊池(田中圭)に1枚の写真を突きつけられ愕然とする。写真には亮司の父と幼い雪穂が写っており、事件のことを臭わせる菊池が強請ってくる。一方、雪穂は礼子(八千草薫)に引き取られ、明るい活発な娘に成長していた。だが、高校で昔の雪穂を吹聴する怪文書と事件の記事のコピーがばら撒かれ、嫌がらせや虐めにあう。... [続きを読む]

» 白夜行(第2回)「閉ざされた末来に」 [40代の私にとっての最新情報・重要ニュース]
初回2時間スペシャルは14.2%。裏番組を考えるとまずまずの健闘といえるのではないか。内容もなかなかよかったと私は思いました。 東野圭吾の直木賞受賞で、今週は数字に加速がつきそう。 いよいよ、綾瀬はるかと山田孝之のセカチューコンビが本格的に登場する今回。 ...... [続きを読む]

» 白夜行 第2話 [自己満族]
第1話を手違いにより思いっきり見逃した「白夜行」第2話から視聴開始しました。 セカチュウグループの作り出す究極の愛のドラマって触れ込みだったと思うんですが。・・・ものっすごい重くて深いドラマですねぇー。 幼い頃に様々な事情でそれぞれの親を殺してしまった...... [続きを読む]

» ■ 白夜行 第2話(1/19) [つよく、かっこよく、かわいく生きたい♪]
font size=3 color=redb白夜行/b 第2話「閉ざされた未来に」/font 7年後、1998年冬。 亮司(山田孝之)と雪穂(綾瀬はるか)は高校生になり、「会わない」世界で生きていました。 ふたりの心情が奥深く描写されていました。会いたがったり、泣いたり、絶望の念を抱いたり人間くささがあります。直感的に、ふたりは弱いと感じられずにいられませんでした。 亮司は、7年経っても雪穂が忘れられ..... [続きを読む]

» 百夜行 第2話 [Happy☆Lucky]
再会をしたものの新たな罪をかさねる二人。 [続きを読む]

» 『白夜行』第2回 感想? [つれづれなる・・・日記?]
会っちゃいました。会っていいのか?あの2人。 [続きを読む]

» 白夜行 第2話〜閉ざされた未来に〜 [30 on the spot]
事件を永遠に封じ込めるために、会ったこともない、顔も知らない他人になる道を選んだ亮司(山田孝之)と雪穂(綾瀬はるか)。あれから7年…。17歳になった亮司は、同級生の菊池(田中圭)から1枚の写真を突きつけられ愕然とした。その写真には、父・洋二(平田満)と幼い雪....... [続きを読む]

» 白夜行 2 [思い立ったが吉日]
『第二話』 再会を喜ぶべきなのかどうか・・・。 雪穂とは逢えなくなり、松浦と何かやばいことをしているにも関わらず逃げることも叶わない日常。亮司にとって父を殺してからの7年間は空虚なもののようだ。 毎日雪穂が乗っていないかどうか、電車を眺める亮司の姿は飼い主を探す子犬のような寂しさをまとっている。 亮司にとって彼の人生は11歳のときで終わり、そのまま時を止めているようだった。 前に進むことも、引き返すことも出来ない状態。... [続きを読む]

» 「白夜行」第2話 秘めた罪の綾瀬はるか・・ [くつろぎ日記]
    「タイムマシンがあったら過去に行く?未来に行く?」     「チャゲと飛鳥どっちが好き?」     「ドブに咲く花って知ってる? 」 子供の亮司と高校生の亮司。二人の声が重なります。 こらえきれない雪穂は泣きながら「本当はないんだよ・・。でもきれいだった・・」 この日を待っていた亮司は今度こそ離れないとばかりにしっかりと雪穂に抱きつき ました。二人の7年間。離れ離れの日々... [続きを読む]

» 「白夜行」第二回 [トリ猫家族]
 1998年冬・・・あれから7年の月日が流れたある日、 亮司(山田孝之)が横断歩道で信号待ちをしていると笹垣刑事(武田鉄矢)の姿が・・ びくびくしながらもすれ違い、後ろを振り返って確認。 どうやら気づかなかったらしい・・・と思って歩き出すと、 その姿をじーーっ...... [続きを読む]

» 「白夜行」② [アンナdiary]
どうしよう。。。涙・涙のアンナでございました(苦笑)どんな理由にしろ、人を殺めることは許されないことだけど、助けてあげたいと思ってしまう。恨みます、、、こんなことになってしまった2人の運命を。ツライよ〜〜〜えーん(涙)太陽の下で、ただ手をつないで歩きたいだけ。。。ただそれだけのために、また罪を重ねてしまう2人。。。... [続きを読む]

» 「白夜行」第二話 〜屈辱と恐喝の危機脱出のために犯した罪〜 [混沌と勇気日記。〜儚き地球の混沌時代に勇気を持つ勇者がいた〜]
白夜行第二話です。 14年前の事件を永遠になくし、忘れるために、お互い全くの別人として歩むこととなった亮司と雪穂。 お互いが忘れた頃・・・雪穂の同級生があの事件の怪文章や記事のコピーを学校に貼り付けられる。 そのことが原因でだんだんとエスカレートしていく雪穂に対する虐め。 一方、亮司は同級生の菊地からある写真を見せられていた! その写真は・・・洋介と雪穂があのアパートに入っていく様子だった!!... [続きを読む]

» 白夜行 第2話:閉ざされた未来 [あるがまま・・・]
あぁ、何て事…┌|゚□゚;|┐ガーン!! 又しても二人は犯罪を重ねてしまった・・・ それぞれの親を殺してしまってから、7年の月日が経ったようで、今は高校生の二人。 山田くんもはるかちゃんも、学生服姿に違和感無いのが凄い!(笑) 亮司の母は殺人現場のビル内に、スナックを経営。 しかし亮司は何故か松浦の元に身をよせてる様子。この男は、あの事件の犯人が 亮司だって気付いてるんだっけか? 雪穂は苗字を変�... [続きを読む]

» 東野圭吾直木賞オメ!!ドラマは「白夜行」要チェック [のへぴょんのスゝメ]
【重版予約】 容疑者Xの献身 東野圭吾さん直木賞受賞おめでとうーーー!!!! 受賞作「容疑者Xの献身」は最後だけ読みました(ヲイ 東野さんは、基本的に推理小説作家ですが、事件を通して、犯人や被害者のやんごとなき事情の「やるせない」ドラマを描くのが非常に上手いお方です。 「愛」や「哀しみ」がどうしようもなく匂いたってくる感じ・・ って一冊丸々読んだこと、まだないんだけどね(ヲイ 話の内容を伝え聞くと、そんな印象がします。 人間というものを大事にしているというか、 ... [続きを読む]

» 白夜行 2 [ソフトorハード]
タイタニックは1998年の映画だったのか。しかし、普通あれを男一人で見に行きますか? しかも、いきなり渡されたチケットで。……まあ、ドラマですからね。 あれから7年、1998年の冬。 横断歩道でそのまますれ違う亮司と笹垣。 しかし、振り返った笹垣の眼。何を感じたのだ..... [続きを読む]

» 白夜行 第2話みましたが・・・ [The Glory Day]
感想が遅くなってしまいましたが「白夜行」 第2話を見ました。 2話目にして雪穂と亮司が会ってしまっています。原作では 最後まで会話らしいものは無かったはず・・・。 ミステリ-要素をばっさり捨てて、サスペンス色の強い全く 違った物になろうとしている「白夜行」。 見続けるのがちょっと 辛くなってしまいそう・・・。... [続きを読む]

» 「白夜行」#2 [風の便り]
ちょっぴり不安的中かしら?<綾瀬はるかの演技。。。 やっぱり、とてもそんな重い過去を背負っているように見えないんですよね。 いえ。"何を言われても明るくニコニコしていて、わざと明るく振る舞っている"っていうのはわかります。 でも、それだったらもっとわざとらしさが出ていても良いと思うし、逆に一人になったときなんかはもっと重い雰囲気でもいいと思うんです。(例えば駅で各駅停車を見送る時とか) あまりそのギャップが見られなくて�... [続きを読む]

» 白夜行 第2話 [みんなのうた♪]
今クールで一番、期待しているのがこのドラマ。楽しみにしてました〜、第2話。切なすぎる、重いテーマのこのドラマ。いったいどんな話になるのか。 第2話の簡単なあらすじ事件を永遠に封じ込めるために、会ったこともない、顔も知らない他人になる道を選んだ亮司(山田孝之)と雪穂(綾瀬はるか)。あれから7年…。17歳になった亮司は、同級生の菊池(田中圭)から1枚の写真を突きつけられ愕然とした。その写真には、父・洋二(平田満)�... [続きを読む]

» 「白夜行」第2回。 [ナルのつれづれゆくブログ!!]
「白夜行」第2回。 再会するシーン、泣けました。 時効まで会うことも話す事もなく他人でいるなんで無理だったんですよね。 それにしても、雪穂(綾瀬はるか)をあんなに苛めた藤村都子(倉沢桃子)(ですよね?多分)は、苛める理由があったのかな? その辺が分からなかったです。 何故執拗に雪穂を苛めるんだ? しかもミエミエだし・・・。 そして、菊池(田中圭)は今ごろ写真を・・・? っていうか誰が撮ったんだ? って感じです。 二人は時効後に二人で太陽の下を歩く為に また罪を重... [続きを読む]

» ドラマ・白夜行 〜第2回〜 [いわぴいのドラマ日記]
 小説では描かれなかった部分がドラマ化されているので、本当にうれしいですね。完成していなかったパズルのピースがひとつひとつ埋まっていくような感覚で、見ていくのがすごく面白いです。文章を読むのもいいですが、それを視覚的に見るというのも本当に楽しいですよね...... [続きを読む]

» 白夜行、Nsあおい、神はサイコロを振らない(^O^) [ひろくんのほのぼのコラム ( ^_^)_∀]
 この一週間は、仕事の方が、師走の繁忙期が終ったせいか、早く帰宅できるようになり [続きを読む]

» 『白夜行』 第2話 「閉ざされた未来に」 [老舗ワタクシ本舗]
ー1998年 冬 ー もう誰もが忘れていたと思っていた頃だった 横断歩道で向かい合う宿命の二人亮司(山田孝之)と笹垣(武田鉄矢)すれ違う、、。 あのビルの店を睨む笹垣 「笹垣って?」松浦(渡部篤郎) 「しつこかった刑事が一人居たでしょ?」 戻って来た笹垣の事がきになるので、この手伝いはやめたいと松浦に申し出る亮司 しかし、松浦はお宮入りとはいえ、犯人は決まっているのだし、再捜査するほど警察は 暇�... [続きを読む]

» 白夜行・第2話 [あずスタ]
「第134回芥川賞・直木賞」にて、このドラマの原作の著者である東野圭吾さんが、「容疑者Xの献身」で直木賞を受賞しました。これが6回目の候補での受賞ということですが、ちょうどこのドラマが放送されている時... [続きを読む]

« 【テレビ】神はサイコロを振らない~the 1st day~ | トップページ | 【テレビ】小早川伸木の恋(第2話) »

最近の写真