無料ブログはココログ

« ニューイヤーコンサート 2006 | トップページ | 【DVD】バットマン ビギンズ »

2006/01/03

ポーラ美術館の印象派コレクション展

ポーラ美術館 初巡回展
200601022249000
総数約9,500点にもおよぶ国内でも有数の美術コレクションを誇るポーラ美術館は、西洋近代絵画だけでも約400点を所蔵しています。その珠玉の所蔵作品の中から、特に人気の高いモネ、ルノワールをはじめとした印象派の巨匠たちを中心に80点(途中展示替えあり)の作品を紹介いたします。箱根にありながら、なかなか訪れる機会がなかった美術ファンには、東京で気軽にポーラ美術館の名品を楽しめる絶好の展覧会です。(BunkamuraHPより)

おなじBunkamuraで、ニューイヤーコンサートを聴いて、地下で、印象派の名画と対面してきました。
第Ⅰ章(印象派前夜~ドガ、ルノワール)第Ⅱ章(モネの印象派と点描派)第Ⅲ章(セザンヌとポスト印象派)第Ⅳ章(世紀末からボナール)の構成でした。
専門家ではありませんので、感想だけ載せます。

第Ⅰ章(ジャン=バティスト=カミーユ・コロー)「森の中の少女」<バックがとてもキレイでした>(ギュスターヴ・クールベ)「岩のある風景」<クールベは力強さが魅力です>(エドガー・ドガ)「マント家の人々」<バレエの身支度ですが、とても家庭的で、好きです>「二人の踊り子」<パステルが、輝いていました>(ピエール=オーギュスト・ルノワール)「アネモネ」<色が鮮やかでキレイ>「ムール貝採り」<家族を描いている、ほのぼの>
第Ⅱ章(アルフレッド・シスレー)「マルリーの水飼い場」<点描が大きいが素晴らしい>「ロワン河畔」<明るい>(クロード・モネ)「サン=ラザール駅の線路」<色彩がなんともいえない>このコーナーはソファに腰掛けて、じっくり見てください。全てステキでした。(カミーユ・ピサロ)「エラニーの村の入り口」<ピサロと言う感じです>(ポール・シニャック)「オーセールの橋」<色がきれい>
第Ⅲ章(ポール・セザンヌ)「オーヴェール=シュル=オワーズの藁葺きの家」「静物」「ラム酒の瓶のある静物」「砂糖壷、梨とテーブルクロス」無条件に良かったです。(ポール・ゴーガン)「小屋の前の犬、タヒチ」<屋根の赤がステキ>
第Ⅳ章(アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック)「ムーラン・ド・ラ・ガレット」<さすがのロートレック>(ピエール・ボナール)「浴槽、ブルーのハーモニー」<ブルーの調和がステキ>「地中海の庭」<色彩がとても豊か>

初日に出かけられましたが、お正月と言うことで、とてもユックリ鑑賞できました。ポーラ美術館までは無理だったので、ラッキーでした。

« ニューイヤーコンサート 2006 | トップページ | 【DVD】バットマン ビギンズ »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

☆りゅうさん、こんばんわ~。
モネの部屋、あんなにすごい絵があるのに、
比較的ユックリ見られますね。座ると、
簿やっとしていた絵たちが、突然鮮明に
見え始めるんですね。良い時間でした。

mariさん、こんばんわ。
モネの部屋、本当に凄いですね!!
ソファーでノンビリとくつろいできました。
今年の初美術館です。(*^_^*)v ヤッタネ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/7968956

この記事へのトラックバック一覧です: ポーラ美術館の印象派コレクション展:

» 渋谷で出会う ポーラ美術館の印象派コレクション展 [隆(りゅう)のスケジュール?]
28日の午後、「渋谷で出会う ポーラ美術館の印象派コレクション展」を観に行きました。 この展覧会は「ポーラ美術館初の巡回展で、その珠玉のコレクションの中から、特に人気の高いモネ、ルノワールをはじめとした印象派の巨匠たちを中心に、22作家の世界に誇る名画80点を一堂にご紹介する試み」だそうです。 ~展示構成~Ⅰ印象派前夜~ドガ、ルノワール Ⅱモネの印象派と点描派 Ⅲセザンヌとポスト印象派 Ⅳ世紀末からボナール 昨年の「開館3周年記念展 ポーラ美術館の印象派-モネ、ルノワール、セザンヌと仲間たち」(箱根... [続きを読む]

» ●渋谷で出会うポーラ美術館の印象派コレクション@Bunkamuraザ・ミュージアム [映画とアートで☆ひとやすみひと休み]
私がぜひ行ってみたい美術館のひとつとして箱根のポーラ美術館がある。 しかし、東京人にとって箱根は近くて遠いとこ。なかなか行けない。 いずれ箱根へ温泉旅行でも計画しようと何気なく思っていたところ、今回のこの美術展の開催である。 印象派だけなので大好きなモディリ..... [続きを読む]

» ●渋谷で出会うポーラ美術館の印象派コレクション@Bunkamuraザ・ミュージアム [映画とアートで☆ひとやすみひと休み]
私がぜひ行ってみたい美術館のひとつとして箱根のポーラ美術館がある。 しかし、東京人にとって箱根は近くて遠いとこ。なかなか行けない。 いずれ箱根へ温泉旅行でも計画しようと何気なく思っていたところ、今回のこの美術展の開催である。 印象派だけなので大好きなモディリ..... [続きを読む]

« ニューイヤーコンサート 2006 | トップページ | 【DVD】バットマン ビギンズ »

最近の写真