無料ブログはココログ

« 【DVD】パッチギ | トップページ | 『第九』特別演奏会 »

2005/12/24

【DVD】コーヒー&シガレッツ

『コーヒー&シガレッツ』(解説から)
「ダウン・バイ・ロー」(86)の撮影を終えたジム・ジャームッシュが、ロベルト・ベニーニの素晴らしさに感激して即興的にニューヨークで撮影した短編。テーブルの上のコーヒーを飲み、シガレットを吸おうとする2人の男(ベニーニとスティーヴン・ライト)のコミカルなやりとりを描く。脚本はジャームッシュと主演のベニーニとライトの共同執筆。撮影はトム・ディチッロが担当。

とくれば、やはり楽しめました。特徴としては、コーヒーを飲む人の必ず俯瞰図が入ります。ほんの短い会話と、設定で、その場を楽しませてくれます。コーヒー好きの人は、飲みながらなぜか、タバコが吸いたくなるようですね。多かったのは、CAMEL。絵になっていました。

見終わってから、慌ててお湯を沸かして、コーヒーを飲みました。美味でした☆

映画のコーヒーはなぜか、美味しそうには見えませんでした。
蛇足ですが、ベニーニの少し後退したヘヤーが、立っていました(笑)。
彼については、「ライフ イズ ビューティフル」で、存分に泣かされました。その彼が
とってもおとぼけで、一番初めに出てくるのが、エ!?と言う感じでした。

寸劇風で、家族的な「双子」「従姉妹」などの題材が多かったです。
それぞれは、一貫性がなく(表題の共通点だけで)即興的で、監督のセンスで仕上げられたものでした。
一人で飲むコーヒーと、相手が着てから一緒に飲むのと、こんなに雰囲気が違うのも
コーヒーなんですね。今度カフェで、人物ウォッチングしてみようかなと、思わせた映画でした。

« 【DVD】パッチギ | トップページ | 『第九』特別演奏会 »

映画」カテゴリの記事

コメント

☆ぽんさん、こんばんわ~。
イギー・ポップは、古典的な(教祖的なといったらよいのかも)ミュージシャンだそうですね。復活を遂げたとかいてありました。
エネルギッシュな人なんですね。
他の映画見たら、リンクされているのは嬉しいですね。

この映画をみたあとで、
ジャームッシュの「ゴーストドッグ」を
みたのですが、
出演者で重なっている方がいて
さらに楽しめました!

この映画をみたときは
イギーポップってかっこいいな、と思いつつ
その音楽は知らなかったのですが
あとで「アリゾナドリーム」をみて
それがイギーポップの音楽を使っているらしく
かっこよかったので
さらに喜びが広がりました!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/7812862

この記事へのトラックバック一覧です: 【DVD】コーヒー&シガレッツ:

» 【映画】コーヒー&シガレッツでバス遠征 [Daily Momerath]
ずっとみたかったジャームッシュの映画、「コーヒー&シガレッツ」にやっと行けました [続きを読む]

« 【DVD】パッチギ | トップページ | 『第九』特別演奏会 »

最近の写真