無料ブログはココログ

« 【テレビ】花より男子 (第2話) | トップページ | プーシキン美術館展 »

2005/10/29

【テレビ】野ブタ。をプロデュース(第3話)

恐怖の文化祭』(あらすじ)
200510292104000 文化祭が近付いたある日、彰(山下智久)と信子(堀北真希)がお化け屋敷を運営することになった。これが失敗したら信子がますますいじめられると考えた修二(亀梨和也)は、信子らとともにお化け屋敷のアイデアを考える。彰と信子は準備準備を進めるが、他の生徒たちはやる気なし。修二は演劇部や服飾研究会などから助っ人をたのまれていたものの、こっそり2人の準備を手伝う。お化け屋敷は何とか完成するが、文化祭当日に何者かにめちゃくちゃにされてしまう。修二はお化け屋敷の修復のためにアルバイトを手配し、オープンのこぎつける。しかし客の入りが良くなかったため、修二あることを提案する。

(感想です)
いじめっ子のバンドーが、優柔不断の担任に、有無も言わせず、野ブタを指名し、ついでに彰も対で任命して、さっさと話を終わらせた。イジメがはびこるのは、担任も何もいえない雰囲気を作ってしまうのも,一因のようです。

「楽しいと思えるのに時間がかかる」と、ススキを取りながら話す野ブタ。彰が自転車の後ろに野ブタを乗せて、「数年後に俺たちがしていたことを懐かしく、楽しいと思うかなぁ?」と。彰がやけに大人びていました。

文化祭当日、セットはずたずたに壊された。走りまくる修二。ちょうどきた3人組に、アルバイトを頼む。彼らはついでに、お化けになってかなり楽しんで消える。
一人もお客さんが来ないでヒマな二人に、修二はカップル専門と言うアイディアを出す。
彰がもぐらは、1匹で穴を掘っているが、季節が来ると、ちゃんと相手を探せると話していた。後始末が終わり、脱力感と、充実感で3人は寝転がっていた。野ブタは、「今までモグラと同じで一人で穴を掘っていたが、二人にめぐり合った。これから先は、。。。」修二がきっと会えるよと続けた。なんか、とっても、いい感じになってきました。
お化け屋敷から、皆が感動して出てくるのが不思議でした。修二がぼろくそに作文を書いた弟を連れて、お化け屋敷に行ったら、最後の鏡に、”今手をつないでいるその人に出会えたのは、キセキのようなかくりつです。光の中に出ても、その手をはなすことのないように”。と書かれていたこれが、野ブタの言う、最後を少し変えていい?と言ったわけでした。ジーンとしますね。
進展は、野ブタの母の再婚相手と、不器用ながら意思の疎通が図れてきたのは、良かったです。気がかりは、野ブタをまだいじめたい人がいて、それが誰だか判らないことです。
彰はだんだん、本領発揮?野ブタが、感情を表に出すようになってきました。さて、来週はどうなるのでしょう?

« 【テレビ】花より男子 (第2話) | トップページ | プーシキン美術館展 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

☆まりこさん、こんばんわ~。
いじめがなくなると、いいですね。
それでも、3人が、立ち向かうところは、
つい、応援しちゃいますね。

mariさんこんにちは
TBありがとうございます。
最後信子のメッセージよかったですよね。
私も前回の制服事件や、お化け屋敷を壊した犯人が
気になるのですが、誰なんでしょうね・・

☆lavishさん、こんばんわ~。
このドラマは、初めよりかなり骨太な内容になって
きましたね。
3人の絡みがとっても良くなってきて、楽しんでます♪

今回は、修二の抱えている悩みというか、今の自分に対する疑問と向き合おうとする姿勢が見れて良かったです。
少しずつ三人が自分を見つめる、そんな展開になっていくのかなぁと思いました。

☆ブラトラさん、始めまして。いらっしゃいませ。
修二は、一番痛いところを弟に作文に書かれて、グサっと来たけど、本当だと、再確認したようです。
野ブタや、彰に関わることで、自分もきっと成長するのですよ。

コメントありがとうございました。

このドラマの底辺にあるのは修二の自分探しってことなんですかねぇ。仮面を被って「いい人」を演じてる修二が野ブタと彰によって変わって行くとゆぅような・・・。
にしても彰は信子に触り過ぎだと思いませんか?

☆Harryさん、こんばんわ~。
今回はかなりごった煮でした。でも、それぞれの性格がわかるようになって、これからの展開がたのしみです。裁縫が得意、約束を守る、それぞれ大事な要素で、貴重な出会いでした。それにしても、彼らはタフですね。

こんばんわ~。
ちょっとだけですけど、修二や信子たちの内面が語られて、ますます次回が楽しみですね♪

「楽しいと思えるのに時間がかかる」というセリフには、「若い頃は自分もそうだったなー」と思い出しました。
今思えば贅沢な気がしますが・・・って、そこまで年寄りではないですよ、僕(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/6731300

この記事へのトラックバック一覧です: 【テレビ】野ブタ。をプロデュース(第3話):

» 野ブタ。をプロデュース 第3話 [ブラトラ館(太田千晶応援blog)]
まぁまぁ、幽霊話あり、青春話あり、親子愛あり、兄弟愛あり、盛りだくさんでしたねぇ。 ちょっといろいろ詰め込みすぎの感も無きにしも非ずでしたけど、それでいてストーリー的には破綻してなかったんでよかったのでは? うん、若いっていいっすね。もちろんブラトラにもそ..... [続きを読む]

» ●野ブタ。をプロデュース#3 [ルーのTVビバ★ライフ(漫画イラスト発信中)]
こういう青春題材ものを見ると、いつも思う。あぁ~この年代の時に見たかった、と。 特に、メッセージ性の強い本・映画(ドラマ)などは、自分の人生に少なからず影響を及ぼすから。 青春って一度しかない、(ちょっとい臭いけど)今やれる事、今しかやれない事、やってますか... [続きを読む]

» 「野ブタ。をプロデュース」第三話 感想。 [混沌と勇気日記。〜生きたいと願う混乱の戦場に勇気は限りなく〜]
もうコレが限界かも。「野ブタ。をプロデュース」第三話ドラマ感想です☆ 野ブタ。をプロデュース 第三話 〜涙せよ、おばけ屋敷に描かれし文字〜 どうする・・?桐谷修二! いじめられっこの信子は、バンドーの嫌がらせで、年に一度、開催される文化祭の実行委員に指名されてしまう。 一方、信子をプロデュースしようと決めた修二と彰は、多数決で決まったお化け屋敷を成功させることが、信子を人気者に変えるチャンスになると�... [続きを読む]

» 野ブタ。をプロデュース・第3話 [なんくるないさぁ情報局。]
小谷信子(堀北真希)。性格ブス。学校ではつねにいじめられてきた。堀北は、シビアな役柄をうまくこなしている。ただのアイドルかと思っていたが、いじめられっ子を熱演している。 桐谷修二(亀梨和也)。要領よく世の中を泳ごうとしている。実は、心の中では、学校の同級生をガキと思っている。だが、表面上は、クラスの人気者を演じている。冷静に物事を見ることができる、内面的には大人な高校生。「この学校という小�... [続きを読む]

» 野ブタ。をプロデュース 3 [思い立ったが吉日]
『恐怖の文化祭』 隅田川高校の文化祭、隅高際でのクラスの出し物がまだ決まっていない2年B組。実行委員の坂東はお化け屋敷を提案し、それを全て信子にさせることに決める。それに反発した彰は、その信子の雑用係に任命されてしまう。 しかしこれをチャンスだと考え、文化祭での成功を収めることにように信子のプロデュースをすることに決める修二と彰。しかし修二は友達からたくさん頼まれごとをされてしまう。 今�... [続きを読む]

» 野ブタ。をプロデュース 第3話 「恐怖の文化祭」 [どらまにあ]
浩二は、兄について作文を書きながら眠ってしまっていた。 修二がその作文を読んでしまう。 それには、家の中では、考えられないくらいにせこい兄だが 外では、他人によく思われることしか考えてないらしい そんなことでちゃんとした大人になれるんだろうかと 書かれていた。..... [続きを読む]

» 日本テレビ「野ブタ。をプロデュース」第1話〜第3話 [伊達でございます!]
陰気でイジメられっ子の転校生を、クラスメートがプロデュースをして人気者に変えていく、という一風変わった物語。セルフプロデュースという興味深い視点からのドラマです。 [続きを読む]

» 野ブタを。プロデュースPRODUCE3 [私でもいいですか?]
修二(亀梨和也)の家、弟の浩二(中島裕翔)がうたた寝している。 「お前、そこで寝んなよ。なあ、早く。」弟のそばへ近づくと、書いて有る作文が目に留まる。 『僕の兄は高校生だ。家ではよれよれのぼさぼさだ。でも、外ではすごく、カッコつ... [続きを読む]

« 【テレビ】花より男子 (第2話) | トップページ | プーシキン美術館展 »

最近の写真