無料ブログはココログ

« 混ぜご飯 | トップページ | 【DVD】世界でいちばん不運で幸せな私 »

2005/09/25

レオナルド・ダ・ヴィンチ展

200509251616 素晴らしい展示物があると、ヒルズのメルマガで知って、もっと早く行きたかったのですが、やっと行かれました。

直筆ノート《レスター手稿》日本初公開(森アーツギャラリー「六本木ヒルズ森タワー52階」)11月13日まで開催中

レスター手稿は、レオナルド・ダ・ヴィンチ晩年の手稿で、彼が生涯をかけて取り組んださまざまな科学的考察の集大成としてまとめられた極めて貴重な研究ノートです。 500年前の最先端メディアである「紙」に、 月の満ち欠けや天体の運動などの天文学、渦や波紋などの水の性質とその利用に関する水力学、そして地殻変動や地球の構造についての地球物理学などの考察が、鏡面文字で書き込まれています。
英国貴族レスター卿、米国石油王アーマンド・ハマーと富豪の手を渡り歩いた直筆ノート「レスター手稿」、現在はマイクロソフト社会長ビル・ゲイツ夫妻が所蔵しているダ・ヴィンチ唯一の個人コレクションです。

500年前にこれほどの予言があったことに、まず感服し、しっかり見させていただきました。世間での、3連休最終日で、家族連れがかなり多かったです。

実物のレスター手稿の展示は、照明のトーンをかなり落として、数分ごとにライトが暗くなるのは、古いだけに致し方ないようです。2枚ずつ前後にガラス張りのケースに入れられ、それが18個。全て鏡面文字といって、鏡に映してみなければ読めないそうで、ただ説明を読みながら、全てを「眺める」感じでした。イタリアの至宝です。彼の国の人たちが宝と守る気持ちがわかりました。

20面体は、ダ・ヴィンチが書き残してから、サッカーボールとして生き残っているそうです。へぇ~ですね。天才の予言は、当時としては最先端の「紙」に書かれ畳まれて、ナンバリングされ、72枚になっています。その中で”水”に関する記載が60ページもあり、彼が並々ならぬ興味と熱意を持ってこの題材に取り組んでいたことが伺えました。水害をどうしたら避けられるかと、色々実験しています。月に、水が存在したのでは、との仮説、三日月の見え方など、図入りで、解説付きでした。初めからすごい、スゴイと興奮気味でした。

画家としては、実力十分でも、恵まれた環境に無く、自分で限界を決めてしまったのでしょうか?ふと、そんなことを感じながら帰宅しました。

« 混ぜご飯 | トップページ | 【DVD】世界でいちばん不運で幸せな私 »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

☆mikanさん、こんにちは~。
はじめまして。
TB&コメントありがとうございます。
ぜひ、ホンモノの世界を味わってください。
人生が変わるほどではありませんが、重みを
体験できると思います。

こちらこそTBありがとうございます!
画家としてではなく科学者としてのダヴィンチにふれられていてとてもうらやましいです。
機会があったらぜひとも行ってみたい展示会です(*゚-゚)

☆Takさん、こんばんわ~。

私が行ったときは、ガラスや鏡が指紋で汚れていて、係りの人に文句を言いました。

500年前のロマン!と一人で舞い上がっていました。
お疲れ様でした。

こんばんは。
やっと記事をupできました。
金曜日に行ってきましたが
思っていたより混雑してなく
割とスムーズに観ることできました。

水は自分も卒論で扱ったテーマなので
とても関心が持てました。

☆池上先生、こんばんわ。
わざわざのコメントをありがとうございます。TBの相性が悪くて、こちらに反映されず、残念でした。
500年前に、こんなに凄い予言をした人がいることに、先ず感服し、戦乱の時に、この手稿が、失われずに見られたことに敬服しました。

先ほどTBさせていただいたのですが、何かが上手くいっていないかもしれません。ご容赦ください。

最後の推測はなかなかに切なくて良いですね。彼がなしとげた事がほとんど科学史には反映されていないだけに。
レオナルドもかなり不運なところもある一生でしたが、手稿は更に不運な運命を辿っています。研究者の端くれとして涙が出ます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/6116808

この記事へのトラックバック一覧です: レオナルド・ダ・ヴィンチ展:

» 「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」記念シンポジウム [弐代目・青い日記帳]
15日から森アーツセンターで始まった 「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」直筆ノート「レスター手稿」日本初公開に 関連した記念シンポジウムが今夜アーク森ビル20階国際交流基金・国際会議場にて開催されました。 blogでお世話になっている「池上英洋の第弐研究室」の池上先生がパネリストとしてご参加なされるとあって、お話を拝聴できるよい機会ですので、眠くならないようにコーヒーたっぷり飲んで私もシンポジウムに参加して来ました。 主催の毎日新聞社がどれだけこの展覧会に力を注いでいるかは、今回... [続きを読む]

» 「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」に行きました [Infocierge(インフォシェルジュ)]
はじめまして!レオナルド・ダ・ヴィンチ展」の記事を書きましたので、TBさせて頂きます。宜しければ、ご訪問ください。 [続きを読む]

» 「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」 [弐代目・青い日記帳]
森アーツセンターギャラリーで開催中の『レオナルド・ダ・ヴィンチ展』 天才の予言「ダ・ヴィンチノート」(直筆ノート「レスター手稿」日本初公開)に 行って来ました。 今回の展覧会を観に行く前に、池上先生やイタリアのダ・ヴィンチ研究家の面々が集ったシンポジウムを運良く拝聴する機会に恵まれました。 久々に学生気分に戻り机でペンを走らせダ・ヴィンチ自身に関することや、レスター手稿についての「予習」が出来たことは何ものにも代え難い経験でした。 ・池上先生のblogはこちらです。 ・私... [続きを読む]

» レオナルド・ダ・ヴィンチ展 [マゾヒズムに花束を!]
北川イベントで東京に行った最後の日、六本木に寄って レオナルド・ダ・ヴィンチ展 を見てきました。ビル・ゲイツが所蔵する「レスター手稿」の日本初公開という話題以外は地味な展示ではあったが、なかなか堪能しました。  ダ・ヴィンチといえば「モナ=リザ」や「最後の晩餐」などの絵画作品が真っ先に思い浮かびますが、今回の展示では科学者としての彼にスポットをあてた内容の濃い企画展。ダ・ヴィンチの思想や研究、そして心情など�... [続きを読む]

» レオナルド・ダ・ヴィンチ展 [ミカンゴト。]
レオナルド・ダ・ヴィンチ展 公式サイト:http://www.leonardodavinci.jp/ 期間:2005年9月15日~11月13日 場所:六本木ヒルズ森タワー52階 モナリザなどで有名なレオナルド・ダ・ヴィンチの科学的考察の集大成としてまとめられた研究ノートの展示会。 今ではマイクロソフ..... [続きを読む]

» レオナルド・ダ・ヴィンチ展 [〜言葉のスパイス〜 Ryuzu 【リューズ】 ]
行きたいなぁと思いつつ、今日も時間がなくて通り過ぎるだけ。11月13日までか。 [続きを読む]

» レオナルド・ダ・ヴィンチ展 ★★★★☆ [TRUE-TIME WEB-LOG]
>レオナルド・ダ・ヴィンチ展 ★★★★☆ 前回、前々回と期日に背中を押されまくりの何とも慌しい美術館探訪になってしまったので今回は日時ともに余裕を持って出陣。六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーにて公開されている(→11月13日まで)「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」に行って来ました。目玉展示はかのビル・ゲイツ氏が所有し、1年に1度、たった1ヶ国でしか公開される事のない「レスター手稿」。勿論日本初公開。マジで最初で最後かもYO!!! 予定より30分ほど早く到着。コーヒー片手におしゃれ極まるエ... [続きを読む]

» レオナルド・ダ・ヴィンチ展@森アーツセンターミュージアム [Megurigami Nikki]
 六本木は森アーツセンターミュージアムで開催中の『レオナルド・ダ・ヴィンチ展』へ行って参りました。レオナルド・ダ・ヴィンチと言えば一般に《Mona Lisa》(1503–1507)の画家、そして「万能の天才」という通称で親しまれている、ヨーロッパのルネサンス期を代表する画家。  ただしこの展覧会に出品されているのは、副題に『直筆ノート「レスター手稿」日本初公開』とあるように、レオナルドの記した謂わばメモ帳の方。  なぜこの文書がこれほどまでに貴重な存在として扱... [続きを読む]

» Meridiana (メリディアーナ) [麻布TIME]
ジャンル:イタリアン 時間:Tea time   「Meridiana 」は、森タワー51Fです。   「眺望レストランに旨いところなし」とは、よく耳にする言葉です。 こちらもファミレス並みです、なんて書いちゃうと話が終わっちゃいますので、まずは概要から・・   「Meridi... [続きを読む]

» 11/12:MORI ART MUSEUM [+3]
週末の仕事帰り。 立ち寄っりました、六本木ヒルズ。。。 けやき坂通りのイルミネーションは年々激しくなってる気がします。。。 そんな秋冷の幻想的な通りを、寄り添って歩くカップルを見ながら。。。 「ケッ!」 。。。もとい、微笑ましく思うワタクシです。 でっ。 目的は、「森美術館」ッス。 現在は「杉本博司 展」なども行っています。。。が、 見たけどようワカランかった。。。ムズイ。 楽しめたのは。「ダ・ヴィンチ 展」のほうかなぁ。 平日なのに。すっげぇ〜人が沢山いて。びっくり。... [続きを読む]

« 混ぜご飯 | トップページ | 【DVD】世界でいちばん不運で幸せな私 »

最近の写真