無料ブログはココログ

« 今夜は、肉巻き | トップページ | 【DVD】《誰も知らない》 »

2005/05/08

《ルーヴル美術館展》行ってきました♪

200505081943 夕方から、話題の《ルーヴル美術館展》に行きました。すごい混雑だったら、『トルコ風呂』だけでもと、意を決して出かけました。

スタートが3時で、JRを利用したので、桜木町に出ました。ネットで調べると、駅から「動く歩道」を乗り継いで、8分。

ランドマークタワーに着いたら、中を右折したら、新しいビルが!Queen's East が目の前に。ランドマークタワーと同じような、ショップや、レストラン、生活雑貨などがありました。

200505081708 200505081708 200505081725 左がランドマークタワーで、途中から、大観覧車とグランドインターコンチネンタルホテルが見えます。

会期は、2005年7月18日まで。木曜日が休館日。

開館時間は、午前10時~午後6時まで。5月9日は、振り替え休館日。

200505081534 だらだら坂を下ると、左手に横浜美術館がありました。

わくわくしながら入館。桜木町駅で、「待ち時間無しで、入場できます」とアナウンスがあったので、シメシメでした。

中は、モチロン、写真が撮れませんが、タイトルになっている”トルコ風呂”はかなり暗い質感で、後ろ向きの裸婦にスポットライトが当たっているのですが、これは、一見してください!いかに、日本の女性が不健康に痩せているかが判ります!私も安心したりして(苦笑)

73点の絵画は、もう、見られないかもしれない物も含めて、見応えがありました。少しうるさい、おば様方が、干渉の邪魔でしたが、お気に入りノドラクロワが、沢山見られましたから、帳消ししましょう。今回私の気になったのは、ジャン=オーギュスト=ドミニク・アングルの「スフィンクスの謎を解くオイディプス」。いい男でした♪

この横浜美術館のよいところは、展示室の床が、カーペットになっていて、カツンカツンと頭に響かないことです。

200505081718 横浜市の姿勢が、はっきりしていて気持ちよかったのが、このエリアマップです。要所要所に貼られていて、初めての人たちにも良く判るというシロモノです。観光で、人寄せするなら、徹底的に楽しむには、こんなに、廻る所がありますから、いらして下さいと分かりました。東京も、もっと、分かりやすくなるとイイですね。地元でもまったく知らないことがあるくらいです。

また、行きたくなる、YOKOHAMAでした。

« 今夜は、肉巻き | トップページ | 【DVD】《誰も知らない》 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

☆りゅうさん、こんにちわ~。
すごい解説です。解説書になります。
今度は、お勧めを、早めにアップしていただいて、
それを見てからの鑑賞にしたものです。ハイ!

お久しぶりです♪
既に東京展は終了してしまいましたが、
ようやく感想記事をアップしました。
ダヴィッド、アングル、ジェリコー、ドラクロワ・・・
とても楽しい時間を過ごすことが出来ました!

☆Takさん、こんばんわ~。
帰り道がるんるんの、展覧会でしたね♪

「イイ男、イイ女」は、鑑賞を楽しくする
キーワードかもしれませんよ!

こんにちは。
やっと行ってきました。ルーヴル展。

行って良かったです。
行かずに後悔すること多いので。

>いい男でした♪
私は女性ばかりに目が行ってしまいました。(^^ゞ
プシュケとか。。。

見方が違って楽しいです。

☆tentaikansokuさま、はじめまして。
TBと、コメントをありがとうございました。
それと、ネーミングが、別の物を連想させる(苦笑)のに
現物は、話題通りで、丹念に描き込んであり、見ごたえが
ありましたね。一人で行きましたから、前後左右に移動
しながら、ここのスポットライトは、どこからのが
自然かな?と、魅入られたように、眺めていました。

トルコ風呂のスペースは、
照明から仕切りまで他の絵画とはあきらかに別格で、
気品の高さを感じました。
もう一回行きたいな・・・。

☆Bobさん、おばんで~す。
オリエンタリズム、彼らの憧れだったのですね。
『トルコ風呂』は、そんな燃えるような情念いっぱいの絵なんだそうです。かなり描きなおし、加筆され、試行錯誤の結果覗き窓のように丸い絵が出来上がったそうです。エロティシズムむんむんで、なおかつ芸術品。本物は、香り高い作品でした!

こんばんは。
近年、横浜にはとんとご無沙汰です。
『トルコ風呂』(という名前?)という絵に描かれているお風呂は楽しそうなところですよね。お互いの身体を比較しながら、いろいろ世間話をしているのでしょうか? 男風呂の絵もあると、この時代の男女が比較できてよかったのにと思います。
それにしても、このお風呂の入り方が知りたくなりました。

☆のりおさん、おはようございます。
ルーヴルまで行かないで、見られたのですから、
感謝しています!
実際に、絵の中の裸婦は、痩せていると貧相に見えますね。

たくさんの絵画を見れていい目の保養になったのでは???確かに太ってる人のほうがおおらかでやさしそうに見えるよね。
横浜は神戸に似てていい街だよね。僕も大阪でわからんとこたくさんあるわ~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/4042308

この記事へのトラックバック一覧です: 《ルーヴル美術館展》行ってきました♪:

» ルーヴル美術館展に行ってきました [*天体観測* 人生は経験なり!]
4月17日(日) 人生で初めて、美術館へ行ってきました。 初めての今回は、 横浜美術館で開かれている「 ルーヴル美術館展 」です。 描いた者の感情が詰まった絵画は、 閑静に包まれた美術館に逆らうように 私の心をざわつかせてくれました。 「 絵 」って分野は、見るものではなく 感じるものなのかもしれませんね。 これまで私、筆のタッチがいいなとか、色使いがいいなとか そうい�... [続きを読む]

» ルーヴル美術館展 [弐代目・青い日記帳]
横浜美術館で開催中の「ルーヴル美術館展」 ー19世紀フランス絵画 新古典主義からロマン主義へーに行って来ました。 やっと行って来ました。ルーヴル美術館展。 GWの更に前、4月9日から開催されていたにも関わらず 観に行くのが延ばし延ばしになってしまっていた展覧会です。 理由はいくつかありまして。。。 ・横浜に行くのが面倒。 ・アングルがあまり好きではない。 (好きな分野ではない) ・日テレが宣伝し過ぎ。 ・大混雑しているらしい。 ただ、決定的に嫌という理由もな... [続きを読む]

» ルーヴル美術館展 [隆(りゅう)のスケジュール?]
8日の夕方に横浜美術館で開催されている「ルーヴル美術館展 19世紀フランス絵画 新古典主義からロマン主義へ」を観に行きました。 この展覧会は、フランス革命、ナポレオン帝政から二月革命にいたる激動の時代のフランス絵画に焦点を絞り、いかに近代絵画が成立したかを、35万点以上にのぼるルーヴル美術館の所蔵作品から日本初公開の56点を含む厳選された73点により展観するものだそうで、19世紀前半のフランス絵画を、その最も優れたコレクションを有するルーヴル美術館の所蔵作品により構成し、総合的に展観するのは本邦にお... [続きを読む]

» 【絵画】ルーヴル美術館展/横浜美術館 [Augustrait]
ある異端者を題材に     フランス革命、ナポレオン帝政から二月革命にいたる激動の時代のフランス絵画を、近代画の発展の系譜として辿る。ルーヴル美術館に所蔵する73点を展示。  ジョゼフ=フルーリ (Joseph-Nicolas Robert-Fleury;1797-1890)の《ヴァティカンの宗教裁判所に引き出されたガリレオ》(1846年)が圧巻である。  『星界の報告』および「太陽黒点にかんする第二書簡」において、ガリレオ(Galileo ... [続きを読む]

» ルーブル美術館展 [Hanachannel]
ルーブル美術館展@京都市美術館 [続きを読む]

» ルーヴル美術館展 [Art with You & rossa-blog]
LOUVRE ルーヴル美術館展 京都市美術館−10月16日(日) 美術の教科書で、日本国民みんなが知ってるアングルの<泉>と<トルコ風呂>これって、ルーブルのピカイチのお宝。と思います。 <泉>の方は、以前にも神戸市博物館に貸し出しがありましたが、<トルコ風呂>は本邦初公開☆初、持ち出しの逸品☆です。 あと、ドラクロア。イイです!!迫力ありです☆ ミレーやコローもそれなりに☆ これ。見ましょう。見に行きましょう☆ 少々混雑していますが、会期終了間際より、なるべく、お... [続きを読む]

« 今夜は、肉巻き | トップページ | 【DVD】《誰も知らない》 »

最近の写真