無料ブログはココログ

« 大震災から10年 | トップページ | 愛称マップ »

2005/01/18

かなしいみらい

200501181640おやつに、頂きました。お饅頭の中に、梅の砂糖煮が、丸々一個入っていました。甘酸っぱくて、さっぱりしていて、美味しかったです♪これは、緑茶が合いそうでした。

今日は、火曜日。商店街の定休日が多いので、昨日と比べると、静かな日です。
大学病院から寄った患者さんは、両親が、90歳を超える、ご長寿一家です。お母さんは、老人専門の病院へ、お父さんは、近くの大学病院へ別々に入院中。ところが、来月には、別の病院を捜してくださいと言われているそうで、資料と毎日にらめっこし、電話をかけまくっているそうです。健康で家で過ごせた時は、良かったのが、病気が段々増えていくと、長年連れ添われたお二人が、離れ離れになります。平均寿命が延びても、その、一番大事なときが、規則に縛られて、別の生活を強いられるのは辛いものです。後数年で、いまだかつて無い高齢者社会になります。老老介護は、現実に迫ります。社会が変わらないと、人は、思い描くように、老後が過せません。寂しい現実です。これを変える事が出来るのでしょうか?


200501170958
私の雑草園は、ただ今休眠中ですが、それでも良い香で、頑張っているのが、今年は真っ白になるほど花を付けた白梅と、12月から咲いている赤いバラです。雪にもメゲズ、朝露に凛と咲いています。
朝の、ホッとするひと時です。寒さに負けるなよ!

« 大震災から10年 | トップページ | 愛称マップ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

☆さつきさん、こんばんわ~。
コメントをありがとうございます。
余生を、穏やかに、最愛の家族と過したくても、介護は大変だし、病院も近くは望めないし、と、ナイナイづくしです。介護保険も、あまりあてにはなりませんから。地域密着型の、もっと画期的な方法が見つかればいいですね。

まだ、結婚していないので実感しない話でしたが
そうなんだ・・・ってやけに納得してしまいました。
夫婦でも病院に入ってしまうと別々の部屋になって
しまうんですね。
それは、ちと悲しい話ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48518/2619099

この記事へのトラックバック一覧です: かなしいみらい:

« 大震災から10年 | トップページ | 愛称マップ »

最近の写真